・教皇フランシスコ、訪日の希望実現-ヨハネ・パウロ二世の旅を踏襲(VaticanNews)

(日本時間2019.9.14 VaticanNews Robin Gomes)

 教皇フランシスコは、就任以来32回目の司牧訪問地として、タイと日本に11月19日から26日にお出かけになることになった。教皇としてアジアを訪問されるのは2014年の韓国、2015年のスリランカとフィリピン、2017年のミャンマーとバングラディシュに次いで、4回目となる。また、前々教皇のヨハネ・パウロ二世が日本を38年前に、タイを35年前にそれぞれ歴代教皇として初めて訪問されている。

 

*日本*

 聖ヨハネ・パウロ二世の9回目の海外訪問となったのは1981年2月、11日間でパキスタン、フィリピン、グアム、日本、アラスカ(アンカレッジ)を回られた。当時61歳だった教皇は、2月23日から26日にかけて日本を訪れ、司教、司祭、修道者、キリスト教諸派の代表たち、そして外交団、若者たちとお会いになり、18回にわたる説教、講話をなさった。

=原爆の二つの被爆地、広島と長崎で平和を祈る

 日本訪問のハイライトとなったのは、広島、長崎両市への訪問。両市には、1945年8月6日と9日に米軍によって核爆弾と投下され、日本の降伏、第二次世界大戦の終結につながった。

 「戦争は人間のしわざです。戦争は人間の生命の破壊です。戦争は死です」-聖ヨハネ・パウロ二世は1981年2月25日、広島の平和記念碑を訪れた際、「広島平和アピール」を発表され、預言的な声を震わせられた。

 「この広島の町、この平和記念堂ほど強烈に、この真理を世界に訴えている場所はほかにありません」と語られ、広島と長崎は「人間は信じられないほどの破壊ができる」ということの証として、存在する悲運を担った、世界に類のない町」であり、この2つの町は、「戦争こそ、平和な世界をつくろうとする人間の努力を、いっさい無にする」と、将来の世代に向かって警告しつづける町として、永久にその名をとどめることでしょう」と訴えられた。

 そして翌日の26日、長崎を訪れ、浦上の丘で被爆した生存者たちとお会いになり、「皆さんが今日まで堪えてこられた苦悩は、この地球に住む全ての人の心の痛みとなっています。皆さんの生きざまそのものが、全ての善意の人に向けられた最も説得力のあるアピールー戦争反対、平和推進のため最も説得力のあるアピールなのです… 皆さんの上に神の祝福がありますように」と励まされた。

=”大先輩”聖フランシスコ・ザビエルによる宣教開始と殉教の地で祈る

 長崎では、市内西坂の日本二十六聖人殉教(1597年)の地に立つ記念碑と記念館を訪れられた。日本には、聖イグナチオ・ロヨラとともにイエズス会を創設した聖ブランシスコ・ザビエルがキリスト教を伝え、後を継いだイエズス会士たちが信仰の種を撒いた。ザビエルと仲間のイエズス会士は1549年に日本に上陸し、いくつものイエズス会の共同体を作った。ポルトガル人を主体とするイエズス会士たちが1570年代に至るまで、継続的に来日した。

 今から数十年前、若いイエズス会士だった教皇フランシスコは、この国で宣教師として活動することを夢見たが、十代にかかった結核の治療のため肺の一部を切除したことから健康に問題があるとされ、訪日の夢を果たすことができなかった。

 教皇フランシスコの今回の訪日日程はまだ詳細には決まっていないが、聖ヨハネ・パウロ二世の足跡をたどり、広島、長崎を訪問、そして日本の殉教者たちに敬意を表することになりそうだ。

 今回の教皇訪日のテーマは「すべてのいのちを守るため 〜 PROTECT ALL LIFE 〜」。2015年に発表された回勅『ラウダート・シ』の巻末にある「被造物とともにささげるキリスト者の祈り」から取られている。このテーマは、核兵器の恐ろしさを実際に体験した日本にとって、特別に意味のあるものだ。

 

*タイ*

 聖ヨハネ・パウロ二世は21回目の海外司牧訪問となった1984年にタイを訪問された。タイでは5回の説教、講話をされ、難民キャンプを訪問、司祭、修道者、一般信徒、政府関係者、外交団、そして司教たちとお会いになった。

=キリスト教伝来350周年を迎え、使徒職に励むように

 教皇フランシスコが訪問される今年は、1669年に当時シャムと呼ばれたこの国に、使徒座代理区が置かれ、布教が始められて350周年。現在ではタイのカトリック教会は11教区、信徒30万人にまで成長した。訪問のテーマは「キリストの弟子、宣教的弟子」だ。

