・教皇、中国との暫定合意を踏まえ、杭州大司教に楊永强・周村司教を任命

The new bishop of Hangzhou , Giuseppe Yang Yongqiang (photo Agenzia Fides)The new bishop of Hangzhou , Giuseppe Yang Yongqiang (photo Agenzia Fides) 

 また、自身の信仰について、「私はカトリックの伝統を持つ家庭で育ち、家族の長老たちの信仰、特に祖母の信仰が私に大きな影響を与えました。祖母は私たちに毎晩祈りを唱え、寝る前にイエスや聖母マリア、聖ヨセフなどの聖人の像や絵の前で頭を下げるように言ったのを覚えています。祖母自身も夜遅くまで祈り続けました」と語った。

 さらに、司祭の道を選んだことについては、「母は湖荘の聖母山に巡礼に行きました。帰ってきたとき、済南西部の教会で若い神学生が座って本を読んでいるのを見た、と私たちに話してくれました。落ち着いていて規律正しい様子でした。話すとき、彼女の目は輝いていました。彼女の言葉は私の心に残り、司祭になるという種を私の中に植え付けました」と述べた。

 さらに、自身の旅のインスピレーションとなった『キリストにならう』の一節、「不必要な会話は控えなさい。できるだけ、人々の騒ぎから離れなさい」を引用し、「純粋な意図で参加したとしても、世俗的な事柄に対処することは大きな障害となります。なぜなら、すぐに虚栄心に染まり、奴隷になってしまうからです。私は何度も、沈黙を守り、人々の中に出なければよかったと思いました」と振り返った。

 また、司祭叙階に関して次のように語った。

 「父は、私を教区長の李崇倫神父に紹介し、『今日、私はこの息子を教会に引き渡します。彼が叙階されるまでは安らかに眠ることはできません』と言いました。その言葉が予言的なものになるとは思ってもいませんでした。アロイシウス・ジン・ルクシアン司教から司祭に叙階された翌日、『父が亡くなった』という電話を受けました。私は泣き崩れました。彼の言葉は、終祷でも引用されているルカによる福音書のシメオンの言葉に似ていました。『今、主よ、あなたのお言葉どおり、この僕を安らかに去らせてください…』。ですから、この祈りを唱えるたびに、父のために祈っているような気持ちになります」

 杭州教区には3万人のカトリック信者が住んでいるが、これまで3年間、司教の座は空席だった。2000年6月25日、マテオ・カオ・シャンデ神父は、教皇の同意を得ずに杭州司教に任じられたが、2008年6月8日、バチカンから司教として認められたものの、病いを得て、2021年7月9日に92歳で亡くなっていた。

(翻訳・編集「カトリック・あい」南條俊二)

2024年6月25日

・「少数民族や教会の一部への弾圧など中国国内の現実を明確に把握したうえで、対中改善を進めて」米国大使がバチカンに注文(Crux)

(翻訳・編集「カトリック・あい」南條俊二)

 

 Cruxのインタビューでのドネリー大使の一問一答の英語原文は次の通り。

Crux: Why are you stepping down now?

Donnelly: We have a term coming up and finishing, so either way the election goes, I was going to be finished up right after, at the very latest in November. Whether it’s President Biden or someone else, I want to give them the opportunity to put another ambassador in place for another term. This is just a few months short of that, and there’s a lot going on back home and I miss my family as well, so I thought it’s pretty much the right time.

What would you say you have learned about the Vatican in your time as a diplomatic actor here?

I think I already knew this, but just how critical the Vatican, the Holy See, the Holy Father is, to all the big issues of the world. From the moment I set foot here – the first day, there was a Mass for peace in Ukraine in St. Peter’s Basilica – until today, Russia’s unjust invasion of Ukraine has been front and center. The pope has worked on this, everybody in the Vatican has. We as an embassy have coordinated with the Vatican to try to help Ukraine.

When the pope speaks, the whole world listens, and we want to make sure when the Holy Father speaks, he has all of the information available in order to fully understand the issue. So, my job has been to make sure the Vatican understands what we know as the United States, what we’ve seen, the unjustified attack, and they can put that into their equation when they speak.

Additionally, I’ve worked with Cardinal (Matteo) Zuppi extensively on trying to bring Ukrainian children home. We’ve brought over 100 home right now, and that number continues to increase on a constant basis. We’ve worked together as well on trying to seek a path forward for peace in Ukraine. So, when big issues like that are being discussed the Vatican is right in the middle of them.

It’s been said that the Vatican is a good listening post. Has that been your experience?

One hundred percent. It’s exceptional. We are working on seeking peace in Israel and Gaza as well. The Vatican has the Holy Family Church right in Gaza that the Holy Father calls every night, every single night at seven o’clock, he calls the church to find out if everybody is okay, what’s the food situation, how is the water holding out, how are the 500 plus that are living there and all of them have information.

We worked together at one point with the Vatican to help bring a kidnapped sister home from Africa, and the incredible compliment of abilities helped to get that done, because on the United States side we obviously have extraordinarily good intelligence information, the ability to have an embassy throughout the region in different countries, and in effect the Vatican almost has an embassy in every town because they have a church in every town, so when you combine the abilities of the two groups to be able to use it for good, we were able to bring an American sister home.

In terms of collaboration on issues such as Ukraine and Gaza, there are some shared priorities, but there are also differences in strategy and approach. How have you navigated that?

We’re two distinct governments. We don’t line up exactly with any country in the world, so the way I navigate it is I represent the United States, and I’m working with another government, the Holy See, and we agree on so many things. There are some things we don’t agree on exactly, but we have an open and clear discussion on them, and overall, we have an extraordinarily good relationship.

What would you say are the biggest points of convergence between the United States and the Holy See?

The pope’s worldview, I obviously can’t speak for Pope Francis, is to protect human dignity, that every person’s humanity is precious. We feel the same way in the United States. A family who lived in Bucha had the right to live in peace and to raise their family there, and the Russians didn’t have the right to come in and slaughter people on the streets, in an exact copy, almost, of Hitler in 1939. So, the basic human dignity of every person is something that both the Holy See and the United States agree on.

We collaborate every single day on protecting the human dignity of people, we collaborate every day on ensuring that people can be fed, that people can get clean water, that their right to an education is protected. You see Pope Francis and he talks about smelling like the sheep, standing up for every single person that no one is left behind. Well, that’s what we do as a country, that’s what we do throughout the world.

When you look at Israel and Gaza, the world looks to the United States to try to help solve the problem. They look at us as the only place that can come up with a solution that might work. When you look at Ukraine, the whole world looks to the United States to help make sure Ukraine can survive, so we are truly the indispensable nation in this world.

There have been issues with some of your predecessors in terms of the Holy See’s stance on China. Has that also been an issue in your tenure?

Oh sure. We don’t agree on China. Our experience with China has been that without China, Russia’s attack against Ukraine would be over, that China supplies them with technology, with information, with assistance that keeps their war machine rolling. China has been incredibly oppressive against the Uyghurs, and parts of the Church, and the Holy See I think understands these, we’ve talked about this information with them. The Holy See is hoping that China can start to improve, and we do as well, and are reaching out to try to help the 12 million Catholics there, but what we hope is that they do it with a very clear eye of what’s going on in China.

So you would say that they are aware of the red flags, but are hoping for the best?

I can’t speak for them, but we believe that what we see in China is what China really is.

The pope has also been somewhat critical of the United States on the climate agenda. It was the only country he called out by name in his most recent document on the environment. What reverberations has that had?

Well, we know the facts. We know how hard our country has worked to meet all of the climate goals and we continue to pursue that, to work every day for a cleaner planet, for a safer planet, and that’s the information we provide the Holy See. We hope they can see just how well we’re doing.

On a more personal level, what’s going to be your next act after this?

I’m planning on going home. The way the State Department works is you’re not allowed to sign up for a next act until you’re done with the present one, so my efforts right now are to work nonstop to run across the finish line, to work hard every day, and that’s what we’ve been doing.

Just this past weekend, I was in the room with President Biden and Pope Francis at the G7 talking about the most critical issues in the world, talking about Ukraine, and talking about Israel and Gaza, and President Biden’s nonstop efforts, traveling the world, to seek peace. I know that Pope Francis hopes for the same thing.

I’ve grown to love Italy, to love Rome. It’s been an extraordinary opportunity to work with all of the people who work so hard in the Vatican, across the board. People don’t know that it’s not only dedicated priests and others, but it’s laypeople, it’s the sisters, religious sisters, who work across the world every day to feed children, to educate children, in the most difficult, dangerous, unsafe places in the world, so the world of the Holy See is a lot bigger than just Rome. They are making a difference every day across the world.

If you could give a piece advice to your predecessor, regardless of wherever they fall on the political spectrum, what would it be?

The first thing I’ll say is the person directly leading the embassy after me, her name is Laura Hochla, and she’s probably more talented than I am, so she probably doesn’t need much advice from me, she’ll do an extraordinary job.

Anybody else who comes after me, I’d just say be yourself. That you’ll be dealing with a group at the Vatican who are incredibly bright, incredibly hardworking, and our focused on trying to make it so that every person’s life is better, and to never ever forget that when people ask, what country do you represent, you represent the United States.

2024年6月24日

・「(中国政府が心を)開けば、教皇は中国を訪問するだろう」-パロリン国務長官が語る

Cardinal Pietro Parolin at Rome's Pontifical Urban University (foto © Teresa Tseng Kuang Yi)Cardinal Pietro Parolin at Rome’s Pontifical Urban University (foto © Teresa Tseng Kuang Yi) 

    ローマの教皇庁立ウルバノ大学で、教皇使節として初めて訪中したセルソ・コスタンティーニ枢機卿(1876-1958)とバチカン中国関係に関するフォーラムが開かれ、バチカンピエトロ・パロリン国務長官が講演、中国との継続的な対話と同国の国民に対する教皇の感謝について語った。

 このフォーラムは、ブルーノ・ファビオ・ピギン大司教の著作「セルソ・コスタンティーニ枢機卿と中国 – 東西間の『橋』の建設者 -」(Marcianum Press刊)の出版を記念して開かれたもの。ピギン大司教は、中国への最初の教皇使節であるコスタンティーニ枢機卿の列福と列聖の原因を提唱するイタリアの歴史家で、司教使節。

 国務長官は講演で、「教皇は中国に対して、人々、歴史、文化に対して常に大きな感謝と尊敬を示してきた」としたうえで、「現時点では時期尚早に思われるが、中国側に寛容さがあれば、教皇もすぐに中国を訪問されるだろう」と述べ、「偉大で高貴な」このアジアの国をいつか訪問したい、という教皇の決して隠されることのない願望を繰り返した。

 長官は、講演に先立つ取材記者たちとの短い会話の中で、現在、二度の更新を続けている、中国での司教任命に関するバチカンと中国政府の暫定合意に関連して、「中国とは、これまでも対話を続けてきた。暫定合意は、今年末に更新されるが、(教皇訪中の)最善の手順を模索している」と説明した。

 前日19日の水曜恒例の一般謁見で教皇は、「セルソ・コスタンティーニ枢機卿の友の会」の会員たちにあいさつした際、合わせて「親愛なる中国人」に挨拶を送り、「私たちは常に、素晴らしい文化を持つ、とても勇敢で高貴な人々のために祈っています」と語っておられた。

 これを受ける形で、 パロリン長官は「教皇は中国の国民と国家に対して本当に大きな感謝の気持ちを持っており、その気持ちを表現する機会を逃されません。それは教皇が(中国で宣教したマテオ・リッチ神父の出身母体である)イエズス会士であり、過去の遺産をすべて持っているからでしょう。確かに、これらはすべて、お互いを一層、理解し、一層、近づくのに役立つステップです。この道が前向きな結論につながることを願っています」とコメントした。

 そして、教皇の訪中の可能性についての記者の質問には、「教皇は中国に行く用意があり、実際に中国に行きたいとが思っておられます」と述べつつ、「今のところ、教皇のこの願いが実現するための条件が整っているようには思えません」と慎重な答えを返した。

