祈りの意向

3月の教皇の福音宣教と日本の教会の祈りの意向

■3月
福音宣教の意向: キリスト者の共同体の権利の承認

 キリスト者の共同体、特に迫害を受けている共同体が、キリストの近くにいることを実感できますように。そして、正当な権利が認められますように。

 (2019.3.5 バチカン放送)教皇フランシスコは5日、今月の祈りの意向について、ビデオを通し、次のように話された。「信じがたいようなことですが、キリスト教初期の時代より、現代の方が殉教者が多いのです。信者たちは真理を述べ、今日の社会にイエス・キリストを伝えるがゆえに迫害されています。こうした迫害は、特に宗教の自由が保証されていない場所で起きています。しかし、また、論理上、あるいは明文上、宗教の自由と人権を保護する国々でも迫害が見られます。キリスト者の共同体、特に迫害を受けている共同体のために祈りましょう。彼らがキリストの近くにいることを実感し、その正当な権利が認められますように」

 

日本の教会の意向: 原発事故の記憶を保つ

 原発事故によって、今もなお、多くの人々が苦しみの中に置かれていることを忘れることなく、この痛ましい出来事を教訓とし、すべての人が幸福に生きるための安全・安心な社会を作っていくことができますように。

2019年2月28日

2月の教皇と日本の教会の祈りの意向

教皇の祈りの意向: 人身売買の被害者たちのために

 人身売買や、強制売春、暴力の犠牲となった人たちが、分け隔てなく寛大に受け入れられますように。

 教皇フランシスコは7日、2月の祈りの意向について、上記のビデオメッセージをおくられた。教会全体が日々の祈りの中で、その意向に基づいて祈るように招いておられる。

 「たとえ私たちが見ないふりをしていても、奴隷制度は過ぎた昔の事とは言えません。この悲劇的な現実を前に、何らかの形で、人類に対するこの犯罪の共犯者とならないためには、誰一人それを見過ごすことはできないのです。今日、おそらく以前より多くの隷属状態が世界に存在する事実を、無視することはできません。祈りましょう。人身売買や、強制売春、暴力の被害者たちが、寛大に受け入れられますように」(2019.2.7 バチカン放送)

 「貧困・搾取・人身取引はキリスト者の緊急の課題」

 教皇フランシスコは8日、カトリック系基金「ガリレオ・ファンデーション」の関係者とお会いになり、貧困や、搾取、人身取引の被害に苦しむ人々への関心喚起への基金の貢献に言及。「今日のキリスト者が取り組むべき緊急の本質的課題」と強調された。8日は、典礼暦で聖ジュゼッピーナ・バキータを記念する日にあたり、教皇は「奴隷商人にさらわれ、暴力や侮べつの中で、苦痛に満ちた体験をしながらも、神の恵みによって真の自由と喜びを得た聖人の生涯」を回想され、その聖性は「今日の『社会の傷』ともいえる新しい形の奴隷制に立ち向かうよう呼びかけるだけでなく、貧しい人たちに優しさと憐みをもって接することを模範をもって教えてくれます」と話された。(2019.2.8 バチカン放送)

 

日本の教会の祈りの意向: 召命

 私たちがキリストの弟子として招かれていることを思い起こし、神のことばを聴き、そのみ旨を識別し、それぞれの場、それぞれの仕方で神の呼びかけに応えていくことができますように。

2019年1月30日