*中国政府・共産党が”聖職者管理規則”を5月から実施-バチカンとの暫定合意は”無視”?ー全文日本語仮訳

(2021.2.11 Bitter Winter Massimo Introvigne)

Patriotic music performed at an official Three-Self Protestant church.(写真は、愛国歌を合奏する中国政府・党公認のプロテスタント「三自教会」の音楽隊)

 Bitter Winter は11日、中国政府・共産党が5月から実施するカトリックなど国内で活動する宗教団体の聖職者などを管理・統制する新規則の内容を伝えた。この規則は「宗教教职人员管理办法(宗教教職者の管理方法)」と題し、昨年11月に国内向けに関係者に知らされ、”パブリック・コメント”を求めているが、あくまで形式的なもので、事実上、何も手直しは行われないとみられる。

 カトリックについては、第16条に独自の定めがあり、「司教は(注:共産党の規制・監督下にある)中国天主愛国協会を通じて民主的に選出されるべきである」、これは事実上、司教は中国共産党によって任命され、中国カトリック司教会議を通じて叙階される、ことを意味する。バチカンとの間で2018年秋に取り決められ、昨年秋に更新された暫定合意で定められた「聖座は中国政府が提案する候補者の中から司教を選ぶことができる」という意味が読み取れる表現はない。

 (「カトリック・あい」注:この規則の通達は「国家宗教事務局」から出されている。同事務局はもともと中国政府・国務院に属していたが、2018年に中国共産党中央委員会が発出した「党と国家機関の改革の深化」により、共産党中央統一戦線工作部に統合された。今回の規定を定め、実施するのは、国内の宗教団体を管理・統制する中国共産党統一戦線工作部であり、バチカンとの暫定合意には関わりがなく、しかも暫定合意の中国側代表者である国務院の外務省よりも上位にあると見なされる。したがって、バチカンとの合意を”視野の外”においても、何ら”矛盾”はないことになるが、事実上、暫定合意が無視されたとすれば、バチカン側は、これに対し、どのような理解と判断をするのか。今のところ、バチカン側からは何の反応もない。)

 狙いは、ジョージ・オーウェルの著作「1985」で警告した”超管理”システムを宗教団体に適用し、すでに実施している全聖職者に対する管理・統制を、カトリックの天主愛国協会など政府・党から認められた5つの宗教団体に公認された全国の聖職者のデータベースを使って、さらに強固なものにすることにある。

 データ入力には極めて複雑な手順があり、プロテスタントの”家庭教会”、2018年のバチカンと中国の暫定合意の受け入れや天主愛国協会への加入を拒否する”良心的反対者”、独立系のモスクや仏教、道教、ユダヤ教の教師・聖職、あるいは新興宗教の指導者は、聖職者であることを主張すれば、犯罪と見なされることになる、という。彼らは現在でも「聖職者カード」を持たず、このデータ・ベースの対象になっていないが、”違反者”は即座に特定されることになる。

 データ・ベースに登録されるには、認可された宗教の1つに習熟しているだけでは不十分で、聖職者は、「中国共産党の指導を支持し、社会主義システムを支持している」ことを証明しなければならない。このことは、規制のカギとなるものとして、繰り返し言及されており、邪教など違法と見なされる宗教や”過激”な宗教との戦いに協力すること、としている。

 また、聖職者がデータベースに登録されるための条件は厳しく、容易に失効する。

 聖職者はデータ・ベースに登録されると、社会的信用と同様のシステムで、中国共産党への忠誠と愛着が定期的にチェックされ、賞罰を判定され、罰がくだされれば、登録抹消となり、さらに”悪い”措置に脅かされる。党の指導に従順な聖職者は”党官僚”に変身していく。聖職者たちは、自分の宗教を「中国化」させ、信徒たちに「共産党への愛」を説くようにさせるーこれがまさに、以前からなされ、この規定によって強固にされる措置だ。

 

【「宗教教職者の管理方法」の日本語仮訳】

宗教教職者の管理のための措置 国家宗教事務局の命令第15号

「宗教教職者の行政措置」は、2021年1月8日に所定の手続きに従って国家宗教事務局によって検討および承認され、これにより公布され、2021年5月1日に発効する。

国家宗教事務局長 王作安 2021年1月18日

宗教教職者の管理方法

第1章 一般規定

第1条 宗教教職者を管理、規制し、宗教教職者の合法的な権利と利益を保護するために、これらの措置は「宗教問題に関する規則」に従って策定されている。

第2条 これらの措置で言及されている「宗教事務員」とは、法律に従って宗教事務員の資格を取得し、宗教活動に従事することができる者を指す。

第3条 宗教教職者は祖国を愛し、中国共産党のリーダーシップを支持し、社会主義システムを支持し、憲法、法律、規制、規則を遵守し、社会主義の核となる価値観を実践し、宗教的自立と自己の原則を遵守しなければならない。 -我々の国の管理、そして宗教的な中国に固執する国家の統一、民族の統一、宗教の調和と社会の安定を維持するために。

第4条 宗教部は、法律に基づき宗教職員の行政管理を行い、宗教職員の合法的な権利と利益を保護し、宗教団体、宗教学校、宗教活動の場を指導して宗教職員を訓練・管理し、宗教を指導するものとする。促進する人員経済的および社会的発展において積極的な役割を果たす。

 

第2章 宗教スタッフの権利と義務

第5条宗教関係者は、法律に従って以下の権利を享受している。

(1)宗教活動を主宰し、宗教儀式を行う。

(2)宗教的古典の照合に従事し、宗教的教義と規制および宗教的文化に関する研究を実施する。

(3)宗教教育および訓練に従事し、受けること。

(4)宗教団体、宗教学校、およびそれらが所在する宗教活動の場の管理に参加し、手順に従って対応する地位を保持する。

(5)公共の福祉および慈善活動を実施する。

(6)社会保障に参加し、関連する権利を享受する。

(7)法令及び規則に定めるその他の権利。

第6条 宗教関係者は、以下の義務を履行するものとする。

(1)国益および社会公益を維持し、法令及び規則の定める範囲内で活動を行うこと。

(2)宗教部門およびその他の関連部門の合法的な管理を受け入れる。

(3)宗教団体によって策定された規則および規制を遵守し、宗教団体、宗教学校、および宗教活動の場の管理を受け入れる。

(4)宗教市民に奉仕し、愛国心に導き、法律を順守する。

(5)宗教活動の通常の秩序を維持し、違法な宗教活動および宗教的過激主義に抵抗し、宗教を使用する外国軍による侵入に抵抗する。

(6)異なる宗教間、同じ宗教内、および宗教市民と非宗教市民の間の調和を維持および促進する。

(7)法令及び規則に定めるその他の義務。

第7条 宗教事務員は、自分の質の向上、文化的および道徳的リテラシーの向上、社会的調和、時代の進歩、健康と文明を助長する教義と規制の内容の研究、そしてそれらを説教に統合することに焦点を当てる。そして中国の宗教の中国化を促進するために効果的な説教をする。

第8条 インターネットの宗教情報を公開する宗教聖職者は、インターネット情報サービスに関する州の関連規則を遵守するものとする。

第9条 宗教事務員の収入は、法令、規則及び方針、ならびに宗教団体の規則及び規定に従って取得するものとする。

宗教教職者は、自分の所有物を宗教団体、宗教学校、宗教活動の場の所有物と区別するものとし、宗教団体、宗教学校の法的所有物を使い込んだり、不適切に使用したり、個人的に分割したり、損害を与えたり、恣意的に処分したりしてはならない。宗教活動の場。

宗教教職者は、法律に従って税金を支払い、法律に従って税申告を処理するものとします。

第10条 宗教団体、宗教学校、および宗教活動の場で財務関連の業務を担当または従事する宗教事務員は、財務、会計、および資産管理に関する州の関連規定に従って財務管理業務を遂行するものとする。

第11条 宗教交流のために国を離れる宗教聖職者は、関連する州の規則に従って手続きを経なければならない。

第12条 宗教関係者は、以下の行動をとってはならない。

(1)国家安全保障および公安を危険にさらし、宗教的過激主義を促進、支援および資金提供し、国家の統一を弱体化させ、国を分割し、テロ活動を実施し、または関連する活動に参加する。

(2)行政、司法、教育などの国家機能の実施を妨害すること。

(3)外国軍の支配、外国の宗教団体または機関による任命の無許可の受諾、および宗教的独立および自己管理の原則に違反するその他の行為を条件とする。

(4)関連する州の規制に違反して国内および海外の寄付を受け入れる。

(5)市民の通常の生産と生活に影響を与える。

(6)承認なしに宗教施設の外で行われる宗教活動を組織し、主宰し、または参加すること。

(7)公共の福祉および慈善活動を使用して説教すること、学校および宗教学校以外の他の教育機関で説教すること、および国の規則に違反して説教すること。

(8)宗教の名の下での商業宣伝。

(9)その他の法律、規制および規則の違反。

第3章宗教スタッフの資格

第13条 宗教関係者の資格の取得は、宗教団体によって認められ、記録のために宗教部に報告されるべきである。

各国の宗教団体は、その宗教の宗教者を特定するための措置を策定し、宗教者の称号、特定条件および手順などを規定するものとする。特定条件には、これらの措置の第3条に規定され  た内容を含めるものとする。国の宗教団体によって策定された宗教要員の承認のための措置は、記録のために国家宗教事務局に報告されるべきである。

宗教団体は、国内の宗教団体によって策定された宗教聖職者の認定方法に従って、宗教聖職者を特定するものとする。

第14条 宗教団体は、宗教職員の身元確認日から20日以内に宗教職員の記録用紙に記入し、記録のために宗教部に報告し、世帯登録簿と宗教の在留資格の写しを提出しなければならない。スタッフ証明書のコピーを記録する。

国の宗教団体によって承認された宗教要員は、記録のために国家宗教局に報告されるものとし、中央政府直下の州、自治区、および地方自治体の宗教団体によって承認された宗教要員は、の宗教局に報告されるものとする。記録のための地方人民政府;地区(県および県)に分割された都市宗教団体によって承認された宗教要員は、地区都市レベルの人民政府の宗教部に報告されるべきである;郡(市、地区)によって承認された宗教要員、バナー)宗教団体は、郡レベルの人民政府記録の宗教部門に報告する必要がある。

宗教教職者の記録用紙の形式は、国家宗教事務局によって策定されるものとする。

第15条 チベット仏教の生仏の相続および承継は、「宗教に関する規則」および「チベット仏教の生仏の生まれ変わりのための行政措置」およびその他の関連規則に従って取り扱われるものとする。

 第16条 カトリック司教は、中国カトリック司教会議によって承認され、叙階され​​るものとする。中国天主愛国協会と中国カトリック司教会議は、司教の命令後20日以内にカトリック司教の記録用紙に記入し、記録のために国家宗教事務局に報告し、以下の資料を提出するものとする。

 (1)司教の居住小冊子のコピーと居住者IDカードのコピー。

 (2)中央政府直下の州、自治区、または地方自治体のカトリック組織によって発行された司教の民主的選挙に関する声明。

 (3)中国カトリック司教会議の承認書。

 (4)叙階を担当する司教によって署名された叙階に関する声明。

  カトリック司教の記録用紙の形式は、国家宗教事務局によって策定される。

第17条 宗教部は、宗教団体から提出された申告書を受領した日から20営業日以内に書面で回答し、期限内に回答がない場合は、提出を完了したものとみなす。 。

第18条 以下のいずれの場合においても、宗教関係者の記録は処理されないものとする。

(1)国の宗教団体によって策定された宗教事務員を特定する方法に従って特定されていない。

(2)提出された提出資料は真実ではありません。

第19条 宗教部は、申告を終えた後、宗教関係者の記録番号を作成しなければならない。レコード番号は、6つの行政部門コード、1つの教育番号、および5つのシリアル番号で構成される12桁の番号コードを採用しています。

第20条 宗教団体は、申告を完了した宗教関係者に宗教関係者証明書を発行し、手数料を請求しないものとする。

宗教スタッフの証明書は全国的に適用されます。宗教団体および宗教部門は、宗教聖職者を繰り返し特定または記録してはなりません。

宗教関係者証明書は国の宗教団体によって印刷され、証明書には記録番号と有効期間が含まれている必要があります。宗教関係者は、証明書の有効期限が切れる前に、延長手続きを経なければならない。

第21条 宗教職員の以下の状況のいずれにおいても、宗教団体は、対応する宗教部門に行き、その管理義務に従って解約の登録手続きを行い、適切な方法で発表するものとする。

(1)宗教団体は、宗教事務局から宗教聖職者の資格を取り消すように助言されている。

(2)宗教指導者の資格は、この宗教の関連規則に従って、宗教団体によって取り消されることとする。

(3)自発的な放棄、死亡またはその他の理由により、宗教スタッフの資格を失う。

 

第4章宗教活動の場における主な教育の位置

第22条 これらの措置で言及されている「宗教施設における主な教職者の地位」とは、宗教施設の宗教問題を主宰する宗教教職者を指す。

全国の宗教団体は、その宗教の宗教活動現場における主要な教職の任命のための措置を策定し、宗教活動場所における主要な教職の特定の範囲、資格および手順を規定し、任命条件は、

第3条に指定された内容を含むものとする。これらの対策のうちの3つ。全国の宗教団体によって策定された宗教施設での主要な宗教的ポストの任命方法は、記録のために国家宗教事務局に報告されるものとする。

第23条 宗教活動場の主な聖職者の地位を保持することが提案された宗教聖職者は、宗教の主な聖職者の地位の創設後10日以内に、会場によって宗教活動の場所の主な聖職者の地位の記録を記入しなければならない。国の宗教団体が作​​成した活動サイトフォームを作成し、記録のために宗教部門に報告し、次の資料を提出する。

(1)任命される要員の状況の説明。

(2)戸籍簿の写し、居住者IDカードの写し、および任命される職員の宗教職員証明書の写し。

ポストを保持する予定の人が他の宗教活動サイトの主教職を離れる場合、彼はまた、その場所の主教職のキャンセル記録資料を提出しなければならない。

宗教施設の主な教職の記録用紙の形式は、国家宗教事務局によって策定されるものとする。

第24条 宗教部は、宗教活動現場から提出された申告書の受領日から20営業日以内に書面で回答しなければならない。期限内に回答がない場合は、完了したものとみなす。出願手続き。

