・核弾頭削減は遅く、近代化は進む-北朝鮮は10∼20発-ストックホルム国際平和研報告

(2018.6.18 「カトリック・あい」)スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)が18日発表した2018年版「世界の核軍備に関する年次報告」によると、世界の核保有国は米国、ロシア、英国、フランス、中国、インド、パキスタン、イスラエル、北朝鮮の9か国で、2018年年初現在の保有核弾頭の合計は推定1万4465発に上っている。

 弾頭数自体は、一年前の1万4935発よりも総数では米ロ中心にわずかに減っているが、各国とも核兵器の近代化を進め、中国は弾頭数も前年より10発多い280発に増やし、北朝鮮も10∼20発保有、米本土を狙う大陸間弾道弾(ICBM)の開発に合わせて、これに搭載する核弾頭の小型化も進めている。

 SIPRI発表の英語版概要は以下の通り。

世界の​​​​​​核戦力:削減のテンポは遅く、近代化は進む

 At the start of 2018 nine states—the United States, Russia, the United Kingdom, France, China, India, Pakistan, Israel and the Democratic People’s Republic of Korea (North Korea)—possessed approximately 14 465 nuclear weapons. This marked a decrease from the approximately 14 935 nuclear weapons that SIPRI estimated these states possessed at the beginning of 2017.

 The decrease in the overall number of nuclear weapons in the world is due mainly to Russia and the USA—which together still account for nearly 92 per cent of all nuclear weapons—further reducing their strategic nuclear forces pursuant to the implementation of the 2010 Treaty on Measures for the Further Reduction and Limitation of Strategic Offensive Arms (New START).

 Despite making limited reductions to their nuclear forces, both Russia and the USA have long-term programmes under way to replace and modernize their nuclear warheads, missile and aircraft delivery systems, and nuclear weapon production facilities. The USA’s most recent Nuclear Posture Review (NPR), published in February 2018, reaffirmed the modernization programmes and approved the development of new nuclear weapons. The NPR also emphasized expanding nuclear options to deter and, if necessary, defeat both nuclear and ‘non-nuclear strategic attacks’.

 ‘The renewed focus on the strategic importance of nuclear deterrence and capacity is a very worrying trend,’ says Ambassador Jan Eliasson, Chair of the SIPRI Governing Board. ‘The world needs a clear commitment from the nuclear weapon states to an effective, legally binding process towards nuclear disarmament.’

 The nuclear arsenals of the other nuclear-armed states are considerably smaller, but all are either developing or deploying new nuclear weapon systems or have announced their intention to do so. India and Pakistan are both expanding their nuclear weapon stockpiles as well as developing new land-, sea- and air-based missile delivery systems. China continues to modernize its nuclear weapon delivery systems and is slowly increasing the size of its nuclear arsenal.

In 2017 North Korea continued to make technical progress in developing its nuclear weapon capabilities, including the test of—what was claimed to be—a thermonuclear weapon, in September. North Korea also demonstrated unexpected rapid progress in the testing of two new types of long-range ballistic missile delivery systems.

‘Despite the clear international interest in nuclear disarmament reflected in the conclusion in 2017 of the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons, the modernization programmes under way in the nuclear weapon-possessing states indicate that genuine progress towards nuclear disarmament will remain a distant goal,’ says Shannon Kile, Senior Researcher with the SIPRI Disarmament, Arms Control and Non-proliferation Programme.

World nuclear forces, January 2018

Country Deployed Warheads* Other warheads** Total 2018 Total 2017
USA 1 750 4 700 6 450 6 800
Russia 1 600 5 250 6 850 7 000
UK 120 95 215 215
France 280 20 300 300
China 280 280 270
India 130-140 130-140 120-130
Pakistan 140-150 140-150 130-140
Israel 80 80 80
North Korea .. .. (10-20) (10-20)
Total 3 750 10 715 14 465 14 935

Source: SIPRI Yearbook 2018

* ‘Deployed warheads’ refers to warheads placed on missiles or located on bases with operational forces. ** ‘Other warheads’ refers to stored or reserve warheads and retired warheads awaiting dismantlement.

Total figures include the highest estimate when a range is given. Figures for North Korea are uncertain and are not included in total figures. All estimates are approximate.

平和維持軍の需要は増えているが、人員は減っている

 There were 63 multilateral peace operations active during 2017 (one more than in 2016): 25 operations were deployed in Africa, 18 in Europe, 9 in the Middle East, 6 in Asia and Oceania, and 5 in the Americas.

 The total number of personnel deployed in multilateral peace operations decreased by 4.5 per cent during 2017, from 152 822 to 145 911. Nearly three-quarters of all personnel were based in Africa. The decrease in the number of personnel is explained by the fall, by 7.6 per cent, in deployments by the United Nations, whereas the number of personnel in non-UN operations increased by 2.3 per cent to 47 557.

