・”サミット”1日目、2日目の議論経過などに関する記者説明

(バチカン放送)

2019. 2.21 第一回説明

 「教会における未成年者の保護」をテーマにしたバチカンでの会議の初日の21日夕、第一回目の記者団向けブリーフィングが行われた。

 2月21日、バチカンで始まった「教会における未成年者の保護」をテーマにした司教会合にあわせ、聖ペトロ広場に近い、アウグスチノ教父学研究所のホールで、報道関係者らを対象に第1回目のブリーフィングが行われた。

 教皇庁立グレゴリアン大学の「未成年者保護のためのセンター」責任者で「教皇庁未成年者保護委員会」のメンバーであるハンス・ツェルナー神父は、「具体性」と「耳を傾ける姿勢」を、初日の会合の作業を特徴づけるキーワードとして示した。

 同神父は、会合は、皆で共に歩む意欲と、この機会の重要さ、テーマに対する責任の自覚のもと、充実した雰囲気の中に行われた、と述べた。

 教理省次官補佐で、この会合の実行委員会メンバーであるチャールズ・シクルナ・マルタ大司教は、被害者の証言は力あるものであり、わたしたちは皆、被害者の経験に耳を傾ける必要がある、と強調。「キリストの傷」に触れることは、自らの責任を担うこと、と話した。

 シクルナ大司教は、虐待のケースの際、特に小さな段階でこそ、司教らに問題を一人で抱え込むことをさせず、皆で動くことが大切である、と語った。

 「司教とは、安心の友であると同時に、子どもたちの脅威に対する敵でなくてはならない」と述べた同大司教は、「沈黙の文化は、理解はできても、許されない」と話した。

 また、虐待と同性愛の関係を問う記者の質問に対し、シクルナ大司教は、罪を犯しやすいカテゴリーというものは存在しない、わたしたちは皆が誘惑にさらされているからである、と述べた。

 

2019.2.22 第二回説明

 バチカンで開催中の「教会における未成年者の保護」テーマの会議について22日夕、2回目のブリーフィングが行われた。

 バチカンのシノドスホールで2月22日、「教会における未成年者の保護」をテーマに司教会合の2日目が行われた。

 同日、これと並行し、アウグスチノ教父学研究所のホールで、第2回目のブリーフィングが開かれた。

 この席で、ボストン大司教、教皇庁未成年者保護委員会議長の、ショーン・パトリック・オマリー枢機卿は、米国で「怠慢」が原因で起きた「恐ろしい危機」の後、教会関係者は常に「虐待のケース」を訴えることに努めていると述べた。

 「透明性」を教会の未来を表す言葉として示したオマリー枢機卿は、私たちは罪を消し去ろうとするのではなく、その罪としっかり向かい合わなくてはならないと話した。

 その上で、同枢機卿は、子どもたちや弱い立場の成人を苦しめる裏切り行為に立ち向かうためには、社会の関係当局との協力が不可欠と強調した。

 同じく米国から参加している、シカゴ大司教、ブレーズ・キュピック枢機卿は、今、様々な文化圏の司教らと共に行われているこの会合は、まさにメンタリティーの変化をもたらすだろうと話した。

 「会合が終わって帰る時、すべての参加者の意識は変えられているだろう」と同枢機卿は述べ、この集いを互いに意見をぶつけ合う機会としなくてはならないと語った。

 キュピック枢機卿は、虐待被害者らの勇気と証言にも感謝し、参加者らは皆、この会合が、司教に行動責任を自覚させるための具体的成果を望んでいる、と話した。

 このブリーフィングでは、前日午後とこの日午前までに、総会とグループ作業で扱われたテーマが示された。

 多くのテーマの中では、特に虐待の事件を減らすためのはっきりした対策の重要性、信徒の役割、小さな教会を助けるための専門組織の創設、沈黙せず、訴えることができるための意識醸成が挙げられた。

 また、グループ作業内では、一人の神学生がある神学校を追われ、別の神学校に受け入れられるといった、「漂流現象」をいかに避けるかということにも、言及があったという。

2019年2月24日

・”サミット”最終日の終わりに―教皇、枢機卿、司教たち全員で、司祭の性的虐待を見逃してきた罪を告白

 バチカンで行われている”性的虐待サミット”3日目の23日夕、全世界の司教協議会会長や主要修道会総長たちが共同回心式に参加し、自身の良心の究明と罪の告白を行った。 

 「私たちは告白します、カトリック教会の司教たち、司祭たち、助祭たち、修道者たちが子供たちや若者たちに暴力を振るってきたことを、罪を覆い隠してきたことを、多くの犠牲者たちの苦しみを真実と認めなかったことを、私たち司教が自らの責任に恥じない行動をしなかったことを」

