「私たちに必要なのは、毎日、回心すること」四旬節第一の主日に

(2018.2.18 「カトリック・あい」)教皇フランシスコは18日正午のお告げの祈りの中で、以下のように説教された。バチカン発表の公式文の英語版から全文を翻訳。

 

 兄弟姉妹の皆さん。おはようございます!

 今日、四旬節第一の主日の福音は「誘惑」「回心」そして「よき知らせ」の三つの主題を想起させます。福音史家のマルコは次のように書いています。「”霊”はイエスを荒れ野に送り出した。イエスは四十日間そこにとどまり、サタンから誘惑を受けられた」(マルコ福音書1章12~13節)。イエスはこの世での福音宣教を準備するために荒れ野に向かいます。彼は回心する必要がありませんが、人として、ご自身にとっては、父の意志に従うために、そして私たちにとっては、誘惑に打ち勝つ恩寵を私たちに与えてくださるために、その試練を通らなければならないのです。

 その準備は、悪霊と戦うこと、つまり悪魔と戦うことにあります。私たちにとっても、四旬節は霊的な”闘争”の時―私たちは、悪と対面し、神の助けを得て、祈ることを通して、日々の暮らしの中で勝つように呼ばれています。私たちは知っています。残念ながら、悪は、私たちの存在の中で、私たちの周りで、他人への暴力、拒絶、締め出し、戦争、不正義の形で働いています。これらすべてが悪なる者、悪の業です。

 荒れ野での誘惑を受けられた後、間もなく、イエスは福音-よき知らせ―を説き始められます。最初の言葉は「誘惑」、そして二つ目の言葉がこの「よき知らせ」です。そして、この「よき知らせ」は、人に三つ目の言葉「回心」、そして「信仰」を求めます。イエスは宣言されます。「時は満ち、神の国は近づいた」と。そして、強く勧めます。「悔い改めて、福音を信じなさい」(マルコ福音書1章15節)-神の国が近い、という、この「よき知らせ」を信じなさい、と。

 人生の中で、私たちはいつも「回心」を必要としています、毎日です!。そして、そのために、教会は私たちを祈らせます。実際のところ、私たちが、神のご意志に十分に従っている、ということは絶対にありません。ですから、頭と心をいつも神に向けねばならないのです。そうするために、私たちは、自分を惑わす全てのこと、巧妙なやり方で利己的な行動に誘うことで私たちを誤らせるような間違った価値観を、拒絶する勇気を持つ必要があります。私たちは主を、私たち一人一人へのやさしさと愛の計画を信じなければなりません。

 四旬節が、悔い改めの時であることは、その通りですが、悲しみの時ではありません!悔い改めの時ですが、喪に服する悲しみの時ではありません。私たちの利己心、古い人を追い出し、洗礼の恩寵によって自らを刷新するための、喜びに満ちた、しかも真剣な献身の時なのです。

 神だけが、私たちに、本当の幸せを与えることができるのです―物質的な豊かさ、楽しみ、権力、経歴・・のために時間を浪費するのは無駄なことです。神の国は、私たちのすべての望みを実現するもの。なぜなら、それは人の救いと神の栄光を同時に実現するものだからです。四旬節の第一の主日にあたって、私たちは回心し、この福音を信じるために、イエスの呼びかけをよく聴いて、自分のものとするように招かれています。神の恩寵をもっと多くいただくため、私たちは復活祭に向けた旅を献身をもって始めるように強く勧められています。神は、この世界を正義、平和、そして兄弟愛の国に変容させることを望んでおられます。

 私たちがこの四旬節を、イエスが荒れ野でなさったように、神のみ言葉への忠実さと絶えることのない祈りをもって過ごすことができるよう、聖母マリアが私たちを助けてくださいますように。それは不可能なことではありません!それは、神から来る、私たちの人生と世界全体を変容させようとする愛を受け入れようとする強い希望をもって、日々の生活をすることなのです。

(翻訳「カトリック・あい」南條俊二)

 


 

2018年2月19日

「歳とともに変わる課題・リスクにしっかり対応して」ローマ教区の司祭たちに

教皇フランシスコとローマ教区の司祭たちとの出会い、ラテランの聖ヨハネ大聖堂 – AP

(2018.2.16 バチカン放送)四旬節の開始を告げる「灰の水曜日」の翌日15日、教皇フランシスコは、ローマ教区の司教座である、ラテラノの聖ヨハネ大聖堂を訪問、ローマ教区の司教として、小教区の主任司祭や、教会系施設で司牧を担う司祭たちと黙想をされた。

