・Sr 阿部のバンコク通信㉑ドリアン…天国の味!

   亜熱帯地方の果物、見たことのない珍しい色、形、味。タイに来て以来、創造主の傑作を味わい感嘆しています。

   人生初めて出会い味わった果物、例を挙げると、ドラゴンフルーツ、マンゴスチン、ジャックフルーツ、ドリアン、ローズアップル、グワバ、グゥアヤバノ、ランプターン、チコ、ノイナー、カスタードアップル、サントール、アボカド、パッションフルーツ、スターフルーツ、ライチ、パパイヤ、タマリンド、ロンコン…

  女王はドリアンです。「匂いは地獄で。味は天国」と言われ、乗物他持ち込み禁止区域が多い。棘で覆われずっしりと重く、落たてきたら頭蓋骨を破壊しかねない。

  タイに来て間もない頃、広報担当の故ピンピサン司教様の教区に招かれ、東北タイのウドンタニに姉妹たちと初の列車旅行。ベトナム戦争時に発展し、米軍が戦闘地域の至近距離に待機していた基地のあった街。今は基地は撤去され、健康で平和な街並です。

 司教館での会食の折、ドリアンが出され、早速、味わいました。「え?天国の味?」。独特の匂いと食感、食べてムカーッと熱くなり、吐き出しそうになりました。

 「神さま、この何処が天国の味ですか?私は今からここで生活し、働くのです」。再度食べてみたものの、やはり分かりません。「このどこが美味しい天国の味か、教えて下さい」と内心祈りながら、3度目の挑戦…「美味しい!」。感動しました。

 私の感覚に無かった美味の世界でした。クリーミーな味わい、地獄の匂いどころか魅力的な香り。ドリアンが嫌いでずっと避けていた在タイ30余年の人に、そんな体験を話したら、「シスター、良かったですね。美味しさがすぐ分かって…。避けていた長い過去を、私は悔いています、残念!」という応え。

 知らないものを「嫌い」という感覚で受け止めてはならない-自分の視野の外にある世界を意識すること-肝に銘じる体験でした。主の創造された大自然の中で自分を解放し、これからも「人生の大損失」を免れて生きて行きたいと思います。

(阿部羊子=あべ・ようこ=バンコク在住、聖パウロ女子修道会会員)

2018年5月31日 | カテゴリー :

・Sr 阿部のバンコク通信 ⑳新札が流通開始―表は新国王だが、裏は故プーミポン前国王

  先日銀行で両替、受け取ったお札は新国王ワチラロンコーン(ラマ10世)陛下の新札でした。慣れ親しんだお顔が入れ替わり、遂にお札も、と思いました。

 タイの紙幣バーツには、20、50、100、500、1000、とあり、コインは25、50サタン(100サタン=1バーツ)1、2、5、10バーツ。1円が0.29バーツです。 コインはまだ見かけないですが、新札は、20バーツから500バーツまではそれぞれ表は新国王、裏は歴代ラマ国王陛下が1世から8世まで2人づつ印刷されています。

 最高額の1000バーツ札ではどうかと、表は当然、新国王。裏を返すと…プーミポン国王(ラマ9世)陛下の肖像! 国民の気持ちを大事にした名案、これには感嘆してしまいました。パウロ書院で、早速新札でお釣りを。皆が「あっ」と反応、裏を見てほっとした、という感じでした。

   国民に敬愛されたプーミポン国王を見送って後、街中は正装した新国王のお写真に取り替えられています。静かに音も立てずに、徐々に、惜しまれながら…。人々は黙々と、事態を受け止めて平常心で生活しているようです。国民が国王を見守り、タイ国を安泰に収める責務を果たせるよう、無言の示唆を与え続けることでしょう。 

 時に、怒涛のように流転する人の営みに揉まれながら、天地の創造主を仰ぎ、『Laudato sì 』と賛美しながら今日の営みを捧げています。 (阿部羊子=あべ・ようこ=バンコク在住、聖パウロ女子修道会会員)