 教皇フランシスコと約200人の枢機卿、司教、そして他の教会の指導者たちによる集団告解は、「教会における未成年者保護」の会議の最終日を締めくくる赦しの秘跡の典礼で、恐らく最も印象的な場面となった。 「主イエス・キリストよ。罪人である私たちに憐みをくださいますように。Kyrie eleison」

 典礼は聖歌に始まり、詩編の朗読、ルカ福音書の放蕩息子のたとえ話の箇所の朗読と続き、福音書の朗読を受けて、ガーナのタマレ教区のフィリップ・ナーマ大司教が説教に立ち、「あまりにも頻繁に、私たちは沈黙を続け、見てみぬふりをし、争いを避けてきました-教会の暗黒面と向き合うことに独りよがりであり過ぎました。私たちへの信頼を無駄にしてきたのです」と自戒を込めて語った。

 そして、放蕩息子は、「自分の社会的地位、恵まれた資産、名声」を含めたすべてを失った、と述べ、ナーマ大司教自身と司教たちに問いかけた―「もし私たちが同じ運命に遭ったら、驚くべきではありません。そのことで不平を言うべきではありません。かわりに、私たちは、尋ねるべきです-他に何をすべきか?と」。これに自答する形で、「教会の指導者たちは、すすんで放蕩息子の足跡をたどり、自分たちの過ちを認め、告白し、そのことを公に語り、その結果起きることを受け入れる用意をすることができるし、せねばなりません」と訴えた。

 また、大司教は、このサミットが第一歩に過ぎないということを確認し、「福音に述べられた家に戻った息子のように、何もかもがまだ、達成されていません。少なくとも、彼は兄と和解せねばならないのです… 私たちも同じことをすべきです」と語り、神の王国の確立に寄与するために、「信徒たちの集まりと教会共同体で自分たちの兄弟姉妹と和解し、彼らの信頼を取り戻し、自分たちと協力しようとする前向きな姿勢を作り直す事が求められていること」を強調した。

 説教の後、参加者たちは再度、性的虐待の犠牲者から、虐待で受けた、一生続く傷ー屈辱、困惑、現実からの逃避、自分自身からさえ逃避したいという強い願望ーについて話を聴いた。彼は「いちばん傷つくのは、誰も自分を分かってくれないことです。その傷は一生続くのです」と傷の深さを訴えたが、話の最後に、「今、私はもっとよく、このことを向き合おうと努めています。生きることを認められる神からいただいた権利に注意を向けようとしています。私はここにいることができるし、いるべきなのです。それが、私を勇気づけます」と傷を克服する前向きな姿勢を示した。

 (翻訳・編集「カトリック・あい」南條俊二)

2019年2月24日

・”サミット”3日目-「『秘密』『沈黙』『かばい合い』をなくせ」「教会の管理体制を機能させよ」

(2019.2.23 バチカン放送)

 「教会における未成年者の保護」をテーマとする全世界の司教協議会会長、主要修道会総長たちの会議は23日、3日目に入った。

  祈りと聖書朗読、そして虐待被害者の苦しみに耳を傾けることから始められ、聖書朗読では、使徒聖パウロがエフェソの信徒たちに「光の子として歩む」ように招く部分(エフェソの信徒への手紙5章 1-11節)が読まれた-「神に愛された子供として、神に倣う者となり、愛の内に歩みなさい。…あなたがたは、以前は闇でしたが、今は主にあって、光となっています。光の子として歩みなさい。光の結ぶ実は、あらゆる善と義と真理との内にあるからです。―主に喜ばれるものが何かを吟味しなさい。実のない闇の業に加わらず、むしろ、それを明るみに出しなさい」(「聖書 聖書協会共同訳」より)

