改・教皇、今年月8日まで一年を「聖ヨセフの特別年」とすることを宣言+「聖ヨセフへの祈り」

Saint Joseph with the Christ ChildSaint Joseph with the Christ Child 

(2020.12.8 Vatican News)

  教皇フランシスコは8日、使徒的書簡「Patris corde (With a Father’s Heart=父の心をもって)」で、同日から来年12月8日までを、聖ヨゼフを「カトリック教会の保護者」と定めて150周年を記念することを宣言。これを受けてバチカン内赦院の教令で、この期間を「聖ヨセフの特別年」とすることが布告された。

(2020.12.8 バチカン放送)

 150年前の1870年12月8日、福者教皇ピオ9世は教令「クエマドモドゥム・デウス」を通し、聖ヨセフを「カトリック教会の保護者」として宣言された。この宣言から150周年を迎えた今年の12月8日、教皇フランシスコは、聖ヨセフをめぐる考察を記した、使徒的書簡「Patris corde」を発表。

 同書簡と共に発布された内赦院の教令をもって、この日(2020年12月8日)から来年の同日(2021年12月8日)までの一年間を、「聖ヨセフの特別年」として祝うことが布告された。

 教皇は、使徒的書簡の中で、イエスの養父、聖ヨセフの優しさ、従順、受容の心、創造性をもった勇気、労働者としての姿、目立たない生き方に触れ、現在の新型コロナウイルスの世界的感染拡大による危機は、「競争から離れ、日常の中で忍耐を示し、希望を与え、共同責任を育む普通の人々の重要性を認識させました」としたうえで、「聖ヨセフの日常的で、目立たない、隠れた存在に注目するように」と世界のカトリック信徒たちに呼びかけられた。

 さらに、救いの歴史における聖ヨセフの比類なき重要な役割を強調され、「イエスの養父としての生活を通し、メシアに奉仕する愛において完全に自己を捧げた聖ヨセフの生き方」に注目された。「イエスは、ヨセフの中に受容的な神の優しさを見、また、そこに、神への従順、贖いの偉大な神秘のために協力し、御父のみ旨を行うことを学んだのです」と指摘。

 同時に、マリアの清らかな配偶者、誠実な大工ヨセフが私たちに教える「仕事で得たパンを食べることへの尊厳と喜び」に触れられ、「労働の価値・重要性・必要性を再発見するように」と促されると同時に、「若者をはじめとするあらゆる人、すべての家族に仕事が欠けることがないように」と願われた。

 教皇はこの書簡の中で、ご自身も、毎日、聖母マリアの配偶者、聖ヨセフへの祈りを捧げていることを明かし、聖ヨセフへの崇敬と信頼を表されている。

 (編集「カトリック・あい」)

 教皇は書簡の最後に、聖ヨセフへ次のような祈りを捧げ、世界の信徒たち皆が共に祈るように勧めておられる。

【教皇フランシスコの聖ヨセフへの祈り】

 

  あがない主の保護者、

  おとめマリアの夫よ、

  神はあなたにご自分の御子を託し、

  マリアはあなたに信頼を置き、

  キリストはあなたと共に、人となりました。

    祝されたヨセフよ、

  わたしたちにも、父であることを示し、

  人生の歩みを導いてください。

  わたしたちに、恵み、いつくしみ、勇気を与え、

  あらゆる悪から守ってください。 アーメン。

   (Sr.ルカ岡立子・私訳)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月8日