第25条 以下のいずれの場合においても、宗教施設における主な教職の登録は処理されないものとする。

(1)任命される者は、国の宗教団体によって設立された宗教施設における主要な宗教的地位の任命方法に従って選出されていない。

(2)任命される者が、キャンセルおよび提出の手続きを経ることなく、別の宗教活動サイトの主な指導職を離れた。

(3)提出された提出資料は真実ではありません。

第26条 宗教活動場の主教職の登録手続が完了した後、会場は主教職の任命式を行い、正式に職務を割り当てることができる。

第27条 在職期間制度は、宗教施設の主な教職に3年から5年の期間で実施されるものとする。任期満了後も引き続き主任教員を務める者は、本法第23条の規定に従うものとする。

第28条 宗教スタッフが宗教活動サイトの主な教職を離れる場合、サイトは、提出後の手続きに従って、キャンセルおよび提出の手続きを経て、以下の資料を提出するものとする。

(1)会場の管理組織が、宗教活動会場の主な教職を離れることを宗教スタッフが決定した状況の説明。

(2)会場のある宗教団体が発行した意見書。

宗教活動現場の主な教職を離れた宗教職員が、その現場の管理組織の責任者または財務管理機関の責任者でもある場合は、その場所も財務報告書を提出しなければならない。出発のレビュー。

第29条 以下のいずれの場合においても、宗教施設における主な教職の取り消しの登録は処理されないものとする。

(1)会場管理組織が、宗教活動の主な教職の任命に関する規則に規定された手順に従って、宗教活動現場の主な聖職者の地位からの宗教聖職者の退去について決定を下さない場合。国の宗教団体によって設立されたサイト。

(2)その場所が所在する宗教団体の同意がない場合。

(3)その場所の主な教職を離れた宗教職員は、その場所の管理組織の責任者または財務管理機関の責任者でもあり、その場所は報告書を提出していない場合。休暇の財務レビュー。

第30条 宗教聖職者は、一般的に、宗教活動の場での主要な教職としてのみ機能することができる。本当に必要な場合、同時に宗教活動の場の主な指導職を務めることができる。

宗教活動の場の主な指導位置として同時に機能することは、同時に想定される宗教活動の場が配置されている郡の宗教団体(市、地区、バナー)によって承認されるものとする。

場は同時任命を郡レベルの人民政府の宗教部門と郡レベルの人民政府の宗教部門は、記録のために州の人々の政府の宗教部門に報告されます。中央政府直下の州、自治区、市町村をまたがる同時任命については、宗教活動の場となる州政府の宗教部も、州民の宗教部の意見を求めるものとする。宗教スタッフが現在奉仕している政府。

第31条 以下のいずれかの状況下で宗教施設に主要な宗教的地位を有する宗教事務員は、その職位の登録手続きに従って解約の登録手続きを経て、適切な方法で発表しなければならない。

(1)宗教スタッフの資格を失う。

(2)宗教団体の法律、規則、規則、または規則および規則への違反、および宗教活動サイトの主な指導位置が取り消された場合。

(3)宗教活動現場の主な教職を1年以上遂行できなかった、または主な教職を正常に遂行できなかった。

 

第5章 監督と管理

第32条 宗教部は、法律に従い、宗教事務職員および宗教活動現場の主要な事務職の記録を提出する職務を遂行し、宗教団体、宗教学校、および宗教活動現場の管理を強化するために指導および監督するものとする。宗教的な事務職員。

第33条 宗教部は、職務に管理を含めるという原則に従って、宗教聖職者の情報管理を強化しなければならない。

国家宗教事務局は、宗教関係者のデータベースを確立し、地方政府の宗教部門は、宗教関係者の基本情報、報酬と罰、キャンセルとファイリング、およびその他の情報を適時に提供および更新するものとします。

第34条 中央政府直轄の州、自治区、市町村を越えて宗教問題に従事する宗教牧師は、出国する州、自治区、市町村の宗教団体の同意を得て、報告するものとする。 2か所の州政府の宗教部門に記録する。このうち、中央政府直下の省、自治区、市町村で1年以上宗教活動を行っている者のうち、2か所の省人民政府の宗教部は、宗教スタッフデータベース。宗教スタッフの管理責任は、移住の代わりに、対応する宗教部門と宗教団体に移管される。

郡および地方自治体の行政区域、州、自治区、および中央政府直轄の市町村全体で宗教問題に従事する宗教事務職員の管理については、実際の状況に基づいて関連する規則を策定するものとします。

第35条 宗教団体は、宗教聖職者の育成計画を策定し、政治教育、法務教育、文化教育、宗教聖職者のための宗教教育を強化し、宗教聖職者の全体的な質と宗教聖職者の質の全体的なランクを向上させるものとする。

中央政府直轄の国家宗教団体および州、自治区、地方自治体の宗教団体は、宗教関係者が留学するための規則および規制を策定するものとする。

第36条 宗教団体は、宗教関係者の証明書の管理を標準化し、規則に違反して証明書を発行してはならず、証明書を発行して利益を上げてはならない。

第37条 宗教団体は、憲法、法律、規則、規則および方針、実際の業務上の必要性に従って、事業の範囲内で宗教聖職者の管理に関する規則および規則を確立および改善し、宗教聖職者を編成するものとする。

【中国語原文】

宗教教职人员管理办法 国家宗教事务局令 第15号

《宗教教职人员管理办法》已于2021年1月8日经国家宗教事务局按规定程序审议通过,现予公布,自2021年5月1日起施行。

局长 王作安 2021年1月18日

宗教教职人员管理办法

第一章  总则

第一条 为了规范宗教教职人员管理,保障宗教教职人员合法权益,根据《宗教事务条例》,制定本办法。

第二条 本办法所称宗教教职人员,是指依法取得宗教教职人员资格、可以从事宗教教务活动的人员。

第三条 宗教教职人员应当热爱祖国,拥护中国共产党的领导,拥护社会主义制度,遵守宪法、法律、法规和规章,践行社会主义核心价值观,坚持我国宗教独立自主自办原则,坚持我国宗教中国化方向,维护国家统一、民族团结、宗教和睦与社会稳定。

第四条 宗教事务部门依法对宗教教职人员进行行政管理,保护宗教教职人员合法权益,指导宗教团体、宗教院校和宗教活动场所培养、管理宗教教职人员,引导宗教教职人员在促进经济社会发展中发挥积极作用。

第二章  宗教教职人员的权利和义务

第五条 宗教教职人员依法享有下列权利:

(一)主持宗教活动、举行宗教仪式;

(二)从事宗教典籍整理、进行宗教教义教规和宗教文化研究;

(三)从事、接受宗教教育培训;

(四)参与所在的宗教团体、宗教院校、宗教活动场所的管理,按程序担任相应的职务;

(五)开展公益慈善活动;

(六)参加社会保障并享有相关权利;

(七)法律、法规和规章规定的其他权利。

第六条 宗教教职人员应当履行下列义务:

(一)维护国家利益和社会公共利益,在法律、法规和规章规定的范围内开展活动;

(二)接受宗教事务部门和其他有关部门的依法管理;

(三)遵守宗教团体制定的规章制度,接受所在的宗教团体、宗教院校、宗教活动场所的管理;

(四)服务信教公民,引导信教公民爱国守法;

(五)维护宗教活动正常秩序,抵制非法宗教活动和宗教极端思想,抵御境外势力利用宗教进行的渗透;

(六)维护和促进不同宗教之间、同一宗教内部以及信教公民和不信教公民之间的和睦;

