祈りの意向

6月の教皇の意向

世界共通の意向: ソーシャルネットワーク

 違いを認めて互いに尊敬し合うことを大切にするインクルーシブ(包含性)に向けて、ソーシャルネットワークがその機能を果たせますように

⇒教皇のビデオ・メッセージが英語字幕付きでご覧になれます!

 教皇フランシスコは5日発表した「6月の祈りの意向」のビデオで、インターネットは「神からの贈り物。でも、大きな責任もあります」と強調され、デジタル通信とソーシャルメディアは、「孤立や”疎外”の場」ではなく、「包容と出会いの場」であるように、と希望された。さらに「コミュニケーションの技術、その場、その手段は、世界の隅々の、きわめて多くの人々に影響を及ぼしています。それは、人々の出会いと連帯にとても大きな可能性を提供することが可能です」とされたうえで、「デジタル・ネットワークが”(人々の)疎外の場”とならないように」「堅固な、人間性豊かな場となるように」と願われた。ビデオの最後に教皇は、全世界のカトリック信者たちに、ご自身とともに、次のように祈るように求められた-「ソーシャル・ネットワークが他の人々をその違いゆえに尊重する受容に向けて、働きますように」。

*毎月の祈りの意向を、ビデオ配信で伝えることを始めた教皇フランシスコは、宣教の意向を幅広く、速やかに伝え、信徒の連帯を図るために、ソーシャル・ネットワークの活用を積極的に進めており、現在、教皇の発信する情報の閲覧者はツイッターで4700万人、インスタグラムで500万人に達している。

 

 

日本の教会の意向: 家庭の平和

 親子・夫婦・兄弟が互いを尊重し信頼と愛にもとづく家庭を築くことができますように。

2018年5月31日

5月の教皇の祈りの意向

福音宣教の意向: 信徒の使命

 今日の世界が直面する数々の脅威に対して、信仰に生きる信徒が創造性を発揮して立ち向かい、固有の使命を全うすることができますように。

     教皇フランシスコは、5月の祈りの意向について、ビデオを通し次のように語られた。「信徒たちは、教会生活の最前線を生きています。私たちは、信徒たちの福音の真理の証しと、連帯の実践を伴う信仰の表現の模範を必要としています。最も貧しい人々、見捨てられた人々、疎外された人々に希望を持つための動機を与えようと、恐れず、立ち向かう信徒たちに感謝しましょう。今月は信徒たちのために祈りましょう。彼らが今日の世界の様々な挑戦に創造性を発揮して立ち向かい、それぞれに固有の使命、洗礼と共に受け取ったその使命を果たすことができますように」(バチカン放送)

日本の教会の意向: 子どもの貧困の解消

 子どもたちに必要な愛情・教育・自由を保障するために、日本の社会全体が支えあうことができますように。

2018年4月30日