 この後の講演でも、長官は「私たちは中国を愛し、尊敬しています。中国の人々、文化、伝統、そして現在、中国が行っている努力を… 本当に中国は、私たちの心の近くにあり、教皇とその協力者たちの心の近くにあります」と強調。

 コスタンティーニ枢機卿については、教皇使節だった彼が1946年にピオ12世のもとを訪れ、32人の新しい枢機卿の中に中国人司教の名前を含めるよう要請した際の逸話を披露し、枢機卿が「中国に福音の光を広める」ため、そして何よりも文化に溶け込んだ教会を推進するために尽力し、働き、犠牲を払ったことを称賛。「1924年に上海で開かれた中国カトリック教会会議を主宰したのはコスタンティーニ枢機卿であり、この会議が第2バチカン公会議の予言的なインスピレーションとなり、1963年時点で23人の司教で構成されるまで成長した中国教会の基礎を築いたのです」と述べた。

 そして、バチカンと中国の関係における「コスタンティーニ方式」は、今日では「教皇フランシスコも従っておられる方向だ」と述べ、ベネディクト16世教皇の2007年の「中国カトリック教徒への手紙」に始まり、2018年に北京で調印された司教任命に関する「暫定」合意で具体化された、とし、「『暫定』という表現は、それが出発点であることを示しています」と説明。

 「暫定合意が二度更新されて今日に至るまでにしるされた前向きな進展は、より多くの、より大きな進展が続く、という希望を与えてくれます。実際、この暫定合意の結果、『孔子の国』の全ての司教は、『ペトロの教会』と完全な交わりを持つようになりました… 偉大な人々への愛を証明してきた教皇との完全な交わりにおいて、中国のカトリック教徒が司牧者たちの指導の下により大きな調和を育むために始めた対話のプロセスが継続されるという希望があります」と繰り返した。

(翻訳・編集「カトリック・あい」南條俊二)

 

 

2024年6月22日

・香港政府、海外に逃れた民主活動家6人のパスポート取り消しを発表(LaCroix)


2019年6月4日、香港で中国愛国民主運動を支援するために香港連合会が組織した大規模なろうそく集会のファイル写真。(写真提供:etan liam / CC BY-ND 2.0)

(2024.6.13  LaCroix   Dorian Malovic (Asia regional correspondent in Tokyo)

愛国主義を支援するために香港連合会が組織した大規模なろうそく集会のファイル写真

  香港政府は13日、中国政府・共産党による弾圧から逃れるために英国に”逃亡”した民主化活動家6人のパスポートを取り消した、と発表した。

 中国政府の直接命令の下、香港政府は香港亡命者を容赦なく追跡し続けている。昨年は、海外に避難していた13人の民主化活動家を逮捕すると発表し、10万ドルの懸賞金をかけたが、パスポートを取り消されるのはそのうちの6人。香港当局は、活動家らが弾圧を逃れるために英国に「逃亡」したと主張し、彼らに「無法犯罪者」のレッテルを貼った。

 今回の香港政府の措置について、英国の人権活動家で、ロンドンに本拠を置くNGO「香港ウォッチ」の創設者、ベネディクト・ロジャーズ氏は、「現在、香港政府を動かしているのは、『無法な犯罪者たち』であり、中国政府が破棄した中英共同宣言で約束された自由、人権、法の支配、自治を希望する勇敢な香港人を脅かし、中傷している」と批判した。

 2019年に香港で起きた大規模な抗議行動の後、弾圧から逃れてきた政治亡命者たちは、何千マイルも離れた場所でも、中国が支援する香港政府からの圧力と脅迫に直面し続けているのだ。

 東京で3年間、難民生活を送っているジャーナリストで民主活動家のアラン・リウさんは「香港当局は国家安全維持法を発動し、私たちを威嚇し、脅迫し続けている」と話す。2019年の抗議活動で重要な役割を果たしたため、銀行口座を凍結されている。

 中国政府が任命した香港政府のトップは今回の措置について、6人の活動家が「国家の安全を脅かす活動に、公然と関与し続けている」とし、「それゆえ、われわれは彼らを激しく叩くための手段を講じた」と述べた。当局が標的にした6人は、国家安全維持法違反の「外国勢力との共謀、分離独立扇動、国家転覆」の罪で起訴されており、終身刑に処せられるとされている。

 この発表は、2019年春の大規模で、時には暴力的な民主化抗議行動の5周年にあたって行われた。

 標的にされた6人の活動家は、民主化運動の有力者で元立法会議員のネイサン・ロー氏、ベテラン労働組合員のムン・シウタット氏、反体制派のサイモン・チェン氏、フィン・ラウ氏、フォク・カーチー氏、チェ・ミンダ氏。

 今回の香港政府の措置について、フィン・ラウ氏はソーシャルメディアへの投稿で、「1997年に植民地が中国に返還される前に生まれた香港人に発行された英国国民海外パスポートのみを所持し、香港政庁が発行したパスポートは持っていない… 存在しないものを取り消すのは馬鹿げている」と述べ、 ネイサン・ロー氏は「2021年に英国への亡命を認められている。パスポートの取り消しは無意味だ。亡命者全員が、今直ちに香港に戻るつもりはない」と語っている。

(翻訳「カトリック・あい」南條俊二)

(注:LA CROIX internationalは、1883年に創刊された世界的に権威のある独立系のカトリック日刊紙LA CROIXのオンライン版。急激に変化する世界と教会の動きを適切な報道と解説で追い続けていることに定評があります。「カトリック・あい」は翻訳・転載の許可を得て、逐次、掲載していきます。原文はhttps://international.la-croix.comでご覧になれます。

LA CROIX international is the premier online Catholic daily providing unique quality content about topics that matter in the world such as politics, society, religion, culture, education and ethics. for post-Vatican II Catholics and those who are passionate about how the living Christian tradition engages, shapes and makes sense of the burning issues of the day in our rapidly changing world. Inspired by the reforming vision of the Second Vatican Council, LCI offers news, commentary and analysis on the Church in the World and the world of the Church. LA CROIX is Europe’s pre-eminent Catholic daily providing quality journalism on world events, politics, science, culture, technology, economy and much more. La CROIX which first appeared as a daily newspaper in 1883 is a highly respected and world leading, independent Catholic daily.
2024年6月14日

・「中国の教会をめぐる状況は悪化、私たちは『見捨てられている』と感じている」(La Croix)

Catholics attend the Christmas Eve mass in the Xishiku Catholic Church in Beijing, China, 24 December 2023 (WU HAO/EPA/MaxPPP)
Catholics attend the Christmas Eve mass in the Xishiku Catholic Church in Beijing, China, 24 December 2023 (WU HAO/EPA/MaxPPP)

(2024.5.22 La Croix  Dorian Malovic )

   中国では、1200万人の中国人カトリック教徒が依然として共産党の主要な標的となっている。

 バチカンと中国政府の司教任命をめぐる暫定合意から6年が経ち、習近平国家主席のもとで状況が「悪化」する中、カトリック教徒は公式・地下を問わず、「見捨てられた」と感じている。

 「私たちは引き続き高齢者の世話をし、最大限の慎重さで毎日、共に祈ります。当局が私たちを注意深く監視しているため、これまで以上に細心の注意を払う必要があります」。

 長年の知己である西側ジャーナリストに暗号化されたメッセージアプリで送られたこの一言は、中国の高度なサイバー監視サービスによる探知を避けるために選んだ偽名である「シスター・クレア」にとって、多大な損害をもたらす可能性がある。

*天主愛国協会は中国共産党中央の指令に従うよう強制

 中国北部、山西省の鉱山のある村の老人ホームを装った秘密の修道院で、シスター・クレアは他の3人の修道女と共に20年以上も修道生活を送っている― 「神は、私を見守ってくれています」。

 彼女によると、2018年10月に署名され、現在も有効とされているバチカンと中国政府の中国国内の司教任命をめぐる暫定合意によって「 (中国政府・共産党の管理下にある)中国天主愛国協会の幹部たちは、『自分たちの正当性が強化された』と受け止め、中国共産党中央の指令に従うことを私たちに強要するようになり、事態はさらに悪化している」。政府・党の管理下にある”公式教会”と管理を拒み、好況に忠誠を誓う”地下教会”を合わせて1200万人の中国のカトリック教徒をめぐる状況は、習近平国家主席が2012年に権力の座に就いて以来、「著しく悪化」しているという。

*習近平の登場で政府・共産党の姿勢に劇的な変化が起きた

シスター・クレアのいる場所から千キロ以上離れた香港教区の信徒、60歳のカトリック活動家アニーも、「近年の劇的な変化」を感じている一人だ。 30年間、カテキズムを教えてきた熱心な信徒である彼女は、「”竹のカーテン”の向こうで起きていることを何も知らなかった1970年代後半の状況に、今、ほとんど戻ってしまったのです。 中国の司祭、修道女、信徒の中に、電話や電子メール、さらには暗号化されたメッセージでコミュニケーションをとる人はほとんどいません。危険すぎるのです」と語る。

本土の教会の状況について得られる情報はとても乏しく、訪問することは危険だ。 「もはや私には、本土の教区を訪問する勇気はありません」と香港出身のカトリックジャーナリスト、チャンは告白した。「 本土の教区に出向けば、私自身ばかりか、出会う司祭や信徒たちを危険にさらすことになるでしょう。 監視は強化され、教会の前には監視カメラが設置されている。

 

*「共産党とは対話ではなく、対決するしかない」

 

 「長年の知人と会っても、彼らは何も話さないし、2018年の合意については、なおさら話しません」とアニーは語った。「1990年代から2000年代には、毛沢東主義によって引き裂かれた中国の教会が再び団結するのを期待していましたが、2012年に習近平が権力の座に就いて以来… 習近平は教会を”中国化”し、共産主義イデオロギーに服従させようとしている」とし、教皇フランシスコは、中国側に一定の譲歩をすることで対話を続けようとしているが、「それは幻想に見えます… 中国での数十年の自分の経験を踏まえれが、共産党とは”対話”するのではなく、”対決”するのです」と結論づけた。

「教会、信者をめぐる状況は、それぞれの省や県の当局との関係や、司教がバチカンの承認を受けているかいないか、などで異なるとしても、全体的な雰囲気は暗いと断言できます」と中国の四川省出身で現在は米国に住むカトリック教徒のマリーは語る。

*「教皇は、中国の現状を理解していない」との嘆き

 

マリーは、2世紀前にパリ外国宣教会の宣教師たちが四川省で布教を始めた時に受洗して以来、10世代にわたるカトリック教徒の家庭に生まれた。今も中国にいる親類、家族と連絡を取り合っているが、多くのカトリック教徒の家族と同じように、”公式教会”に所属するか、”地下教会”に所属するかで分裂している、という。

バチカンは数十年にわたって、分裂を解消したい、と考えてきたが、「中国共産党はこれまでも、常にすべての中国人の生活を管理したい、と考えてきた。しかし、習近平が政権を握って、それが劇的に激しさを帯びてきました」とマリーは説明した。”公式教会”の 多くの司教や司祭が「素晴らしい仕事」をしていることを認めつつ、彼女の家族の多くを含む”地下教会”の信者を擁護する立場だ。

そして、2018年になされた中国国内の司教の任命に関する暫定合意は「大惨事」だ、と言う。 「すべてを破壊する党の支配下に中国の教会を放置すべきではない。現教皇は、中国政府・共産党との妥協が可能だと想像する『左翼のアルゼンチン人イエズス会士』です。 彼は中国を理解していません」。

*「すべてがバラ色ではないが、黒というわけでもない」との見方も

 このような見方の一方で、福建省で数日間滞在したシンガポール国立大学のアジアにおける宗教の専門家、ミシェル・シャンボン氏は、2018年の協定の影響について、慎重な見方をしている。

 「すべてがバラ色ではないが、すべてが黒というわけでもありません… 私は、暫定合意に従って福建省の邵武教区長に今年一月、任命されたWu Yeshun司教に会って、話をしましたが、信心深い人で、信徒たちに寄り添い、霊的な意識を尊重していました」と述べ、さらに、「私が訪問した福建省の地域では、”公式教会”と”地下教会”の状況は改善しつつあります。合併することなく平和的に共存している。最近、隣接する教区では統合が達成されました」と説明。

