◎連続講話「十戒」③「自分から出発する人は、自分自身にしかたどり着けない」

教皇フランシスコ、6月27日、バチカンでの一般謁見

(2018.6.27 バチカン放送)

 教皇フランシスコは27日の水曜恒例の一般謁見で、前週に続いて「十戒」をテーマにしたカテケーシス(教会の教えの解説)をなさった。

 この中でまず、十戒冒頭の「私は主、あなたの神、あなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出した神である」(出エジプト記20章2節)を取り上げ、神がまずご自身について宣言し、その救いの業を明らかにしてから、「十戒」の具体的な内容を示していることに注目され、「これは、神が最初に救いの業を行うことで、民の信頼を求められるため。『十戒』は神がその寛大さを示すことから始まります」と説明された。

 そして「私は主、あなたの神」という宣言について、「神はよそよそしい他人のような存在ではなく、まさに『あなたの神』であり、その愛は『十戒』全体を照らすもの」と語られ、イエスの「父が私を愛されたように、私もあなたがたを愛してきた」(ヨハネ福音書15章9節)という言葉にあるように、「キリストは御父から愛され、その同じ愛をもって、私たちを愛される。キリストはご自分からではなく、御父から出発されているのです」と述べられた。

 また「私たちの行いがしばしば失敗するのは、その行いが自分自身から出て、感謝から出ていないから」と指摘され、「自分から出発する人は、自分自身にしかたどり着けません」と話された。

 さらに、キリスト教的生活は、何よりも、「寛大な御父に対する感謝の答えであり、『あれをしなくては』『これをしなくては』と、義務だけにとらわれているキリスト者は、その義務の基礎にある『神なる御父の愛の体験』が欠けていることを表しています」と注意された。

 「関係の始めから、ただ掟だけを押し付けることは、信仰の歩みの助けにはならない。救いではなく、義務や課題から出発するならば、どうして若い人はキリスト教徒になることを望むでしょう」と問われ、「キリスト者として成長するには、意志の力だけでは足りない。救いを受け入れ、神に愛される体験が必要」と強調された。

 さらに、「神に従うには、神が私たちのためにしてくださったことを思い出すことが大切」とし、「自分に対する神の素晴らしい業と救いについて、各自が思いを巡らせるように」と勧められた。

 また、「義務感だけに縛られ、神の解放の真の体験を知らない人々」に対し、「イスラエルの人々のうめきと叫びを聞いた神が、人々を顧み、御心に留められた(出エジプト記2章23-25節参照)ように、「自分から、』神に救いを求める叫びを上げるように」と説かれ、「神は私たちの鎖を断ち切るために、助けを求める叫びを待っておられます。神は、私たちが虐げられることなく、自由と感謝のうちに生きるようにと、私たちを召されたのです」と、神がわたしたちに与える限りない恵みを示された。

 

2018年6月28日 | カテゴリー :

◎連続講話「十戒」②「世が求めるのは『戒律主義者』ではない、『子の心を持ったキリスト者』だ」

教皇フランシスコ、6月20日、バチカンでの一般謁見

(2018.6.20 バチカン放送)教皇フランシスコが20日、バチカンで水曜恒例の一般謁見を行われ、謁見中、先週から始められた「十戒」をテーマとするカテケーシス(教会の教えの解説)で、掟を与える神と、掟を受け取る人間との関係を考察された。

 まず、「聖書では、掟は独立した存在ではなく、一つの関わりにおいて存在するもの。その関わりとは、神と神の民との契約の関係です」とされたうえで、出エジプト記の「神はすべての言葉を告げられた」(20章1節)という箇所を取り上げ、「ここでなぜ『すべての掟』ではなく、『すべての言葉』と記されているのでしょうか」と問いかけられた。

 そして「ユダヤ教の伝統では、『十戒』は『十の言葉』と呼ばれています」として、「掟・命令」と「言葉」との違いを問い、「前者が『対話を必要としない』のに対し、後者は『対話的な関係に不可欠なもの』なのです」と述べられた。

 また、「言葉」の重要性を示す上で、父なる神は「言葉を通して創造の業」を行われたこと、御子イエスは「人となられた御言葉」であること、などを挙げられた。

 さらに、「創世記」で、男と女が誘惑にそそのかされて、「神から食べてはいけない」と言われた木の果実を食べてしまったエピソードを思い起こされ、「『それを食べるな』と神が言われたのは、神が人間に与えた最初の規則だった、と言えます」と指摘「神のように善悪を知るものになる」という木の実を食べることを神が禁じたのは、「独裁者の押しつけではなく、人間を自己破壊から守るための、父親が小さな子に接するような、神の配慮でした。それにもかかわらず、蛇にだまされた男女は、神の愛の言葉を、『神の嫉妬と独占欲による命令』 と解釈し、その実を食べることになってしまったのです」と説明された。

