・教皇フランシスコのタイ、日本両国訪問の詳細日程発表

2019年10月2日

・年間第3主日を「神のみことばの主日」に-教皇、自発教令で制定

(2019.9.30 バチカン放送)

 教皇は、この主日について「典礼年間の中でも、ユダヤ教との絆を強めると同時に、キリスト者の一致を祈るよう招く時期に位置している」ことを指摘。「聖書はその言葉に耳を傾ける者に、真の堅固な一致に到達するための道を指し示す」ことから、この時期に「神のみことばの主日」を祝うことには「エキュメニカルな意義がある」と説明された。

 そして、教会共同体が「この『神のみことばの主日』を祭日としてふさわしく過ごす方法を見つけ、ミサの中で聖書を聖なるものとして祝うことで、みことばが持つ価値を会衆にはっきりと示すことが重要」と強調された。

なお、教令公布の9月30日は、聖ヒエロニモ司祭教会博士(347年頃-420年)を記念する日。四大ラテン教父の一人で、「ブルガタ訳」と呼ばれるラテン語訳聖書の翻訳者として知られる。来年に帰天1600年を迎える聖ヒエロニモの日に自発教令を発表された教皇は「聖書を知らぬことは、キリストを知らぬこと」という同聖人の言葉を引用しつつ、「御言葉に捧げた日曜日が、神の民に聖書に対する宗教的で熱心な親しみを育む」ことを願われた。

自発教令のタイトル「アペルイト・イッリスは、復活後のイエスが弟子たちに現れ、昇天の前に、「聖書を悟らせるために彼らの心の目を開いた」というルカ福音書の記述(24章45節)から採られている。

(編集「カトリック・あい」)

 

 

2019年10月1日

・バチカンの「Christus vivit ビデオ・プロジェクト」開始-若者たちの感性と創造力で

(2019.9.27 VaticanNews Alessandro De Carolis)

 「若者シノドス 」から1年、そして シノドスを受けた使徒的勧告「Christus vivit(キリストは生きておられる)」から半年がたったが、バチカンの「信徒・家庭・いのちの部署」と「広報のための部署」は、 ソーシャルメディアを通じて、この使徒的勧告がどのように世界中で受け止められ、生かされようとしているか、を伝えるビデオプロジェクトを始めた。

 自分たちの人生をどのように変えようとしているかを、この勧告の9つの章、299の項目から理解するのは、デジタルネイティブ の世代(幼い時からインターネットやパソコンのある生活環境の中で育ってきた世代)にとって至難の業のように思われるかもしれない-自分たちの複雑な感情をスマイリー(絵文字)で表現したり、「ツイート」で意見を迅速に共有したりすることに慣れているからだ。

 だから勧告は、まさに火花を発する場ー教皇の言葉のもつ力強さと聴衆のマルチメディアの「召命」と結びつける場-なのだ。

 そして、この使徒的勧告は、ビデオでは26の主題を持ったエピソードに凝縮され、それぞれのエピソードの作成は、勧告が自分たちの生活にどのような影響を与えているかを示すことを目的に、様々な国の男女の若者たちに委ねられた。 画期的なのは、エピソードを作るのに、紙は使わず、約1分間づつの一連のビデオ証言を合わせた画像のコマと使ったことだ。そのようにして、プロジェクトは、バチカンの二つの部署によって生み出され、開発された。

 ここで公開されるビデオは、このプロジェクトを紹介し、代表的な見本を示すのが狙い。今後、年末にかけて毎週火曜日と木曜日に、短いビデオを2つずつ公開していく予定だ。若者たちから送られ、時々にが伝える感じ方は、最終的に「世界」のイメージを作り上げるモザイクの一つ一つのようになるだろう。

 その「世界」は、ミレニアル世代(西暦2000年前後か、それ以降に社会に出た世代)と、それに近い世代-信仰の問題と教皇フランシスコがこの使徒的勧告「キリストは生きておられる!」そして「キリストはあなたに生きているように望まれる!」で始められた課題に取り組む世代ーの「世界」だ。

 信徒・家庭・いのちの部署の長官であるケビン・ファレル枢機卿も、若者たちと同じように、短いビデオによる内省という形式を選び、同様の取り組みを始めた。彼は、聖パウロの言葉を使って確信を強調した。「あなたがた自身が、神の御霊によってあなた方の心に書かれた手紙。それは、イエスに従うように人を説得する、紙に書かれたものというよりは、私たち一人一人の心に書かれたものなのです」と若者たちに語ている。