 続いて、司教らは虐待被害者の心の叫びを書簡を通して聴いた―「私は自分を城門の前の物乞いのように感じました。私は真実と正義と光を乞いましたが、得られたものは、沈黙とそこから引き出されたわずかな情報だけでした。私は疲れ、力を使い果たしました。彼らは自分たちの壁、プライド、私の知らざる役割の裏側に身を隠したかのようでした。私は苦しんでいます。なぜなら私は搾取されたからです。彼らが真実を言わないからです。彼らは真理と光のために働く人であるはずなのに、闇の中に隠れたからです」。

 このあと、ナイジェリア出身で「聖なる幼きイエス会」の総長、Sr.ベロニカ・オペニボと、ドイツのミュンヘン=フライジング大司教のラインハルト・マルクス枢機卿が基調報告を行った。

 Sr.オペニボは「嵐が過ぎ去るまで沈黙しようとしても、その嵐は過ぎ去ることはないだろうと述べ、教会への信頼を揺るがすこの問題において、『秘密』『沈黙』『かばい合い』という3つの態度を避けなければなりません」と訴えた。

 マルクス枢機卿は「信者の共同体としての透明性」をテーマに、虐待問題に対する教会の管理の在り方について語り、「虐待事件をめぐる資料が廃棄される、あるいは作成さえされない、告訴をめぐる手順が尊重されないなど、被害者の権利が侵害される状況があった」と指摘。「よく機能する教会の管理体制は、虐待との闘いにおける基本です」と主張した。

 午後からは、メキシコ出身のジャーナリスト、バレンティナ・アラスラキ氏の発表が行われ、夕方、バチカン宮殿内で赦しの秘跡が行われた。

(編集「カトリック・あい」)

2019年2月24日

・「聖職者による性的虐待はアフリカでも深刻、女性は既に貢献」と女子修道会指導者が記者団に語る(Crux)

(2019.2.23 Crux Editor John L. Allen Jr.

 ローマ発ーナイジェリアの修道女が23日、現地で”性的虐待サミット”を取材中の記者団に対して、聖職者による性的虐待の犠牲者の相談相手としての直接の経験をもとに「この問題はアフリカや途上国の問題ではない」とする一部の司教などの主張を全面否定、「この問題がこれまでとても深刻だった。そしてそれは、いまだに続いています」と訴えた。

 語ったのは、ナイジェリアのシスター、ベロニカ・オペニボ。Society of the Holy Child Jesusの初のアフリカ人指導者であり、世界の女子修道会の指導者たちの傘下にあってローマに本部を持つ国際修道会総長連盟(UISG)の一員だ。

 「おそらく、あなた方の多くと同じように、沢山のアフリカとアジアの人々がこのように言うのを私は聞いていますー『アフリカとアジアの国ではこれは問題になっていない。ヨーロッパと米国、カナダ、オーストラリアの問題だ』と。それは事実に反します。私は九年間、性教育の分野でナイジェリア中で働き、多くの人々から話を聴き、相談を受けました。その経験から言えるのは、貧困、病気、戦争、暴力が南の国々のいくつかで問題になっていることが、性的虐待について過小評価したり、無視したりしていい、ということにはならない、ということです」とシスターは語った。

 米国のボストン・カレッジで教会司牧と社会福祉で修士号をとった彼女は、性的虐待スキャンダルの深刻さを強調するのに躊躇することはなかった。「イエス・キリストに倣う者として透明性がその使命の保証であるべき時に、聖職者による性的虐待は、教会の信頼性を貶めています… どうやって聖職者の教会が沈黙を続け、残虐な行為を隠蔽し続けてきたのでしょう?」と問いかけ、「沈黙し、加害者たちの心の秘密を持ち運び、虐待を引き延ばし、加害者を常に転任させるというのは、考え難いことです」と無視、隠ぺいを続けて来た関係者を強く批判。

 さらに「自分自身の凡庸さ、偽善、そして自己満足が、このような不名誉で恥ずべき場所ー教会としての自分自身に至らしめたことを、私たちは認識せねばなりません」と自省したうえで、司教たちが“zero tolerance(一切の妥協を認めない厳しい措置)政策をとるよう強く求め、「必要な措置をとり、性的虐待に関してzero tolerance を堅持することで、私たちは虐げられた人々を解放できる」とその必要性を強調した。

