祈りの意向

・4月の教皇と日本の教会の祈りの意向

■教皇の祈りの意向: 基本的権利のために

独裁体制、権威主義体制、さらには危機にある民主主義体制のもとで、いのちの危険にさらされながら基本的権利のために戦う人々のために祈りましょう。

(2021.4.6 Vatican News)

教皇フランシスコは、4月の祈りの意向について、ビデオを通し次のように話された▷。

 基本的人権を守るためには、勇気と強い意志が必要です。それは、貧困や不平等、就労機会・土地・住居・社会的権利・労働者の権利の欠如に積極的に立ち向かう、ということです。

基本的人権がすべての人にとって決して平等でないことが、少なくありません。 上中下に階級分けされ、見捨てられた人たちがいる。これではいけません。基本的人権はすべての人に同じでなければなりません。

世界のいくつかの場所では、人間の尊厳を守ることが「裁判もなしに、牢獄に行くこと」を意味するかもしれません。あるいは、「中傷」を意味するかもしれません。しかし、すべての人間には完全に成熟する権利があり、この基本的権利をいかなる国も否定することはできないのです。

独裁体制、権威主義体制、さらには危機に陥った民主主義体制のもとで命の危険にさらされながら、基本的権利のために戦う人々のために祈りましょう。自からの犠牲と働きの豊かな結実を、彼らが目にすることができますように。

(編集「カトリック・あい」)

 

■日本の教会の意向: 平等な社会を目指して

あらゆる差別が撤廃され、人権が尊重される社会を築くことができますように。

2021年3月31日

・3月の教皇と日本の教会の祈りの意向

教皇の祈りの意向: 和解の秘跡

神の限りないあわれみを味わうために、和解の秘跡を新たな深みで体験することができますように。

 

→教皇フランシスコは、今月の祈りの意向をめぐり、ビデオの中で次のように話された。(バチカン放送)

「私が告解に行く時、それは癒しのため、魂を癒やすためです。より霊的な健やかさをもって、そこを後にするため、惨めさから慈しみへと移るためです。告解の中心にあるのは、私たちが告白する罪ではなく、私たちが受け取る神の愛です。私たちはそれをいつも必要としています。告解の中心には、イエスがおられます。イエスは私たちを待ち、耳を傾け、赦しを与えてくださいます。忘れないでください。神の御心においてより大切なのは、私たちの過ちよりも、私たち自身なのです。

祈りましょう。神の限りない憐れみを味わうために、和解の秘跡を新たな深みで体験することができますように。そして、神が教会に、責め立てる人々ではなく、憐れみ深い司祭たちを与えてくださいますように」

 

 

日本の教会の祈りの意向: 東日本大震災被災者のため

東日本大震災10年目にあたって、被災者の自立に向けてともに歩む決意を新たにし、復興に向けて尽力する人々を援助することができますように。

2021年2月27日