コメントをお寄せ下さい

下記コメント欄より入力された場合は、内容を確認させて頂き、公開させて頂く場合があります。公開を希望されない場合や、お問合せの場合は、「お問い合わせ」ページより送信下さい。下記「個人情報の取扱いのご説明」にご同意の上送信ください。

 

「個人情報の取扱いのご説明」

  1. 組織名:カトリック・あい
  2. 個人情報保護の責任者:カトリック・あい 代表 南條俊二、連絡先「お問い合わせ」ページからご連絡ください。
  3. 利用目的:コメントへの対応のためです。
  4. 個人情報の第三者への提供:第三者への提供は行いません。
  5. 個人情報の取扱いの委託:委託は行いません。
  6. 開示等に関する問い合わせ窓口:「お問い合わせ」ページからご連絡ください。
  7. 任意性:個人情報をご提供頂くことはご本人の任意ですが、必要な情報を頂けなかった場合は適切なコミュニケーションを行えない場合があります。

以上

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをお寄せ下さい」への2件のフィードバック

  1. 読み始めて約2年です。記事の量が網羅的で、役立つことも多いです。
    然し、掲載記事の量が次第に増えていき、厳選さが不足するのを強く感じます。
    悪く言えば、週刊誌の様相です。

    1、速報性がなくとも、十分に絞り込んだ記事を、厳選して載せて下さい。
    2、見出しの分類項目も再度の見直しが必要です。
    3、読み切りの簡潔記事が、最も読みごたえがあり、関心が集まります。

    • 細川さま
      +主の平安
         返信が遅れてすいませんでした。ご指摘ありがとうございます。見出しの分類項目は見直し、少し増やしました。 厳選していない、速報性が無くても、絞り込んで、というご指摘ですが、厳選、絞り込みは、編集者の独断や偏見が入り込む危険があるので、意図的に避けるようにしています。その分、当方の、翻訳作業を含めて(もっと協力者が欲しいのですが、なかなか協力が得られません)負担が増してはいますが。また、現在のように、教会の内外で変化が激しく、教皇もつぎつぎとそれに対応するメッセージをだすなど、その時に合わせて報じていかないと、効果的が受け止めができない状況になっています。また、小生は半世紀以上にわたって新聞記者を務めてきたこともありますが、ニュースには鮮度が必要、と思っています。現在の日本の教会はあまりにも、ときどきの重要な動き、教皇のメッセージに鈍感であることを、痛感していることもあります。「カトリック・あい」は新聞の性格も持って始めていることをご理解ください。今後とも、適切なご指摘をお願いします。  南條

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA