☩「洗礼志願者の名を尋ねるのは、神が私たちを名で呼び、愛されるから」

教皇フランシスコ、4月18日、バチカンでの一般謁見 – REUTERS

(2018.4.18 バチカン放送)

 教皇フランシスコは18日、バチカンで水曜恒例の一般謁見を行われ、謁見中、「洗礼の秘跡」をテーマとしたカテケーシス(教会の教えの解説)を続けられた。

 まず、「洗礼」の持つ意味は「洗礼式」の中ではっきりと表わされる、と強調。「洗礼の儀式における動作や言葉の中に、私たちはこの秘跡の恵みと洗礼を受けた者の義務を見出すことができます」とし、「キリスト教生活の源泉に立ち返ることは、私たちが洗礼の日に受けた恵みを理解させ、今日、自分が置かれた場所でキリスト者の務めを新たにするのを促します」と述べられた。

 儀式の始まりに、洗礼志願者を迎え入れ、名前が尋ねられるが、教皇はこれについて「名前はその人のアイデンティティーを表わします。神は私たち一人ひとりを名前で呼ばれ、一人ひとりをその人特有の人生において愛されるから、です」と説明された。

 また、洗礼は「それぞれにキリスト者として生きるための一生続く召命を与え、それは受洗者に借り物ではない、自分の答えをもってそれに答えるように招くもの」とされ、「キリスト者の人生は、いくつもの呼びかけと答えで織り成され、神は、私たちが御子イエスと一致するようにあらゆる方法で招きながら、私たちの名をその人生の過程で呼び続けられるのです」と話された。

 そして、キリスト者になる恵みは「天から与えられる恵みであり、信仰を買うことはできませんが、それを求め、恵みとして受け取ることはできます」と述べ、洗礼とは「聖霊の恵みに照らされ、キリストの福音に答えた人々の信仰の秘跡」と説かれた。成人の洗礼志願者が、教会を通してその恵みを受ける意志を自ら表明するのに対し、幼児洗礼の場合は、両親と代父母が代わりとなってそれを行い、問答において、子どもに洗礼を受けさせる意志と、教会側の洗礼式を行う意志が表わされる。

 十字架のしるしについては「私たちのキリストへの所属と、キリストが十字架を通して獲得した贖いの恵みを表わす、キリストの封印」と説明。「十字架は、私たちが何者であるのかを示す目印であり、私たちの話すこと、見ること、行なうことは、すべて十字架のしるしのもと、イエスの究極の愛のしるしのもとにある」と語られた。

 さらに、この十字架のしるしは、幼児の場合は額に、成人の洗礼志願者の場合は、「十字架のしるしを耳に受けなさい、主の声を聞くために」などの言葉とともに、耳や、神の御顔の輝きを見るための目、神の言葉に答えるための口、キリストが心に住まわれるための胸、キリストの「負いやすいくびき」を支える肩にもしるされる、と指摘された。

 キリスト者は、十字架が私たちにしるす「復活」の刻印にしたがって、自らを形成し、それはその人の生き方にも外的に表される。私たちは、起床・就寝時、食事前に、また危険を前にした時や、悪から身を守りたい時に、十字架のしるしをするが、それは自分自身と、他の人に、自分が誰に属する者であるか、誰になりたいかを言っている、と話された。また、教会に入る時、出る時に、聖水盤に指を浸して、その聖水と共に十字架のしるしをするのは、私たちの洗礼を思い起こすためである、と教えられた。

 

2018年4月19日

☩「教会に必要なのは”預言者”。”批評家”ではない」(CRUX)

 

Church needs prophets, not critics, pope says at morning Mass

In this file photo, Pope Francis celebrates morning Mass in the chapel of his residence at the Domus Sanctae Marthae at the Vatican. (Credit: CNS photo/L’Osservatore Romano.)