  そして、福建省の「”公式教会”と”地下教会”の司祭は一緒に祈っています。 これは注目に値する進歩であり、2018年の合意が間違いなくそれに貢献したと言えます」とし、福建省の省都、福州の教区が依然として大きく分裂していることを認めつつ、「地下祭司と公式司祭が一緒に祈っている。これは注目に値する進歩です」と述べ、「交流を育てるのには時間がかかります。バチカンは一歩ずつ進んでいる。中国カトリック教徒の自由を目指す長い行進はまだ終わっていません」と指摘している。

 

(翻訳・編集「カトリック・あい」南條俊二)

(注:LA CROIX internationalは、1883年に創刊された世界的に権威のある独立系のカトリック日刊紙LA CROIXのオンライン版。急激に変化する世界と教会の動きを適切な報道と解説で追い続けていることに定評があります。「カトリック・あい」は翻訳・転載の許可を得て、逐次、掲載していきます。原文はhttps://international.la-croix.comでご覧になれます。
LA CROIX international is the premier online Catholic daily providing unique quality content about topics that matter in the world such as politics, society, religion, culture, education and ethics. for post-Vatican II Catholics and those who are passionate about how the living Christian tradition engages, shapes and makes sense of the burning issues of the day in our rapidly changing world. Inspired by the reforming vision of the Second Vatican Council, LCI offers news, commentary and analysis on the Church in the World and the world of the Church. LA CROIX is Europe’s pre-eminent Catholic daily providing quality journalism on world events, politics, science, culture, technology, economy and much more. La CROIX which first appeared as a daily newspaper in 1883 is a highly respected and world leading, independent Catholic daily.
2024年5月23日

・バチカン国務長官、中国との司教任命めぐる暫定合意、繰り返しの違反にも更新を希望(Crux)

Cardinal Pietro Parolin, left, poses for a photo with Bishop Joseph Shen Bin of Shanghai at a conference at the Pontifical Urban University in Rome on May 21, 2024. (Credit: Elise Ann Allen/Crux.)Vatican wants China deal to be renewed

(2024.5.22  Crux  Senior Correspondent  Elise Ann Allen)

 ローマ – バチカン国務長官のピエトロ・パロリン枢機卿は21日、物議を醸している司教任命に関する中国との暫定合意について、バチカン、中国双方が「3度目の更新を希望している」ことを明らかにした。

 国務長官は21日にローマの大学で開かれた中国に関するシンポジウムの終了後、記者団に対して、「我々は皆、暫定合意が更新されることに関心を持っている」と語った。そして、合意が「いくつかの点で進展する可能性もある」と述べたが、詳細については触れなかった。

 中国における司教任命に関する暫定合意は、 2018年に結ばれ、期限を迎えた2020年秋以降、2年間の合意期間を2度更新した。合意の具体的内容は今に至るまで明らかにされていないが、中国当局が推薦する司教候補の中から教皇が選任する内容とされている。発効から約6年が経過しているにもかかわらず、まだ暫定的とされている。

 中国における信教の自由への懸念をめぐり、元香港司教のジョセフ・ゼン枢機卿が強く批判しているのをはじめ、広範な論争のもとになっている。これまで 中国当局によるいくつかの合意違反もあった。

 中国当局は2022年11月、バチカンの認識も承認もなしに、バチカンが認めていない江西教区の補佐司教にヨハネ彭偉照(ペン・ウェイシャオ)神父を任命した。彭司教は、暫定合意に先立つ2014年に教皇フランシスコによって教皇公認の渝江教区長に任命されたが、当局に認められていない”地下教会”の高位聖職者とみなされ、逮捕され、6か月間拘留された後、厳しい監視下で釈放される、という経緯をもつ。さらに、中国当局は昨年4月、再び暫定合意に違反し、海門教区長の沈斌(シェン・ビン)司教を、バチカンへの事前の通知や承認なしに、10年間空席だった上海教区長に異動させている。

 中国のカトリック教会は、過去数十年にわたり、政府・共産党が認める中国天主愛国協会(CPCA)が管理・運営する”公認教会”と、教皇に忠誠を誓い、中国政府・共産党の支配に服さない”地下教会”に分かれてきた。 2018年の暫定合意は、表向きには、この二つの教会を一つにすることを目的としていた。

 教皇は、中国当局の人事に3か月遅れて昨年7月に沈司教の転任を正式に受け入れ、これを発表したパロリン国務長官は教皇の中国駐在代表を任命する可能性を示唆していた。

 だが、 CPCA会長の沈司教が基調講演者を務めた21日のローマでのシンポジウムの終了後、 パロリン国務長官は記者団に対して、教皇代理を北京に置く可能性について、「予測するのは常に難しい」とする一方、 「たとえ、当面、教皇代理が置かれなかったとしても、私たちは、長期にわたって中国で安定した存在感を維持することを望んでいる… 重要なのは、関係を強化し、深めること。それが私たちの目標です。 形は違っても構いませんし、一つの方法に固執するわけではありません。 時間が経つにつれて関係が深まれば深まるほど、前進することを願っています」と述べた。

 また、「バチカンは、CPCAを正式に承認するかどうか」との記者団からの質問に対し、国務長官は、このことが「すべての中国の司教が含まれる」という意味で議論の対象となりうる、と述べつつ、「それはまだ検討中の課題です」と述べ、時期については明言を避けた。

 国務長官は、今回の上海での評議会開催100周年記念のシンポジウムからは「たとえそれが特別に難しく複雑な問題であっても、恐れずにこの議題に向き合い、忍耐強くあるべきだ」という意味でインスピレーションを受けた、とし、 「私たち全員が忍耐を必要としている。そして多くの希望を持つことも必要です」と述べ、 「すぐには実を結ばないように見えても、最終的には芽を出し、必ず少しずつ収穫をもたらしてくれる」と期待を表明した。

 

2024年5月22日

・「中国における信教の自由は一段と悪化している」ー米・国際信教の自由委員会2024報告書

  USCIRF(The United States Commission on International Religious Freedom=国際信教の自由・米国委員会)が6日付けで、世界の信教の自由の状況に関する年次報告書2024を発表した。同委員会は、米国の1998 年国際宗教自由法 (IRFA) をもとに設けられた超党派の米国連邦政府委員会で、委員は大統領と両政党の議会指導者によって任命されている。

 報告書には、Bitter Winterを信頼できる情報源として、特に中国やパキスタン、ロシアなどについての信教の自由の現状を把握するために使用している。報告書の中国の状況に関する記述では、「2023 に中国における信教の自由の状況は悪化した」と結論付け、「(中国政府・共産党が推進している)『宗教の中国化』とは、宗教を中国文化に適応させることではなく、すべての主要な宗教団体が中国共産党(CCP)とそのイデオロギーと政策に従うことを要求するもの」であり、「宗教の経典や教義を変更して、CCPの解釈に一致させるなど、中国共産党のマルクス主義的な宗教解釈に従うことを宗教団体に要求している」と述べている。

 そして具体的には、「当局は、キリスト教の教会やイスラム教のモスクの建築上の特徴を『外国のもの』とみなし、破壊し、あるいは改築を強制」し、「新疆ウイグル自治区とチベット自治区の宗教的少数民族地域では、文化的なアイデンティティと信教の自由を脅かす(”漢民族”との)同化強制を伴うものとなっている」と続けている。

 さらに報告書は、新疆ウイグル自治区では、「習近平・主席は個人としても『弾圧政策を強化し、新疆ウイグル自治区における”イスラム教の中国化”を継続する』と誓った。 当局はウイグル族の拘束、拘留を続け、拘留中に重篤な状態になった人や、拘留中あるいは釈放直後に死亡した人もいた」と述べ、「当局は、ウイグル人を刑務所内外での強制労働にさらし続け、彼らの行動を厳しく監視し、ラマダン中のウイグル族の断食を禁止する一方、新疆ウイグル地区を観光地として”再ブランド化”した。 新疆ウイグル自治区外では、かつては『共産党政権に友好的である』として宗教活動が容認されていた回族イスラム教徒に対しても規制が強化されている、と指摘している。

 またチベット自治区の状況について報告書は、「当局はチベット仏教徒に対する監視と治安措置を強化し、彼らの平和的な宗教活動を制限し、活動に参加したり、ダライ・ラマの肖像画や教えを所持したりしたことを理由に、逮捕、拘留し、『政治的再教育収容所』に入れている。 チベット仏教の僧侶の中には獄中で亡くなった人もいる」と述べ、「中国政府は、チベット人の子供100万人を親から引き離し、国営の寄宿学校に入れて強制同化させた。 一部の地方自治体は、親がチベット人の子供たちに宗教を教えることを禁止した。 政府はチベット僧侶の叙階を管理し、ダライ・ラマの生まれ変わりに干渉し、後継者を任命する意図を繰り返し表明した」としている。

 報告書はまた、「政府は2023年9月に宗教活動会場の管理に関する新たな措置を実施し、信教の自由をさらに制限した」とし、「2018年のバチカンと中国の司教任命に関する暫定合意の結果は、引き続き中国のカトリック教徒にとってマイナスに見える」と指摘している。

 プロテスタントの家庭教会のキリスト教徒に対する迫害も激化しており、「 政府は家庭教会に対する全国的な弾圧を継続し、治安と刑事の罪で独立したプロテスタントを拘束、逮捕し、判決を下した。 当局は秘密拘置所や刑務所に拘留されているキリスト教徒を拷問した」と述べ、さらに、「新興宗教の活動は最も厳しい弾圧を受けた。政府は法輪功と全能神教会に対する迫害を続け、しばしば中国刑法第300条に基づく『反カルト』条項を適用。 2023年だけで、法輪功関係者は、迫害による6514件の嫌がらせと逮捕、1190件の懲役刑、209件の死亡を記録した。 中国全土で当局は数千人の全能神教会信者を逮捕、拷問しており、そのうちの何人かは虐待により死亡したと伝えられている」としている。

 報告書はまた、中国政府・共産党の海外における組織的な「悪影響」を非難。 「ウイグル族、香港の民主活動家、中国で迫害され、亡命した信者など、中国政府・共産党が『脅威』とみなす人々を黙らせるために、物理的、デジタル的、心理的な幅広い戦術を用いて、国境を越えた抑圧の”洗練された包括的な戦い”を進めている」と強く非難している。

 USCIRFは引き続き、米国政府と外交に対し、中国だけでなく「特に懸念される」他の国々における宗教や信仰の自由への攻撃を精力的に非難するよう勧告していく。そのリストには、アメリカ大陸ではキューバ、 ニカラグア。 USCIRF は重要な機能を果たしており、その有益な効果は米国を超えて広がっています。 また、資金を打ち切られるか、さらには排除されることを望んでいる敵もいる。 それには信教の自由を守るすべての友人たちの支援が必要です。

(翻訳・編集「カトリック・あい」南條俊二)

The cover of the 2024 report.

