祈りの意向

6月の教皇と日本の祈りの意向

■6月

教皇の祈りの意向: 結婚の美しさ

キリスト者の共同体に支えられて結婚の準備を進めている若者たちのために祈りましょう。寛大さ、誠実さ、そして忍耐をもって、愛を育むことができますように。

   (2021.6.1 バチカン放送)  教皇フランシスコは、2021年6月の祈りの意向について、以下の内容のビデオメッセージをおくられた。

  「今のような困難な時代、若者は結婚したがらない」と言う人たちがいますが、それは本当でしょうか?

結婚し、人生を共にする、それは美しいことです。それは大変で、時には困難で複雑な道のりでもあります。しかし、努力する価値のあるものです。生涯の旅において、夫と妻は孤独ではありません。イエスが一緒にいてくださるのです。結婚は単に「社会的」行為ではありません。それは心から生まれる一つの召命です。それは自覚を伴う決意であり、そのための準備を必要とするものです。

どうか決して、忘れないでください。神は私たちのために夢を持っておいでです。それは愛です。そして、それを自分たちのものにするよう願っておられます。

神が私たちのために抱いておられる愛という夢を、私たちも分かち合いましょう。キリスト者の共同体に支えられて結婚の準備を進めている若者たちのために祈りましょう。寛大さ、誠実さ、そして忍耐をもって、愛を育むことができますように。愛するには、多くの忍耐が必要だからです。しかし、それは価値のあることです。(編集「カトリック・あい」)

 

日本の教会の祈りの意向: 召命

高齢化していく日本の教会の中で、若者がキリストの呼びかけに応え、神の民に奉仕することができますように。

2021年5月31日

・5月の教皇と日本の教会の祈りの意向

■5月

教皇の祈りの意向: 金融の世界

【金融界の責任者たちが、政府と協力して経済の安定を図り、人々を危機から守ることができますように】

(2021.5.4バチカン放送)  教皇フランシスコは、2021年5月の祈りの意向をめぐり、ビデオを通して次のメッセージをおくられた。

 「仕事を生み出す実質的な経済は、危機の最中にあります。どれだけ多くの人が失業していることでしょうか。しかし、今、金融市場は、かつてないほどに大きくなっています。巨大な金融の世界は、大多数の人たちの生活と、どれほどかけ離れていることでしょう! 金融市場に規制をかけない限り、さまざまな金融関係の政策を材料にした投機そのものの場になってしまいます。この状況は持続不可能であり、危険です。貧しい人たちがこの影響を被らないように、金融投機を厳格な方法で規制する必要があります。投機ー私はこの言葉を強調したいと思います。金融が一つの奉仕の形となりますように。そして、人々に奉仕し、私たち皆の「共通の家」をいたわる道具となりますように。より正義に満ち、包括的で、持続可能な、そして誰をも見捨てない、異なるタイプの経済を実行するために、グローバルな変革のプロセスへの取り組みには、まだ間に合います。私たちには、それができるのです!祈りましょう。金融界の責任者たちが、政府と協力して経済の安定を図り、人々を危険から守ることができますように」(編集「カトリック・あい」)

 

日本の教会の祈りの意向: 病者

【病床にある人々、特に孤独のうちに病いと闘う人々に寄り添い、あわれみ深い父なる神のみ心を伝えていくことができますように】

2021年4月30日