 そして、問題の一つとして、聖職権主義を指摘し、それが「ローマでも、どこにいる時でも、私を心配させるのは、最も若い神学生たちが訓練を受ける最初の時から、他の誰よりも特別な存在として扱われ、その地位を喜ばせるようにしていること」と警告。問題の一部として「犠牲者に対する加害者の立場を優先するような聖職権的な心理」を指摘し、「若い時に、今になって明らかにされるような過ちを犯した彼らのことを悲しく思います… しかしそれよりも、何年も繰り返された違反行為について場違いの恥辱と罪の意識をもって過ごしてきた数多くの犠牲者たちを思って、私の心は張り裂けそうです」と悲しみを訴えた。

 この関連で、彼女は、教皇フランシスコが性的虐待がもたらした危機に対する気持ちをはっきりと改めたことを称賛し、「チリの司教団が性的虐待で大きな問題を起こしたことへの教皇の対応について書かれた多くの記事を、大きな関心をもって読みました-訴えの否定から、罪を犯し、それを隠蔽したことへの怒り、司教たちの辞表の受理にいたるまで、です… 真のイエズス会士として、識別し、考えを変えるに十分な謙虚さをもって、謝罪し、行動を起こされた兄弟であるフランシスコに対して、深く敬意を表します。これは、私たち全員が模範とすべき行為です」と力説した。

 彼女の報告の後で、ドイツのミュンヘン教区長で同国司教協議会会長であり、教皇の主要な顧問でもあるラインハルト・マルクス枢機卿の意見陳述が予定されていたが、枢機卿はそれに先立って、性的虐待の被害者団体「Ending Clergy Abuse」を代表する16人と会談し、90分に及ぶその内容について、教皇に報告した。

(翻訳「カトリック・あい」南條俊二)

・・Cruxは、カトリック専門のニュース、分析、評論を網羅する米国のインターネット・メディアです。 2014年9月に米国の主要日刊紙の一つである「ボストン・グローブ」 (欧米を中心にした聖職者による幼児性的虐待事件摘発のきっかけとなった世界的なスクープで有名。映画化され、日本でも昨年、全国上映された)の報道活動の一環として創刊されました。現在は、米国に本拠を置くカトリック団体とパートナーシップを組み、多くのカトリック関係団体、機関、個人の支援を受けて、バチカンを含め,どこからも干渉を受けない、独立系カトリック・メディアとして世界的に高い評価を受けています。「カトリック・あい」は、カトリック専門の非営利メディアとして、Cruxが発信するニュース、分析、評論の日本語への翻訳、転載について了解を得て、掲載します。Cruxのニュースはグーグルで「Crux」と検索するとご覧になれます。

 

2019年2月23日

・”サミット”二日目、「女性は『母である教会』の姿」-教皇が、女性の発言の重要さを強調

(2019.2.22 VaticanNews)

 教皇フランシスコが”サミット”二日目、22日の午後のセッションで、21日の会議冒頭以来、初めて発言された。

 今回の会議で基調報告をした女性第一号となったリンダ・ジソーニ博士の話を受けた即席の発言。

 教皇は、「ジソーニ博士のお話しを聴きながら、私は彼女自身について教会が語るのを聞きました… 教会の傷について、女性に話してくれるように求めることは、彼女自身について、彼女の傷について、教会に話すように求めることなのです… これは形の問題ではない、教会に反映された女性の特質です」と語られた。

 そして、教会で女性により大きな役割を任すことは重要だが、単にそれだけではなく「女性を、教会の姿として、私たちの思考に溶け込ませることが問題(注:であり重要)、そして、女性という範疇で教会について考える問題なのです」と強調された。

 以下は、教皇の発言のVaticanNewsによる非公式英語訳全文。

 Listening to Dr. Ghisoni, I heard the Church speaking about herself. That is, we have all spoken about the Church. In all the interventions. But this time it was the Church herself that spoke. It’s not just a question of style: the feminine genius, reflected in the Church, which is woman.

 Inviting a woman to speak is not to enter into the mode of an ecclesiastical feminism, because in the end every feminism ends up being a machismo with a skirt. No. Inviting a woman to speak about the wounds of the Church is to invite the Church to speak about herself, about the wounds she has. And this I believe is the step that we must take with great determination: woman is the image of the Church that is woman, bride, mother. A style. Without this style we would speak of the People of God, but as an organization, perhaps a trade union, but not as a family born of Mother Church.