*報告書全文(英語)は2024 Annual Report.pdf (uscirf.gov)をクリックすればお読みになれます。

2024年5月8日

・「アジアでは中国で重大な人権侵害が進んでいる、ミャンマー、インドでも」-米国務省、2023年度国別人権報告書を発表

 

【中国の新疆ウイグル自治区を中心とした状況】

 この報告書によるとアジア地域では、中国について、重大な人権侵害が進んでおり、新疆ウイグル自治区では、大部分がイスラム教徒のウイグル人や他の民族や宗教の少数派グループのメンバーに対して大量虐殺、人道に対する罪、強制労働、その他の人権侵害を続けている。

 具体的には、中央、地方政府当局による恣意的または違法な殺害、強制失踪、拷問、そして 非自発的または強制的な医療行為または心理行為がされており、 過酷で生命を脅かす刑務所での拘禁が続いている。当局による恣意的な逮捕と拘留については、2017年以来、100万人以上のウイグル人とその他の主にイスラム教徒の少数派のメンバーが超法規的な強制収容所や刑務所に収容されており、さらに人数か確認できない人々が日中のみの「再教育」訓練を受けている。

 こうした事態が続く背景には、独立した司法機関と司法制度の欠如、および法制度に対する共産党による統制の欠如があり、最近ではさらに、国外に居住・活動する中国人に対する国境を越えた抑圧や、個人に対する 広範な監視体制を含むプライバシーへの恣意的な干渉、 親族が犯したとされる犯罪に対する家族の処罰や、 ジャーナリスト、弁護士、作家、ブロガー、反体制派、請願者などの刑事訴追を含む、表現の自由と報道の自由に対する重大な制限がみられる。

 サイトの封鎖、阻止を含む、インターネットの自由に対する重大な制限、 外国および国内の非政府組織に適用される過度に制限的な法律を含む、平和的集会の自由および結社の自由に対する重大な干渉、 信教の自由の制限、 移動と居住の自由の制限も顕著であり、 国民が自由で公正な選挙を通じて平和的に政権を変えることもできず、 政治参加に対する重大かつ不当な制限が行われており、 深刻な政府の腐敗、 国内外の人権団体に対する当局の深刻な制限と嫌がらせや、 強制中絶と強制不妊手術。 ウイグル人を含む国家的、人種的、民族的少数派グループのメンバーを標的とした暴力を伴う犯罪、 強制労働を含む人身売買、 独立した労働組合の設立禁止と労働者の結社の自由に対する組織的な制限、 そして最悪の形態の児童労働も存在している、と指摘している。

 この年、政府またはその代理人が超法規的殺人を含む恣意的または違法な殺人を犯したという報告が多数あった。 多くの場合、詳細はほとんど、またはまったく入手できていない。 政府の透明性や死刑執行に関する公的統計は引き続き存在しなかった。

 新疆では、強制収容所での拘禁に関連した拘留中の死亡の報告があった。 7月、ラジオ・フリー・アジア(RFA)は、新疆ウイグル自治区マラルベシ県のトゥムシュク刑務所が、イード・アル・フィトルの祝日前に少なくとも26人のウイグル族受刑者の遺体を家族に解放したと報じた。

 ウイグル族の家族からは、収容所にいる間、または拘禁に関連した理由から解放されてから数週間以内に親戚が死亡したことを発見したという複数の報告があった。 RFAの2022年12月の報告書による と、2017年に拘束され「民族分離主義を擁護した」罪で有罪判決を受けたウイグル族の詩人アブドゥラ・サウット氏は、釈放直後の2022年12月に死亡した。

 

 

【ミャンマーの少数民族の人権状況】

 

 またミャンマーでは、軍事政権が支配を強化するために一般住民に対して残忍な暴力を行使し続け、4000人以上を殺害し、2万5000人以上を拘束している。2023年には、ラカイン州の少数民族ロヒンギャに対する民族浄化の一環として、 8月初旬、一部の治安部隊がラカイン州北部全域に展開し、強制失踪や恣意的逮捕を行い、大部分がロヒンギャの村民を強制退去させた。反政府勢力のアラカン・ロヒンギャ救世軍(ARSAが同州北部の治安前哨基地30カ所を組織的に攻撃したことから、政府は治安部隊を増員と、独立してあるいは治安部隊と連携して行動する地元の自警団が、超法規的殺害、失踪、強姦、拷問、恣意的逮捕、数万戸の家屋、いくつかの宗教的建造物やその他の建物の破壊や放火など、ロヒンギャの村民に対して広範な残虐行為を行ったと伝えられている。

 これにより、2023年12月時点で65万5000人以上のロヒンギャの人々が隣国バングラデシュに避難、他民族の村民2万人以上が避難させられている。

【インドの少数民族の人権状況】

インドでも2023年、北東部のマニプール州でクキ族とメイテイ族の間で民族紛争が勃発し、重大な人権侵害が生じた。 メディアは、同年5月3日から11月15日までに少なくとも175人が殺害され、6万人以上が避難民になったと報じている。家屋、企業、礼拝所の破壊に加え、武力紛争、強姦、暴行も報告されている。

 

 

(中国の全般的な人権状況の詳細の一部)

 

*刑務所と拘置所の状況

 

政治犯と刑事犯罪者の両方に対する刑事施設の環境は一般に過酷で、生命を脅かしたり品位を傷つけたりする場合が多かった。

当局は定期的に囚人や被拘禁者を衛生状態の悪い過密環境に拘留していた。 食料は不十分で質の悪いものが多く、多くの被拘禁者は、許可された場合には親戚から提供される補助食品、医薬品、防寒着に頼っていた。 囚人は、ベッドや寝具がなかったため、床で寝ていたとしばしば報告した。 多くの場合、換気、暖房、照明、飲料水へのアクセスが不十分でした。

囚人に対する適切かつタイムリーな医療の欠如は依然として深刻な問題であった。

行政拘置施設の状況は刑務所と同様でした。 被拘禁者らは、殴打、性的暴行、適切な食事の欠如、医療ケアへのアクセスが限られているか全くないと報告した。

4月、独立中国ペンセンターは、2016年に杭州の裁判所で「国家転覆」の罪で懲役11年の判決を受けた呂庚松に対し、刑務所当局が虐待を行ったと報告した。 彼が罪を認めることを拒否したため、刑務所当局はLvさんの読書権とコミュニケーション権を侵害し、彼の精神的および身体的健康を傷つけた。 観察者らは、Lv氏の有罪判決は禁止されている中国民主党との関係に関連していると信じていた。

行政: 被拘禁者に対する虐待は法律で禁止されていたが、被拘禁者が虐待を報告する仕組みは不明瞭であった。 法律では、囚人から刑務所の上級当局や司法機関に宛てた手紙は検閲されてはならないと規定されている。 法律が遵守されているかどうかは不明だった。 当局は問題のある状態に関する信頼できる申し立てを調査することがありましたが、その結果は公的にアクセス可能な方法で文書化されていない。

 

* 恣意的な逮捕または拘禁恣意的な逮捕と拘禁は依然として組織的に行われている
 中国の法律は、公安職員に広範な行政拘留権限と、正式な逮捕や刑事告発なしに個人を長期間拘留する権限を与えた。 弁護士、人権活動家、ジャーナリスト、宗教指導者と信者、元政治犯とその家族は引き続き恣意的な拘禁または逮捕の対象となっている。 国連人権委員会は、捜査中の個人を拘禁するために使用される自宅軟禁の一形態である居住監視(RS)制度が恣意的拘留に当たると認定し、その廃止を求めた。 3月、国連人権高等弁務官事務所は、新疆における大規模な恣意的拘禁と家族離散を文書化したと発表した。 また3月、国連の恣意的拘禁に関する作業部会は、ウイグル人のクルバン・マムットさん、エクパル・アサトさん、グルシャン・アッバスさんの自由の剥奪は恣意的であるとの意見を発表した。

2022 年 9 月、Safeguard Defenders は RS に関するレポートを発表しました。 警察が非公開の場所で容疑者を秘密拘留することを許可するRSDL制度とは異なり、RSは容疑者の自宅で行われた。 場合によっては、訪問者を受け入れたり、電話を使用したりすることが許可されていました。 他の場合には、彼らは隔離され、あらゆる連絡や訪問、そして家から出ることが禁止されました。 報告書は、2012年以来、56万人から86万人の間でRSが使用されたと推定している。

法律は、何人も法廷で逮捕または拘禁の合法性を争う権利を規定していたが、政府は一般にこの要件を遵守しなかった。

国家監督委員会・中央規律検査委員会(NSC-CCDI)の六枝拘留システムの被拘禁者は、拘留に対して控訴する手段もなく隔離された状態で拘禁されているとの申し立てがあった。

全国の留置拘禁システムの収容者数に関する統計は存在しなかった。 しかし、2020年の黒竜江省(376人)や吉林省(275人)など、これまではいくつかの省がこうした数字を発表していた。 liuzhi拘禁システムを統括するある省当局者は、容疑者が刑事司法制度に移送されるまで平均42.5日間拘留されたと述べた。

 

 

*逮捕手続きと被拘禁者の処遇

37 日を超える刑事拘留には検察による正式な逮捕の承認が必要だが、「国家安全保障、テロ、重大な贈収賄」に関連する事件の場合、法律は正式な逮捕なしで最長 6 か月の隔離拘留を認めていた。 容疑者を正式に逮捕した後、公安当局は事件の捜査中、容疑者をさらに最大7か月間拘留する権限を与えられた。

捜査完了後、検察は刑事告訴するかどうかを判断する間、容疑者をさらに45日間拘留することができる。 起訴された場合、当局は司法手続きを開始する前に容疑者をさらに45日間拘留する可能性がある。 公安当局は法律で認められた期間を超えて人を拘留することがあり、公判前拘留期間が 1 年以上になることも珍しくありませんでした。

法律は、被拘禁者が刑事告訴される前に弁護人と面会できることを規定しているが、起訴される前に弁護士と面会できない長期拘留が一般的であった。 弁護士らは、特に政治的にデリケートと考えられる事件の場合、拘置所で依頼者と面会することが非常に困難であると報告した。

刑事被告人は裁判を待っている間に保釈(「裁判中の保証人」とも訳される)を申請することができたが、その制度は効果的に機能せず、当局は容疑者の数名を保釈した。

法律は拘留後 24 時間以内に家族に通知することを義務付けていたが、当局は特に政治的にデリケートな事件の場合、そのような通知を行わずに個人を長期間拘束することが多かった。 場合によっては、通知が行われないこともありました。

当局は政治的および宗教的擁護者を脅迫するために行政拘禁を利用した。 行政拘禁の形態には、強制的な薬物更生治療(薬物使用者に対する)、「拘留と訓練」(軽犯罪者に対する)、政治活動家や宗教的・精神的信奉者、特に法輪功学習者に対する「法教育」センターが含まれる。 強制薬物リハビリテーションセンターでの最長滞在期間は 2 年で、通常は解毒センターでの 6 か月を含む。 政府は、売春または売春の勧誘で告訴された人々のために同様の更生センターを維持した。

 

*恣意的な逮捕:

当局は、政治的反対意見や公的擁護活動を抑圧するために、国家機密の漏洩、国家転覆、その他の犯罪という不明確な容疑で人々を拘留または逮捕した。 刑事裁判、商業活動、政府活動に関する情報など、あらゆる情報が遡って国家機密に指定される可能性がある。

当局はまた、多くの公民権活動家に対して「喧嘩を売り、問題を引き起こした」という曖昧な言葉での告発を広く行った。 スパイ防止法により、国家安全保障に対する脅威とみなされる活動の中止を個人や組織に要求する権限が当局に与えられた。 遵守しない場合は、財産や財産が差し押さえられる可能性があります。 スパイ活動の定義を広げる改正スパイ防止法が7月10日に施行され、外国人とのさまざまな交流を妨げる大規模な国民啓発キャンペーンが実施された。

当局が弁護士、宗教指導者や信者、請願者、その他の権利擁護者を、正式に告訴も理由も示さずに長期間逮捕または拘留したとの複数の報告があった。 当局はこれらの個人の多くを超法規的な自宅軟禁、渡航権の拒否、または「闇刑務所」を含むさまざまな種類の超法規的拘禁施設での行政拘禁の対象とした。 自宅軟禁中の人々が直面する状況はさまざまであったが、場合によっては警備員による警備の下で自宅に隔離されることもあった。 警備員が頻繁に家の中に常駐していた。 当局は、外国政府高官の訪問、全国人民代表大会および中国人民政治協商会議の年次本会議、天安門事件の記念日、チベット語でのデリケートな記念日などのデリケートな時期に多くの国民を自宅軟禁した。 地域と新疆ウイグル自治区。 治安当局は、自宅軟禁されていない人々の一部を、いわゆる休暇で遠隔地に連れて行った。

国営メディアは、2月7日にNSC-CCDIがチャイナ・ルネッサンス・ホールディングスの創設者で億万長者のバオ・ファン氏を「連行」し、拘束したと報じた。 彼は12月現在も拘留されている。