 教皇はこの中で、「司祭職と年齢」をテーマに講話をされ、司祭に訪れる様々な人生の時期、それぞれの年齢が持つ力とリスクについて、ご自分や他の司祭たちの経験を交えながら話された。

 まず、若い司祭たちに対し「皆さん一人ひとりの司祭職は唯一無二のもの。身分証や指紋のように、その人特有の性格を持っています」と語り、「司祭職を生きる中で、自分自身のスタイルを作り上げていく」ように励まされ、同時に「それぞれの限界を認識し、その限界と対話することが大切」とし、「一人だけで生きようとせず、賢明な指導者を見つけることが必要です」と助言された。

 また、40代から50代の司祭たちに対して、「あなた方は『剪定と試練』の時期に入っています」と指摘。「イエスとの関係で、若い時の情熱や感動がなくなるかのように思われる」この時、司祭たちには一層、「指導者たちの助けと、多くの祈りが必要になってきます」と話され、さらに「自分の霊的な子たちが成長する一方で、自分自身の内的豊かさが減るのを感じ、また多くの誘惑に晒される時でもある」が、「それに負けることなく、同時に様々な物事に別れを告げることを学び始めることが大事になってきます」と説かれた。

 さらに、50歳以上の司祭たちに対しては、「その賢明さや、柔和さ、助けを惜しまない態度を、役立てる」にように呼ばれている年齢になっている、と強調。信者たちが経験豊かな思いやりある聴罪司祭たちに気後れせず告解できるように、「高齢の司祭たちにできることはたくさんあります」と励まし、特に、「苦しむ信者に寄り添い、憐れみを示し、その話を聞く「『耳による司牧』に、その経験を生かすように勧められた。

 最後に、年上の司祭たちが若い司祭と対話する中で、「若い世代が信仰のルーツを発見することを助けてあげて欲しい」と希望された。

 

(バチカン放送日本語版をもとに「カトリック・あい」が編集しました)

 

2018年2月17日

「立ち止まり、見つめ、戻ってください」灰の水曜日に

(2018.2.14 バチカン広報)

 教皇フランシスコは14日の灰の水曜日のミサで、次のように説教をされた。以下全文(イタリア語原文からSr.岡立子が翻訳)

 

 「四旬節は、わたしたちの、キリスト者の生活の不協和音を直し、つねに新しく、喜びに満ち、希望に満ちた、主の過越(復活)の知らせを受け入れるのに、適した時期です。教会は、母としての知恵で、わたしたちに勧めています。わたしたちの、信じる心を冷やし、さび付かせる可能性のあるすべてのものに、特別な注意を払うように。

 わたしたちがさらされている誘惑は、多様です。わたしたち一人ひとりは、立ち向かわなければならない困難を知っています。日々の移り変わりを前にして、苦しみと不確実性につけこみながら、不信以外の何ものをも蒔くことを知らない声が上がるのを認めるのは悲しいことです。

 もし、信仰の実りが愛であるなら-カルカッタのマザーテレサが好んで繰り返していたように-、不信の実りは、無気力とあきらめです。不信、無気力、あきらめ:信じる民の心を焼灼(しょうしゃく)し、麻痺する悪魔たち。四旬節は、これらの、また他の誘惑の仮面をはぎ、わたしたちの心が、再び、イエスの心の鼓動に沿って打ち始めるのに適した時期です。

 この典礼すべては、そのような感情に集中しています。その感情は、三つの言葉の中に反響すると言えるでしょう。それらは、「わたしたちの信じる心を再び温める」ために差し出されます:立ち止まってください、見つめてください、戻ってください。

***

 ちょっと立ち止まってください。このイライラ(動揺)、意味もなく駆け回ることを放棄してください。それは、心を、決してどこにも到達しないと感じる苦々しさで満たします。

 立ち止まってください。この、加速するやり方で生きる義務を放棄してください。それは、分散させ、分裂させ、最後には、家庭の時間、友情の時間、子どもたちの時間、おじいさん、おばあさんたちの時間、無償の時間…神の時間を壊します。

 ちょっと立ち止まってください。人目を引き、全ての人々から見られる必要を前に。絶え間なく「ショーウインドウの中に」立っている必要の前に。それは、内奥性、精神集中の価値を忘れさせます。

  ちょっと立ち止まってください。尊大なまなざしの前に、一時的で、さげすんだコメントの前に。それは、人々との出会い、特に、傷つきやすい人々、傷ついた人々、また罪や過ちにひたった人々との出会いへの、やさしさ、ピエタ(あわれに感じる気持ち)、尊敬を忘れたことから生まれます。