(七)法律、法规和规章规定的其他义务。

第七条 宗教教职人员应当注重提升自身素质,提高文化、道德素养,研究教义教规中有利于社会和谐、时代进步和健康文明的内容,并融入讲经讲道中,为推进我国宗教中国化发挥作用。

第八条 宗教教职人员发布互联网宗教信息,应当遵守国家互联网信息服务的有关规定。

第九条 宗教教职人员收入的取得应当符合法律、法规、规章和政策以及宗教团体规章制度的规定。

宗教教职人员应当区分个人财产与宗教团体、宗教院校、宗教活动场所的财产,不得侵占、挪用、私分、损毁或者擅自处分宗教团体、宗教院校、宗教活动场所的合法财产。

宗教教职人员应当依法纳税,依法办理纳税申报。

第十条 在宗教团体、宗教院校、宗教活动场所担任负责人或者从事财务相关工作的宗教教职人员应当按照国家财务、会计、资产管理有关规定,履行财务管理职责。

第十一条 宗教教职人员出境开展宗教交往,应当按照国家有关规定办理手续。

第十二条 宗教教职人员不得有下列行为:

(一)危害国家安全、公共安全,宣扬、支持、资助宗教极端主义,破坏民族团结、分裂国家,进行恐怖活动或者参与相关活动;

(二)干预行政、司法、教育等国家职能的实施;

(三)受境外势力支配,擅自接受境外宗教团体或者机构委任教职,以及其他违背宗教独立自主自办原则的行为;

(四)违反国家有关规定接受境内外捐赠;

(五)影响公民正常生产、生活;

(六)组织、主持或者参加未经批准的在宗教活动场所外举行的宗教活动;

(七)利用公益慈善活动传教,在宗教院校以外的学校和其他教育机构传教,以及其他违反国家规定进行传教的行为;

(八)以宗教名义进行商业宣传;

(九)其他违反法律、法规和规章的行为。

第三章  宗教教职人员资格

第十三条 取得宗教教职人员资格应当经宗教团体认定,报宗教事务部门备案。

全国性宗教团体应当制定本宗教的宗教教职人员认定办法,规定宗教教职人员的称谓、认定条件和程序等,认定条件应当包含本办法第三条规定的内容。全国性宗教团体制定的宗教教职人员认定办法应当报国家宗教事务局备案。

宗教团体应当按照全国性宗教团体制定的宗教教职人员认定办法认定宗教教职人员。

第十四条 宗教团体应当自认定宗教教职人员之日起二十日内,填写宗教教职人员备案表,报宗教事务部门备案,并提交拟备案宗教教职人员的户口簿复印件和居民身份证复印件。

全国性宗教团体认定的宗教教职人员,报国家宗教事务局备案;省、自治区、直辖市宗教团体认定的宗教教职人员,报省级人民政府宗教事务部门备案;设区的市(地、州、盟)宗教团体认定的宗教教职人员,报设区的市级人民政府宗教事务部门备案;县(市、区、旗)宗教团体认定的宗教教职人员,报县级人民政府宗教事务部门备案。

宗教教职人员备案表式样由国家宗教事务局制定。

第十五条 藏传佛教活佛传承继位,按照《宗教事务条例》《藏传佛教活佛转世管理办法》等有关规定办理。

第十六条 天主教的主教由中国天主教主教团批准并祝圣。中国天主教爱国会和中国天主教主教团应当在主教祝圣后二十日内,填写天主教主教备案表,报国家宗教事务局备案,并提交下列材料:

(一)该主教的户口簿复印件和居民身份证复印件;

(二)省、自治区、直辖市天主教团体出具的民主选举该主教的情况说明;

(三)中国天主教主教团批准书;

(四)主持祝圣的主教签署的祝圣情况说明。

天主教主教备案表式样由国家宗教事务局制定。

第十七条 宗教事务部门应当自收到宗教团体提交的备案材料之日起二十个工作日内,作出书面答复,逾期未答复的,视为已办理备案。

第十八条 有下列情形之一的,不予办理宗教教职人员备案:

(一)未按照全国性宗教团体制定的宗教教职人员认定办法认定的;

(二)提交的备案材料不属实的。

第十九条 宗教事务部门办理备案后,应当为宗教教职人员编制备案号。备案号采用十二位数字编码,依次由六位行政区划代码、一位教别号和五位流水号组成。

第二十条 宗教团体应当向完成备案的宗教教职人员颁发宗教教职人员证书,不得收取费用。

宗教教职人员证书在全国范围内适用。宗教团体、宗教事务部门不得重复认定或者备案宗教教职人员。

宗教教职人员证书由全国性宗教团体印制,证书应当载明备案号和有效期等内容。宗教教职人员应当在证书有效期满前及时办理延期手续。

第二十一条 宗教教职人员有下列情形之一的,宗教团体应当按照管理职责到相应的宗教事务部门办理注销备案手续,并以适当方式公告:

(一)被宗教事务部门依法建议宗教团体取消宗教教职人员资格的;

(二)被宗教团体依照本宗教的有关规定取消宗教教职人员资格的;

(三)因自愿放弃、死亡或者其他原因丧失宗教教职人员资格的。

第四章  宗教活动场所主要教职

第二十二条 本办法所称宗教活动场所主要教职,是指在宗教活动场所主持宗教教务的宗教教职人员。

全国性宗教团体应当制定本宗教的宗教活动场所主要教职任职办法,规定宗教活动场所主要教职的具体范围、任职条件和程序等,任职条件应当包含本办法第三条规定的内容。全国性宗教团体制定的宗教活动场所主要教职任职办法应当报国家宗教事务局备案。

第二十三条 拟任宗教活动场所主要教职的宗教教职人员,按照全国性宗教团体制定的宗教活动场所主要教职任职办法产生后十日内,由该场所填写宗教活动场所主要教职备案表,报宗教事务部门备案,并提交下列材料:

(一)拟任职人员产生情况说明;

(二)拟任职人员的户口簿复印件、居民身份证复印件和宗教教职人员证书复印件。

拟任职人员离任其他宗教活动场所主要教职的,还应当提交离任场所主要教职的注销备案材料。

宗教活动场所主要教职备案表式样由国家宗教事务局制定。

第二十四条 宗教事务部门应当自收到宗教活动场所提交的备案材料之日起二十个工作日内,作出书面答复,逾期未答复的,视为已完成备案程序。

第二十五条 有下列情形之一的,不予办理宗教活动场所主要教职备案:

(一)拟任职人员未按照全国性宗教团体制定的宗教活动场所主要教职任职办法产生的;

(二)拟任职人员离任其他宗教活动场所主要教职未办理注销备案手续的;

(三)提交的备案材料不属实的。

第二十六条 宗教活动场所主要教职备案程序完成后,该场所可以举行主要教职任职仪式,正式赋予职责。

第二十七条 宗教活动场所主要教职实行任期制,任期三至五年。期满后拟继续担任主要教职的,应当按照本办法第二十三条规定办理。

第二十八条 宗教教职人员离任宗教活动场所主要教职,该场所应当按照任职备案程序办理注销备案手续,并提交下列材料:

(一)该场所管理组织作出宗教教职人员离任宗教活动场所主要教职决定的情况说明;

