祈りの意向

・5月・聖母月の家庭でのロザリオの祈り+教皇の祈りの意向「助祭のために」

♰「5月は聖母月、家庭でロザリオの祈りを」ー教皇の世界の信徒宛て書簡と祈り

 5月はカトリック教会では「聖母月」。教皇フランシスコが世界の信徒に宛ての「家庭で、ロザリオの祈りの素晴らしさを再発見する」ことを勧める書簡で、信徒たちの祈りを助けるための二つの祈りが添えられている。

 教皇の書簡と二つの祈りは以下のとおり。(2020.4.25 バチカン放送)

**********

 親愛なる兄弟姉妹の皆さん 五月に、神の民は、特別な熱心さをもって、乙女マリアへの愛と崇敬を表します。家庭において家族で唱えるロザリオの祈りは、この月の伝統となっています。

 新型コロナウイルスの世界的大感染によって強いられている状況の下で、計らずも見出されることになったこのような「家庭の価値」は、霊的な観点からも認識されます。

 こうしたことから、私はすべての皆さんに、この五月、ロザリオの祈りの素晴らしさを家で再発見するよう、お勧めしたいと思いました。ロザリオは、皆さん一緒に唱えても、一人で唱えても構いません。どちらの可能性も大切にしながら、その時々の状況に応じて、選んでください。

 いずれにしても、ロザリオの祈りをするには秘訣があります。それは「単純さ」です。もう一つは、祈りを行うための「良いパターン」を見つけることです。それはインターネットでも見付けられるでしょう。

 さらに、私は、皆さんに、聖母に対する二つの祈りを用意しました。ロザリオの終わりに唱えることができるでしょう。私自身も、皆さんと霊的に一致して、五月にこれを唱えたいと思います。皆さんが唱えられるように、この二つの祈りを、書簡に添えたいと思います。

 親愛なる兄弟姉妹の皆さん、キリストの御顔を、マリアの心をもって共に観想しましょう。私たちの母であるマリアは、私たちを霊的家族として、一段と一致させ、私たちがこの試練を乗り越えられるように助けてくださるでしょう。私は、最も苦しむ人をはじめ、皆さんのために、お祈りしたいと思います。皆さんも、どうか、私のためにお祈りください。心からの感謝と共に、皆さんに祝福をおくります。

 ローマ、サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ、2020年4月25日 聖マルコ福音記者の祝日に

*********

聖母への祈り1 世界一美しい彫刻ピエタとミケランジェロの理想 : アートの定理

 マリアよ、

 あなたは救いと希望のしるしとして 私たちの歩みを照らしてくださいます。

 あなたに病者たちの健康を託します。 あなたはイエスと苦しみを共にされ 揺るがぬ信仰をもって 十字架の下に留まられました。

 ローマ人の救いである、マリアよ、あなたは私たちの必要を知り それに配慮してくださることを 私たちは確信しています。

 ガリラヤのカナでの出来事のように この試練の時を経て 喜びと祝祭が戻りますように。

 神の愛の御母よ、助けてください。 私たちが御父の御旨にかなう者となり イエスがお命じになることを行えますように。

 イエスは私たちの苦しみを引き受け 私たちの苦悩を自らに背負われました。

 十字架を通して 私たちを復活の喜びに導くために。 アーメン。

 聖なる神の御母よ、 あなたの御保護に寄りすがり、御助けを求めます。

 試練の中にある私たちの祈りをさげすまないでください。

 栄光ある、祝福された乙女よ、私たちをあらゆる危険から守ってください。

**********

聖母への祈り2

 「聖なる神の御母よ、御保護に寄りすがり、御助けを求めます」

 全世界を揺さぶる、この苦しみと不安に満ちた劇的状況の中で、神の御母、私たちの母よ、あなたの御保護に寄りすがり、御助けを求めます。

 乙女マリアよ、この新型コロナウイルスの感染拡大の中で、私たちに慈しみ深い御まなざしを注いでください。

 愛する者を亡くし、ぼうぜんとし、悲しむ人々を慰めてください。これらの亡くなった方々は、時には痛ましい方法で埋葬されました。

 感染防止のために病者のそばにいられず、苦悩する人々を支えてください。

 不確かな未来と、経済と仕事への影響のために、不安の中にいる人に信頼を与えてください。

 神の御母、私たちの母よ、私たちのために、慈しみ深い御父にお祈りください。このつらい試練が終わり、希望と平和を再び未来に見出せますように。

 カナであなたがそうなさったように、神なる御子にお願いしてください。患者や犠牲者の家族を励まし、彼らの心を信頼へと開いてくださるように、と。 

 医師や、看護師、医療関係者、ボランティアたちをお守りください。彼らはこの危機の中第一線に立ち、他の人々の命を救うため、自分の命を犠牲にしています。彼らの英雄的な努力を支え、彼らに力と愛と健康をお与えください。