3月20日、アムネスティ・インターナショナルは、新疆ウイグル自治区ウルムチで、遊牧民の権利を主張したカザフスタン民族の音楽家、ザナルギュル・ジュマタイ氏を国家治安当局が拘束したと報告した。 アムネスティ・インターナショナルによると、ズマタイさんは海外の人々とコミュニケーションを取り、カザフスタンの牧畜コミュニティの土地の権利を主張し、以前に強制収容所に拘束されていたことも付け加えた。

4月13日、弁護士のユー・ウェンシェン氏と妻の徐燕氏は欧州連合の任務に向かう途中、北京警察に逮捕された。 彼らは後に「喧嘩を売り、トラブルを引き起こした」罪で起訴された。 以前、ユ氏は市民社会への活動を理由に4年の刑期を終え、2022年に釈放された。 RFA は 5 月 23 日、政府が弁護士に Yu 氏と Xu 氏の代理人をやめさせていると報じた。

5月18日、広州地方裁判所は、「南方街運動」への関与に関連して「喧嘩を売り、問題を引き起こした」罪で王愛中氏(2021年から拘留)に懲役3年の判決を下した。 RFAの報道によると、当局は王氏の妻の裁判への出席を許可しなかったという。

報道によると、5月18日、江蘇省の公民権運動家、王模氏が広州で、同日裁判を受け有罪判決を受けた活動家、王愛忠氏を支援する横断幕を掲げた後、行方不明となった。 X(旧Twitter)への投稿によると、王氏は3日間の拘留後に保釈され、江蘇省の自宅に送還されたという。

6月6日、メディアは、陝西省で人権弁護士の張衛平氏が「国家権力転覆」の罪で懲役3年半の判決を受けたと報じた。 チャン氏は、HIVとエイズの差別訴訟の弁護を成功させたことで知られているが、2020年1月の拘留中に受けた虐待について詳しく説明した動画をYouTubeに投稿した後、2020年に拘留された。

ボイス・オブ・アメリカは、2022年春の上海封鎖中および封鎖直後のオンライン活動で「喧嘩を売り、問題を引き起こした」罪で上海の人権活動家ハーベイ・ジー(ジー・シャオロン)氏が6月21日に裁判で重大な司法不正があったと報じた。 上海当局は2022年8月にジー氏を拘束した。ジー氏はロックダウン中に請願書を発表し、政府に対しゼロコロナ政策の中止、政策によって生じた企業への損失の補償、パンデミック中に自由に表現したとして投獄されている人々の釈放を求めた。

 

 

*公判前拘留:

公判前拘留は 1 年以上続く場合がある。 「デリケートな事件」の被告は長期にわたる公判前拘留を受けていると報告した。 統計は公表されておらず、一般に公開されていないが、長期にわたる公判前の拘留は政治犯の場合に特に一般的であった。

2021年11月に「国家転覆扇動」の容疑で拘束された中国ヒューマン・ライツ・ウォッチの共同創設者徐欽氏は、8月の時点で江蘇省揚州市で拘留されたままである。 当局は8月3日、徐さんの裁判を10回目となる延期した。彼女の弁護士は以前、政府が有罪答弁を拒否したことへの報復として徐さんの裁判を中止したと述べた。

 

* 公正な公開裁判を認めない

法律では、裁判所は行政機関、社会団体、個人の干渉を受けずに独立して司法権を行使すべきとされているが、司法府は独立して司法権を行使しなかった。 裁判官は係属中の事件について、特に政治的にデリケートな事件については、国、地方政府、中国共産党から判決方法に関する指示を含む政治的指導を定期的に受けていた。 中国共産党は裁判所の運営を指揮し、すべての司法および検察の任命を承認した。

司法汚職に対する保護措置があいまいで施行が不十分だったため、汚職はしばしば裁判所の判決に影響を与えた。 中国共産党が管理する委員会がほとんどの主要事件を決定し、公判と控訴裁判所の裁判官の義務は委員会の決定を法的に正当化することであった。 裁判所は日常的に一般人の出席を禁止している。

 

この法律は推定無罪を再確認したものの、刑事司法制度は依然として、特に注目を集める事件や政治的にデリケートな事件においては、推定有罪に偏ったままであった。

裁判所は、罪を認めようとしない被告を、自白した被告よりも厳しい刑で処罰することが多かった。 控訴手続きでは有罪判決が覆されることはほとんどなく、再検討のための十分な手段が提供されなかった。 被告の権利侵害に対する救済は不十分であった。

当局はしばしば裁判を非公開にし、国家機密条項を利用して、政治的にデリケートな手続きを時には家族にさえも非公開にし、被告の弁護人への面会を差し控えた。 刑事被告人には法的支援を受ける資格があったが、ほとんどの刑事被告人は弁護士なしで裁判に臨んだ。

人権弁護士らの報告によると、当局は特定の顧客を弁護することを許可しなかったり、弁護を選択した場合には免許取り消しなどの処罰を与えると脅したりしたという。 政治的にデリケートな事件の被告は、弁護士を見つけるのが難しいことがよくありました。 人権弁護士を脅迫したり圧力をかけたりする他の政府の戦術には、不法拘留、法律事務所に対する漠然とした「調査」、資格剥奪、嫌がらせ、身体的脅迫、証拠や依頼人へのアクセスの拒否などが含まれていた。

弁護人が被疑者や被告と面会することを許可されるという規制にもかかわらず、弁護士は公判前に依頼者と面会できず(特にデリケートな事件の場合)、証拠を検討する時間が限られ、公判中に被告と連絡を取ることも許されないことが多かった。 同様に、刑事被告人には、訴訟が提起されるまで弁護士が割り当てられないことがよくありました。

被告が告発者と対峙するための仕組みは不十分だった。 裁判官は、生きた証人の証言が必要かどうか、あるいは許可されるかどうかについて、重大な裁量権を保持していた。 ほとんどの刑事裁判では、検察官が証人陳述を読み上げるが、被告も弁護士も反対尋問で反論する機会がなかった。 法律では公判前の証人の陳述だけが有罪判決の唯一の根拠にはならないと定められていたが、検察官はそのような陳述に大きく依存していた。 弁護人には証人に証言を強制したり証拠開示を命じたりする権限はなかった。

メディア報道によると、公安当局は刑事裁判が始まる前に、有罪を立証するためにテレビ放映された自白を利用したという。 場合によっては、これらの自白が釈放の前提条件となった可能性がある。 NGO は、そのような声明はおそらく拷問によって強制された可能性が高いと主張した。 釈放時に自白を撤回し、自白が強制されたことを認めた被拘禁者の中にもいた。 法律には、刑事容疑者の自白を公判前に放送することを許可する規定はなかった。

4月10日、公民権活動家の丁嘉熙と徐志勇が「国家権力転覆」と同扇動の罪でそれぞれ懲役14年と懲役12年の判決を受けたとメディアが報じた。 彼らは2022年6月に秘密裏に裁判を受けた。この事件は「国家機密」に関わるものであったため、裁判所は一般のアクセスを制限した。 親族は裁判に出席することを禁じられ、弁護士にはメディアと話さないように警告された。 人権団体は、この裁判は「著しく不公平」であり、容疑は「でっちあげ」であると主張した。 丁さんと徐さんは2019年、平和的な市民社会活動を組織するため福建省アモイでの会合後に拘束された。

 

*政治犯および政治拘留者

 

政府当局者は引き続き政治犯の拘留を否定し、拘留されたのは政治的または宗教的見解のためではなく、法律に違反したためであると主張した。 しかし当局は、政治や宗教、精神的信念に関連した理由で国民を投獄し続けた。 人権団体は、数千人の政治犯(新疆で拘束されている人は含まない)が依然として投獄されており、そのほとんどが刑務所に、一部は行政拘禁されていると推定している。 政府は国際人道NGOや国連機関に政治犯へのアクセスを認めなかった。 刑務所当局は政治犯に対する治療を差し控えることもあった。

作家の楊茂東(ペンネーム郭飛雄)を含め、多くの政治犯は刑務所に留まっているか、他の形態で拘留されたままである。 ウイグル学者のイルハム・トフティ氏、ラヒレ・ダウット氏、世界ウイグル会議議長ドルクン・イサ氏の弟フシュタル・イサ氏。 退職したウイグル族医師グルシャン・アッバス氏。 ウイグル人起業家エクパル・アサト。 チベット仏教の僧侶ゴー・シェラブ・ギャツォ。 チベットのドルジェ・タシ。 活動家の王炳章氏、陳建方氏、黄琦氏。 張少傑牧師と王毅牧師。 法輪功学習者、周徳勇。 カトリック上海補助司教サデウス・マ・ダーキン。 権利弁護士および活動家のXia Lin、Gao Zhisheng、Xu Zhiyong、Ding Jiaxi、Xu Yan、Yu Wensheng、Chang Weiping、Li Yuhan。 市民ジャーナリストの張燦氏。 上海の労働活動家、蒋存徳氏、 その他。

刑事罰には、釈放後の一定期間の「政治的権利の剥奪」が含まれ、その間、個人は言論、結社、出版の自由の権利を拒否される可能性がある。 元囚人らは、職を見つけ、旅行し、滞在許可証やパスポートを取得し、住居を借り、社会サービスにアクセスする能力が厳しく制限されていると報告した。

当局は元政治犯とその家族を頻繁に監視、電話盗聴、捜索、その他の形態の嫌がらせや脅迫にさらした。

* 国境を越えた抑圧

政府とその代理人は、ウイグル人やその他の少数民族グループのメンバー、宗教的および精神的実践者、反体制派、外国人ジャーナリスト、中国の学生など、中華人民共和国外の個人に対して脅迫したり、報復を強制したりする行為に従事した。 海外のキャンパスや学術機関の教員。

フリーダムハウスは4月、国境を越えた弾圧報告書の中で、同国が物理的およびデジタルによる脅迫と脅迫、代理による強制、技術的スパイ行為、原因不明の失踪、国際刑事警察機構の手続きの乱用など、国境を越えた弾圧に従事していると述べた。 フリーダム・ハウスは、政府が他国を騙して政府に代わって演出を実施させたと報告した。

域外での殺害、誘拐、強制送還、またはその他の暴力または暴力の脅迫: エコノミスト誌は6月、中国の警察官がトルコでウイグル族の女性を殴りつけたり、WeChatに自分の裸の写真を投稿するよう求めるなどの精神的拷問を行ったと報じた。 、そして家族を新疆で投獄すると脅した。 この経験により、女性はパニック発作を起こし、何度も入院しました。

脅迫、嫌がらせ、監視、強制: セーフガード・ディフェンダーズは8月、中国当局が情報収集のためにトルコ国内のウイグル人情報提供者(彼ら自身もしばしば国境を越えた弾圧の被害者である)のネットワークを頼りに、新疆ウイグル自治区に住むトルコを拠点とするウイグル族の家族を監視し、嫌がらせをしていると報告した。 海外にいる家族に沈黙や中国の政策への支持を強要するために使用される。

メディアは、中国学生学者協会が海外監視機構および当局の情報ネットワークとして機能し、第三国での独立した学術活動を抑制していると報じた。 この機関は、民主化推進の見解を持つ中国の学生を追跡および報告し、脅迫やいじめにつながったとされている。

メディアの報道によると、中国の海外留学中の学生らは、監視や報復の可能性への懸念を高めた改正スパイ防止法により、帰国することへの懸念が高まっているとのこと。 改正法では、政府の要請があれば、海外の学生を含む国民に諜報活動を支援するよう義務付けた。 一部の学生は、海外での学術活動や接触が疑わしいとみなされる可能性があり、帰国後に法的トラブルにつながる可能性があると懸念していました。

1月12日、スウェーデンの新聞ダーゲンス・ニュヘテルは、中国奨学会を通じてスウェーデンに入国を認められた中国の博士課程の学生は、中国共産党への忠誠を誓い、「政権の利益に奉仕する」こと、そして中国共産党に反する活動には決して参加しないことを求める秘密協定に署名する義務があると報じた。 中国当局の意向。 協定に違反した場合、中国にいる家族に罰金が科せられる可能性があると伝えられている。 6月、ドイツのエアランゲン・ニュルンベルクのフリードリヒ・アレクサンダー大学は、学生の契約が学問の自由を侵害しているとの懸念を理由に、中国奨学会が資金提供する学生との協力を停止した。 デンマーク、オランダなどの大学も、同様の理由で同年中に評議会との関係を断った。

