祈りの意向

11月の教皇と日本の教会の祈りの意向

世界共通の意向: 中東での対話と和解

対話、出会い、和解の精神が、多様な宗教が共存する中東地域に湧きあがり、ともに生活を分かち合うことができますように。

(2019.11.5 バチカン放送)

 教皇フランシスコは、11月の祈りの意向について、ビデオメッセージをおくられた。(下の画像の▷を押すとビデオがご覧になれます)

 「中東における一神教間の共存と対話は、精神的・歴史的関係に基づいています。この地から、愛のために復活したイエスの福音がわたしたちにもたらされました。今日、多くのキリスト教共同体は、ユダヤ教やイスラム教の共同体と一緒に、ここで平和と、和解、赦しのために働いています。中東地域に、対話、出会い、和解の精神が生まれるように祈りましょう」。

 

日本の教会の意向: 世を去った人々とその遺族

亡くなられたすべての人が父なる神のみもとで永遠の安らぎを与えられ、残された家族には慰めと励ましがもたらされますように。

2019年10月31日

■10月の教皇と日本の教会の祈りの意向

教皇フランシスコの祈りの意向: 教会における宣教の「出発」ー福音宣教のための特別月間に

 聖霊の息吹が、教会に新しい宣教の「出発」をもたらしますように。

♰教皇フランシスコは1日、10月の祈りの意向について、以下のビデオメッセージを出された。

 

「今日、教会の宣教活動は『死んで復活されたイエスを告げる』という挑戦を前に『新しい推進力』を必要としています。辺境へと向かうこと、まだ福音を知らない人的環境、文化的・宗教的環境へと到達することの中に、いわゆる『ミッシオ・アド・ジェンテス(諸国民への宣教)』があります。教会の宣教の心臓は『祈り』であることを忘れてはなりません。宣教に特別に捧げられたこの月、聖霊の息吹が、洗礼を受け、キリストの教会によって派遣されたすべての信者のために、新しい宣教の芽吹きの季節をもたらすように祈りましょう」(2019.10.1バチカン放送)

日本の教会の意向: 科学・技術に携わる人々のために

 科学と技術によって神の創造のわざにあずかる人々の働きを祝福し、その実りが神の国の完成に役立つものとなりますように。

2019年9月30日