 朝晩、患者を見守る人たちや、司祭たちに寄り添ってください。彼らは、司牧的配慮と福音的努力のために、皆を助け、支えようとしています。

 聖なる乙女よ、科学者たちの精神を照らし、このウイルスに勝つ正しい方法を見出させてください。

 国々の責任者たちを支えてください。彼らが賢明と配慮と寛大さをもって、生活の必要に事欠く人々を助け、先見の明と連帯精神のもとに、社会・経済的解決策を計画できますように。 

 至聖なるマリアよ、軍備拡張と増強のための莫大な費用が、未来の同様の災害を防止するための正しい研究促進に向けられるよう、彼らの良心に触れてください。

 愛する御母よ、すべての人を結ぶ絆の自覚のうちに、私たちがただ一つの大きな家族に属しているという意識を、世界に育ててください。

 私たちが兄弟愛と連帯の精神をもって、多くの貧困と悲惨な状況を助けることができますように。

 信仰に固くとどまり、忍耐強く奉仕し、絶えず祈ることができますように。

 苦しむ人の慰め手なるマリアよ、試練にあるあなたのすべての子らを抱擁し、神がその全能なる御手をもって私たちをこの恐ろしい感染症から解放してくださり、そして、私たちが安心のうちにいつもの生活を取り戻せるよう、どうか神にお祈りください。

 私たちは、あなたにより頼みます。あなたは私たちの歩みを救いと希望のしるしとして照らしてくださいます。慈しみ深き、慈悲あふれる、優しき乙女マリアよ。 アーメン。

(編集「カトリック・あい」=表記は当用漢字表記に修正してあります)

(2020.5.5 バチカン放送) 教皇フランシスコは、2020年5月の祈りの意向について、ビデオを通し、以下のようなメッセージをおくられた。

 「助祭は、副司祭とは異なります。助祭は、聖職者に属すると同時に、家庭において、家庭と共にある召命を生きます。彼らは、苦しむイエスのみ顔を持つ、貧しい人たちに奉仕します。助祭は、教会における奉仕の番人です。みことばへの奉仕と貧しい人々への奉仕に忠実である助祭が、全教会を活き活きとさせるシンボルとなることができますように」

2020年5月1日

主な内容

2020年5月26日 更新 (コラムを除いて、ほぼ毎日更新しています)

  4月の月間閲覧件数は2万4503件と3月に並ぶ、昨年11月の教皇訪日に次ぐ規模、国別閲覧者も日、米、伊、韓、タイなど35か国に広がり、新型コロナウイルスの現状と教会の対応に、世界に住む方々の高い関心が寄せられていることを示しています。「カトリック・あい」ではそうした関心にお応えすべく、努力を続けてまいります。

 

⇒見出しの頭の【♰】は教皇の言葉です。

⇒以下の主要記事は見出し右の⇒をクリックしていただくと、本文をお読みになれます。

⇒▷が付いている画像は動画です。▷をクリックしていただくとご覧になれます。

*****************

新*「聖母月」終了控え、教皇が30日に世界の巡礼地と共にバチカン庭園でロザリオの祈り=動画中継も

Pope Francis in prayer

新*「当面は原則、現状維持」-菊地・東京大司教が「緊急事態宣言解除後の教会活動」指針-主日ミサ動画配信継続

*************

♰「落胆するな、主はいつも共におられる」教皇、主の昇天の祝日に

♰「普遍教会は、人生の試練に遭う皆さんを支える」-中国の守護・聖母マリアの日に+解説

Chinese faithful in prayer

*「共に命を守るため連帯する時、世界は生きる希望を生み出す」菊地・東京大司教説教

・・・・・・・・・・・・・・・・

新*環境回勅「ラウダート・シ」特別年、来年5月24日まで-教皇が参加呼びかけ

新*環境回勅「ラウダート・シ」の概要-瀬本・上智大学教授の講演

Laudato Sì Week runs from 16 to 24 May

♰「教会一致は、聖霊が私たちの”旅”の過程で実現してくださる」回勅「キリスト者の一致」25周年に

*24日は環境回勅「ラウダート・シ」5周年-「創造の福音」が回勅の意味を解く鍵

*教皇「大感染の今、”共通の家”を守ることは一層重要」-回勅「ラウダート・シ」記念週間(16日-24日)