 「皆さんが聖なる内に成長し、あなた方の愛する国で、連帯、友愛そして善なるものへの熱意、真実、そして正義を育むことで、キリストの王国を広めるために働き続けることを、私は祈っています」-教皇フランシスコは、タイ布教開始350周年を記念した今年5月18日に、同国の教会に送ったメッセージにこのようにお書きになった。

 訪問のテーマが示すように、教皇は、11月にタイを訪れる時、仏教徒が圧倒的に多いこの国で、総人口のわずか1パーセント強のカトリック信徒たちが、キリストの使徒職に励むよう激励することになるだろう。

(翻訳・編集「カトリック・あい」南條俊二)

2019年9月14日

・教皇フランシスコ、今年11月にタイと日本を訪問ーバチカンが発表(改)

 

教皇フランシスコ、2019年11月にタイと日本を訪問教皇フランシスコ、2019年11月にタイと日本を訪問 

 

2019年9月13日

・ 教皇、来年5月にグローバルな教育をテーマにしたイベント開催を発表

(2019.9.12 バチカン放送)

 教皇フランシスコは12日、来年5月にグローバルな教育をテーマにした国際的なイベントを開催することを明らかにされた。「グローバルな教育分野の協定の再構築」をテーマに、若い世代のための、若者と共にある取り組みを目的とし、全世界での教育に対する情熱を新たにすることを目指している

 教皇のメッセージによれば、この催しは来年5月14日にバチカンで行われる。また、メッセージの中で教皇は、回勅「ラウダート・シ」で私たちの「共通の家」を守るためにすべての人の協力を呼びかけたが、この催しの狙いを「地球の未来の構築と、すべての人の能力への投資の必要性について対話を促す動きを新たにする」ことと説明し、「あらゆる変化に対応するために、新しい普遍的連帯と、より受容的な社会を成熟させる教育的歩みが必要」と強調されている。

 教皇はこのイベント開催に際し、あらゆるレベル・立場、また研究の分野において、教育のために働く人々の参加を広く呼びかけられた。

(編集「カトリック・あい」)

 

2019年9月12日

・教皇、アフリカ東部の3カ国歴訪を終了

(2019.9.10 バチカン放送)

 教皇フランシスコは10日、一週間にわたるアフリカ東部、モザンビーク、マダガスカル、モーリシャスの3カ国歴訪3カ国歴訪を終え、ローマへの帰途に就かれた。

 教皇は登位後、第31回目の海外司牧訪問(イタリアを除く)として、モザンビークの首都マプト、マダガスカルの首都アンタナナリボ、モーリシャスの首都ポートルイスを訪問され、10日、マダガスカルのアンタナナリボ空港での送別式の後、特別機でローマに向けて発たれた。

2019年9月10日

・教皇、マダガスカルの指導者たちに「非人間的な貧困を生む、社会の不安定・差別是正」訴え

(2019.9.6 バチカン放送)

 アフリカ東部諸国を歴訪中の教皇フランシスコは、現地時間6日午後、第二の訪問国マダガスカルの首都アンタナナリボに到着された。

 アンタナナリボ空港で、教皇は、アンドリー・ラジョエリナ大統領と夫人の出迎えを受け、子どもたちの花束贈呈に続き、大統領と並び、歓迎式典に臨まれた。

 マダガスカルでの公式行事として、教皇は、7日に大統領官邸で大統領および各界代表との会見、市内の女子跣足カルメル修道会修道院で昼の祈り、カテドラルで司教団との集い、福者ヴィクトワール・ラソアマナリヴォの墓への巡礼、郊外の会場で若者たちとの祈りの前夜祭を行われる。8日日曜日には前夜祭の会場で教皇ミサ、アカモソアの「友情の町」訪問、神学院で教会関係者との出会いが予定されている。

 アンタナナリボに6日から10日まで滞在。9日は、モーリシャスの首都ポートルイスを日帰り訪問され、10日朝、ローマへの帰路につかれる。

 マダガスカルには、30年前の1989年6月、聖ヨハネ・パウロ2世が教皇として初めて訪問されており、教皇フランシスコは、同国を訪問した二人目の教皇となる。アフリカ大陸東部沿岸の近く、西インド洋に浮かぶマダガスカルへのキリスト教伝道は、16世紀にさかのぼる。現在、マダガスカルでは52%が伝統宗教、カトリック35%、イスラム教約7%、この他、プロテスタント、ヒンドゥー教などがある。

(2019.9.7 バチカン放送)

 マダガスカルを訪れた教皇フランシスコは7日、首都アンタナナリボの大統領官邸で、ラジョエリナ大統領と会談した後、各界の要人、駐在外交団と会見され、会見後、官邸内の庭にバオバブの苗を植樹された。

