祈りの意向

2021年1月の教皇と日本の教会の祈りの意向

 

福音宣教の意向: 人間愛

諸宗教の兄弟姉妹と互いのために祈り、また、すべてに開かれて祈る中で、豊かな親交に結ばれて生きる恵みを、主が私たちに与えてくださいますように。

 「神に祈り、イエスに従いながら、私たちは他の文化・伝統・宗教に従って祈る人々と、兄弟姉妹として一致します。私たちは祈る兄弟姉妹です。兄弟愛は、私たちを、すべての人の御父に向けて開き、他者の中に兄弟姉妹を見出すことで、人生を分かち合い、互いに支え、愛し、理解し合うように導きます。

・教会は、私たちキリスト者にとって、人間の尊厳と兄弟愛の源はイエス・キリストの福音にあることを忘れず、他の宗教における神の働きも重視しします。

・私たち信者は、自分たちの源に立ち返り、本質的なことに専心すべきです。

・私たちの信仰の本質は、神に対する礼拝と、隣人に対する愛です。諸宗教の兄弟姉妹と互いのために祈り、また、すべてに開かれて祈る中で、対立することなく、豊かな親交に結ばれて生きる恵みを、主が私たちに与えてくださいますように」

 

日本の教会の意向: 世界の連帯と協力

新型コロナウイルスの世界的大流行を体験した私たちが、自己の利益にとらわれることなく、共通善のもとに連帯し、協力していく世界を築くことができますように。

2020年12月31日

12月の教皇と日本の教会の祈りの意向

■12月

教皇の祈りの意向: 祈りの生活

 イエス・キリストとのパーソナルなかかわりが、神のみことばと祈りの生活によって養われますように。

 (2020.12.1 バチカン放送)教皇フランシスコは、2020年12月の祈りの意向について、次のビデオ・メッセージをおくられた。
  「教会のミッションの心臓、それは祈りです。祈りは、私たちにとって、御父との対話に入るための鍵です。
 福音書の一節を読むたびに、イエスが話かける声を聞きます。私たちはイエスと会話します。イエスに耳を傾け、答えます。これが祈りです。

祈ることで、私たちは現実を変化させます。そして、心を変化させます。祈る時、私たちの心は変わります。私たちには多くのことができますが、祈りなしでは、うまくいきません。

イエス・キリストとのパーソナルなかかわりが、神のみことばと祈りの生活によって養われますように。沈黙のうちに、皆で、それぞれ心をこめて祈りましょう」

 

 

日本の教会の祈りの意向: 命へのまなざし

 神の創造によって生を受けた私たちが、すべての命を見守る神のまなざしを、自らのうちに育むことができますように。

2020年11月30日