4月、外国政府は、公安省の地方支局として違法な海外「警察サービスステーション」を開設し運営した罪で、中国在住の2人を起訴した。 容疑者は、中国政府を代表して反対デモを組織し、「帰国の説得」やその他の嫌がらせ行為に参加し、民主化活動家らをストーキングしたとされている。

5 月、外国政府は、中国当局に現地の個人や組織に関する情報を提供し、民主化反対派に対する反対デモを組織し、反体制派の写真と情報を中国政府に提供した疑いで、中国政府の代理人として国内で活動した個人を起訴した。 職員らに情報を提供し、潜在的な新入社員の名前を公安省に提供する。

6 月 20 日、外国の裁判所は、中国当局の指示で被害者に嫌がらせをし、同国で中国政府の外国工作員として活動したとして男性 3 名に有罪判決を下した。

 

 

*国際法の執行ツールの悪用:

 

当局が国外の特定の個人に対する報復として、政治的動機に基づいた目的で国際法執行ツールを悪用しようとしたという信頼できる報告がありました。

8月21日、ワシントン・ポストは、フィジーと中国との法執行関係について、警察権限を海外に投影するために国際的な法執行ツールを悪用していると報じた。 報告書は、1月26日にフィジーによって破棄された2011年の両国間の警察協力覚書は、他の発展途上国間のそのような協定の通常の範囲を超えていたと述べた。

 

*人の移動に対する規制

 

中国が海外の国民に対する報復を目的として移動を制御しようとしたとの報告があった。 当局はウイグル人、チベット人、その他海外在住者のパスポート更新を拒否した。

 

 

*他国への圧力

 

中国は政治的動機を持った目的で、特定の個人または集団に対して不利な行動を取るよう他国に強制することを目的として他国に圧力をかけたという信頼できる報告がありました。

 

* プライバシー、家族、家庭、または通信に対する恣意的または不法な干渉

 法律には「国民の通信の自由とプライバシーは法律で保護される」と明記されていたが、当局は国民のプライバシーを尊重しなかった。 法律では警察官が敷地内を捜索する前に令状が必要であったが、職員はしばしばこの要件を無視した。 公安局と検察は司法審査を経ずに自らの権限で捜索令状を発行する権限を与えられていた。 警察官による強制立ち入り事件の報告も続いている。

 当局は、特に政治活動家の電話、テキストメッセージ、ファックス、電子メール、インスタントメッセージング、ソーシャルメディアアプリ、その他の機密保持を目的としたデジタル通信を定期的に監視していた。 当局は国内および国際郵便物も開封し、検閲した。 セキュリティサービスは定期的に監視し、住居やオフィスに入り込み、コンピューター、電話、ファックスにアクセスします。

 フリーダムFreedom Houseによると、人工知能、顔認識、侵入型監視アプリなどの監視技術の急速な進歩と、ユーザーデータへの警察のアクセスの増加が相まって、一般ユーザーだけでなく著名な反体制派の訴追も容易になったという。

 メディア報道によると、6月6日、海口のフェリーの乗客が警察と税関職員の捜査を受けた。 警官らはシステムで国民識別番号を検索するだけで、削除されたメッセージを含む彼のWeChatでの会話記録を入手した。 RFA によると、国民識別番号により、当局は銀行口座、財産、ホテル滞在、購入記録、ソーシャルメディア履歴を含むユーザーのすべての個人情報にアクセスできるようになりました。

 メディア報道によると、公安省は国民を監視するために全国で数千万台の監視カメラを使用した。 人権団体は、当局が反体制派、宗教指導者や信者、チベット人、ウイグル人を監視し脅迫するためにカメラやその他の監視手段に依存していると述べた。 これらには顔認識や「歩行認識」ビデオ監視が含まれており、これにより警察は状況を監視するだけでなく、群衆の中の個人を迅速に特定できるようになりました。 電話やインターネット通信の監視と妨害は、特に新疆とチベット地域で広範囲に及んだ。 この法律により、治安機関は「重大な治安事件」の際に通信ネットワークを遮断することが認められた。

 China Digital Times は 2 月 7 日に、国民がお互いを監視することを奨励する「農村部に焦点を当てた取り組み」である「Sharp Eyes」に関する記事を掲載しました。 この取り組みを通じて、村の党委員会はすべての家庭の監視デバイスにアクセスできるようになりました。

 5月、セキュリティとテクノロジーの研究グループであるインターネットプロトコルビデオマーケット(IPVM)は、上海松江区公安局が、上海に到着するウイグル人を「発見」するための特別なソフトウェアモジュールの開発を含む「ビッグデータ」プロジェクトを発表したと報告した。 上海。 IPVMは7月、新疆ウイグル自治区から2,600マイル以上離れた海南省城米県が2022年12月にウイグル人を検出できる顔認識カメラを購入したと報告した。

 家族の一員がデリケートな政治活動に関与しているとみなされた場合、政府当局は家族の生活環境に介入した。 当局は、政治的にデリケートな発言やオンライン投稿を行ったとみなされた者の家族を処罰した。 場合によっては、公安当局が著名な政治的拘留者の子供たちの入学を許可しないよう学校に圧力をかけた。

 政府は全国的に統一された社会信用システムの構築を目指したが、地方、州、中央政府レベルでは数十の異なる社会信用システムが運用されていた。 テクノロジー企業が運営する「民間」社会信用システムもありました。 これらのシステムは、「社会的信頼」の欠陥に対処し、信用へのアクセスを強化し、汚職を減らすために、企業や個人から膨大な量のデータを収集しました。 これらの機関は、学歴、交通違反、ソーシャルメディアの存在、友人関係、避妊規則の順守、雇用実績、消費習慣、その他のトピックに関する情報を収集しました。

 業界専門家らは、社会信用システムは政治的または宗教的信念を理由に企業や個人を標的にするためには利用されていないと信じており、当局は企業や個人を標的にする他のツールを持っていると指摘した。

 政府は、チベットで長年使用してきた「二重リンク世帯」システムを新疆でも引き続き使用した。 この制度は、町や近隣地域をそれぞれ 10 世帯単位に分割し、各単位の世帯が互いに見守り、「治安問題」や貧困問題を政府に報告するよう指示し、平均的な国民を情報提供者に変えました。

 新疆ウイグル自治区でも、政府は引き続きウイグル族の家族に対し、当局やボランティアがウイグル族の家に強制的に住み込み、「過激主義」の兆候がないか家族の宗教遵守を監視する政府の「ホームステイ」を受け入れるよう要求し続けた。 政府が「過激主義」の兆候とみなした行動、例えば、祈る、宗教文書を所持する、アルコールやタバコを控えるなどの行動をとった人々は、「再教育キャンプ」に拘留される可能性がある。また中国政府は子供を持つ権利を制限した(第 6 章「生殖に関する権利」を参照)。

(翻訳「カトリック・あい」)

2024年5月1日

・中国で改正国家機密保護法が施行ー「何が機密か」が機密、人権や”違法”宗教への弾圧強まるか(BW)

(2024.3.6  Bitter Winter  Hu Zimo) 
 中国全国人民代表大会常務委員会で決定された改正国家機密保護法(中華人民共和国保守国家秘密法)が5月1日に施行される。
 改正法では、中国共産党が国家機密と判断したすべてのものに、処罰の範囲を拡大、漏洩者は、逮捕、投獄され、刑期は数年、場合によっては死刑に処される。だが、何が「国家機密」なのか、その定義自体が「国家機密」であり、中国の国民はもとより、中国で事業を行っている外国企業にとって極めて深刻な問題だ。
 1988年に制定された国家機密保護法は 2010 年に改正され、さらに今回改正された。目的は、国家機密と国家安全保障の保護を強化し、漏洩、スパイ行為、妨害行為を防止すること、とされている。国家機密を「さまざまな分野における国家の安全と利益に関係する事項」と定義しているが、 問題は、大まかなカテゴリーしか示しておらず、何が国家機密なのかが非常に不明確であることだ。 今回の改正では、国家機密の定義を拡大し、実際に情報などが公になった場合、国家の安全と利益に影響を与える可能性がある事項も含めるようにしている。 改正法第 13 条で、「国家の安全と利益に関わる次の事項は、漏洩した場合、政治、経済、国防、外交その他の分野における国の安全と利益を損なうおそれがあり、国家機密とする」とし、 (1)  国政に関する重要な決定における機密事項。 (2) 国防建設及び軍隊活動における機密事項。 (3) 外交・外交活動における機密事項及び対外的に守秘義務を負う機密事項。 (4) 国家経済社会発展における機密事項。 (5) 科学技術上の機密事項。 (6) 国家安全保障活動の維持および刑事事件における捜査の機密事項。 (7) その他、国家秘密保持管理部門が定める機密事項-を挙げ、「 前項の規定に従う政党の機密事項は国家機密に該当する」としている。

 つまり、中国共産党が「国家機密」と判断したものは、たとえ公にされたものであっても、「国家機密」ということだ。 「国政」「社会的発展」「刑事捜査」の”機密”への対処には、人権問題や「違法な」宗教に対する弾圧が含まれる場合があります。 そして、第 13 条の 7 には、中国共産党 がケースバイケースで機密とみなす可能性のある「その他の事項」がある。

 改正法では、国家安全保障委員会、国家機密局、およびその他の関連部門に対し、法の施行の監督および検査、違反を調べ処罰する権限を与え、違反に対する罰則を強化し、処罰の内容は、警告や罰金から懲役、死刑に至るまで多岐にわたる。

 改正法の施行は、中国における表現、情報、コミュニケーションの自由、特にジャーナリスト、学者、活動家、弁護士をさらに委縮させる可能性があり、彼らは仕事においてさらなる制限やリスクに直面する可能性がある。 また、中国と他の国や地域との間の協力や交流、特にビジネス、科学、技術の分野に影響を与える可能性があり、「国家機密」と定義されるリスクのある問題に取り組む外国の団体や個人にとってさらなる障壁や不確実性を生み出す可能性がある。

 あるいは、中国共産党にとって「有害」な情報がソーシャルメディアで共有されたり、「Bitter Winter」を含めて海外で報道されたりするのを防ぐ努力の方が、より重要視されるかもしれない。

(翻訳・編集「カトリック・あい」南條俊二)

*Bitter Winter(https://jp.bitterwinter.org )は、中国における信教の自由 と人権 について報道するオンライン・メディアとして2018年5月に創刊。イタリアのトリノを拠点とする新興宗教研究センター(CESNUR)が、毎日4か国語でニュースを発信中。世界各国の研究者、ジャーナリスト、人権活動家が連携し、中国における、あらゆる宗教に対する迫害に関するニュース、公的文書、証言を公表し、弱者の声を伝えている。中国全土の数百人の記者ネットワークにより生の声を届け, 中国の現状や、宗教の状況を毎日報告しており、多くの場合、他では目にしないような写真や動画も送信している。中国で迫害を受けている宗教的マイノリティや宗教団体から直接報告を受けることもある。編集長のマッシモ・イントロヴィーニャ(Massimo Introvigne)は教皇庁立グレゴリアン大学で学んだ宗教研究で著名な学者。ー「カトリック・あい」はBitterWinterの承認を受けて記事を転載します。
2024年3月6日

・黒竜江省で集団礼拝中のプロテスタント200人以上を公安当局が逮捕・拘束

(2024.2.5 Bitter Winter   Shen Xiang)

 「信仰による義認」は、「神は悔い改めイエスを信じる者だけを立証する」というプロテスタントの教義でマルティン・ルターによって始められたもの。 中国では、政府・共産党の管理下にあるプロテスタント教会の集団「三自教会」によって異議が唱えられ、「愛による義認」と言い換えられたケースもあったが、現在では、保守的なプロテスタント教会の緩やかなネットワークの呼称となっている。