 教皇は会見で、「統合的発展」をテーマに挨拶され、独立後、安定と平和、民主主義の確立を担う人々に対し、「国の発展が単なる経済の成長に留まってはなりません。『真の発展』は、個人と全国民の発展を目指す、統合的なものであるべきです」と訴え、「あらゆる社会の腐敗や格差を生む取引と戦い、非人間的な貧困を生む、社会の不安定と差別を是正」する努力を求められた。

 また、「私たちの『共通の家』である地球を大切にすることなしに、統合的発展はありえません」と強調され、環境問題と社会問題の密接な関連を指摘された。

 

(編集「カトリック・あい」)

2019年9月7日

・教皇、マプトでエイズ患者治療センター見学

(2019.9.6 バチカン放送)

 教皇フランシスコは6日朝、訪問先のモザンビークで、首都マプト郊外にある「ジンペト・ホスピタル」のエイズ患者治療センターを見学された。

 このセンターは、2002年にカトリック系組織・聖エジディオ共同体がアフリカ10か国で始めた「健康への権利とエイズと飢餓との闘いを目的としたプロジェクト」の一環として、2018年に開設された。女性や子どもたちをはじめとする患者たちの治療はもとより、生活支援、教育指導なども行っている。

 教皇は関係者へのあいさつで、同病院とセンターの活動を「死と苦しみが広がる場所に命と愛を吹き込む、神の愛を体現するもの」とたたえられ、「善いサマリア人」のたとえを挙げながら、「困難な状況に置かれた人々に対し、遠くから見て見ぬふりをせず、偏見や疎外に苦しむ多くの人の声なき叫びに耳を傾ける、関係スタッフの憐みの心」に感謝された。

 あいさつの後、教皇は病室を訪れ、およそ20人の患者を見舞われた。

(編集「カトリック・あい」)

2019年9月6日

・教皇、 モザンビークで 貧しい人々の支援施設訪問

 

教皇フランシスコ、貧しい人々の支援施設を訪問 2019年9月5日 モザンビーク・マプト教皇フランシスコ、貧しい人々の支援施設を訪問  (@Vatican Media)

 教皇フランシスコは5日、モザンビーク首都マプト郊外の貧しい人々の支援施設「マタイ25の家」を訪問された。

 施設の入り口でフィリペ・ニュシ大統領に迎えられた教皇は、運営に携わる司祭や修道女たちの説明に耳を傾け、支援を受けている子どもたちや若者と笑顔で交流された。

 「マタイ25の家」は、マタイ福音書25章のキリストの言葉、「私の兄弟であるこの最も小さな者の一人にしたのは、私にしてくれたこと」にちなんで名づけられ、貧しい人や助けを必要とする人に対する支援・奉仕活動をしている。

 駐モザンビーク・バチカン大使館の発案をもとに同国のカトリック教会と約20の修道会の協力を得て運営され、具体的には、生活に困難を抱える若者やストリートチルドレンに、食事や、衛生・医療の機会を与えることを活動の中心とし、施設の職員たちは毎晩、多くのボランティアと市内を回り、助けを必要とする人に温かい食事や宿泊所を提供している。

 教皇はこの日、ご自身がブエノスアイレス大司教時代から育て、現在は世界各地に広がっている教育運動「スコラス・オクレンティス」のモザンビーク支部関係者ともお会いになった。

 

2019年9月6日

・「神の呼びかけを受けた所に立ち戻りなさい」-教皇、モザンビークの聖職者たちと会見

教皇フランシスコとモザンビークの教会関係者との出会い 2019年9月5日 マプトのカテドラルで教皇フランシスコとモザンビークの教会関係者との出会い 2019年9月5日 マプトのカテドラルで  (Vatican Media)

(2019.9.5 バチカン放送)

 モザンビーク訪問中の教皇フランシスコは5日、首都マプトで、同国のカトリック教会関係者とお会いになった。

 マプトのカテドラルで行われたこの集いには、モザンビーク全土から司教、司祭、修道者、神学生、カテキスタらが参加。司教、司祭、修道者の代表たちが、「一致した宣教的な教会」という目標を掲げつつ、「経済問題を抱え自分のことで手一杯の司祭たちのアイデンティティーの喪失」「奉献生活の素晴らしさの再発見の必要」などの問題を含め、自国の教会の現状を説明した。