 The logic of Dr Ghisoni’s thought was precisely that of a mother, and it ended with the story of what happens when a woman gives birth to a child. It is the feminine mystery of the Church that is bride and mother. It’s not a question of giving more functions to women in the Church — yes, this is good, but that’s not how the problem is solved — it’s a question of integrating the woman as the image of the Church into our thinking… and also of thinking of the Church with the categories of a woman. Thank you for your testimony.

(翻訳「カトリック・あい」南條俊二)

2019年2月23日

・”サミット”二日目-「”交わり”に基礎を置いて説明責任を果たすべき」-女性報告者が訴え

(2019.2.22 VaticanNews)

 ”サミット”二日目の22日、教皇庁信徒・家庭・いのちの省の家庭局次長リンダ・ギソーニ博士が女性として初めて基調報告を行い、児童性的虐待による世界的な危機に対処するため協力して働く教会のあらゆる面での重要性を強調した。

 「お互いが積極的に話を聴くことを通して、今回の会合のような重大局面での会議が繰り返されないように、問題に取り組むことを、私は信じています。教会、神の民が、起こされたことに影響を受けた人々に適切に、責任をもって、愛をもって対応し、虐待阻止が”理想的な計画”に終わることなく、司牧的な対応として普通に行わるように、です」。

 博士の報告はこの日の主題である「説明責任」を基調とし、まず、説明責任の基本的な出発点として「虐待の認識と虐待の程度」を取り上げたが、説明責任には、決定に関する意見交換、教会指導者たちの判断についての「評価と報告」も含まれる、と指摘。教会における説明責任は社会学的な規範というよりも、 communionの神学的な概念に近い、とも説明した。そしてこのことは、洗礼を受けることで生じた権利と責任を生きねばならない神の民一人ひとりの、多様な環境と人生の段階に応じた役割を巡る、いつくかの神学的な問題を提起する、と語り、、叙階された聖職者、特に司教と司祭の関係についての正確な理解の重要性も指摘した。 

 そして、キリストにおける交わりとしての教会のビジョン-第二バチカン公会議の教えに基礎を置いた-はまた、多様な権威と聖職者たちの相互的なつながりの必要性も含み、神の民すべての活発な参加を求めている、と強調した。

 報告の締めくくりに、教会で説明責任を果たしていくため、認識で始まり、証明済みの方法について学び続ける必要があるとしたうえで、➀独立した会議の反復機能を持っが司教団への提示を含めた、説明責任を果たすための国レベルの手順のガイドラインの策定②そのような機関を推進し、適切に機能するようにする事務局の可能性③教会の案件の秘密保持のための法令の刷新―などを提案した。そして③について、透明性の権利と一層の透明性との均衡を図る必要性も強調。

 「キリストにおける交わりと分かち合う責任をもって、教会として、神の民として取られるべき可能な行動についてこれまで述べてきた考えはー具体的な理解と適用を強く求めるための、何よりも作業部会における内省と横断的な交わりの成果なのです」。

(翻訳「カトリック・あい」南條俊二)

Dr Linda Ghisoni – “Communio”: To work together
2019年2月23日

・”サミット”二日目-「虐待根絶へ、全信徒による、あらゆるレベル、地域の教会刷新を」とキュピック枢機卿

(2019.2.22 Vatican News Linda Bordoni)

 ”サミット”二日目の22日は「Accountability(説明責任)」が主題となり、3人が基調報告を行ったが、その中で米シカゴ大司教のブレーズ・キュピック枢機卿は「Synodality-共に責任を負う」をテーマに報告した。

 今回の会議で強調されているcollegiality(注:司教たちの協働制)の下での現在の取り組みに関連して、枢機卿は、司教たちは synodality(シノドス様式)の観点から課題について考えねばならず、「特に、全教会と共に、説明責任を果たすことへの構造的、法的、制度的な側面」から考えることが必要、とし、この場合のsynodalityの意味するところは、「カトリック教会すべてに識別と刷新を浸透させるための、小教区、司教区、全国的、地域的な教会組織などあらゆるレベルで洗礼を受けた者すべての参加」だと強調した。

 これが、今この時点で、カトリック教会にとって重要であり、「それが、教会、そして広く社会の若者たちを守る任務を満たすために欠かすことのできない、真実、改悛、諸文化の刷新を呼び起こすもととなるでしょう」と語った。

