祈りの意向

3月の祈りの意向

+教皇の福音宣教の意向: 霊的識別の養成

  個人としての、また共同体としての霊的識別が緊急の養成課題であることに、教会が理解を示しますように。

  →教皇フランシスコは2日、2018年3月の祈りの意向について、次のようなビデオメッセージをおくられた。(バチカン放送) 「私たちが生きるこの時代、深い識別力を育てることが要求されます。すべての声の間で、どれが主の声なのか、どれが私たちを復活といのちに導く声、私たちを『死の文化』の危険から解放してくれる声なのかを判別しなければなりません。私たちは、愛の中に生き、愛のミッションを継続していく者として、主が私たちに望まれることを『内側から読み取る』必要があります。一緒に祈りましょう。個人レベル、また共同体レベルでの霊的識別の養成を、教会が急務の課題として認識しますように」

 

+日本の教会の意向: 原発事故の記憶を保つ

  原発事故がもたらした惨禍を直視し、将来世代を含めたすべての人間の幸福と尊厳を守る社会を実現していくことができますように。

2018年2月27日