 鎮小団村では大規模な「信仰による義認」礼拝が毎月開かれており、黒竜江省周辺の県や市、さらには遠く 700キロも離れた遼寧省の鉄嶺市からも信者が参加している。

 地元の信者たちは、襲撃の2日前に近くに不審な車が停まっているのを目撃していたが、27日昼過ぎ、特別公安と地元警察の警察官約150人が集会場を襲撃、 約200人の信者を捕らえた、という。3台の大型バスで連行されたが、それだけでは収容できず、普通車車で連れ去られた人もいた。 村民はBitter Winterの取材に、「犯罪者を逮捕するときでさえ、これほど多くの警察官を見たことがありません!」と語っている。

 逮捕容疑は明らかにされず、拘束された人たちの消息も不明だ。中国では、信仰よりも中国共産党への忠誠を優先させる「宗教の中国化」を掲げ、これに従わないキリスト教の教会やイスラム教のモスクを破壊したり宗教活動を制限するなど、取り締まりを強化している。

(翻訳・編集「カトリック・あい」南條俊二)

*Bitter Winter(https://jp.bitterwinter.org )は、中国における信教の自由 と人権 について報道するオンライン・メディアとして2018年5月に創刊。イタリアのトリノを拠点とする新興宗教研究センター(CESNUR)が、毎日4か国語でニュースを発信中。世界各国の研究者、ジャーナリスト、人権活動家が連携し、中国における、あらゆる宗教に対する迫害に関するニュース、公的文書、証言を公表し、弱者の声を伝えている。中国全土の数百人の記者ネットワークにより生の声を届け, 中国の現状や、宗教の状況を毎日報告しており、多くの場合、他では目にしないような写真や動画も送信している。中国で迫害を受けている宗教的マイノリティや宗教団体から直接報告を受けることもある。編集長のマッシモ・イントロヴィーニャ(Massimo Introvigne)は教皇庁立グレゴリアン大学で学んだ宗教研究で著名な学者。ー「カトリック・あい」はBitterWinterの承認を受けて記事を転載します。
2024年2月8日

・中国で新しい司教叙階の一方、逮捕され所在不明の司教が少なくとも3人

(2024.2.4 カトリック・あい)

 中国ではバチカンとの暫定合意に従う形で、新年に入って3つの教区で立て続けに3人の司教が新任、あるいは上位の教区への転任がなされたが、その”画期的”な出来事の一方で、新年早々、中国政府・共産党の指示に服さない教皇任命の司教が逮捕・拘禁され、しかもいまだにその所在が不明のまま、という事態が起きている。

 Asia Newsは1月2日付けで、中国東部・浙江省の温州教区長、邵祝敏・司教が、中国当局により逮捕、拘禁されたことを伝えていたが、2月2日付けのLaCroix Internationalによると、2日現在も教区の信徒たちは彼の所在をつかめていない、という。

 邵司教は2011年にバチカンから司教に任命され、2016年に温州教区長となったが、2017年以降、何度か拘禁され、教会の祝日前後に定期的に嫌がらせを受けていた。中国政府・共産党の目には、温州は「激動の」教区であると、あるオブザーバーは述べた。はバチカンの承認を得ているが、政府・党の管理下にある「中国天主教愛国協会」への加盟を拒否している。

 温州教区には約15万人のカトリック教徒がいると言われるが、中国政府・共産党は同教区を”簡易教区”に格下げしたうえ、中国天主教愛国協会の会員である馬仙石・神父を邵司教に代わる教区監督に任命し、教区長の職務を遂行させた。これに邵司教が抗議したのが、今回の逮捕・拘禁となったと見られている。
 

 中国では、現在、邵司教を含め、少なくとも3つの教区で、バチカンが承認している司教3人が行方不明になったまま、という。このうちの1人、河北省の保定教区長だった蘇志民・司教は1996年に逮捕されて以降、消息がつかめず、存命なら91歳になるが、「すでに亡くなっている」ことを懸念する関係者もいる。

 カトリック関係の欧米メディアなどは、今回の邵司教の逮捕・拘禁、所在不明は、司教任命について中国政府と結んだ暫定合意の更新期が今年秋に迫る中で、バチカン側がどのように対応するか注目している。1月になってからのバチカンの中国天主教愛国協会の会員である3人の相次ぐ新司教承認など、バチカン側の”好意的”な姿勢が目立つが、このような中国政府・共産党の”地下教会”司教たちの処遇をいつまで黙認するのだろうか。

 

2024年2月5日

・教皇、中国で司教任命-この一週間で3人目だが、中国側の”先行任命”とも

(2024.2.1 カトリック・あい)
 バチカンの公式サイトThe Holy Seeによると教皇フランシスコが中国の福建省北部教区の司教として呉一順・司教を任命された。Vatican Newsが1月31伝えたところでは、同司教の叙階式(「カトリックあい」注:中国側は「奉献式」としている)は南平市建陽区のカトリック教会で行われた。呉司教は昨年12月16日に教皇フランシスコが司教に任命しており、これはバチカンと中国の司教任命に関する暫定合意にもとづいてなされ、31日の正式叙階と同時にバチカン報道局から発表され、中国政府・共産党公認のカトリック・サイト「中国天主教」も同日付けでこのことを報じた。(写真は「中国天主教」より)
 教皇による中国の司教任命はこの一週間で3人目。なぜこのように司教任命を急ぐのか、その意図を測りかねる声もカトリック関係者の間に出ている。また今回の呉司教の任命について、「中国天主教」は、「呉師は2022年1月18日に福建省北部教区の司教に任命された」としており、これが事実であれば、中国側が任命した後、2年近く遅れて教皇が追認したことになり、任命が中国主導で行われ、暫定合意の手続きを踏んでいない、と見ることもできるだろう。
 「中国天主教」によると、この「奉献式」には、中国愛国天主協会会長、中国カトリック司教協議会副主席の李山・司教(北京教区長)はじめ中国カトリック愛国協会監督委員会会長で福建省カトリック愛国協会理事長の張思瑞・司教(民東教区長)、中国カトリック司教会議副秘書長で福建省カトリック宗教委員会主任の蔡炳瑞・司教(厦門教区長)が出席。

 中国カトリック愛国協会副秘書長で浙江省カトリック教育委員会主任の金陽柯・司教(寧波教区長)が司会を務め、 中国カトリック司教協議会の楊宇・事務総長が任命書を読み上げた。 式には、全国のすべての教区から約80人の司祭、修道女と信徒の代表者が出席した。

 呉一順・司教は1964年12月7日に福建省寧徳で生まれ、洗礼名はペトロ。 1985年9月から1992年7

月まで上海の余山修道院で神学を学び、1992年8月に司祭に叙階。1999年12月に福建省北部教区の司祭となり、2001年9月から同省カトリック教会の「2つのセッション」の副部長を務めた(その間、2010年11月から2018年4月まで福建省教育委員会の秘書長も務めた)。

 

 

2024年2月1日

・教皇、中国との”緊張緩和”政策を推進‐新司教任命、新教区開設‐人権問題高まりの中で(Crux)

(2024.1.30 Crux  Senior Correspondent  Elise Ann Allen) ローマ発 – この一週間、中国のカトリック教会にとって、毛沢東の共産主義革命以来初めての新司教の任命や本土での新設など、いくつかの重要な進展があった。だが、教皇の対中国の新たな動きは、中国における宗教的少数派に対する扱いなど人権問題に関する世界的な議論が再び高まっている時期に発表された、という問題もある。

 1月29日、バチカンは「”主の羊の群れ”の司牧を促進し、霊的善により効果的に取り組む」ことを目的として、中国・山東省の宜都県(Yiduxian)使徒座知牧区を廃止し、濰坊(Weifang)教区を設立することを発表した。

With new bishop, diocese, Pope extends policy of detente with China

 バチカンの声明によると、この決定は2023年4月20日に行われ、同時にSun Wenjun司教(53)が教区長に任命された。司教叙階式は1月29日、宜都県使徒座知牧区の旧本部である青州市の王基督大聖堂で、中国政府・共産党公認の中国天主教愛国協会(CCPA)の名誉会長、 Fang Xingyao司教の司式で行われた。
 宜都県使徒座知牧区は、 1931年6月に教皇ピウス11世によって設立され、フランスのフランシスコ会宣教師に委託された中国政府・共産党が1988年に教皇の同意なしに任命し5人の司教のうちの1人、孫志斌師が2008年に亡くなって以来、司教ポストが空位となっていた。
  宜都県使徒座知牧区の廃止の代わりに濰坊教区を設立したことを新設と見なせば、1949年の共産主義革命以来、中国におけるバチカンによる初めての正式な新しい教区の創設となる。
  AsiaNews によると、濰坊教区の新しい布教地域は既存の都市区画に基づいて中国当局によって決定され、ローマ教皇庁によって承認された。また、中国のカトリック教会は1949年に中国共産党が政権を握った時点で、マカオ、香港、包頭(モンゴル自治区)など20の大司教区と96の教区、29の使徒座知牧区、ハルビンと湖北の2つの教会行政区から構成されていた。現在は、  中国当局によると、マカオと香港を除いて104の教区がある。大司教区や使徒座知牧区は存在しない。
 濰坊教区の新設は、国家が認可した中国における教会の組織・制度にも準拠しており、この教区新設発表の4日前に、バチカンはWang Yuesheng司教の叙階を発表し、2023年12月16日に教皇フランシスコによって河南省鄭州司教に任命された。中国における新司教叙階は、2年ぶり。またバチカンと中国政府の司教任命に関する暫定合意が2022年に2回目の延長がされて以来、初めてとなり、同合意に沿ったものとされている。
 暫定合意は2018年に結ばれたが、合意の詳細はいまだに明らかにされておらず、中国における”地下教会”への弾圧など信教の自由を含む人権無視を容認するものとして、欧米の関係者から批判されてきた。
  また暫定合意後も 中国政府・共産党は、バチカンと中国が共同で司教を任命、承認するという合意を無視し、バチカンの同意を得ずに一方的に司教の異動人事を行っている。2022年11月の彭卫照(Pen Weizhao)司教の江西教区への異動や、2023年4月の沈斌(Shen Bin)司教の上海教区への異動などだ。合意に従って行われた最も最近の司教任命は2年以上前で、崔清啓( Cui Qingqi)師が2021年9月に武漢司教に任命された時だった。
 注目すべきは、2023年4月20日の濰坊教区の設立は、2023年4月4日の中国による沈斌司教の上海教区への一方的な異動と、その後の2023年7月の教皇による異動承認との間の中間期間に行われたことだ。

 教皇は2013年に着座して以来、中国当局との架け橋を築くために多大な努力を払っており、昨年2023年は関係強化を目的としたいくつかの重要な行動をとった。

 中国側が一方的に行った 沈斌司教の上海教区長への異動を最終的には承認し、教皇は昨年9月にモンゴルを訪問した際、「気高い中国人民」に特別なエールを送り、同月下旬には香港のStephen Chow司教に赤い帽子を与えた。 教皇と同じイエズス会士であるは「香港教区の自分の仕事はバチカンと中国の”架け橋”となること」と繰り返し述べ、中国当局らからは「友好的人物」とみなされている。

  Chow司教は昨年4月に北京を訪問し、返礼として、11月に北京の李山・司教を香港に招いた。 中国政府・共産党承認の司教2人が、10月に開かれたシノダリティ(共働性)に関する世界代表司教会議(シノドス)第1会期に一定期間、出席し、今年10月の第2会期にも参加すると見られている。

 そうした中で、先週の新司教叙階式は、バチカン当局の長年の願望であった「中国との完全な和解」に向けたさらなる一歩を示している。 教皇が昨年、沈斌司教の上海への異動を受け入れた後、バチカンのピエトロ・パロリン国務長官はVatican Newsとのインタビューで、「北京に常駐の教皇代理が間もなく指名されるだろう」と述べていた。

  だが、教皇の対中国の新たな動きは、中国における宗教的少数派に対する扱いが再び世界的な議論の種となっている時期に発表された、という問題もある。

 1月23日、国連人権理事会はジュネーブで会合を開き、ウイグル人、チベット人、香港の民主派反体制派に対する扱いを巡り米国を含む西側民主主義国から批判されている中国の現状について話し合い、英国代表は、中国に対し、「ウイグル人とチベット人の迫害と恣意的拘束を停止し、監視、拷問、強制労働、性暴力を恐れることなく宗教や信仰、文化表現の真の自由を認める」よう要求した。