 そして、単に政策を変えるだけでは「協働制の最も素晴らしい行為の成果としても、十分ではありません」と述べ、教会全体を通しての男女の変革、5大陸全ての教会文化の変革の必要を指摘し、「あらゆるレベルでの識別、変革、刷新に根差したシノドス的な ビジョンだけが、神の私たちへの恩寵に応える形で、最も傷つきやすい人々を守る、教会の幅広い活動を可能とするのです」と訴えた。さらに、構造的、法的、制度的な刷新の必要性を含むいくつかの点について言及し、一般信徒の役割、他の人の声を聴き、寄り添うことの必要性について語るとともに、愛情深い母としての教会の役割を強調した。

 また、親と子供の「聖なる絆」を、教会とその羊たちの絆と比べ、「母親たち、父親たちは私たちに責任をとるように求めています-それは、司教、高位の聖職者である私たちが未成年者に対する性的虐待の実態と被害に、しばしば盲目である、ということを知らないからです。彼らは、今、私たちの教会で追求すべき二重の現実-教会における聖職者による性的虐待を根絶しようとする終わることの無い努力と、しばしばそのような虐待を育てた聖職者文化の否定-を目の当たりにしているのです」と自らを含めた司教たちの責任の重さを指摘した。

 枢機卿は、今後取り組むべき仕事についても言及し、制度的、法的な説明責任の仕組みの在り方について「司教たちによる捜査の基準の設定」「(被害の)申し立ての報告」「具体的な手順」の三つを提起した。

 最後に、枢機卿は「懸案として残っている問題は、司教、あるいは自発教令“Sacramentorum sanctitatis tutela” と “Come una madre amorevole”で定義された高位聖職者の地位はく奪を正当化することのできる『重大な理由』がある場合の訴訟手続きの明確化」であるとし、性的虐待に関する教会の規律の制度的実態に新しい魂を吹き込むために、司教たちが説明責任を果たすための、しっかりとした法令と制度の確立に取り組むよう、参加司教たちに強く求めた。

(枢機卿の基調報告の全文はwww.pbc2019.orgに)

(翻訳「カトリック・あい」南條俊二)

 

 

2019年2月23日

・”未成年者保護サミット”二日目-まず性的虐待被害者の手紙朗読から始まる

(2019.2.22 バチカン放送)

 バチカンで21日から始まった「教会における未成年者の保護」の全世界司教協議会会長たちのサミットは22日、2日目に入り、教皇フランシスコの出席のもと祈りと聖書朗読から始まった。

 聖書からは、使徒聖パウロの「ローマの信徒への手紙」から、「愛には偽りがあってはなりません。悪を憎み、善から離れず、兄弟愛をもって互いに愛し、尊敬をもって互いに相手を優れた者と思いなさい。怠らず励み、霊に燃えて、主に仕えなさい」(12章9-11節)が朗読された。

 この後、聖職者から性的虐待を受けた一人の被害者の手紙が、次のように英語で読み上げられた。

 「イエスが亡くなる時、聖母はイエスと共にいました。私が一人の司祭から虐待された時、私の母なる教会は私を一人ぼっちにしました。私の受けた虐待と私の孤独について、教会の誰かと話したかったのに、皆、隠れてしまいました。誰に話していいかもわからず、私はさらに孤独を感じました」

 被害者の手紙に耳を傾けた後、長い沈黙の時間を経て、参加者らは再び祈りを続けた。

 祈りを先唱した、ラテン典礼エルサレム聖庁任命管理者ピエルバッティスタ・ピッツァバッラ師は「誰一人、教会の中で、暴力や虐待を恐れるようなことが、決してありませんように。むしろ、教会の中で、あらゆる安心と助けを得ることができますように」と祈った。

 会合の司会を務めるフェデリコ・ロンバルディ神父は、この日が「聖ペトロの使徒座」の祝日であることに言及。教皇フランシスコにお祝いを述べつつ、教皇の教え導くその使命のために、全教会を挙げて祈るよう皆を招いた。

 ロンバルディ師は「教皇の願いに従い、この会合のために、子どもたちへの暴力と闘うことをテーマとした国連の公式資料を準備し、すべての参加者に配布した」と伝えた。

 この日は、インドのオズワルド・グラシアス・ボンベイ大司教、米国のブレーズ・キュピック・シカゴ大司教、教皇庁信徒・家庭・いのち省・家庭局次長リンダ・ギソーニ氏による発表が行われ、各発表の後、討議、意見交換の場が持たれた。