*********

*イエズス会のニコラス前総長逝去-日本と深いつながり、現教皇の”先輩・相談役”

♰「”ニコ”が会のために、私のためにしてくださったことに感謝」教皇が弔文

*教皇フランシスコとの対話-ニコラス・イエズス会前総長の回想録から(Crux)

教皇フランシスコとアドルフォ・ニコラス神父

************

新♰「真に人間的なコミュニケーションは、心の交流を作る」教皇が新規出版

The cover of the new volume of Pope Francis' writings

改新*バチカン美術館とカステル・ガンドルフォ教皇離宮、6月1日から一般公開

*イタリア全土の教会で規制を残しつつ公開ミサなど典礼行事再開(Crux)

*バチカンとイタリア全土の教会で18日、公開ミサを再開ー司祭も早くもルール無視?

*****************

♰「聖ヨハネ・パウロ2世は祈り、親密、正義の人」生誕100年記念のミサで

*・聖職者による児童性的虐待で、ヨハネ・パウロ二世の対応に疑問の声(LaCroix)

***************

♰「イエスのように逃避を強いられた人々に私たちがすべき10の行い」-9月の「世界移民・難民の日」の前に

♰「聖霊は私たちの歩みを照らしてくださる」復活節第六主日、17日の正午の祈りで

♰「人生は物語、だがすべての物語が良いとは限らない」-5月17日「世界広報の日」に

*「”仮想”でも”現実”でも、福音を伝える努力を」菊地・東京大司教の復活節第六主日の説教

♰「全人類が新型ウイルス大感染の悲劇を克服するよう、神に慈悲を祈る」5月14日【祈りと断食、人類のための祈願の日】に

・・・・・・・・・・・・・・・

新*教皇フランシスコが、バチカン財政改革第二弾の”撃ち方始め”(Crux)

*教皇が北米で教区再編統合加速、米国のアンカレッジ、ジュノー両教区の統合決める

Roman Catholic Diocese of Juneau.svgRoman Catholic Archdiocese of Anchorage.svg

*教皇、カナダのオタワ首都大司教区と隣接教区を統合-日本の教会は?

Coat of arms of Ottowa e Alexandria-Cornwall Dioceses, Canada

*福岡司教にヨゼフ・アベイヤ大阪補佐司教-東京補佐、新潟、宮城は空席続く(解説)

http://catholic-i.net/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【新型コロナウイルス関連】

(解説・主張)

新*コロナ後の国際政治の最大懸念は米中関係-中国の”戦狼外交”と”統一戦線工作”(SPF論考)

*中国のWHO長期支配が、世界の新型ウイルス感染拡大を悪化させた(BW)

*「新型ウイルスの世界的大感染を、より良い世界を作るチャンスに」ノーベル平和賞受賞者ユヌス氏

*「新型ウイルスで閉じられた教会」は未来への警鐘-抜本改革なければ破滅、とチェコの世界的神学・哲学者(La Croixs)

*「動画配信ミサは有益。だが本物のミサに代わるものではない」(Crux解説)⇒

*新型コロナの感染は、ミサ聖祭について教会が真摯に自省する機会だ(LaCroix)

*「世界的感染拡大は『道徳的試練』」米でカトリック社会教説とコロナ危機・フォーラム

*新型ウイルス大感染は、信者でさえも「何かをするのが自分たちだ」と信じていることを示している

*新型コロナ危機の今こそ、世界の民主主義国は結束、課題解決へ努力を始める時-「東京会議宣言」

(日本は)