 同理事会はまた、中国政府が香港に課した国家安全維持法を廃止するよう勧告し、”外国勢力との共謀”の罪で逮捕、起訴され、2020年から投獄されたままの香港のメディア王、カトリックの民主活動家のジミー・ライ氏の釈放を求めた。

  米国も同様に、中国は「恣意的に拘束されたすべての人物を釈放」し、「チベットと新疆の寄宿学校を含む強制同化政策」を中止すべきだ、と主張した。

  これらの勧告は、193の加盟国が5年ごとに互いの人権記録を審査する国連人権理事会による定期審査の一環として行われた。 2018年の中国による前回の見直し以来、香港では大規模な民主化運動が起きたが、鎮圧され、国家安全維持法で徹底的な取り締まりが行われており、新疆ウイグル自治区の状況についても国際的な監視の目が一段と強まっている。

 だが、 中国側は、陳徐・国連大使が1月23日、人権委の報告は「誤解や誤った情報」に基づいていると述べるなど、これを否定、無視する立場を続けている。

 

(翻訳・編集「カトリック・あい」南條俊二)

・・Cruxは、カトリック専門のニュース、分析、評論を網羅する米国のインターネット・メディアです。 2014年9月に米国の主要日刊紙の一つである「ボストン・グローブ」 (欧米を中心にした聖職者による幼児性的虐待事件摘発のきっかけとなった世界的なスクープで有名。映画化され、日本でも全国上映された)の報道活動の一環として創刊されました。現在は、米国に本拠を置くカトリック団体とパートナーシップを組み、多くのカトリック関係団体、機関、個人の支援を受けて、バチカンを含め,どこからも干渉を受けない、独立系カトリック・メディアとして世界的に高い評価を受けています。「カトリック・あい」は、カトリック専門の非営利メディアとして、Cruxが発信するニュース、分析、評論の日本語への翻訳、転載について了解を得て、掲載しています。Crux is dedicated to smart, wired and independent reporting on the Vatican and worldwide Catholic Church. That kind of reporting doesn’t come cheap, and we need your support. You can help Crux by giving a small amount monthly, or with a onetime gift. Please remember, Crux is a for-profit organization, so contributions are not tax-deductible.

 

2024年1月31日

・1月1日施行の改訂愛国教育法で宗教団体にも「習近平」思想教育の徹底指示(BW)

(2024.1.12 Bitter Winter  by Hu Zimo)
The January 4 meeting where the Guidelines were approved. From Weibo.
The January 4 meeting where the Guidelines were approved. From Weibo.

 中国共産党中央宣伝部の発案による改訂愛国教育法(爱国主义教育法)が1月1日から施行された。

 2023年10月24日に第14期全国人民代表大会常務委員会によって承認されていたもので、共産党の国内プロバガンダ活動を再編強化するのが狙い。同法の「教育」とは、単に学校教育だけを指すものではなく、教育関係者だけでなく、宗教者も対象にしている。

 改訂法の施行に当たって、 1 月 4 日に中国天主愛国協会など政府・共産党が公認する5宗教の団体代表による全国宗教団体合同会議が中国イスラム協会で開かれ、同法の遵守を約束した。

 改訂法は、キリスト教、イスラム教、仏教など政府・共産党が公認した5つの宗教に対する指針で、「新時代の中国の特徴を持った社会主義の習近平思想を学習し、思考し、実践する」「国家は宗教よりも偉大であり、法律は宗教の規則よりも偉大であることを、信者たちは理解すべきである」などとし、改訂法をどのようにして遵守すべきかについて具体的に示している。

 指針の全文英語訳は以下の通り。

***

The “Patriotic Education Law of the People’s Republic of China” is our country’s first law on the theme of patriotism. The formulation and implementation of the Patriotic Education Law, and the promotion and protection of patriotic education in the new era through the rule of law, are of great and far-reaching significance for inheriting and carrying forward the national spirit, gathering the people’s strength, promoting the construction of a strong country and national rejuvenation.

To conscientiously study, publicize, and implement the Patriotic Education Law, inherit and carry forward the spirit of patriotism in our country’s religious circles, and enhance the national awareness, civic awareness, rule of law awareness, and patriotic sentiments of religious clergy and religious believers, we issue the following directives:

Adhere to the principles of patriotism, love for the party and love for socialism. Strengthen patriotic education and deeply understand that without the Chinese Communist Party, there would be no New China, there would be no socialism with Chinese characteristics, it would be impossible to realize the great rejuvenation of the Chinese nation, and there would be no good possibility of a healthy life for the various religions in our country today, and no happy life for the vast number of religious believers.

Our country’s religious circles must learn, think, and practice Xi Jinping Thought on Socialism with Chinese Characteristics for a New Era, especially General Secretary Xi Jinping’s important expositions on religious work, firmly support the “two establishments” and resolutely achieve the “two safeguards” to safeguard national unity and peace. We should focus on national unity, understand the idea of building a socialist modern country in a comprehensive way, and realize the great rejuvenation of the Chinese nation as a distinct theme, strengthen ideological guidance, cultural cultivation, educational guidance, and practical cultivation, build a solid sense of the Chinese nation’s community, and continuously enhance our respect for the great motherland, the identity of the Chinese nation, Chinese culture, the Chinese Communist Party, and socialism with Chinese characteristics.

Adhere to and carry forward the fine tradition of patriotism. Our country’s religious circles have a long and profound tradition of patriotism. Buddhism advocates “dignifying the land, benefiting and loving people,” Taoism insists on “helping the world and benefiting people, protecting the country and loving the people,” Islam advocates “patriotism is part of faith,” Catholicism emphasizes that “patriotism is a commandment of God,” and [Protestant] Christianity requires that “a good Christian should be a good citizen.”

These are the enduring spiritual riches of our country’s religious circles. We must deeply explore the patriotic values contained in Chinese religious thought, actively publicize the glorious history of the unity and struggle of our country’s religious circles under the leadership of the Chinese Communist Party, and tell vivid stories of patriotism, love of religion, and dedication to society with heart and soul, so that patriotism can become the firm belief, spiritual strength, and conscious action of religious clergy and religious believers.

Persist in filling up our country’s religion with excellent traditional Chinese culture. Strengthen cultural self-confidence, inherit and develop China’s excellent traditional culture, carry forward socialist core values, strengthen religious ideological construction, deeply explore the content of the teachings and canons that are conducive to social harmony, the progress of the times, and healthy civilization, and make adjustments to the teachings and canons so that they are in line with the development and progress of contemporary Chinese requirements and in line with the official interpretation of China’s excellent traditional culture, and promote the deepening and solidification of the Sinicization of religion in our country.

Strengthen the study and use of the country’s common spoken and written language by religious circles in the process of interpreting and preaching scriptures, organize religious clergy and religious believers to recite Chinese classics, and carry out learning and experience activities for China’s excellent traditional culture. Celebrate the Spring Festival, Lantern Festival, Qingming Festival, Dragon Boat Festival, Mid-Autumn Festival, and other important festivals together. Through colorful folk cultural activities, we can experience traditional culture and enhance our feelings for our country.

Continue to carry out patriotic education and practice patriotic activities. Make full use of commemorations of major national historical events, national public memorial ceremonies, patriotic education bases, etc. to carry out extensive patriotic education and inspire patriotism among religious clergy and religious believers.

Continue to carry out education on the history of the Party, the history of the New China, the history of reform and opening up, the history of socialist development, the history of the development of the Chinese nation, and education on the theme of loving the Party, patriotism, and socialism, and further promote the “Four Advances” activities at religious venues. Integrate patriotism throughout the entire process of education and teaching in religious schools and into various subjects and teaching materials.

Adhere to comprehensive and strict governance of religions, strengthen the self-construction of religious groups, and establish a good image of patriotism and love of religion in the religious community. Carry out publicity and education on the socialist rule of law, and guide religious clergy and religious believers to firmly establish the awareness that the state is greater than religion, the state law is greater than religious rules, and the people are citizens first.

Relying on magazines, websites, public accounts, etc. sponsored by religious circles, we will produce, broadcast, and publish excellent works on patriotic themes, set up special columns, strengthen publicity and reporting, sing the main theme of patriotism, and strive to comprehensively promote the construction of a strong country and the great cause of national rejuvenation. We will contribute wisdom and strength.

China Buddhist Association

China Daoist Association

China Islamic Association

Chinese Patriotic Catholic Association

Catholic Bishops Conference of China

Three-Self Patriotic Movement

China Christian Association

National Association of Chinese Young Men Christian Associations

National Association of Young Women’s Christian Association of China

January 4, 2024

(翻訳・編集「カトリック・あい」南條俊二)

*Bitter Winter(https://jp.bitterwinter.org )は、中国における信教の自由 と人権 について報道するオンライン・メディアとして2018年5月に創刊。イタリアのトリノを拠点とする新興宗教研究センター(CESNUR)が、毎日4か国語でニュースを発信中。世界各国の研究者、ジャーナリスト、人権活動家が連携し、中国における、あらゆる宗教に対する迫害に関するニュース、公的文書、証言を公表し、弱者の声を伝えている。中国全土の数百人の記者ネットワークにより生の声を届け, 中国の現状や、宗教の状況を毎日報告しており、多くの場合、他では目にしないような写真や動画も送信している。中国で迫害を受けている宗教的マイノリティや宗教団体から直接報告を受けることもある。編集長のマッシモ・イントロヴィーニャ(Massimo Introvigne)は教皇庁立グレゴリアン大学で学んだ宗教研究で著名な学者。ー「カトリック・あい」はBitterWinterの承認を受けて記事を転載します。
2024年1月13日

・今も収監中の香港の民主派メディア王ジミー・ライ氏-豪州の弁護士が不当な扱いを告発する活動

Jimmy Lai heading to court on December 2, 2020. Credits.
Jimmy Lai heading to court on December 2, 2020. Credits.

 そうした中で、

 控訴院の前身は英国の司法制度の下で運営され、 現在も英国から継承された共通法の管轄区域とされており、中国に移管後でも、その管轄区域から非常勤判事を採用できる。実際、イングランド、ウェールズ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダから派遣された裁判官が座っている。だが、中国共産党・政府による香港の直接支配、一国二制度の事実上の消滅、そして、2020年の香港国家治安維持法に施行で、そうした裁判官の地位、役割は曖昧なものになりつつある。

 現在、オーストラリア人4人が控訴院の裁判官を務めているが、 そのうちの1人、新任のパトリック・キーン裁判官はこのほど、香港行政区の李家超・行政長官に宣誓を誓ったが、李長官は2020年に「香港での法の支配の破壊」など「悪意のある活動」に関与したとして米国から制裁を受けている。 具体的には、現在オーストラリアに”亡命”している香港の元議会議員の許智峯氏など民主活動家8人に100万香港ドルの”懸賞金”をかけ、「恐怖の中で生きるべき路上のネズミ」と呼び、「人生を…地の果てまで」追われることになるだろう、と脅迫していた。

The campaign for Jimmy Lai reached London too. From X.

 このような人物に、他の3人のオーストラリア人裁判官も忠誠を誓うことが赦されるのだろうか。その答えは言うまでもない。そして、それが、ジミー・ライのような無実の犠牲者に対する、自称”自由世界”の姿勢を示しているのだ。

これら 4 人のオーストラリアの裁判官、オーストラリア勲章の全同胞団(傑出した功績や卓越した功績を示したオーストラリア人に対する国家的表彰)がそのような人物に忠誠を誓うことは許容されるのでしょうか? もちろん、答えはすでに質問の中に含まれており、ジミー・ライのような無実の被害者に対する自称自由世界の態度の多くを説明しています。

 

The campaign for Jimmy Lai reached London too. From X.

(Marco Respinti はイタリア人ジャーナリストで国際ジャーナリスト協会 (IFJ)の会員)

2023年12月2日