 そして、「神は、『私に何かを押し付けようとされている』のか、それとも『私を大切に心にかけてくださっているのか』-人はこの分かれ道に立たされています」とされ、それは「戒律は『単なる掟』なのか『私をいたわる言葉』なのか。神は『主人』なのか『父』なのか-という問いでもあるのです」と話された。

 最後に、「聖霊は子たちの霊であり、イエスの霊です。奴隷たちの霊であるなら、掟を抑圧としてしか受け取らざるを得ないでしょう。それがもたらす結果は、義務と権利だけで出来た生活、あるいは激しい拒絶反応となります」と説かれ、「キリスト教のすべては、『文字で書かれた掟』から、『命を与える霊』への移行(参照:コリントの信徒への手紙Ⅱ・3章6-17節)です。イエスは父の御言葉であり、父の裁きではありません。十戒は私たちを解放する御父の言葉、解放に向けての歩みです。世が求めているのは、戒律主義者ではありません。子の心を持ったキリスト者たちなのです」と訴えられた。

(「カトリック・あい」編集)

2018年6月21日 | カテゴリー :

◎教皇連続講話「十戒」①「私たち、特に若者の人生における最大の危険は『平凡』と『小心』」

(2018.6.13 バチカン放送)

 教皇フランシスコは13日、バチカンでの水曜恒例の一般謁見を行われた。謁見中のカテケーシス(教会の教えの解説)で、先週までの「堅信の秘跡」に続いて、新たに「十戒」をテーマにした考察を始められた。

 まず、教皇はマルコ福音書の「金持ちの男」のエピソード(10章17-21節)を取り上げられた。―ある金持ちの青年がイエスに走り寄り、ひざまずき、「永遠の命を受け継ぐには、何をすればよいでしょうか」と尋ねる。イエスが「殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証するな、奪い取るな、父母を敬え」という掟を示されると、彼は「そういうことは子供の時から守ってきました」と答えた。イエスは「あなたに欠けているものが一つある」と言われ、「行って、持っているものを売り払い、貧しい人に施す」ように勧められると、多くの財産をもつこの男は悲しみながら去っていった―。

 教皇は、この青年が発した「永遠の命を受け継ぐには、何をすればよいのか」という問いは「満ち満ちた永遠の命を望む全ての人にとっての挑戦」とされたうえで、「どれほど多くの若者たちが『真に生きる』ことを求めながらも、はかないことにとらわれ、道を誤ってしまうことでしょう」と問いかけ、「私たち、特に若者たちにとって、人生における最大の危険は、(様々な課題に)適応しようとする心の乏しさにあります-『柔和』と『謙遜』ではなく、『mediocrity(平凡)』と『 pusillanimity(小心)』にあるのです」と強調された。

 そして、福者ピエール・ジョルジョ・フラッサーティの「適当に生きるのではなく、生きなくてはならない」という言葉を思い起こしつつ、「今日の若者たちには、健全な意味での『安定を求めない心』『真の人生に飢えた心』が必要」と述べられた。

 また、イエスは出会ったこの若者に「あなたは掟を知っているはずだ」として、十戒の一部を示されたが、そうした基本的な掟を示しながら、「この若者に欠けているものに、たどり着こうとされました」と指摘され、「実際、『持っているものを売り払い、貧しい人に施し、自分に従うように』とのイエスの言葉は、『貧しさへの招き』ではなく、むしろ『真の豊かさへの招き』だったのです」と説明された。

 さらに、「ある人が『本物とコピー品のどちらかを選びなさい』と言われたら、偽物の方を選ぶでしょうか」と問われ、「イエスは代用品を決してお与えにはなりません。お与えになるのは、真のいのち、真の愛です」と話された。そして、イエスは、ご自分が来たのは「律法や預言者を廃止するためでなく、完成するためである」(マタイ福音書5章17節)と言っておられるように、「私たちもまた『自分に欠けているもの』から出発し、『普通の人生を特別なもの』とするために、揺さぶりをかけなくてはなりません」と強調された。

 最後に教皇は、このカテケーシスを通して、「私たちはイエスと手を取り合いながら、モーセの石版をキリスト者として受け取り、古く叡智に満ちた一つ一つの掟を再発見したい」と話された。

(バチカン公式発表文をもとに「カトリック・あい」が編集)

2018年6月14日 | カテゴリー :