2018年4月27日 | カテゴリー :

・Sr 阿部のバンコク通信 ⑲タイ北部山岳民の村で「命をいただく」を実感

 今年も大阪教区、赤波江神父様の企画で、青年達一行を同伴し、タイ北部山岳民の村で10日ほど過ごしました。人間に本来秘められている感性、躍動する命が参加した皆の中に息づいているのを見て、心底嬉しく思いました。大自然の中、素朴で純な村の人々に抱かれ、心身ともに全開して生き生きです。
image1.jpegimage2.jpeg

(カレンの山でカレー作ってみんなにご馳走しました。)

   1人ずつ夫々の家族に迎えられ、寝食を共にし、農作業、家畜の世話を手伝い、子供達と思いっきり遊び、山や川で無邪気に楽しみました。皆んなの目が輝き、ほっぺが嬉しくて綻びっぱなし。毎日与る感謝の祭儀ミサは圧巻。日本、カレン、タイ語のチャンポン、響き渡る祈りと聖歌は腸にしみる味わい。

   国境も言葉の壁も超えて、同じ信仰で結ばれる体験は村人にも、日本の参加者にも、まさにカトリックを実感する機会、凄いことだと思いました。  家畜、果物、農作物、生花などで生計を立て、至極健康的な栽培をしています。日本の胡瓜や南瓜も見事に育っていて、思わず胡瓜をなま齧り。

   この村は、週一豚を買い、自分達で締めて捌き、皆で分担するとの事。ある日、300kg の巨体豚を絞める、というので皆で手伝いました。 見事な捌き。何も無駄にせず手際のよい作業には固唾を飲みました。捌きたてに醤油を付けて炙るステーキの美味しさ、「命をいただく」を名実共に体験。私は終始、巨大豚の頭の近くに立ち、嬉しそうに瞑っている目に見入り、感慨無量。

   聖木、金曜日の典礼に与り、イエスが聖体と十字架で人類への愛を告白、命を差し出す、感無量です。主の命の秘儀に、私をも与らせて下さい、アーメン。読者の皆さん、ご復活おめでとうございます。

(阿部羊子=あべ・ようこ=バンコク在住、聖パウロ女子修道会会員)

2018年4月16日 | カテゴリー :

・Sr 阿部のバンコク通信 ⑱各国大使館と赤十字共催のバザーに女子パウロ会も参加!

 在タイ各国大使館(大使夫人)と赤十字共催の、51 回目のチャリティバザーが、バンコク都心のサヤムパラゴン百貨店で開催されました。2月24-25日、5階の催物会場の全域を使い、54ヵ国が国旗を掲げ自国特産品を陳列して盛大に行われました。入口にはお買い物貸し出しバックが、本当に多勢の人々で賑わい世界村を感じさせる出来事でした。

  聖座の秘書官神父様に招かれ、女子パウロ会も一般市民に向けて展示、宣教の好機を得ました。前日ヴァティカンの車に付いて搬入、ヴァティカンは6ブース(内4はカトリック関係の施設等の出展)、初出場の女子パウロ会は教皇庁の出展する聖品の隣、同じブースの一部に、バチカンの旗を掲げ等身大のスイス衛兵をバックに並びました。隣のブースはブルーノ神父様(ミラノ宣教会)が山岳民の村人と栽培するブルーノ珈琲、美味しい珈琲の香り漂わせて、観想会シスター作のクッキーと並べて販売。

  24日8時半、開催に先立ちシリントン姫様ご臨席の開幕式。各国代表は会場口に整列して挨拶に立ち、私たちは展示場で待機。暫くすると多勢の従者に従われシリントン姫様が、丁寧に各国の展示場を廻リ始められました。私は2冊の本を選び胸に抱いて待機。女子パウロ会の前に差し掛かるお妃様に、説明しながら差し出しました。

  選んだ2冊は『この子を残して』と『風の交響曲』のタイ語出版。本がお好きな方で、ご自身でもお書きになる方、直々に受け取って頂いただけでも幸せ、読んで下さったらと願っています。タイに来てからずっと願っていた恵みのひとつが叶いました。Deo Gratias!