 ちょっと立ち止まってください。すべてを管理したい、すべてを知りたい、すべてを損ないたいという衝動の前に。それは、いのちの賜物、また受け取った多くの善への感謝を忘れたことから生まれます。

 ちょっと立ち止まってください。わたしたちの耳を萎縮させ、仰天させ、わたしたちに、沈黙の、創造的で実りをもたらす力を忘れさせる、耳をつんざくような騒音を前に。

 ちょっと立ち止まってください。不毛で、実りを結ばない感情を挑発する態度の前に。それは、閉鎖性、自己憐憫から生まれ、重荷や苦しみを共有するために、他者に出会いに行くことを忘れさせます。

 立ち止まってください。瞬間的、あっと言う間の、はかないものの空虚さの前に。それは、わたしたちから、ルーツ(根)、絆、歩みの価値、つねに歩みの中にあるという自覚を奪います。

 立ち止まってください。見つめるため、熟考するために、立ち止まってください!

***

 見つめてください。愛を消すのを阻止する徴、信仰と希望の炎を燃やし続ける徴を。わたしたちのただ中で働いている、神のやさしさと善の、たくさんの生き生きとした顔(表情)を。

 見つめてください。わたしたちの家族の顔を。来る日も来る日も、前に進むために、大きな努力をもって賭け続けている顔。たくさんの欠乏や困窮の中でも、家庭を愛の学び舎にするための試みをおろそかにしない顔。

 見つめてください。わたしたちに問いかける顔を。未来と希望に満ち、献身と保護を求める可能性に満ちた、わたしたちの子どもたち、若者たちの顔。愛と命の、生き生きとした若芽。それは、つねに、わたしたちの、けちで利己的な計算のただ中をかき分けて進みます。

 見つめてください。時を経て、しわが刻まれた、わたしたちの年配者たちの顔を。わたしたちの民の記憶を運ぶ顔。働き続ける神の知恵の顔。

 見つめてください。わたしたちの病人たち、また彼らの重荷を担っている(世話をしている)人々の顔を。彼らの傷つきやすさの中で、彼らの奉仕の中で、わたしたちに、一人ひとりの人間の価値は、決して計算や利益の問題に縮小されないことを思い起こす顔。

 見つめてください。自分の誤りや間違いの償いをしようとしている、多くの人々の痛悔に満ちた顔。また、自分たちの惨めさ、苦しみから出発して、状況を変えて、前に進むために戦っている人々の顔。

 「十字架に架けられた愛」の顔(表情)を見つめ、観想してください。それは、今日もまた十字架から、希望をもたらすものであり続けます。自分たちの人生の中で、失敗、失望、落胆の重みを経験して、十字架に架けられていると感じている人々に、差し伸ばされた手であり続けます。

 十字架に架けられたキリストの、具体的な顔を見つめ、観想してください。除外なく、すべての人々への愛のために十字架にかけられたキリストの。すべての人々への愛?そうです、すべての人々。

 キリストの顔を見つめることは、この四旬節の希望に満ちた招きです。不信、無気力、あきらめの悪魔に打ち勝つために。わたしたちに大声で言うよう招いている顔:神の国は可能です!、と。

***

 立ち止まってください、見つめてください、そして戻ってください。

 あなたの「父」の家に戻ってください。恐れないで戻ってください。あなたを待っている、いつくしみにあふれた、あなたの「父」の、熱望する、伸ばされた腕に(エフェソの信徒への手紙2章4節参照)!

 恐れないで戻ってください!今は、家に戻るための、「わたしの父、あなた方の父」(ヨハネ福音書20章17節参照)の家に戻るための、ふさわしい時です。今は、心に触れられるにまかせるための時です…。悪の道に留まるのは、ただ、幻滅と悲しみの源です。真の生活(人生)は、何かひじょうに異なるものです。そして、わたしたちの心はそれをよく知っています。神は、手を伸ばすことに疲れません。ずっと疲れません(大勅書『いつくしみのみ顔』19項参照)。

 恐れないで戻ってください。神の、癒しをもたらす、和解をもたらすやさしさを経験するために!主が、罪の傷を癒し、わたしたちの父祖たちにした預言を成就してくださるにまかせましょう:「お前たちに新しい心を与え、新しい霊をお前たちの内に置く」(エゼキエル書36章26節)。

***

 立ち止まり、見つめ、戻ってください!

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年2月15日