カトリック・アイのホームページへようこそ。
教皇メーッセージやバチカン通信等に関する情報をお知らせしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

FAQ

写真説明

・表紙写真は、新潟県津南町の見玉公園から搭状石柱群を望む(撮影・2018.11.1 南條俊二)

・両サイドの写真は、神奈川県山北町の名産「やまきたみかん」(撮影・2018.11.3 林好)

 

 

*「あいメイト」募集中!

*「あいメイト」募集中!

 「カトリック・あい」を読むだけでは・・と感じられている方も少なくないようです。写真やエッセイ(最近感動したこと、うれしかったこと、考えたこと、地域の話題など)の投稿して、「カトリック・あい」の制作に参加なさいませんか。

 まず、「あいメイト」に登録してください。下記の「名前」欄と「メールアドレス」欄に記入し、「メッセージ欄」に①住所の都道府県名、②年齢(・・代で結構です)をお書きのうえ、送信ボタンを押して下さい。写真やエッセイに匿名を希望される方は、その旨、「メッセージ欄」にお書きください。

(「カトリック・あい」)

祈りの意向

11月の教皇(ビデオ・メッセージ)と日本の祈りの意向

教皇の世界共通の意向: 平和への奉仕

「争い」の言葉よりも、「愛と対話」の言葉が広く行き渡りますように。

教皇フランシスコは6日、11月の祈りの意向として、次のようなビデオ・メッセージを発表された。

 「私たちは皆、平和を望んでいます。平和は、その不在で苦しんでいる人が何よりも強く求めているものです。私たちは素晴らしい言葉で話すことができますが、自分の心の中に平和がないなら、世界に平和は訪れないでしょう。ゼロの暴力と100パーセントの優しさをもって、誰ものけ者にしない、福音的な平和を建設しましょう。愛と対話の言葉が、争いの言葉にいつも打ち勝つように、ともに祈りましょう」(翻訳「カトリック・あい」)

日本の教会の意向: 世を去った人々とその遺族

すべての死者、特に犯罪の犠牲者や自死者に、神のあわれみによって永遠の安息が与えられ、遺族には慰めがもたらされますように。

2018年10月30日

教皇のことば

バチカンの動き

世界の動き

日本・アジアの動き

コラム

特集

講演

読者のページ