 

(阿部羊子=あべ・ようこ=バンコク在住、聖パウロ女子修道会会員)

2018年2月28日 | カテゴリー :

・Sr 阿部のバンコク通信 ⑰乾季のバンコク・人々の生き生きした姿に改めて感動 

 バンコクは12月から1月にかけてが、亜熱帯地方で一番涼しく凌ぎやすい時期。これから4月に向けて気温上昇、4月13~15日には暑い熱いタイ正月を迎えます。

 私のタイでの生活も延長戦入り、苦手な暑い季候に体も馴染み、汗を流して新陳代謝も活発なおかげで元気に励んでおります。慌て急ぐ以前の自分の姿が、いつのまにか姿をかすめ、少しはゆったりした私に変わり感謝しています。

 朝の涼しい渋滞のない内に、都心の生活が始まります。書院勤務の日は4時過ぎに起床、支度して半過ぎには修道院を出ます。バス停にはもう人々、道路沿いでは出店の用意をする女性たち、氷袋を満載した車から重い氷袋を担いだ配達の若者。道路掃除婦が大きな長い高箒でせっせと働き、清掃車が止まると手際よく働く男たちの姿。

  暑い日中には気づかない、活発な人々の姿や、5時半を過ぎると、托鉢の僧侶が跪座する人々の奉納を受け取りながら祈る姿に接します。何とも美しい神々しい、人々の生き生きした姿、命いっぱいの社会が感じられます。

 それぞれの地に、人々の平素の忠実な営みがあり社会を支えている。暑い季候に人生半ばで仲間入りして、今日も生かされている不思議を感じながら、朝6時の聖ルイス教会の感謝のミサに与ります、万感の思いを込めて。

(阿部羊子=あべ・ようこ=バンコク在住、聖パウロ女子修道会会員)

2018年1月31日 | カテゴリー :

 Sr 阿部のバンコク通信 ⑯タイから新年のご挨拶「待つことの意味は」

 新年おめでとうございます。真っ新な人生の頁、今年はどんな歩みが刻まれるのでしょう。

 子供の頃は待ちに待つ、歳と共にあっという間に来る正月。『待つ』、タイ国に来て23年、自分の考え、処し方が変ったなと思います。人は環境に順応すると言いますが、取巻く状況に、私の姿勢も順じて来た事に気付くこの頃です。

 距離バスは別として、市内バスや電車等の交通機関には時刻表無し、来る時に来る。延々と文句言わずに待つ人々の姿には、タイに来た当初から感嘆させられました。渋滞や事故、何が起こるか分からない人間味ありの対処です。

 その後に敷設された電車と地下鉄も時刻表無しですが、所要時間は読めます。 電車の切符自販機はコインのみ、無ければコイン両替機➡︎チケット販売機➡︎改札口と夫々に並びますが、時に長蛇の列、人々は腹も立てずに並び待ちます。渋滞や不都合に腹を立てるのは人間未熟というタイの常識、対人関係も同様です。

 日本なら早速に改善する所、そうは早まらないのがタイの人々、都心を悠々と流れるチャオプラヤ川の様に、人の自然の営みの速度が保たれている様に思います。

 私の腑も胡座をかける程になり、外出時は必ず本持参。ゆっくり考えたり、あたりを観察し空を眺めたり、目を閉じて気持ちを休める機会。人との関わりも、刻々と変わる周りの事態を見つめ、受容して生きる姿勢を身に付けたいです。いつか、人々がほっとする雰囲気を醸し出す人になることを願いながら新年に臨みます。

