・教皇、人間開発省次官に女子修道会シスターを任命

Sister Alessandra SmerilliSister Alessandra Smerilli 

   教皇フランシスコが24日、バチカンの人間開発のための部署の次官に、女子修道会・サレジアン・シスターズのシスター・アレッサンドラ・スメリリを任命された。

 シスター・スメリリは、イタリアのバスト生まれの46歳。欧州でも屈指の歴史を持つ国立総合大学のローマ・サピエンツァ大学で政治経済学博士号を、英国のイースト・アングリア大学で経済学のPhDを取得。ローマの教皇庁立教育科学校 “Auxilium”の政治経済学の教授を務めている。

 イタリアの信徒による”Social Weeks”の科学・組織委員会のメンバーで、バチカンでは、2019年からバチカン市国の評議員となり、2020年3月からは、教皇が設置させたコロナ対策員会の経済タスクフォースのコーディネーターに選ばれて、経済の専門家としての立場からコロナ対策に取り組んでいる。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年3月25日