(二)该场所所在地宗教团体出具的书面意见。

离任宗教活动场所主要教职的宗教教职人员同时担任该场所管理组织负责人或者财务管理机构负责人的,该场所还应当提交离任财务审查情况的报告。

第二十九条 有下列情形之一的,不予办理宗教活动场所主要教职注销备案:

(一)该场所管理组织未按照全国性宗教团体制定的宗教活动场所主要教职任职办法规定的程序,作出宗教教职人员离任宗教活动场所主要教职决定的;

(二)未经该场所所在地宗教团体同意的;

(三)离任该场所主要教职的宗教教职人员同时担任该场所管理组织负责人或者财务管理机构负责人,该场所未提交离任财务审查情况报告的。

第三十条 宗教教职人员一般只能担任一个宗教活动场所的主要教职。确有需要的,可以兼任一个宗教活动场所的主要教职。

兼任宗教活动场所主要教职,应当经拟兼任的宗教活动场所所在地县(市、区、旗)宗教团体同意,由该场所将兼任情况报县级人民政府宗教事务部门,县级人民政府宗教事务部门逐级报省级人民政府宗教事务部门备案。跨省、自治区、直辖市兼任的,拟兼任的宗教活动场所所在地省级人民政府宗教事务部门还应当征求该宗教教职人员现任职所在地省级人民政府宗教事务部门的意见。

第三十一条 担任宗教活动场所主要教职的宗教教职人员有下列情形之一的,应当按照任职备案程序办理注销备案手续,并以适当方式公告:

(一)丧失宗教教职人员资格的;

(二)违反法律、法规、规章或者宗教团体规章制度被撤销宗教活动场所主要教职的;

(三)超过一年未履行宗教活动场所主要教职职责或者不具备正常履行主要教职职责能力的。

第五章  监督管理

第三十二条 宗教事务部门应当依法履行宗教教职人员备案和宗教活动场所主要教职备案的职责,指导、监督宗教团体、宗教院校、宗教活动场所加强对宗教教职人员的管理。

第三十三条 宗教事务部门应当按照寓管理于服务之中的原则,加强宗教教职人员信息化管理。

国家宗教事务局应当建立宗教教职人员数据库,地方人民政府宗教事务部门应当及时提供和更新宗教教职人员的基本信息、奖惩情况、注销备案等信息。

第三十四条 宗教教职人员跨省、自治区、直辖市从事宗教教务活动的,应当经离开地和前往地的省、自治区、直辖市宗教团体同意,并报两地的省级人民政府宗教事务部门备案。其中,跨省、自治区、直辖市从事宗教教务活动一年以上的,由两地的省级人民政府宗教事务部门通过宗教教职人员数据库办理相关信息变更。对该宗教教职人员的管理职责转移至迁入地相应的宗教事务部门和宗教团体。

宗教教职人员跨县、设区的市级行政区域从事宗教教务活动的管理,由省、自治区、直辖市根据实际情况制定相关规定。

第三十五条 宗教团体应当制定宗教教职人员培养规划,加强宗教教职人员的政治教育、法治教育、文化教育、宗教教育,提高宗教教职人员的综合素质和宗教教职人员队伍的整体素质。

全国性宗教团体和省、自治区、直辖市宗教团体应当制定宗教教职人员出境留学的规章制度。

第三十六条 宗教团体应当规范宗教教职人员证书管理,不得违规颁发证书,不得借颁发证书牟利。

第三十七条 宗教团体应当根据宪法、法律、法规、规章和政策以及实际工作需要,在业务范围内建立健全宗教教职人员管理的规章制度,制定宗教教职人员行为规范,健全宗教教职人员奖惩机制和准入、退出机制,对违反法律、法规、规章和本团体规章制度的宗教教职人员予以相应处罚。

第三十八条 宗教团体应当制定宗教教职人员考核制度,对宗教教职人员进行考核,将考核结果作为任职、奖惩等的重要依据。

第三十九条 宗教团体应当建立宗教教职人员档案,健全宗教团体、宗教院校、宗教活动场所的宗教教职人员信息共享机制,定期将宗教教职人员信息变更情况报送宗教事务部门。

宗教院校应当将本院校宗教教职人员有关情况及时报送设立该院校的宗教团体。

宗教活动场所应当将本场所宗教教职人员有关情况及时报送所在地宗教团体和宗教事务部门。

第四十条 宗教院校应当坚持正确的办学方向,提高办学质量,培养高素质的宗教教职人员。

第四十一条 宗教活动场所接收宗教教职人员应当严格把关,核查身份并登记造册。

宗教活动场所不得超出本场所容纳能力及经济能力接收宗教教职人员。

第四十二条 宗教团体、宗教院校、宗教活动场所应当建立健全本团体、院校、场所宗教教职人员管理制度,加强对宗教教职人员从事宗教活动、接受境内外捐赠等的监督和管理。

第四十三条 担任宗教活动场所主要教职的宗教教职人员应当履行宗教教务管理职责,接受宗教团体的教务指导,服从宗教活动场所管理组织的管理,接受所在宗教活动场所的宗教教职人员和信教公民的监督。

第四十四条 宗教事务部门和宗教团体、宗教院校、宗教活动场所收到反映宗教教职人员违反法律、法规、规章或者宗教团体规章制度情况的,应当调查核实,依法依规予以处理。

第四十五条 宗教教职人员认为宗教团体、宗教院校、宗教活动场所及其成员侵犯其合法权益的,可以向宗教事务部门反映。宗教事务部门应当调查核实,依法予以处理。

第六章  法律责任

第四十六条 公职人员在宗教教职人员管理工作中滥用职权、玩忽职守、徇私舞弊,应当给予处分的,依法给予处分;构成犯罪的,依法追究刑事责任。

第四十七条 宗教团体、宗教院校、宗教活动场所有下列行为之一的,由宗教事务部门责令改正,拒不改正的,按照《宗教事务条例》第六十五条的规定予以处罚:

(一)未建立健全宗教教职人员管理制度的;

(二)未按本办法规定管理宗教教职人员的;

(三)未按规定认定或者批准宗教教职人员的;

(四)宗教活动场所未按规定选任宗教活动场所主要教职的;

(五)宗教团体未按本办法规定办理宗教教职人员备案手续,宗教活动场所未按本办法规定办理宗教活动场所主要教职备案手续的;

(六)未按规定颁发宗教教职人员证书,或者借颁发证书牟利的;

(七)侵犯宗教教职人员合法权益的;

(八)其他违反本办法有关规定的行为。

第四十八条 宗教教职人员违反本办法有关规定的,按照《宗教事务条例》第七十三条等规定予以处罚。

第四十九条 对宗教事务部门的行政行为不服的,可以依法申请行政复议;对行政复议决定不服的,可以依法提起行政诉讼。

第七章  附则

第五十条 县(市、区、旗)没有相关宗教团体的,本办法规定的相应职责由设区的市(地、州、盟)宗教团体履行。

设区的市(地、州、盟)没有相关宗教团体的,相应职责由省、自治区、直辖市宗教团体履行。

省、自治区、直辖市没有相关宗教团体的,相应职责由全国性宗教团体履行。

第五十一条 本办法由国家宗教事务局负责解释。

第五十二条 本办法自2021年5月1日起施行。2006年国家宗教事务局公布的《宗教教职人员备案办法》《宗教活动场所主要教职任职备案办法》同时废止。

2021年2月15日

・中国規制当局、英BBCの国際放送の放映禁止-「ウイグル族に組織的性的虐待」報道に”報復”