 「カトリックあい」の愛読者の皆様が、信じて生きる喜びに満ちた年でありますよう祈ります。

(阿部羊子=あべ・ようこ=バンコク在住、聖パウロ女子修道会会員)

2017年12月31日 | カテゴリー :

 Sr 阿部のバンコク通信 ⑮故プーミポン国王を振り返って

   プ ーミポン国王様の喪に服して1年、国を挙げて準備した葬儀の会場は、実に真心のこもった、タイの芸術と技術を駆使した式場でした。葬儀が滞りなく行われた後、会場の説明、作業工程の詳しい説明を加えて市民に展示公開されたので、私もバンコク教区の希望者に加わって訪問しました。

 ご遺体を安置した木彫の柩の見事な彫刻をを見て固唾を飲んでしまいました。

 迎賓の参列した館には、国王様の88年の歩み業績が展示されていました。国民を愛し労わり尽くしたご生涯、これ程までに丁重で、心のこもった埋葬の儀の理由が物語られ、国民の慕情、尽きない感謝の念が溢れた会場でした。

 王宮広場の会場は年内公開されるとの事、日々訪れる人々の行列が絶えません。人々の心と歴史に刻まれた慈父プーミポン国王の思いは、後の世まで語り継がれることでしょう。愛と慈しみの思いと行動こそ平和と一致をもたらすことを心に明記した訪問でした。

 国民は喪服から普段の服装に戻り、新国王の即位戴冠式に備えています。誕生色は同じく黄色で街は明るい雰囲気です。

 昨年は自粛した静かなクリスマスでしたが、今年はまた、素敵な華やかな飾り付けで賑わうことでしょう。仏教の常夏のタイで、汗を流しながらで救い主のご降誕を祝う味わいも格別です。

(阿部羊子=あべ・ようこ=バンコク在住、聖パウロ女子修道会会員)

2017年11月29日 | カテゴリー :

 Sr 阿部のバンコク通信 ⑭見えない主への信望愛を胸に、タイ国王の葬儀に参列

 「臨終洗礼を授けてあげたいのですが、方法を忘れてしまいました、教えて下さい」

 急に様態が悪化し、緊急入院したご主人に付き添う友人からの電話。長年献身した夫への、心からの見送りをしたいとの友人の言葉に、ご主人への熱い思いが伝わって来て、幸せな方だな―と思いました。洗礼を授けた翌日召され、安らかな神々しいご主人の最期、安堵した友人の気持ちがメールに綴られていました。

 タイの人々は一般に信心の業を大切にしています。事あるごとにお寺にお参りして線香を炊き献花し、仏像に金箔を貼って祈り、跪座し合掌して僧侶に散水して祈ってもらう。お布施と善行に励む姿、心から美しいと思います。

 カトリック信徒も同様、「見えない恵の見えるしるし」である秘跡(ミサ、聖体、ゆるしの秘跡、洗礼他)、聖水を使い十字を切る、ご像に触れて祈る、ロザリオ、十字架の道行、他の信心の業に惜しみなく励む敬虔な姿、敏感な感性に生かされた信仰に、少なからず感化されています。

 新鮮な花が毎週美しく祭壇に飾られ、人々の賛美と感謝の思いが生き生きしているのです。
見えない有難い存在への畏敬の念、聖霊と悪霊の働きへの敏感な感性は、物質文明が急速に発展する社会の救いであり、決して魂抜きの社会にはさせまい、そう思います。

 見えない主への信望愛の念を胸に、感謝と賛美を感性で生き生きと現したい、プーミポン国王陛下と友の葬儀に参列して心底思いました。(写真は、私の修道院前の聖ミカエル教会で、早朝からマリア様に祈りを捧げる若い人たち)

(阿部羊子=あべ・ようこ=バンコク在住、聖パウロ女子修道会会員)

2017年10月29日 | カテゴリー :

 Sr 阿部のバンコク通信 ⑬色々なタイの色―ラマ9世一周忌は黄色の花が街一杯に

 

