祈りの意向

■8月の教皇と日本の教会の祈りの意向

教皇の意向: 小規模事業のために

*中小規模の事業体が、経済的社会的危機にあっても、その事業を継続する道を見い出し、地域社会に奉仕することができますように。

(2022.8.2 バチカン放送)

教皇フランシスコは、この祈りの意向について、ビデオメッセージの中で次のように話された。

「新型コロナの世界的感染と戦争の影響で、世界は社会的、経済的な大きな危機に直面しています。私たちはまだそれを理解していません。これによる深刻な被害を受けた人々の中には、中小企業家たちがいます。それは、商業、手工業、清掃、運送、その他、多くの分野の人たちです。彼らは高額所得者や権力者のリストには出てこない人たちです。しかし、困難にもかかわらず、自らの社会責任を果たしながら、雇用の機会を生み出しています。資産を納税回避地に隠したりせず、共通善に投資する人々です。彼らは皆、底辺から、いつでもより良い創造性が生まれてくる場所から、物事を変えるために、非常に大きな創造力を捧げています。勇気と努力、犠牲をもって、幸福と機会と仕事を生み出しながら、人生に投資しています。祈りましょう。中小規模の事業体が、経済的社会的危機にあっても、その事業を継続する道を見いだし、地域社会に奉仕することができますように」(編集「カトリック・あい」)

 

日本の教会の意向: 世界の平和

*戦争、内戦が続く国々や地域、とくにミャンマー、シリア、パレスチナ、アフガニスタンの人々に平和と安定がもたらされますように。

2022年7月30日

7月の教皇と日本の教会の祈りの意向

 

教皇の意向: 高齢者のためにー7月24日は教会の「高齢者のための祈願日」

*ルーツと記憶を体現する高齢者の知識と経験が、希望と責任をもって将来を歩む若者の助けとなりますように。

 (2022.6.30 バチカン放送)
 教皇フランシスコは2022年7月の祈りの意向について、ビデオメッセージをおくられた。内容以下の通り。

 「私たちの中にいる高齢者の重要性を語らずして、家庭について話すことはできません。歴史の中で、私たち人類がこれほどまで多かったことはありません。しかし、この新しい人生の段階をどのように生きたらいいのか、についてはよく知られていません。高齢者を支援する計画は多くても、高齢者の人生のための計画はあまりないのです。高齢者は、いたわりや、内省、愛情に対し、しばしば特別な感受性を持っています。すでに”優しさの師”、あるいはこれから優しさの師になれるかもしれません。戦争に慣れたこの世界にあって、私たちは真の”優しさの革命”を必要としています。これについて、私たちは新しい世代に対して大きな責任を負っています。祖父母とお年寄りたちは、私たちの生活を育む糧、人々の隠れた知恵です。それゆえに、お年寄りたちを記念することは素晴らしいことです。こうして、私は高齢者たちに捧げる日を創設しました。高齢者たちが”優しさの師”となれるよう祈りましょう。ルーツと記憶を体現する高齢者の知識と経験が、希望と責任をもって将来を歩む若者の助けとなりますように」。

 

日本の教会の意向: 社会的孤立の予防

*分断されていく社会の中で孤立する人々、社会から切り捨てられていく人々に寄り添い、人とのきずなの中で生きる喜びを分かち合うことができますように。

2022年6月30日