 このビデオプロジェクトに参加する若者たちに与えられたキーワードは、「自由」。彼らが自分たちの話を「どのように」語るかについての、制限はなかった。求められたのは、彼ら自身の人生の経験を通して、「若者シノドス」が開かれた昨年10月の後で煮詰まって教皇の思いを、創造的に解きほぐすことだった。したがって、世界中から寄せられた様々な作品をVaticanNews の側で視覚的に改良を加えるような事後編集がされることはなく、それぞれの作品が、それぞれの若者の芸術的な感性と才能を表現している。

 その証拠はシリーズを構成するそれぞれのビデオ作品-多少洗練されたものから、 ビデオ撮影者の才能で作られたもの、特に何も飾り立てず、貢献し、自分たちの思いを共有するためだけに撮影したものまでーにある。

 創造的な奔放さと自発性… Christus vivit プロジェクトで肝心なのは、若い男女の言葉からもたらされるものに共通した、そのような”分母”だ。「キリストは生きておられる」と、彼ら一人一人が異なった仕方で語る。それは希望であり、夢であり、やる気だ。 教皇フランシスコが言われるように、それは”神の今”となるのだ。

(翻訳「カトリック・あい」ガブリエル・タン、編集「カトリック・あい」南條俊二)

 

 

2019年9月30日

・バチカン改革のための新使徒憲章が、枢機卿顧問会議で”継続審議”に

(2019.9.25 カトリック・あい)

 

2019年9月25日

・IAEA総会で、バチカン外務局長が核軍縮と原子力の平和利用推進を訴え

 バチカンのポール・ギャラガー外務局長は16日、ウィーンで始まった国際原子力機関IAEA総会で演説し、同機関の「核不拡散と核軍縮」と「原子力技術の安全で、平和利用の推進と発展」への努力と貢献を支持することを強調した。

 演説で外務局長はまず、「核不拡散、核軍縮、そして核技術の平和利用という広範な目的の達成は、IAEAの戦略にかかっています」とその重要な使命を強調。IAEAが提供する原子力に関する様々な科学技術が、国連で合意したSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)達成の助けとなり、世界の包括的な発展を推進し、神からいただいた創造物の管理責任をよりよく果たすことが可能になる、と期待を述べた。

 さらに外務局長は、社会的な進歩をもたらし、共通善を推進するどのような努力も、全ての男女の包括的な成長を確実にしようとする熱意を基礎に置く必要がある、と指摘し、「人間を、開発の中心テーマ」とする国連開発権宣言を挙げた。

 また、前教皇ベネディクト16世が、正しい発展のための平和的で安全な原子力技術の利用を支持する、と語られ、「人、人間の尊厳と自由、人間家族の将来、そして地球の長期にわたる持続的発展を大切にする文化」を作るための科学と宗教の対話と協力を続けることの重要性を強調されている… このような立場から、「教皇フランシスコは、現在の科学技術の大幅な発展が、必ずしも、人間的な責任、価値観、良心の成長を伴っていない、と嘆かれている」と語った。

 さらに、外務局長は、IAEAが広範な国際的合意と議定書を通して、世界を核兵器の危機から解放することに寄与していることを評価。具体的に、イランと北朝鮮に関するIAEAの対応を支持する一方、「がん治療のための行動計画」 (PACT)(2004年にIAEAが作成。先進国の放射線医学と技術に関する経験に基づいて、 発展途上国がん治療能力を導入、拡大、または改善できるようにする)をもとにした戦略を進めているIAEAの努力に謝意を表明した。

 (翻訳・編集「カトリック・あい」南條俊二)

 

 

 

 

 

2019年9月22日

・教皇フランシスコ、訪日の希望実現-ヨハネ・パウロ二世の旅を踏襲(VaticanNews)

(日本時間2019.9.14 VaticanNews Robin Gomes)

 教皇フランシスコは、就任以来32回目の司牧訪問地として、タイと日本に11月19日から26日にお出かけになることになった。教皇としてアジアを訪問されるのは2014年の韓国、2015年のスリランカとフィリピン、2017年のミャンマーとバングラディシュに次いで、4回目となる。また、前々教皇のヨハネ・パウロ二世が日本を38年前に、タイを35年前にそれぞれ歴代教皇として初めて訪問されている。

 

*日本*

 聖ヨハネ・パウロ二世の9回目の海外訪問となったのは1981年2月、11日間でパキスタン、フィリピン、グアム、日本、アラスカ(アンカレッジ)を回られた。当時61歳だった教皇は、2月23日から26日にかけて日本を訪れ、司教、司祭、修道者、キリスト教諸派の代表たち、そして外交団、若者たちとお会いになり、18回にわたる説教、講話をなさった。