 ローマ発―教皇フランシスコは17日朝の宿舎「サンタ・マルタの家」でのミサの説教で、「教会は真の預言者を必要としています―恐れることなく真実を語るだけでなく、民の苦しみに共感する人です」と参加した司祭たちに努力を求めた。

 預言者は、常に「自らの民のために声を上げることができるだけでなく、真実を語る危険を冒すことのできる人」でなければなりません、としたうえで、教会は「私たち(司祭、聖職者)に預言者であることを求めています。批評家ではない、それは別物―ひとことで言えば、とてもひどい、批判家の裁判官―です」「そのような人は預言者ではありません」と強調しされた。

 教皇は説教で、この日のミサで第一朗読として読まれた使徒言行録の聖ステファノの殉教を思い起こされた。このカトリック教会の初の殉教者は、「いつも聖霊に逆らって」いた「頑固で高慢な人々」(7章51節以降参照)―長老と律法学者たち―を非難した、として石殺しにされた。教皇は、真実はいつも「心地のいいものではなく」、預言者が真実を語る時、人々は心を開くことができるか、それができなければ、「さらに石のように固くなり、怒りを露わにし、迫害することになります」と語られた。

 そして、イエスも、時として、厳しい言葉で人々を叱責し、「強情で不貞な世代の者たち」とさえ批判したが、また、エルサレムのために涙を流された時になさったように、彼らのために叫び声をあげておらる、と指摘。「これは試練です。真の預言者は自分の民のために叫び、(真実を)語るべき時に力強く語ることができるのです。優柔不断でなない、常に―単刀直入―です」とし、聖ステファノと多くの殉教者たちのように「真の預言者は、なすべき事をしようとすれば、自らを危険にさらす」ことになるが、それが他の人々が希望を見出すことにつながる、とのべた。

 説教の最後に教皇は「預言者のこのような献身が、教会に絶対、欠かすことのできないものでありますように。それによって、私たちが常に、前に進むことができますように」と祈られた。

 

 

2018年4月18日

☩「洗礼を受けていなくても・天国に行くかは神がお決めになる」ローマ・十字架の聖パウロ教会

ローマのコルヴィアーレ地区、十字架の聖パウロ教会を訪問する教皇フランシスコ – AP

 (2018.4.15 バチカン放送)教皇フランシスコが15日、ローマ市内の十字架の聖パウロ教会を訪問された。

 教皇はまず、教会の外で、カテキズムを勉強中の子どもたちとお会いになり、子供たちの「福音書のどの一節が好きですか」との質問に「マタイ福音書の、イエスが収税人マタイを弟子にする場面です」と答えられた。

 また「洗礼を受けていない人も神の子ですか」という問いには、「神は皆を創造し、皆を愛され、それぞれの心に善悪を見分ける心を与えられましたが、洗礼を受ける時、その心に聖霊が入られ、より強く神と結ばれた者にします」と説明された。

 教皇はさらに、父親を昨年亡くしたばかりで「信者ではなかった父が今、天国にいるでしょうか」と心配して泣き崩れた少年に寄り添い、「お父さんは信仰の恵みはなくても、子ども全員に洗礼を受けさせ、あなたのような勇気を持った子どもを育て、良い心を持った人でした。誰が天国に行くのかをお決めになるのは神様です」と力づけられた。

 続いて、教会の集会室でお年寄りや、病者、生活に苦しむ人々とお会いになり、地域の教会がこれらの人々と常に共にあり、霊的・物的支援を配慮していることを喜ばれ、「人間は誰もが苦しみや傷を負っていますが、決して希望を失ってはいけません。イエスはご自分の傷口をもって、皆を贖われたからです」と話された。そして、イエスの愛を思いながら前進するようにと人々を励まし、「私たちもまた他人に良いことを行い、互いに祈り合いましょう」と勧められた。

 最後に教会でミサを捧げられ、復活したイエスに心を開き、「キリストは生きておられる。復活なさったのだ」という喜びを知る信仰の恵みを、神に祈り求めるよう呼びかけられた。

 十字架の聖パウロ教会は、ローマ市の西郊外、コルヴィアーレ地区にある。小教区として1977年に設立され、教会は1983年に献堂された。教会の前には、1970年代後半から80年代前半に建設された大規模な公団マンション「ヌオーヴォ・コルヴィアーレ」がそびえている。約1kmに渡って伸びる特徴的な長い建造物は、その姿から「セルペントーネ(長い蛇)」とも呼ばれ、9階建てで、1200戸、6千人以上が生活しているが、老朽化が進み、生活の不便、治安上の不安、若者の流出、住民の高齢化などの問題を抱えている。

({カトリック・あい」が編集しました)

2018年4月17日