*カトリック東京国際センター(CTIC)が困窮した在日外国人に緊急食糧支援

*カリタス・ジャパンも新型コロナウイルス感染被害者へ緊急支援募金を開始

*カトリック東京大司教区・緊急事態宣言発令中は公開ミサ中止など続けるー主日ミサ自動配信も継続

*東京教区が手引き「新型コロナウイルスに関することでお困りの方のために」

*東京教区が日本在住の外国籍の人対象の新型ウイルス困りごと案内リスト

*菊地東京大司教から霊的聖体拝領、聖体顕示、聖体訪問について

*赦しの秘跡と特別免償について-菊地・東京大司教から説明 

*カトリック中央協議会も3月30日から業務停止

*日本の教会、新型コロナ感染症に伴う対応は教区によってばらつき

*教皇訪日への答礼の司教団公式巡礼も「6月1日開始」を延期

 

(バチカンは)

*新型ウイルスが脆弱なバチカン財政直撃、歳出削減も余儀なく(LaCroix)

*新型ウイルスに向き合い、励まし、助けを願う教皇の祈りと説教が一冊に(英語版)

 ⇒Click here to download Strong in the Face of Tribulation in English

*カリタスが新型コロナ対策基金設置、苦しむ現地教会を支援-寄付の受付開始

Caritas-ecuador2.jpg

*新型コロナ対策で教皇フランシスコが緊急援助基金設置

*バチカン人間開発省が新型コロナ感染症のための委員会設置

*教皇フランシスコが「ヨハネ・パウロ一世基金」を設立-国務長官がメッセージ

♰教皇、新型コロナの危機終息と人々の救いを願う祈り、聖体奉献、特別の祝福・日本語要約と全文

*5月3日以降、公開ミサなど「徐々に再開」?-バチカンが臨時幹部会議+解説

*教皇、世界家庭大会、世界青年の日(国際大会)も開催延期決める

(世界は)

*女性や少女を誰よりも苦しめる新型コロナウイルスの脅威~ジンバブエ(WFP)

*新型コロナは、増加傾向の飢餓を封じる努力を蝕んでいる(WFP)

*新型コロナで食料緊急支援へ国連WFPが参加求める

*世界中で修道女たちが新型ウイルス感染との戦いの最前線にいる

*創立50周年迎えるアジア司教協議会連盟の総会も新型ウイルスで延期

*人身売買されたロヒンギア難民が新型コロナで入国断られ船で漂流、大量の死者

*イタリアの司教団が公開ミサ再開をめぐってイタリア政府に”脅し”

*新型コロナウイルス感染で米ミズーリ州が中国政府・共産党などに損害賠償求める訴え(BW)

(中国は)

*新型ウイルス世界的感染の中で、中国がエベレストに5G基地局を作った意味は(BW)

Mount Everest, now home to the highest 5G base station in the world

*新型ウイルスとプロバガンダ-世界で反発買う中国の”コロナ商売”(BW)

*新型コロナ禍に乗じた民主派リーダーたち逮捕に香港のカトリック教会が抗議

*新型コロナ、中国が公表を遅らせた”致命的な6日間”(BW)

*新型ウイルスでも宗教弾圧続く-中国は”オンライン礼拝”禁止(BW)

*「中国政府は新型コロナ感染拡大に責任を」アジア司教協議会連盟会長のボー枢機卿が寄稿

*世界の新型コロナ危機深刻化の中で、”感染源”中国が太平洋で覇権狙う活動?

*”装備不足”で最前線に出された医師、看護婦に、当局が”かん口令”(BW)

*新型コロナ感染拡大の原因は-コウモリ、ゼンザンコウ、それともCCP(中国共産党)?(BW)

*中国の研究者2人「新型コロナの発生源は武漢の研究所コウモリ」、論文消される(BW)

*中国で”ウイルス報道”の民間ジャーナリストが抑圧され、消息を絶っている(BW)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【聖職者による性的虐待関連など】

*ポーランドの大司教が同国司教の児童性的虐待隠蔽でバチカンに調査要請・被害者が告発映画(LaCroix)

*米国で司祭の性的不適切行為について大司教へ報告を怠った担当補佐司教が辞任(Crux)

*豪王立委員会が聖職者児童性的虐待に関する報告公表ー”ペル枢機卿は反論、メルボルン大司教は改めて謝罪

*豪連邦最高裁がペル枢機卿に逆転無罪判決、釈放へ(Crux)