=原爆の二つの被爆地、広島と長崎で平和を祈る

 日本訪問のハイライトとなったのは、広島、長崎両市への訪問。両市には、1945年8月6日と9日に米軍によって核爆弾と投下され、日本の降伏、第二次世界大戦の終結につながった。

 「戦争は人間のしわざです。戦争は人間の生命の破壊です。戦争は死です」-聖ヨハネ・パウロ二世は1981年2月25日、広島の平和記念碑を訪れた際、「広島平和アピール」を発表され、預言的な声を震わせられた。

 「この広島の町、この平和記念堂ほど強烈に、この真理を世界に訴えている場所はほかにありません」と語られ、広島と長崎は「人間は信じられないほどの破壊ができる」ということの証として、存在する悲運を担った、世界に類のない町」であり、この2つの町は、「戦争こそ、平和な世界をつくろうとする人間の努力を、いっさい無にする」と、将来の世代に向かって警告しつづける町として、永久にその名をとどめることでしょう」と訴えられた。

 そして翌日の26日、長崎を訪れ、浦上の丘で被爆した生存者たちとお会いになり、「皆さんが今日まで堪えてこられた苦悩は、この地球に住む全ての人の心の痛みとなっています。皆さんの生きざまそのものが、全ての善意の人に向けられた最も説得力のあるアピールー戦争反対、平和推進のため最も説得力のあるアピールなのです… 皆さんの上に神の祝福がありますように」と励まされた。

=”大先輩”聖フランシスコ・ザビエルによる宣教開始と殉教の地で祈る

 長崎では、市内西坂の日本二十六聖人殉教(1597年)の地に立つ記念碑と記念館を訪れられた。日本には、聖イグナチオ・ロヨラとともにイエズス会を創設した聖ブランシスコ・ザビエルがキリスト教を伝え、後を継いだイエズス会士たちが信仰の種を撒いた。ザビエルと仲間のイエズス会士は1549年に日本に上陸し、いくつものイエズス会の共同体を作った。ポルトガル人を主体とするイエズス会士たちが1570年代に至るまで、継続的に来日した。

 今から数十年前、若いイエズス会士だった教皇フランシスコは、この国で宣教師として活動することを夢見たが、十代にかかった結核の治療のため肺の一部を切除したことから健康に問題があるとされ、訪日の夢を果たすことができなかった。

 教皇フランシスコの今回の訪日日程はまだ詳細には決まっていないが、聖ヨハネ・パウロ二世の足跡をたどり、広島、長崎を訪問、そして日本の殉教者たちに敬意を表することになりそうだ。

 今回の教皇訪日のテーマは「すべてのいのちを守るため 〜 PROTECT ALL LIFE 〜」。2015年に発表された回勅『ラウダート・シ』の巻末にある「被造物とともにささげるキリスト者の祈り」から取られている。このテーマは、核兵器の恐ろしさを実際に体験した日本にとって、特別に意味のあるものだ。

 

*タイ*

 聖ヨハネ・パウロ二世は21回目の海外司牧訪問となった1984年にタイを訪問された。タイでは5回の説教、講話をされ、難民キャンプを訪問、司祭、修道者、一般信徒、政府関係者、外交団、そして司教たちとお会いになった。

=キリスト教伝来350周年を迎え、使徒職に励むように

 教皇フランシスコが訪問される今年は、1669年に当時シャムと呼ばれたこの国に、使徒座代理区が置かれ、布教が始められて350周年。現在ではタイのカトリック教会は11教区、信徒30万人にまで成長した。訪問のテーマは「キリストの弟子、宣教的弟子」だ。

 「皆さんが聖なる内に成長し、あなた方の愛する国で、連帯、友愛そして善なるものへの熱意、真実、そして正義を育むことで、キリストの王国を広めるために働き続けることを、私は祈っています」-教皇フランシスコは、タイ布教開始350周年を記念した今年5月18日に、同国の教会に送ったメッセージにこのようにお書きになった。

 訪問のテーマが示すように、教皇は、11月にタイを訪れる時、仏教徒が圧倒的に多いこの国で、総人口のわずか1パーセント強のカトリック信徒たちが、キリストの使徒職に励むよう激励することになるだろう。

(翻訳・編集「カトリック・あい」南條俊二)

2019年9月14日

・教皇フランシスコ、今年11月にタイと日本を訪問ーバチカンが発表(改)

 