   タイ国には、曜日毎に決まった色があり、異なる姿勢の仏像があります。日曜=赤、月曜=黄、火曜=桃、水曜=緑、木曜=橙、金曜=水、土曜=紫。自分の誕生色を身につけたり、お寺にお参りして自分の曜日の仏様に祈る習慣があります。故プーミポン国王様(ラマ9世)の誕生日は月曜日、国民は一斉に黄色の服を着て、在位70年間共に喜びお祝いしました。

 逝去なされて一周忌、10月13日には国王様を偲び、黄色のお花を街一杯に飾ります。パウロ書院のあるセントルイス病院の庭も、黄色のマリーゴールドで輝いています(右の写真)。10月末まで国民は喪に服します。
ここ1年、人々は黒を纏って過ごして来ました。早朝から、喪服正装でエメラルド寺院と呼ばれるワットプラケオ(王様のお寺)に詣で、何時間もかけて弔問を待つ長蛇の行列に連なる1年でした。
26日は国民の手作りの花を手向けて火葬の儀、その後埋葬の儀が行われます。10月13 日から29 日まで一切のテレビ番組を中止し、国王様の思い出の番組のみが放映されます。生涯国民を思い、尽力された国王様を偲び、国中が黄色の花で飾られた静かな祈りの雰囲気で過ごします。
『皆が一つであるように』と祈り、ご自身を捧げられた師イエスの遺言を、名実ともに生きられた国王様の天国への凱旋を確信しています。
私の誕生色は橙色。明るい橙の気持ちを身に付け、木曜日の仏『左手を下にして手のひらを組み、右足を上に胡坐をかいて瞑想』する気持を普段の姿勢にて生きて行きたい、原稿を書きながらそう思っています。

(阿部羊子=あべ・ようこ=バンコク在住、聖パウロ女子修道会会員)

2017年9月29日 | カテゴリー :

 Sr 阿部のバンコク通信 ⑫タイのカトリックのAIDS問題対策

  タイ語を学んでいる頃、学校でイタリアの女性に会いました。毎年休暇を貯めてエイズ患者のお世話に来て、タイ語も学んでいるとか。ソーニャさんを通しエイズに苦しむ人々との関わりが始まりました

 当時は薬も高価、入手も至難の技。カミリアン病院修道会は『命を賭しても』と決断し、蔓延するエイズと取組み始めました。ソーニャさんに連れて行かれた駆け込み宿で、特に子供達を救うために命懸けで奮闘しているジョバンニ神父に会いました。インドから大量に薬を手に入れて務所入りした話、薬さえ手に入れば保菌状態で命を保てるとか、顔立ちの整った子供達の人身売買や売春が原因でファヤオ県のAIDS感染死亡率は高いとか、私はおかげでHIV-AIDSの問題に直に触れ、今に至る関わりを続けています。

 その後、日本のカトリック中央協議会にHIV-AIDS 問題対策窓口を設けるため、スタディーツアー企画を依頼され、一般、仏教界、教会内外の取組みを案内、時宜を得たお世話が出来ました。『カミリアン病院の前をいつも拝んで通る』とある日本人、相棒がAIDSに感染、どの病院からも断られた時、受入親身に世話してくれたとのこと。

時に神学生やボランティアのお伴をしてAIDS ホスピスを訪問。殆どが患者、ストレッチャーで運び込まれ患者が元気になって介護、ホテルのシェフが食堂で腕を振るい、美味しいご馳走作り、活き活きと明るい大家族なのです。
タイのカトリックのAIDS問題対策は、予防に始まり、正しい認識、介護、患者の快復復帰に至るまで、隔離遮断せず、温かい見守りの中で『慈愛の免疫力』を高めながら行われています。

(阿部羊子=あべ・ようこ=バンコク在住、聖パウロ女子修道会会員)

2017年8月29日 | カテゴリー :