*バチカンは逆転無罪を「好意的に受け止め」と声明

*「性的虐待被害者は無視されてはならない」-ペル枢機卿逆転無罪でグレゴリアン大学の専門家(Crux)

(日本の教会は…)

*日本の司教団が4月7日に「聖職者による未成年者への性虐待の対応に関するアンケート」結果発表+解説

(解説)3月13日は日本のカトリック教会「性虐待被害者のための祈りと償いの日」だったが

*「長崎大司教区で、女性信徒が性被害訴え。神父処分も公表せず」と時事通信が報道

(バチカンと世界は)

*「聖職者主義」より「家父長的態度」が問題-性的虐待問題の専門家が語る(CRUX)

*「米国で性的虐待を訴えられた聖職者50人以上が海外で活動」-この問題も解消めど立たず(CRUX)

*性的虐待隠ぺい疑惑で無罪となったが…教皇、仏枢機卿のリヨン大司教辞任認める

*教皇が、聖職者性的虐待問題で世界の司教協議会など支援するタスクフォース設置

*(解説)”サミット”一年、聖職者の性的虐待問題と新型ウイス感染拡大との類似性と非類似性(Crux)

*未成年者性的虐待は「最も重大な犯罪」、一般信徒も検察官役-教皇が「教皇機密」廃止など一連の措置

*教皇が自発教令-性的虐待、隠ぺい防止の新規範を全世界の教区で実施へ

・・・・・・・・・・・・

【教皇関連】

*就任8年目に入った教皇フランシスコの神学的、制度的限界は(Part I)(LaCroix)

*就任8年目に入った教皇フランシスコの神学的、制度的限界は(Part 2 )(LaCroix)

*第二次大戦前後に教皇職を務めたピオ12世の関係資料公開始まる

♰「AIには情報と富の独占、民主主義の脅威となる危険」-生命アカデミー総会に

♰「敵を愛し、迫害する者のために祈るには、神の力が必要」-バーリでのミサで

♰「教育への取り組み刷新へ、5月に『教育をめぐるグローバル・コンパクト』開催」

♰「次世代の教育は、いつか、ではなく、今、取り組むべき課題」ー教育セミナーで

*人身売買被害者支援に新機軸「SUPER NUNS」が始動

♰「年配者はケアの対象だけではない、福音宣教の担い手だ」-年配者司牧の国際会議で

♰「人は語る存在。日々の物語を紡ぎながら、豊かにされていく」-5月の「世界広報の日」に向けて(全文付き)

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【アジア・中国・香港・アフリカ】

*韓国のカトリック、2019年は前年比で信徒数横ばい、司祭は92人増える

*宗教の自由、スーダンは改善、インド急激に悪化-米宗教の自由国際委員会報告

*中国当局、”転向”を強要-”良心的拒否の司祭たち、悲痛な救援訴え(BW)

*中国で”非愛国的”なカトリック教会への弾圧続く(BW)

*東南アジア諸国の“強制失踪者”続出への対処は専制主義が障害に(LaACroix)

(解説)バチカンと中国、どうなる「ソフトパワー」vs「ハードパワー」新時代(Crux)

*”暫定合意”の重要性と対話継続を確認-バチカン外務局長と中国外相が会談

*「中国の望みはバチカンの”降伏”だ」-陳枢機卿、米議員に訴え

*聖堂から締め出されカトリック信徒は外で祈るしかない-中国政府・共産党の”統制”が止まらない(BW)

*チベット自治区に続き、新疆ウイグル自治区の”収容所”でも尼僧たちに性的暴行(BW)

・・・・・・・・・・・・・・・・

【教皇・バチカン関連】

*教皇フランシスコ、女性助祭を「研究」する新委員会を設置

*バチカン人間開発省移民難民局が「国内避難民の司牧指針」発表

*世界のカトリック、教皇フランシスコの2018年まで在位5年間で6%増え13億2900万人

*2022年シノドス通常総会テーマは「For a synodal Church: communion, participation and mission」

♰5月の環境回勅「ラウダート・シ」5周年記念週間へ教皇がメッセージ

*使徒的勧告「愛するアマゾン」発表-社会、文化、エコロジー、そして教会の夢(公式英語版全文付き)

*(解説)「既婚司祭」「女性助祭」の論争回避。可能性は排除せずー新使徒的勧告で(Crux)

*ベネディクト16世の辞任でもたらされた機会、いまだ生かされず(LaCroix)

What are they afraid of?

