祈りの意向

7月の教皇の祈りの意向

*福音宣教の意向: 教会で奉仕する司祭

  教会での奉仕に疲れを感じ、孤独に陥っている司祭が、主イエス、そして友情で結ばれた他の司祭たちとの親しい交わりの中で、安らぎを得ることができますように。

     教皇フランシスコは3日、7月の祈りについて、次のビデオメッセージをおくられた。カトリック教会は、毎月「教皇の祈りの意向」を示し、全教会が日々の祈りの中でそれに沿って祈るようにと招いている。(バチカン放送)⇒https://youtu.be/LsVEdR9TfnYでご覧になれます。

「司祭たちの疲労感。私はこれについて何度も考えずにはいられません。司祭たちは、それぞれの愛徳と欠点をもって、様々な場でその司祭職を果たしています。司祭らは、これほど多くの対処すべきことを前に、一つの失望を味わったからといって、留まっているわけにはいきません。このような時、人々が自分たちの司牧者を愛し、必要とし、信頼しているということを思い出すのはよいことです。一緒に祈りましょう。司牧活動の中で疲れや孤独を感じている司祭たちが、主と、他の司祭たちとの友情に助けられ、慰めを得ることができますように」 

*日本の教会の意向: 難民・外国人労働者

  移住を余儀なくされた人々や祖国を離れて働く人々が、生きる権利を保障され、日本社会に受け入れられて幸せにくらすことができますように。

2018年7月1日

6月の教皇の意向

世界共通の意向: ソーシャルネットワーク

 違いを認めて互いに尊敬し合うことを大切にするインクルーシブ(包含性)に向けて、ソーシャルネットワークがその機能を果たせますように

⇒教皇のビデオ・メッセージが英語字幕付きでご覧になれます!

 教皇フランシスコは5日発表した「6月の祈りの意向」のビデオで、インターネットは「神からの贈り物。でも、大きな責任もあります」と強調され、デジタル通信とソーシャルメディアは、「孤立や”疎外”の場」ではなく、「包容と出会いの場」であるように、と希望された。さらに「コミュニケーションの技術、その場、その手段は、世界の隅々の、きわめて多くの人々に影響を及ぼしています。それは、人々の出会いと連帯にとても大きな可能性を提供することが可能です」とされたうえで、「デジタル・ネットワークが”(人々の)疎外の場”とならないように」「堅固な、人間性豊かな場となるように」と願われた。ビデオの最後に教皇は、全世界のカトリック信者たちに、ご自身とともに、次のように祈るように求められた-「ソーシャル・ネットワークが他の人々をその違いゆえに尊重する受容に向けて、働きますように」。

*毎月の祈りの意向を、ビデオ配信で伝えることを始めた教皇フランシスコは、宣教の意向を幅広く、速やかに伝え、信徒の連帯を図るために、ソーシャル・ネットワークの活用を積極的に進めており、現在、教皇の発信する情報の閲覧者はツイッターで4700万人、インスタグラムで500万人に達している。

 

 

日本の教会の意向: 家庭の平和

 親子・夫婦・兄弟が互いを尊重し信頼と愛にもとづく家庭を築くことができますように。

2018年5月31日