(編集{カトリック・あい」)

2019年2月23日

・教皇が未成年者の保護の考察のためのガイドラインを提示

(2019.2.21 バチカン放送)

 「未成年者の保護」をテーマにした”サミット”初日の21日、教皇フランシスコは考察のためのガイドラインを討議の出発点として示された。ガイドラインは、同会合の準備に携わったいくつかの委員会と司教評議会が起草したものだ。

 内容は「一つの懸案が発生した場合、当局の管理のもとになすべき事柄を、段階的に説明する実用的な要覧の作成」「専門家や経験深い人によって構成された組織を作り、被害者とされる人に耳を傾け、その件についての最初の識別を行う場とする」「司教や修道会の長上が直接関与するための規範を制定する」「訴えに対する調査、被害者の保護、訴えられた者が弁護される権利のための、共通の手続きの実行」「民法と教会法の尊重のうちに、市民社会上の当局、教会の責任者の双方に情報を通達する」などだ。

 また、「すべての司牧の場において未成年者のための安全な環境を守るため、定期的な規則等の見直し」「司教が告訴された場合に特化した対応・手続き」「被害者の完全な癒しに必要なすべての支援を提供しながらの、被害者の保護とケア」「司教・修道会責任者・司祭・司牧関係者の生涯育成を通し、性的虐待の原因とそれがもたらす結果についての認識の深化」「虐待被害者の共同体への司牧的ケアの行程と同時に、加害者の回心と更生のための行程の準備」などが挙げられている。

 さらに「正真のケースと偽のケース、告訴と中傷とを区別するために、すべての善意の人々とマスメディア関係者との協力を強める」「結婚可能年齢を16歳に引き上げる」「性的搾取(および/または)パワーハラスメントをめぐる調査、教会裁判の様々な段階の審議において、信徒の専門家の参加を定め、その参加を容易にする規定を作る」「被告人の防御権:最終的に有罪が証明されるまで、自然法・教会法上の無罪の仮定の原則を守る」「未成年者への性的虐待を犯した司祭・司教は公の場で聖職を行使することができない、という犯した罪に対応する罰の伝統的原則を遵守する」今年などが、考察のポイントとして示されている。

 ガイドラインは、考察ポイントとして、「神学生や司祭・修道者候補に対し、人間性・霊性・性心理学上の成熟、人間関係、態度を確立するための初期及び生涯育成プログラムを導入する」「司祭・修道者候補に専門家による心理的鑑定を行う」「神学生・修道志願者を一つの神学校から別の神学校へ、および司祭・修道者を一つの教区・修道会から別の教区・修道会へ移動させる際の規則を明示する」「聖職者・修道者・教会奉仕者・ボランティアのために、ふさわしい人間関係の許容範囲を概説するために、取るべき態度の基準を作る。

 また関係者・ボランティアに必要な資格を明示し、犯罪証明書を確認する」「虐待の危険と発生について、また、いかに虐待のしるしを認め、性的虐待の疑いをどのように訴えるかをめぐり、すべての情報とデータを明示する」「被害者が受けたとされる虐待を訴えるために、アクセスが容易な機関を、まだ準備していないところは、それを創設する必要がある」などの提言も取り上げている。

(編集「カトリック・あい」)

2019年2月22日

・「司牧者は犠牲者の傷に触れ、癒す必要がある」と”サミット”でタグレ枢機卿

(2019.2.21 VaticanNews  Robin Gomes)

 マニラ大司教で国際カリタス会長のルイス・アントニオ・タグレ枢機卿は21日、”性的虐待サミット”冒頭の基調報告で「性的虐待の犠牲者たちの痛みを知り、感じ、そして彼らの負った傷を癒すことが求められている」と訴えたー傷を負ったまま復活されたイエスの姿は、聖職者と司教たちにとって、教会で虐待を受けた未成年者たちの傷を癒し方の模範となる、と。

 枢機卿は「司祭に叙階された者たちによる未成年者虐待は、犠牲者本人だけでなく、家族、聖職者、教会、周辺社会、加害者自身、そして司教たちに傷を負わせました」としたうえで、「私たちは謙虚に、悲しみをもって認めます-傷は、被害者たちに、そしてキリストの身体全てに対して、私たち司教が負わしたことを」と自戒を込めて語った。