(2021.2.12 カトリック・あい)

 英BBCの国際放送が2日、新疆ウイグル自治区の収容所に入れられたウイグル族の女性たちが組織的な性的虐待を受けていたとして被害者の実名入りで報道し、国際的に大きな反響を呼んでいるが、内外の主要メディアが12日報じたところによると、中国国内のラジオ・テレビを監視・統括する国家広播電視総局(国家ラジオテレビ総局)は同日、「BBCは中国の国家利益を損ない、民族の団結を破壊した」として、中国国内での放送を不許可とする、と発表した。

 今回の中国側の措置に対して、英国のラーブ外相は12日、ツイッターで「中国の決定は報道の自由を奪い、受け入れられない」と非難。BBCは「われわれは世界で最も信頼されている国際報道機関であり、世界中のニュースを公正・公平に報道している」と反論した。

 英国の放送通信庁(Ofcom)は4日、中国国際テレビ(CGTN)の放送免許を取り消したと発表した。「調査の結果、中国共産党が番組の最終的な編集権を握っていることが結論付けられ、英放送法に反する」と説明していたが、内外の関係者の間には、今回の中国当局の措置は、その報復の意味もある、との見方がある。

2021年2月12日

・“新彊の収容所”、男性も性的虐待の犠牲に(BW)

 

Inside a “transformation through education camp.” Exclusive footage by Bitter Winter.BBCが転載したBitter Winterの独占映像「新疆ウイグル自治区の”更生・教育キャンプ”の内部」随所に監視カメラが設置されている。

 女性たちの”沈黙”を破る勇気ある告発に刺激されて、男性たちも声を上げ始めた。

  武漢の現地を訪れた世界保健機関(WHO)の調査団から「透明で協力的だった」という称賛に満ちた結論を出させるのに成功した中国の「宣伝戦術」の成功を覆すような、英国国営BBCのレポート。新疆ウイグル自治区の”教育キャンプ”でウイグル人の女性たちが組織的に性的暴行を受けていることが、被害者の女性たちの肉声で語られた時、中国当局が新型コロナウイルスの原因調査に来たWHO調査団に対して挙げた得点は消え失せた。

 BBCが報道した収容所の性的虐待は、問題のある警備員がたまたま行ったということではない。証言した勇気ある女性たちは、性的虐待がイスラム教徒としてのアイデンティティと自尊心を破壊する、組織的、恒常的な「レイプ文化」が形成されている、と非難の声を上げたのだ。

 中国外務省は「証言した女性はBBCによって採用された『女優』だ」と一笑に付そうとしたが、BBCのレポートには、女性全員が本名で登場し、収容所にいたことが確認されていた。米国、英国、オーストラリアの政府は、新疆ウイグル自治区での女性の残虐行為と虐待を非難するためにBBCのレポートを引用し、世界中の多くの政府、国際機関、および政治家もこれに倣った。

 ”教育キャンプ”の内部についての独占映像をBBCに提供することなどでレポートの制作に貢献したBitter Winterは、BBCが世界に向けて放映して数時間後に、関係者などから話を聞いた。収容所を経験した人たちから多くの称賛の声があり、「性的暴行を受けた経験があるが、証言する勇気がもてなかった。この放送を見て、自分も証言しようと思うようになった」とする女性もいる。

 また、BBCのレポートで報じられた性的暴行や拷問などは、新疆ウイグル自治区に限ったことではなく、イスラム教徒の女性だけが犠牲者ではない、との指摘もあった。全能神教会や法輪功など、中国当局から「邪教」のレッテルを張られ、活動が禁じられた宗教の信者たちも、収容所で性的虐待を受けている、と言うのだ。新疆ウイグル自治区の収容所で性的暴行を受けたウイグル人とカザフ人の女性がBBCに語った話と酷似している。「強迫的な教化」と「性的虐待」の組み合わせが、中国全土の全能神教会と法輪功の女性信者の”転向”を強要するのに使われている。

 それだけではない。現在海外に住んでいる複数のカザフ人は、「新疆ウイグル自治区の収容所で、男性が男性警備員に性的暴行を受けたことも、告発する必要があります」とBitter Winterに語った。「収容されている男性に対する性的虐待は、特に若者に対して、定期的に繰り返されている」と言う。

 これまで、こうした収容所での残虐行為について、声を上げられなかったのは、現在は海外にいる場合も含めて、私たちの民族の社会では、こうした被害を受けたことを認めるのは、極めて難しい。とくに、同性の性行為は犯罪とされており、社会から追放される。それが自分の意思でなく、一方的な虐待行為であっても、という事情がある。

 新疆ウイグル自治区の収容所で性的暴行を受けた男性の一部は、カザフスタンやその他の地域にいる人権活動家にそのことを話したが、間接的であっても彼らの身元が明らかになるような具体的内容を公表することは認められなかった。そうした具体的な証言がなければ、中国政府・共産党は、そうした行為が繰り返されていることを否定するだろう。実名を公表して勇気ある証言をしている女性たちについてさえ、否定するのだから。だが、我々は、彼らが真実を語っている、と確信している。

 BBCに証言した女性の一人は、その後の米国テレビFoxNewsの取材に対して、「私たちは人間です。でも、彼らの私たちへの拷問は、動物に対するやり方です」とし、「男性に対してさえも、恐ろしい真実が徐々に明らかになっています」と語っている。

(翻訳・編集「カトリック・あい」)

2021年2月12日

・”新疆の収容所”でウイグル族女性に組織的性的虐待-BBCが衝撃レポート-米英など中国を非難

(2021.2.5 BBC News Japan)

     中国西部・新疆ウイグル自治区の収容施設に入れられたウイグル族の女性らが、組織的なレイプ被害を受けたとBBCに証言した。この報道を受け、米英などの政府は「深く憂慮している」などと懸念を表明している。

 目撃証言によると、女性たちは集団レイプされたり、強制的に不妊手術を受けさせられたりした。目撃者の一人は「悲鳴が建物中に響いた」と語っている。

2021年2月12日

・ツイッターが在米中国大使館のアカウント凍結ーウイグル女性傷つける書き込み

(2021.1.21  カトリック・あい)

 ポンペオ前米国務長官は政権交代直前の19日、中国が新疆ウイグル自治区でウイグル族などイスラム教徒の少数民族に対し「ジェノサイド(民族大量虐殺)」を犯したと認定。バイデン政権の国務長官予定者も、これを支持する立場を示している。

2021年1月21日

・米国務長官 、中国のウイグル族などへの行為を「ジェノサイド」と認定、新政権の長官予定者も同意

 米国からの複数の報道によると、米国のポンペイオ国務長官は19日、声明を発表し、中国政府が新疆ウイグル自治区でウイグル族など少数民族に対して行っている行為について、いわゆる「ジェノサイド」と認定。バイデン新政権の国務長官に指名されているブリンケン元国務副長官も同日、19日、議会上院の外交委員会で行われた公聴会で、認定に「同意する」と述べ、新疆ウイグル自治区で中国政府が行っている行為は「ジェノサイド」だとする認識を示している。

 「ジェノサイド」は、国際法では民族や宗教などの集団に対し、破壊する意図を持って危害を加える行為などと規定されている。ポンペイオ長官は声明で、「少なくとも2017年3月以降、100万人を超える人々が強制的に収容されていることや、女性に対する強制的な不妊手術などが行われている」と指摘。「人道に対する罪」にあたると判断したとしている。