 これに対して、教皇は講話の中で、「司祭のアイデンティティーの危機に立ち向かうには、”重要で荘厳な場所”から外に出て、”自分が神の呼びかけを受けた場所”に戻ることが必要です」と強調され、「司祭は”人々の間で最も貧しく、神の支えがなければ最も小さく無力な存在”であるべきです…おとめマリアが神のお告げに『はい』と答えた場所、『ナザレ』に立ち返ることが、自分のアイデンティティーを取り戻し、司牧者=弟子=宣教者としての自覚を新たにする道となるでしょう」と努力を求められた。

 さらに、教皇は司祭たちに対して、「自分たちの疲れの原因は何かを突き止め」「神の目に有意義と思われることだけを選択しながら、自らの召命を新たにする」ように促され、マリアのエリザベト訪問のエピソードに「出会い、対話、奉仕」の要素を指摘された教皇は「モザンビークの教会が、分裂のあるところに解決と尊重の態度、協力や対話をもたらす、マリアの訪問の精神を持った教会」になるよう激励された。

 モザンビークのカトリック教会は、12教区、信者数は約762万人で全人口の約28%を占めている。

(編集「カトリック・あい」)

2019年9月6日

・教皇、モザンビーク要人たちと会見、「平和のための勇気」を讃える

 4日夕にモザンビーク入りされた教皇フランシスコは5日、首都マプトの大統領官邸でフィリペ・ニュシ大統領との会談の後、官邸内のホールで、同国の要人たちとお会いになった。

 教皇はこの集いで、「美しい自然と豊かな文化、生きる喜びに満ちた国民によって祝福された国、モザンビーク」を訪問できたことに心からの喜びを表明。また、先に同国を相次いで襲った二つのサイクロンによって深刻な被害を受けた地方に連帯を示され、被災された人々を中心に置いた復興が行われるよう求めるとともに、カトリック教会として復興に協力することを誓われた。

 さらに教皇は、モザンビークが長い内戦を経て1992年にローマで締結された包括和平協定以来、平和を目指し、「国内の課題と向き合うための最良の道」として和解の努力を続けてきた、モザンビークの人々の「平和のための勇気」を讃えらえた。

 そして、平和とは「単に戦争が無い状態ではなく、社会から疎外され、忘れられた兄弟たちが尊厳を取り戻し、一人ひとりが社会の主役である、と感じられるための、「責任ある、絶え間ない取り組みを必要とするものです」と訴えるとともに、「機会の平等の欠如が、様々な形の暴力や戦争を招く原因とならないように、注意を怠らないで」と求められた。

 また、教皇は「モザンビークの平和は、医療をはじめ社会の様々な分野に発展をもたらしています」とされたうえで、「人々が必要としている制度を整える中で、特に、人口の大きな部分を占める若者たちの教育に力を注ぐように。住居のない家族、仕事のない労働者、土地を持たない農業従事者らを助けることが希望と、尊厳、平和の未来につながるように」とさらなる努力を促された。

 モザンビークの豊かな自然にも言及され、「自然を守ることは、生活を守ること」として、環境問題に対して特別な関心を払うように願われた。

(編集「カトリック・あい」)

 

2019年9月5日

・教皇、モザンビークに到着、空港で大統領夫妻が出迎え、歓迎式

(2019.9.4バチカン放送)

Pope Francis arrives in MaputoPope Francis arrives in Maputo 

 教皇は、第31回目の海外司牧訪問(イタリアを除く)として、9月4日から10日まで、モザンビーク、マダガスカル、モーリシャスの3国を訪問。初日の4日夕、モザンビークの首都マプトの空港に到着された教皇は、フィリペ・ニュシ大統領と夫人に迎えられ、子どもたちから花束を受け取られ、笑顔で祝福を与えられた。

 空港での歓迎式には、同国の政府、教会の関係者が出席。教皇は若者たちによる伝統舞踏をご覧になった。その後、特別車パパモービルで、滞在先となるマプト市内のバチカン大使館へ向かわれた。夜の市街では、沿道の鈴なりの人々が楽器のリズムや、踊り、歓声で、教皇の訪問を熱く歓迎した。

 教皇はモザンビーク滞在中、大統領官邸訪問、各界代表との会見、諸宗教の若者たちとの出会い、カトリック司教・司祭・修道者・神学生らとの集い、貧しい人々の支援施設「マタイ25の家」訪問(9月5日)、病院訪問、競技場でのミサ(9月6日)などを予定している。

 モザンビークには、1988年9月に聖ヨハネ・パウロ2世が最初の訪問を行っている。教皇フランシスコの今回の訪問は、ローマ教皇として31年ぶり。モザンビークの宗教人口は、伝統宗教が半数を占め、カトリックは約28%、イスラム教約20%、この他、仏教、ヒンドゥー教、キリスト教諸派など。

(編集「カトリック・あい」)

 

2019年9月5日