講話

2024年6月8日
・「教会は、積極的に社会の現実を識別し、神の計画を見極める存在になっているか」菊地大司教の年間第10主日
2024年6月1日
・2025年聖年のテーマ「希望の巡礼」の意味はー菊地大司教の「聖体の主日」メッセージ
2024年5月25日
・「父と子と聖霊の神の命の神秘に、一人でも多くの人が招き入れられるように」菊地大司教の「三位一体の主日」
2024年5月18日
・「聖霊は、騒々しい常に動きのある教会共同体を生み出し、すべての人を等しく一致へと導く」菊地大司教の聖霊降臨の主日
2024年5月11日
・東京と福岡の二つの神学院が統合、日本カトリック神学院として再出発ー菊地大司教の「週間大司教」
2024年5月4日
・「人間らしいコミュニケーションを」-5月5日「世界広報の日」に菊地大司教
2024年4月27日
・「自分の実りではなく、主の実りを生み出す枝でありたい」菊地大司教の復活節第五主日
2024年4月20日
・「主の前に身をかがめ、名声を求めず、淡々と語られる偉大な司祭だった」澤田神父帰天-菊地大司教の追悼
2024年4月6日
・4月8日から13日まで司教団がローマ訪問、教皇に謁見ー「私たちは慈しみにあふれた存在になろうと努めているか」菊地大司教の復活節第二主日
2024年3月31日
・「それぞれろうそくを掲げ共に歩み、世界を支配する暗闇を打ち払おう」菊地大司教、復活徹夜祭メッセージ