祈りの意向

2019年1月の祈りの意向

教皇の福音宣教の意向: 若者とマリアの模範

若者たち、特にラテンアメリカの若者たちが、マリアの模範に倣い、主の呼びかけに応えて、福音の喜びを世界に伝えることができますように。

*教皇フランシスコは8日、1月の祈りの意向について、ビデオを通して以下のメッセージをおくられた。

「若い皆さんは、おとめマリアの中に、喜びとインスピレーションの泉を持っています。ワールドユースデー・パナマ大会を、マリアと共にキリストを観想する機会としてください。それぞれの言語で、平和のためにロザリオの祈りを唱えましょう。そして、マリアに、夢を見る力、平和のために働く力を願いましょう。特にラテンアメリカをはじめとする、若者たちのために祈りましょう。若者たちが、マリアの模範に倣い、主の呼びかけに応えて、福音の喜びを世界に伝えることができますように」

 

日本の教会の意向: 神の国のしるし

私たちの教会が、しもべの姿を取って人々に仕えたキリストに倣い、能率や業績が優先される厳しい競争社会にあって、小さくされた人々を大切にし、彼らに奉仕することを通して、神の国のしるしとなることができますように。

2018年12月31日

12月の教皇と日本の教会の祈りの意向

教皇の福音宣教の意向: 信仰を伝える人たち

信仰を伝える仕事に従事している人たちが、それぞれの文化と対話しながら、その時の状況にふさわしいことばを見いだすことができますように。

 ☩教皇フランシスコは6日、12月の祈りの意向についてビデオメッセージを発表され、以下のように語られた。

 「もしもあなたが、言葉を通して信仰を分かち合いたいなら、あなたは多くを、慎重に聴かなければなりません。イエスのなさり方に倣いましょう。イエスはご自身を、目の前にいる人々に合わせ、神の愛が彼らにもたらされるようになさいました。ご一緒に祈りましょう。信仰の奉仕と伝達に関わる人々が、文化と対話する中で、人々の心と対話する中で、そして何よりも多く聴くことによって、現在の状況に適した言葉を見つけますように」

 

日本の教会の意向: クリスマスに教会を訪れる人のため

降誕祭の真のよろこびが、人々により深く理解され、福音が広く宣べ伝えられますように。

2018年11月30日