・・・・・・・・・・・・

【教皇訪日を受けて】

*教皇訪日から2か月たって…日本の司教団が「アンケートのお願い」

*東京教区の今年の取り組み-菊地大司教が教区新年会で表明

♰「広島、長崎の被爆者たちは核の悲劇を繰り返させない、と訴える『生きたともし火』」-教皇、在バチカン外交団に新年挨拶

*教皇の訪日スピーチ、講話、説教の全ての日本語公式全文!

*(解説)教皇が訪日を終えて-日本の教会のリーダーたちに託された重い課題

*菊地大司教の「教皇さまが語った言葉から」①②③

 

 

・・・・・・・・・・・

【若者司牧関係】

♰「若者たちよ、起き上がりなさい、そして世界を変える努力を」-4月5日・世界青年の日に

♰「聖家族に倣い、家族が互いに支え合うように」-”ケータイ家族”に警告

(解説)スマホ、ゲーム… 「読解力」低下どころではない「思考能力」「思いやり」の喪失!

*スマホなどでゲーム、若者の2割が平日3時間以上-「生活で一番大切」、心身に障害も-国の全国調査

*トリノの聖骸布が今年12月に特別一般公開、多数の青年も巡礼を予定

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

【5月のコラム】

・菊地大司教の日記(61)5月は聖母月・ロザリオの祈り

*菊地大司教の日記(60)ミサ非公開の苦衷の決断、悪戦苦闘の動画配信ーボランティアの皆さんに感謝!

・Sr.岡のミニ動画「マリアとともに信仰の道を歩む」①⇒https://youtu.be/M90E-ZhwA_Q

・Sr.岡のマリアの風 ㊿国際マリアン・アカデミーの初の「ビデオ会議」

・Dr.南杏子の「サイレント・ブレス日記」㊳いのちを守るためにー新型ウイルス禍の医療の現場から

・ガブリエルの信仰”見聞思”⑥聖母マリアにイエスが現れたと書かれていないのは…美しき聖なる親子、水入らずの再会

・Sr.石野の思い出あれこれ ㉒これぞ「修練」、何ものにも代えられぬ宝

・Sr.阿部のバンコク通信 ㊸タイの人々は物事を悲壮に受け止めない

・三輪先生の時々の思い ⑰「茶摘み」が文部省唱歌となった頃…

 

教皇の講話・使徒的勧告、指針など

・・・・・・・・・・・・・

【教皇の使徒的勧告、指針など】

アマゾン地域シノドス・・・・・・・・

♰「貧しい人々の叫びを聞かなかったふりは、もはやできない」-シノドス閉幕後のお告げの祈りで

*(解説)既婚者の司祭叙階、女性助祭、アマゾン典礼-教皇に課題残したアマゾン・シノドス(CRUX)

*アマゾン地域シノドス最終文書発表-既婚者の司祭叙階を提言、女性の終身助祭も検討を

「アマゾン周辺地域のための特別シノドス」閉会ミサ 2019年10月27日 バチカン・聖ペトロ大聖堂「アマゾン周辺地域のための特別シノドス」閉幕ミサ(27日、聖ペトロ大聖堂)

 

FAQ

写真説明

・表紙は、山麓のミツバツツジと富士(2020.4.29 南條俊二撮影)

・両サイドも、富士山麓のミツバツツジ(2020.4.29 南條俊二撮影

*「あいメイト」募集中!

「カトリック・あい」を読むだけでは・・と感じられている方も少なくないようです。写真やエッセイ(最近感動したこと、うれしかったこと、考えたこと、地域の話題など)の投稿して、「カトリック・あい」の制作に参加なさいませんか。

まず、「あいメイト」に登録してください。お問い合わせページのコメント欄に「名前、メールアドレス、住所の都道府県名、年齢(・・代で結構です)をお書きのうえ、送信ボタンを押して下さい。写真やエッセイに匿名を希望される方は、その旨お書きください。

お問い合わせページ:http://catholic-i.net/asaaaaa/

教皇来日

教皇のことば

バチカンの動き

世界の動き

日本・アジアの動き

コラム

特集

講演

読者のページ