 そのうえで「中国共産党が、ウイグル族を組織的に滅ぼそうとしていることを、われわれは目にしている」と強く非難し、国際社会に対して中国の責任を追及するよう求めている。

 トランプ政権は、中国に対してウイグルや台湾などの問題で厳しい措置を打ち出しており、バイデン新政権にも中国への強い対応を求める狙いがあるとみらる。

2021年1月21日

・中国の臓器強制摘出阻止へ、米英の議会が動く(Bitter Winter)

 

 米連邦議会では先月、つまり2020年12月の15日に「

 米国議会と同じように極めて重要な動きが英国議会にも出ている。労働党のハント卿の主導で、上院に提案されていた「医薬品および医療機器法」改正が承認された。法改正により、「治療に関連した人体組織あるいは細胞の使用」は禁止される。これは、人身売買、臓器摘出、そして、「英国の”サプライチェーン”に入り込んできている『現代の奴隷制』に直接的な打撃を与えることになる。

 ハント卿は「国内的には、そのような犯罪への英国の共謀を防ぎ、他の国に重要なメッセージを送る機会を提供する。現在の英国の『人体の組織法』の欠陥に対処することを目的としています」と説明する。

 「現行法では、輸入された人体組織に対する適切なチェックが必要なく、医学研究で使用するために輸入されたヒト組織は、入手経路の確認を必要としません。現在、ヒト組織(ヒトへの適用のための品質と安全性)規制もヒト組織法も、医薬品で使用するために輸入されたヒト組織について適切な同意を求めない。法改正で、これを改める権限を大臣に付与する。『組織』と『細胞』という言葉は、医薬品の目的で使用されるすべての人間の材料を含む用語であることを説明する必要があります。これには臓器も含まれます」としている。

 さらにハント卿は「今や、国際社会は、中国当局による『良心の囚人』からの強制的な臓器摘出に、従来以上に気付いています… 生きている人から臓器を強制的に摘出する、という恐ろしい犯罪は、『殺人』に繋がる行為であり、広範囲になされていることが、民間の中国法廷で明らかにされています」と述べ、英国政府には、こうした中国の行為を終わらせるため、WHO(世界保健機関)に圧力をかけるよう求めている。

(翻訳・編集「カトリック・あい」)

 

2021年1月20日

・米議会の超党派委員会が「中国、ウイグル族”ジェノサイド”の可能性」と

 ワシントンからの複数の報道によると、CECC共同議長のジム・マクガバン民主党下院議員は、過去1年間の人権を抑圧する中国の行動を「衝撃的で前例のないもの」と強く非難、米連邦議会と、20日のバイデン大統領就任とともに発足する米新政権に対して、中国政府の責任を問うよう強く求め、「米国は中国国民と共に闘い、中国政府の人権侵害に対して、結束し、協調して、世界をリードしなければならない」と訴えた。

 *フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』による、CECC年次報告書の概要は以下の通り。

 

 報告書は冒頭で、中国政府と共産党は昨年、特に新疆ウイグル自治区と香港で、検閲脅迫基本的人権を行使する個人や集団の拘禁を通じ、抑圧的な政策を拡大するための前例のない措置を講じたと指摘した。「新疆」の部の重大所見のポイントは次の点である。

  • 報告書が取り扱った1年の間、新疆ウイグル自治区の当局は、ウイグル族カザフ族キルギス族回族及びその他の民族を含む、主にイスラム教徒の少数民族集団から最大180万の個人を恣意的に拘禁してきた裁判なしの大規模収容所システムを維持した。

  • 国際的なメディア(ICIJ など)及び人権団体(Human Rights Watch など)が入手した中国政府および共産党の内部文書(通称、新疆文書英語版)は、①収監者への強制と懲罰の使用に関する当自治区当局の執行命令、②家族が採る行動と自治区当局の収監者の扱いとの関係、③自治区当局による収容所システム実施に関する極度の秘密保持の強制、を明らかにした。同文書はまた、収容所の大量の拘禁に対するかなりのレベルの一部の地元公務員からの反対の存在を明らかにした。

  • CECCは昨年、新疆ウイグル自治区における少数民族に対する中国政府の迫害が「人道に対する罪」を構成するという追加の証拠を認めた。米国ホロコースト記念博物館を含む国際的な監視機関は、「人道に対する罪」の構成を新疆ウイグル自治区のウイグル族やその他のテュルク系民族およびイスラム教徒の少数民族への迫害に適用することを支持すると主張した。国際刑事裁判所ローマ規程の第7条(1)項は、11の罪の行為のリストを提供しており、そのいずれかが、攻撃を承知の上で、あらゆる民間人に対して向けられた広範な又はシステマティックな攻撃の一部として行われた場合、「人道に対する罪」を構成する可能性がある。

  • 昨年中に発行された報告書では、新疆ウイグル自治区での当局による少数民族の子供達の家族からの隔離についての広範かつシステマティックな本質と、孤児院福祉センター寄宿学校への強制入所について詳しく説明している。新疆ウイグル自治区の関係者が発行した公式の方針文書によると、2017年の初めまでに、新疆ウイグル自治区の50万人近くの小中学生が寄宿学校に通っていた。この子供達の強制入所は、中華人民共和国未成年者保護法中国語版および国連児童の権利に関する条約に違反して行われた。これらの施設に入所させられた子供達の多くは、少なくとも1人の親が拘禁されていた。 報告によると、当局はしばしば家族の同意なしにそのような施設に子供達を入所させた。

  • 新疆ウイグル自治区の職員が数十万人のテュルク系民族とイスラム教徒の個人を収容所に大量に拘禁するにつれて、2017年以降、当地域では少数民族の個人の逮捕、裁判、裁判を経た投獄も大幅に増加した。当局による少数民族の有期刑の判決の増加は、収容所での大量拘禁から、強制労働を含む他の形態の拘禁および社会統制への移行を示す可能性がある。2017年、新疆ウイグル自治区の裁判所は、前年度の10倍の被告人に5年以上の懲役を宣告し、前年度の8倍の逮捕と5倍の起訴を行った。

 

2021年1月18日

・米国人の引退女性医師が中国で逮捕、20年の懲役刑に(BW)

Dr. Gulshan Abbas, left, with sister Rushan, right.逮捕前のグルシャン・アッバス博士(左)と妹のルーシャン氏

 新疆ウイグル自治区でのウイグル人迫害を米国内で批判する活動をしていた女性たちの母親であり姉である米国人女性が2年間も行方不明となり、親族が探し続けていたが、実は中国当局に逮捕、拘禁され、このクリスマスに懲役20年の実刑判決を受けたことが明らかになった。

 逮捕、有罪判決を受けたのはグルシャム・アッバス博士。2年前に、中国国内で突然行方不明になり、彼女の妹と娘が懸命の捜索を続けていたが、昨年末、クリスマスになって、匿名の情報提供者からこのことを知らされた。病にある人々の治療に生涯を捧げ、引退していた医師にとって、この敵意に満ちた処罰は耐えがたいものだ。

 これについて、中国外務省の汪文斌・報道官は、「博士がテロ組織に加わり、テロ活動を支援し、治安を乱すために人々を集めた罪で懲役20年の有罪判決を受けた」ことを確認、さらに「中国は法によって支配されている国」であり、違法で犯罪的な活動は「法によって罰せられなければならない」と強調した。

