・Sr.岡のマリアの風 ㊻わたしの新しい年への「願い」は

新しい年も、よろしくお願いします!

 パパ・フランシスコがたびたび口にする表現で、この一年、リフレインのように繰り返し味わった言葉があります:「単純に(シンプルに)」、「イエス・キリストを真ん中においた生活」、普通の日々の営みの中で、また試練の中でも「驚き」「喜ぶ」ことの出来る信仰感覚-そこから、神への感謝、賛美が生まれる―

 祈りながら、わたしの心の中で、新しい一年(2020年)への「願い」がはっきりしてきました。

 【神さまの「あたたかい心」の中で生かされていることに感謝し、あたたかい心で生きることができますように。】(年末に、T神父さまから赦しの秘跡を受け、心に感じたこと)。

 【自分にできる小さなことを、心を尽くして、日々果たしていくことができますように。】(神さまに託された使命を、喜んで、ときに苦しみを捧げながら、こつこつとしていきたい。それが、すべての人を救いたいという神さまの「夢」の実現に協力することだと信じて)

 真ん中にみ言葉を置いて、「単純」に、ごちゃごちゃ言い訳せず、日々の「普通」の営みを生きる…というイメージでしょうか。

 親族、友人、恩人方の上に、主の豊かな祝福を祈りながら。すべてのことを、マリアさまの母のご保護に委ねて… 新しい年も、よろしくお願いします!

(岡立子=おか・りつこ=けがれなき聖母の騎士聖フランシスコ修道女会修道女)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月31日