 そして、司教たちに犠牲者たちの苦しみに対する対応が欠けていた、それどころか彼らを拒み、加害者と組織を守るために虐待の事実を隠蔽したことが、「私たちの民を傷つけ、私たちが仕えるために送られた人々との関係に深い傷を残しました」とし、さらに、人々は、牧者たちは「自分の羊のにおいを嗅ぎ分ける」ことを求められているのに、守るべき子供たちと弱い人々に酷いことが成されたのを知って、逃げてしまう-と教会の牧者たちを公然と非難している、と事態の深刻さを強調した。

 この問題に関して、枢機卿は、復活されたキリストがトマスに対して、自分の傷に触れるように言われたことを想起し、「傷は傷を残します。キリストの傷は私たちの世の傷の中に残るのです… 私たちが、虐待によって負わされた全ての傷に目を閉じたら、どのようにしてキリストにおいて信仰の告白ができるのでしょう」と出席者たちに問いかけ、「私たち、私たちの兄弟姉妹一人ひとりが、キリストの体の傷に癒しをもたらす個人的な責任を引き受け、私たちの共同体で子供たちが安全でいられるようにするために全力を尽くす決意を示さねばなりません」と訴えた。

  また枢機卿は、イエスは貧しい人、病気の人、徴税人、悪い評判を立てられた女性、ハンセン病の人、うるさく騒ぐ子供たち、部外者、そして異邦人の傷にお触れになったように、傷を負われるようにされた、と指摘し、「イエスが十字架に掛けられたのは、自分のいる社会、宗教によって傷つけられた人々を愛されたからでした。彼らの弱さと傷を分かち合うことによって、イエスは、厳しい裁きよりも、憐み深い兄弟になられたのです」と言明。

 さらに傷は熱意への盲目と法定主義、そして無実の人を犯罪者として処刑を宣告するような権力の誤った使用にしばしば影響を受ける、とし、「もし癒しの取り次ぎ所となりたいなら、私たちは他の人の傷を見て、触れなければならない。傷の否定と死は、他の人の死、そして自分自身の死につながります」と述べた。

 そして、正義のみでは、虐待の犠牲者たちの壊された心を癒すことはできない、と語り、もし犠牲者と、このような危機によって傷ついた人に仕えようとするなら「私たちはその人たちの憤りの傷と痛み、そして癒しの必要を真剣に受け止める必要がある」。憤りは、人々の熱意と活力が無くなるまで、ゆっくりとしかも確実に人々を冒す疾病のようになる可能性がある。ストレスの増大とともに、彼らは、不安と失望の高まり、自己のイメージの低下、内的な崩壊から生じつ人と人の摩擦の傾向に陥ります」と述べた。

 犠牲者たちに赦しを乞うことについて、枢機卿は「それは、『犠牲者たちがすべてを終わらせ、虐待を赦し、ただ前に進むべきだ』ということを意味しない」、赦しは、人の心の中の痛みと憤りを抑えるための、強力な、科学的に支持される道の一つである、とした。

 さらに、教会として、私たちは虐待で深く傷ついた人々と共に歩み続け、信頼を作り、無条件の愛を施し、繰り返し赦しを乞わねばならない、その際、私たちは正義に従って赦すに値しない、癒しの過程で賜物と恩恵として授けられる時のみに、受けることができる、と強調する一方、司教たちや修道会の総長たちが時として「犠牲者と加害者の間で選択を行おう」とする誘惑、そして圧力さえも感じることがある、と指摘。

 そのうえで、犠牲者たちは、彼らの深い傷を訴え、癒されるように助けられる必要があり、加害者たちも、正義の側に就き、自己正当化することなしに真実と向き合い、自身の内的な世界を軽視することのないように助けられる必要がある、と述べた。

 枢機卿は最後に、復活された主と使徒たちから学び、私たちは、犠牲者たち、その家族、罪のある聖職者、無実の聖職者、教会そして一般社会の傷を見つめ、触れるー「裏切者と力の濫用によって傷を負わされたイエスを注視し、私たちは、彼らを守るべき者によって痛めつけられた人々の傷を見るのです」と締めくくった。

(翻訳「カトリック・あい」南條俊二)

2019年2月22日