・保守派のサラ前典礼秘跡長官、次期教皇選出宣言の”栄誉”ある役割外れる(LaCroix)

The retired Guinean cardinal had been the senior cardinal deacon, but Pope Francis has religion/cardinal-sarah-no-longer-in-line-to-announce-the-next-pope
M.MIGLIORATO/CPP/CIRIC

(2021.5.3 LaCroix Xavier Le Normand | Vatican City)

 教皇選挙(コンクラーベ)の最後に常に発せられるのがこの言葉だー「Annuntio vobis gaudium magnum:habemus papam(私は皆さんに大きな喜びを告げます。教皇が選ばれました)!」

 バチカンの聖ペトロ大聖堂の中央バルコニーから発せられる言葉で、サンピエトロ広場に集まった人々、そして世界中の人々に、枢機卿たちが選んだばかりの「ローマ司教」そして「世界の教会の筆頭司牧者」を宣言するのだ。

 そしてこの宣言の役割を担う者には、三段階の枢機卿の位階の中で一番下の助祭枢機卿のうち、最も長くそのポストを務めている人が選ばれ、枢機卿に選ばれた日が同じ者が複数存在する場合、教皇が選任を先に発表した者が選ばれることになっており、2013年に教皇フランシスコを選出した際、この宣言の役割を担ったのは、フランス出身の故ジャン=ルイ・トーラン枢機卿だった。

 現時点で、最も在任期間が長い助祭枢機卿は、現在では廃止されている「正義と平和協議会」の議長を務めていたレナート・マルチーノ師だが、2012年に80歳になった段階で教皇選挙権を失っており、教皇選出を宣言する資格はなくなっている。従って、その役割を担う可能性がある80歳未満の助祭枢機卿の”筆頭候補”は、先日、典礼秘跡長官を退任したロバート・サラ師、ということになるはずだった。

 だが、そうではなくなった。教皇が今週、サラ師を、他の7人の助祭枢機卿ととともに、「司祭枢機卿」に格上げする人事を発表したためだ。そして、新教皇選出を宣言する役割を持つ80歳未満の助祭枢機卿は、現時点では、バチカン市国長官のジュゼッペ・ベルテッロ師が該当することになったものの、ベルテッロ師は来年11月に80歳の誕生日を迎える。それ以降に教皇選挙が行われるなら、その役割は、奉献・使徒生活会省長官のジョアン・ブラス・ジ・アビス師にお鉢が回ってくつことになる、と考えられる。

 もっとも、教皇選出を宣言するだけが助祭枢機卿の役割ではない。教皇選挙が結論を出せず、続けられる際には、他の重要な役割を務めることが求められる可能性がある。

  ヨハネ・パウロ二世の使徒憲章「UNIVERSI DOMINICI GREGIS(使徒座空位と教皇選挙に関して)の定めでは、「3日続いても教皇が選挙されず選挙が難航する場合は、祈ったり、選挙者同士の間での意見交換、助祭枢機卿による講話を聞くために1日選挙を休む。その後同じ方法で選挙をし、7回投票しても結果をみない場合、祈り、意見交換、講話のためにもう1度休みを取る。投票を再開し、7回投票しても教皇が選出されない場合は、同じように休みをとる。そして投票を開始し、また7回繰り返す」(74条)とされている。

 要するに、このように事態になった際には、助祭枢機卿に、選挙の休止期間の講話を担当する役割が与えられるのだ。現時点では、ベルテッロ師がその役割を果たす可能性もある。

(翻訳「カトリック・あい」南條俊二)

(注:LA CROIX internationalは、1883年に創刊された世界的に権威のある独立系のカトリック日刊紙LA CROIXのオンライン版。急激に変化する世界と教会の動きを適切な報道と解説で追い続けていることに定評があります。「カトリック・あい」は翻訳・転載の許可を得て、逐次、掲載していきます。原文はhttps://international.la-croix.comでご覧になれます。

LA CROIX international is the premier online Catholic daily providing unique quality content about topics that matter in the world such as politics, society, religion, culture, education and ethics. for post-Vatican II Catholics and those who are passionate about how the living Christian tradition engages, shapes and makes sense of the burning issues of the day in our rapidly changing world. Inspired by the reforming vision of the Second Vatican Council, LCI offers news, commentary and analysis on the Church in the World and the world of the Church. LA CROIX is Europe’s pre-eminent Catholic daily providing quality journalism on world events, politics, science, culture, technology, economy and much more. La CROIX which first appeared as a daily newspaper in 1883 is a highly respected and world leading, independent Catholic daily.

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年5月5日