教皇フランシスコ、2019年11月にタイと日本を訪問教皇フランシスコ、2019年11月にタイと日本を訪問 

 

2019年9月13日

・ 教皇、来年5月にグローバルな教育をテーマにしたイベント開催を発表

(2019.9.12 バチカン放送)

 教皇フランシスコは12日、来年5月にグローバルな教育をテーマにした国際的なイベントを開催することを明らかにされた。「グローバルな教育分野の協定の再構築」をテーマに、若い世代のための、若者と共にある取り組みを目的とし、全世界での教育に対する情熱を新たにすることを目指している

 教皇のメッセージによれば、この催しは来年5月14日にバチカンで行われる。また、メッセージの中で教皇は、回勅「ラウダート・シ」で私たちの「共通の家」を守るためにすべての人の協力を呼びかけたが、この催しの狙いを「地球の未来の構築と、すべての人の能力への投資の必要性について対話を促す動きを新たにする」ことと説明し、「あらゆる変化に対応するために、新しい普遍的連帯と、より受容的な社会を成熟させる教育的歩みが必要」と強調されている。

 教皇はこのイベント開催に際し、あらゆるレベル・立場、また研究の分野において、教育のために働く人々の参加を広く呼びかけられた。

(編集「カトリック・あい」)

 

2019年9月12日

・教皇、アフリカ東部の3カ国歴訪を終了

(2019.9.10 バチカン放送)

 教皇フランシスコは10日、一週間にわたるアフリカ東部、モザンビーク、マダガスカル、モーリシャスの3カ国歴訪3カ国歴訪を終え、ローマへの帰途に就かれた。

 教皇は登位後、第31回目の海外司牧訪問(イタリアを除く)として、モザンビークの首都マプト、マダガスカルの首都アンタナナリボ、モーリシャスの首都ポートルイスを訪問され、10日、マダガスカルのアンタナナリボ空港での送別式の後、特別機でローマに向けて発たれた。

2019年9月10日

・教皇、マダガスカルの指導者たちに「非人間的な貧困を生む、社会の不安定・差別是正」訴え

(2019.9.6 バチカン放送)

 アフリカ東部諸国を歴訪中の教皇フランシスコは、現地時間6日午後、第二の訪問国マダガスカルの首都アンタナナリボに到着された。

 アンタナナリボ空港で、教皇は、アンドリー・ラジョエリナ大統領と夫人の出迎えを受け、子どもたちの花束贈呈に続き、大統領と並び、歓迎式典に臨まれた。

 マダガスカルでの公式行事として、教皇は、7日に大統領官邸で大統領および各界代表との会見、市内の女子跣足カルメル修道会修道院で昼の祈り、カテドラルで司教団との集い、福者ヴィクトワール・ラソアマナリヴォの墓への巡礼、郊外の会場で若者たちとの祈りの前夜祭を行われる。8日日曜日には前夜祭の会場で教皇ミサ、アカモソアの「友情の町」訪問、神学院で教会関係者との出会いが予定されている。

 アンタナナリボに6日から10日まで滞在。9日は、モーリシャスの首都ポートルイスを日帰り訪問され、10日朝、ローマへの帰路につかれる。

 マダガスカルには、30年前の1989年6月、聖ヨハネ・パウロ2世が教皇として初めて訪問されており、教皇フランシスコは、同国を訪問した二人目の教皇となる。アフリカ大陸東部沿岸の近く、西インド洋に浮かぶマダガスカルへのキリスト教伝道は、16世紀にさかのぼる。現在、マダガスカルでは52%が伝統宗教、カトリック35%、イスラム教約7%、この他、プロテスタント、ヒンドゥー教などがある。

(2019.9.7 バチカン放送)

 マダガスカルを訪れた教皇フランシスコは7日、首都アンタナナリボの大統領官邸で、ラジョエリナ大統領と会談した後、各界の要人、駐在外交団と会見され、会見後、官邸内の庭にバオバブの苗を植樹された。

 教皇は会見で、「統合的発展」をテーマに挨拶され、独立後、安定と平和、民主主義の確立を担う人々に対し、「国の発展が単なる経済の成長に留まってはなりません。『真の発展』は、個人と全国民の発展を目指す、統合的なものであるべきです」と訴え、「あらゆる社会の腐敗や格差を生む取引と戦い、非人間的な貧困を生む、社会の不安定と差別を是正」する努力を求められた。

 また、「私たちの『共通の家』である地球を大切にすることなしに、統合的発展はありえません」と強調され、環境問題と社会問題の密接な関連を指摘された。

 

(編集「カトリック・あい」)

2019年9月7日