4月22日 更新。

以下の主要記事の見出しの⇒の右をクリックしていただくと、本文をお読みになれます。

*使徒的勧告「GAUDETE ET EXSULTATE(喜びなさい、大いに喜びなさい)-現代世界における聖性への呼びかけ」全文(第一章試訳掲載・二章以降試訳部分掲載中)⇒特集・全文

・使徒的勧告「GAUDETE ET EXSULTATE」発表・概要⇒発表・概要

・(解説)教皇は「今の時が求める『新たな聖性』」を全信徒に求めている(Tablet)⇒特集・解説

・(解説)「聖性は、過ちと失敗の中で必死に前に進む人の中にある」(La Civilita Cattolica)⇒特集-勧告の解説

☩「教会に必要なのは”預言者”。”批評家”ではない」⇒教皇のことば

*新*習志野教会50周年⇒菊地大司教の日記

*「皆で墓の『石』を取り除こう」ロヒンギア迫害続くミャンマー枢機卿、和平訴え⇒ミャンマー

・・・・・・・・・

⇒「若者」シノドス特設サイトは http://youth.synod2018.va に。

・・・・・・・・・・・・

*カトリック教会で女性の役割に変化の動きー女性たちが声を上げ始めた⇒カトリック女性の声

・・・・・・・・・・

*中国政府が"宗教白書”-党中央統一戦線工作部が所管-規制強化へ⇒中国・宗教白書

*ネット通販から聖書が消えた-宗教統制強める中国⇒中国宗教統制

*「中国の教会を自殺に追いやる行為」-陳枢機卿改めてバチカン批判⇒陳枢機卿

・・・・・・・・・

*「コラム」・・「菊地大司教の日記」「森司教のことば」「三輪先生の国際関係論」「駒野大使のペルシャ大詩人の詩」「Dr南杏子のサイレント・ブレス日記」「Sr阿部のバンコク通信」「Sr石野のバチカン放送今昔」「Sr岡のマリアの風」⇒コラム4月号に更新中!

 ・・・・・・・・・・・・・・

*メルマガ創刊!

 皆さまのご要望にお応えして、「カトリック・あい」の更新案内のメルマガを創刊しました。メルマガの配信をご希望の方に更新案内のメールを送ります。配信をご希望の方は、「informaiton-desk@catholic-i.net」 へ「メルマガ希望」との表題で空メールを送って下さい。配信登録後にメールアドレス:「catholic-i-news-mail@googlegroups.comからメルマガをお送りします。

 

 

 

2017年10月26日

【教会の動きと課題などの表題・掲載箇所】

*教皇の長期連続講話「ミサを味わう」4.4更新(「教皇のことば」で◎印の記事です。最新のものは右の⇒をクリックしてください)

①「ミサで高く上げるのは私たちの心、ケータイではない」②「ミサは祈り、神との出会い、沈黙の時も必要」③「ミサのため聖堂に入るとき、『ゴルゴダの丘』を思い起こそう」④「日曜日にミサに出よう、主が今日を生きる力を与えてくれる」⑤「ミサはすべての参加者による”シンフォニー”」⑥「弱さを認め、心を開き、慈しみを求める『回心を求める祈り』」⑦「集会祈願の前の『沈黙』は、聖霊の声に耳を傾けること」⑧「言葉の典礼」神の言葉を聞くだけでなく、実行して」⑨「主は福音朗読を通して話される」「説教はよく準備して、短く」⑩説教後の沈黙、「信仰宣言」「共同祈願」の深い意味⑪「感謝の典礼」私たちのわずかな捧げものをキリストは求められる⑫「感謝の祈り」と聖変化の深い意味教皇の⑬交わりの儀ー「主の祈り」と「平和の賛歌」の意味は⑭聖体を受け、すべての人がイエスのもとに一つとなる」⑮最終回・ミサ閉祭と同時に、キリスト者として「証し」する務めが始まる(2018.4.4)⇒教皇のことばミサ

 ・・・・・・・・・・・・・

*「典礼文の各国語訳で現地司教へ大幅に権限」教皇が自発教令⇒「バチカンの動き」

・新・自発教令の日本語公式訳完成⇒日本語公式訳

・再掲・「典礼文の翻訳権限はバチカンから司教たちに」と教皇、典礼秘跡省長官へ異例の書簡で確認(CRUX)⇒教皇の説明

・教皇の自発教令と典礼式文の翻訳の問題点⇒「森司教のことば」

・「『主の祈り』の表現を見直す必要」と教皇が言明⇒「バチカンの動き」

  ・・・・・・・・・・・・・・

*使徒的勧告「Amoris Laetitia愛の喜び」で「家庭」を考え、実践するための勧告全訳(一部抄訳)と分かち合いのヒント⇒「特集」

・ 「『Amoris Laetitia』批判は間違い」教皇、イエズス会士との会合で⇒「特集」

・・・・・・・・・・・・

 *使徒憲章「真理の喜び」発表-カトリック大学改革が急務⇒「バチカンの動き」

*教理省:「キリスト教的救いの観点を明確に」全世界の司教あて書簡を発表⇒教理省書簡

2017年10月25日