カトリック・アイのホームページへようこそ。
教皇メーッセージやバチカン通信等に関する情報をお知らせしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

FAQ

写真説明

・表紙写真は、富士五合目お中道から頂上を仰ぐ(撮影・2018.7.24 南條俊二)

・両サイドの写真は、富士に咲く石楠花―五合目お中道にて(撮影・2018.7 .24 南條俊二)

  ・・写真募集しています!

 

読者のページを新設

*メルマガ創刊!

 皆さまのご要望にお応えして、「カトリック・あい」の更新案内のメルマガを創刊しました。メルマガの配信をご希望の方に更新案内のメールを送ります。配信をご希望の方は、「informaiton-desk@catholic-i.net」 へ「メルマガ希望」との表題で空メールを送って下さい。配信登録後にメールアドレス:「catholic-i-news-mail@googlegroups.comからメルマガをお送りします。

*「読者のページ」を新設! 

 閲覧者の皆さんの、記事に対する感想、意見、コメントを掲載する欄です。送信は[andrewnanjo@gmail.com]へ。お待ちしています!

 

祈りの意向

7月の教皇の祈りの意向

*福音宣教の意向: 教会で奉仕する司祭

  教会での奉仕に疲れを感じ、孤独に陥っている司祭が、主イエス、そして友情で結ばれた他の司祭たちとの親しい交わりの中で、安らぎを得ることができますように。

     教皇フランシスコは3日、7月の祈りについて、次のビデオメッセージをおくられた。カトリック教会は、毎月「教皇の祈りの意向」を示し、全教会が日々の祈りの中でそれに沿って祈るようにと招いている。(バチカン放送)⇒https://youtu.be/LsVEdR9TfnYでご覧になれます。

「司祭たちの疲労感。私はこれについて何度も考えずにはいられません。司祭たちは、それぞれの愛徳と欠点をもって、様々な場でその司祭職を果たしています。司祭らは、これほど多くの対処すべきことを前に、一つの失望を味わったからといって、留まっているわけにはいきません。このような時、人々が自分たちの司牧者を愛し、必要とし、信頼しているということを思い出すのはよいことです。一緒に祈りましょう。司牧活動の中で疲れや孤独を感じている司祭たちが、主と、他の司祭たちとの友情に助けられ、慰めを得ることができますように」 

*日本の教会の意向: 難民・外国人労働者

  移住を余儀なくされた人々や祖国を離れて働く人々が、生きる権利を保障され、日本社会に受け入れられて幸せにくらすことができますように。

2018年7月1日

教皇のことば

バチカンの動き

世界の動き

日本・アジアの動き

コラム

特集

講演