 博士の娘のジバ氏は今週、叔母のルーシャン氏が主宰するウイグル人のための運動と米国議会の中国問題委員会が共催した記者会見で、この判決を「非常識」であり、中国共産党の少数民族への人権蹂躙の行為を勇気を持って批判する人々への見せしめにしようとしている、と批判。 「このような”見せびらかし”の行為で、私たちを黙らせるとはできません」と強く言明した。

 また、「母は、私たちが米国内で中国共産党によるウイグル人迫害に反対する運動を展開しているために、罰せられました。母にはいくつもの健康上の問題があり、治療薬が中国の刑務所で提供されるか不安です」とも語り、米国政府、国連人権委員会、そして中国国内での人権蹂躙問題に批判的な立場をとる国々に、博士の釈放を中国政府に働きかけるように求めた。

 妹のルーシャン氏は、「私たちが米国で言論の自由の下に批判活動をしていることで、中国にいる姉が犠牲となった。彼女が、これから20年も中国の恐ろしい監獄に閉じ込められるのは耐えられません」と早期解放を求め、新疆ウイグル自治区の人権状況がさらに悪化する前に、中国共産党の残虐行為に世界が目覚めるように強く訴えた。

 ワシントンのウイグル人権プロジェクトの責任者で、米国国際宗教の自由委員会(USCIRF)の委員であるヌリー・ターケル氏は、「善いことをしただけの、引退した医師、老婦人であり、もっとも”政治”から遠い人、テロには最も関係のない人である彼女を逮捕、有罪にしたのは、中国のテロ規制法自体にに違反する」とし、「この行為は、米国市民に対する、まったくの報復だ」と批判した。

 米国の女性問題担当大使のケリー・カリー氏は、ウイグル人の女性たちが性的虐待、大量の不妊手術の犠牲となり、子供たちが国営の孤児院に入れられている、という現実に、世界の女性団体が関心を示さないことに失望を隠さない。そして、新疆ウイグル自治区で強制収容所にいた経験のある女性から聞いた話として、拷問を受ける際に「お前たちがウイグル人だからだ」『第二次世界大戦のときの収容所と同じことだ」と告げらた、ということを明らかにした。

 米議会下院のトム・スオジ議員は、米国の裁判官の多くが新疆ウイグル自治区の現況を知らい現状を改めるための、教育プログラムの実施を提案。ウイグル人保護措置を迅速化する必要性を指摘し、「亡命を判断する担当者は、米国に逃れてきたウイグル人や香港人を故郷に戻すことは、強制収容所への”片道切符”の発行を意味することを知る必要がある」と述べている。

 同じくジム・マクガバン議員は、バイデン新政権がウイグル問題を優先し、上院で停滞しているウイグル強制労働防止法案の審議を促進することを求め、 「バイデン陣営は、選挙中から新疆ウイグル自治区における当局の行為を”大量虐殺”と呼んでいる」として、新政権が強い姿勢でこの問題に望むことを期待。「米国は中国とのより良い関係を望んでいるが、その残虐行為に目をつぶってはならない」と述べた。

 こうした批判に対して、中国外務省の汪報道官は、裁判所の決定は尊重されるべきであり、「噂を広めたり、中国を中傷したり、脅迫したりするのをやめるように」と言い、「中国の内政に干渉するために新疆ウイグル自治区を利用してはならない」「批判している人々は、政治犯を無実の人に仕立てている」と反論。

 だが、ルーシャン氏は、「外国人の家族を投獄するような国と、ビジネスができるのでしょうか。そのような国の政権を信頼することに抵抗を感じない欧州連合の指導者たちは、これらの大量虐殺の権限を与える責任を負っています。強制収容所を運営し、奴隷制を正常化し、私の姉を外国人としての権利を行使したことで罰している、野蛮で残忍な行為を放置しておくつもりですか」と言う。そして、娘のジバ氏は改めて訴えた。「母に対する有罪判決は、正義を求める私たちの活動に拍車をかけました… 母を釈放することを求めます」。

(翻訳・編集「カトリック・あい」)

2021年1月5日

・19世紀からの中国カトリックの”聖地”が村ごと”消され”ている(BW)

 山西省北部の長治市が管理する襄垣県の趙家嶺村は19世紀以来、中国全土のカトリック信徒に知られた巡礼地だ。住民全員がカトリック信徒のその村の、様々な”しるし”が、中国共産党の推進する「中国化」の名のもとに”消し去られている。

Our Lady of Zhaojialing, Shanxi, in 2017. From WeChat.

 趙家嶺村では1790年、フランシスコ会のイタリア人修道士、マリアーノ・ラザリ神父がカトリック信徒たちの家を訪問中に毒殺された。死を悼んだ信徒の女性が、聖母マリアの取り次ぎを願う教会建設のための献金を始め、それがきっかけとなって、1827年から1872年にかけて、赵佳玲( Zhaojialing)の聖母教会が建てられ、中国全土から信徒たちが巡礼に来るようになった。

 1966年から1976年にかけて中国前途に吹き荒れた文化大革命の際に、破壊、閉鎖されたが、1987年に信徒たちの努力で再建され、以来、最近まで、毎年5月に大規模な巡礼祭が続けられてきた。(写真は山西省 趙家嶺村の赵佳玲( Zhaojialing

Religion-related plaques on villagers’ door lintels have been replaced with secular ones.

)の聖母教会(2017年現在、WeChat))

 だが、今年5月から、当局が司祭と信徒たちに対して、”宗教用語”が刻まれている村の門のかもいに掲げられた飾り額を取り換えるよう強制。その結果、「主贈鴻恩(主は大いなる恵みを授ける)」、「天恩洋溢(天の恵みがあふれる)」、「恩光普照(恵みの光が輝く)」と書かれた額が、 「家和萬事興(家族の調和はすべての事業の繁栄につながる)」、「幸福滿家園(幸福に満ちた故郷)」などに架け替えらされた。

教会には、監視カメラが設置され、厳しい規制の下に、司祭と信徒たちは密かに祈りの集会を持つことを余儀なくされているという。

地元のある信徒は、「聖堂が『罪を犯す』ように作り変えられてしまった」とBitterWinterの取材に語った。村の通りの宗教的な表示版も強制的に“Gate of Heaven” has been changed into “Gate of Roses.”

改められ、たとえば、「聖母大街(野の聖母大通り)」と「上天之門(天の門)」は、それぞれ「和諧大街(調和大通り)」、「玫瑰之門(バラの門)」となった。

 “The Street of Our Lady of the Fields” has been changed into “The Street of Harmony.”

 さらに、通りの両側に表示された聖書の一節は、共産党を称賛するスローガンに置き換えられた。

 中国政府・共産党の管理・統制下にある中国天主愛国協会に加盟するカトリック教会を含めて、カトリックの信仰を表わす印や像などの撤去、破壊はこれが初めてではない。

 たとえば、今年の5月には、河北省中央部の邢台市にある中国天主愛国協会加盟の教会の聖人の絵と殉教者の石碑が、それと分からないように手を加えられた。聖人の絵は、中国文化を宣伝する書に置き換えられ、殉教者の石碑は、「双井並納亭」とされ、殉教者たちの名前も由来も分からないようにされてしまった。

(翻訳・編集「カトリック・あい」)

2020年12月26日