 Although the UN clearly remains the principal actor in peace operations, African actors are claiming an increasing role in African peace and security matters. This is reflected in the establishment in February 2017 of the Group of Five for the Sahel (G5 Sahel) Joint Force (Force Conjointe des Etats du G5 Sahel, FC-G5S).

 UN peacekeeping reform remained high on the international agenda in 2017. However, these discussions were overshadowed by two other significant developments during the year: the greater insecurity of personnel deployed in UN peace operations; and the efforts—particularly by the US administration—to drastically reduce the UN peacekeeping budget.

 In 2017, UN missions witnessed a dramatic escalation in fatalities linked to hostile acts—in both absolute terms (from 34 in 2016 to 61 in 2017) and as a ratio of the number of uniformed personnel deployed (from 0.31 to 0.61 per 1000 uniformed personnel). Whereas in preceding years most fatalities occurred in the UN mission in Mali, in 2017 the UN operations in the Central African Republic and the Democratic Republic of the Congo also faced substantial losses.

 ‘An independent review into the security of peacekeepers released in 2017 (2017 Cruz Report), suggested that UN peacekeeping operations should adopt a more robust and less risk-averse force posture,’ says Timo Smit, Researcher with the SIPRI Peace Operations and Conflict Management Programme.‘However, this raises the question, which was not addressed by the Cruz Report, as to how the UN should generate sufficient forces that are both willing and capable of adopting such a posture.’

 In 2017, UN peace operations—like African peace operations—could no longer be certain of predictable and sustainable funding. The budget cuts and related troop reductions meant that the UN had to rethink its strategy in many operations. ‘Is it realistic to expect the UN to continue to do more with less, and is it worth taking the risk?’ says Dr Jair van der Lijn, Director of SIPRI’s Peace Operations and Conflict Management Programme.

 ‘A number of finance-contributing countries hoped that budget cuts might be used pragmatically to strengthen peacekeeping reform. However, the actual effects of resource reduction on some operations might put peacekeepers at further risk and leave populations more vulnerable,’ says Van der Lijn.

2018年6月18日

・米大司教区、性的虐待被害者450人に2億1000万ドル賠償で和解

 (2018.6.6 カトリック・あい)USA Tdodayなど複数の米報道機関が伝えたところによると、米ミネソタ州のセントポール・ミネアポリス大司教区は、聖職者による性的虐待被害者450人に対して、総額2億1000万ドルの賠償金支払いで和解することに合意した。聖職者による性的虐待と隠ぺい問題は今世紀に入って欧米を中心に世界中に拡大、表面化し続けているが、一つの教区でこれほど多額の賠償金の支払いが明らかになったことはなかった。

 和解、賠償金支払いは、被害者から出されていた訴訟を担当する判事によって承認される見通し。これによって、訴訟は決着し、同大司教区の財政破綻・再建策は進展を見ることになる。大司教区事務局によると、賠償金のうち約4000万ドルは大司教区が負担し、残りの1億7000万ドルは大司教区の保険金を充てる見通しだ。

 和解発表の会見をした同大司教区の責任者、バーナード・ヘダ大司教は「この性的虐待が、あなた方から多くのもの-幼年期、潔白、安全、信じる力、そして多くの件での信仰-を奪ったことを、確かに認めます。家族と友人たちとの関係、あなた方が所属する小教区、共同体社会での関係が損なわれ、人生が変えられてしまいました。教会はあなた方を倒してしまった。心からお詫びします」と被害者たちに陳謝した。

 一方で、自分たちが信じていた司祭たちに性的虐待を受けたと告白した被害者のうち会見に応じた人たちは、和解を歓迎するものの、性的虐待のトラウマは生涯、消すことはできない、と語った。12歳の時に被害に遭った女性は、何回も虐待を受けたことで、母である喜びを妨げられた、と悲しみを訴えている。

 被害者代表の弁護人によると、性的虐待を行ったと確認できた司祭は91人にのぼる。

 聖職者による幼児などへの性的虐待は欧米を中心に数十年にわたって続いていたが、教会上層部の隠蔽もあって明るみにされなかった。米ボストン・グローブ紙が2002年1月に、ボストン大司教区の司祭が過去30年にわたって六つの教会で延べ130人の児童に性的虐待を行って訴訟を起こされたこと、教会は本人を他の教会へ異動させただけで、何らの対策もとらず、事態を悪化させてきたと、を特報し、これをきっかけに一挙に世界中で表面化、アイルランド、メキシコなどカトリック国をはじめ、イギリス、ドイツ、オランダ、スイスなど欧州全域、さらにオーストラリアなどでも被害の訴えや、教会を相手取った訴訟が相次ぎ、米国やアイルランドなどで司教が引責辞任に追い込まれる事態になっている。

 教皇フランシスコは2013年3月の就任以来、全力を挙げて、実態の解明と責任の明確化、再発防止策などに取り組んでいるが、教皇の肝いりで設置した対策委員会で性的被害者代表の委員が一部のバチカン官僚の非協力に抗議して辞任したり、ごく最近では、チリの教会が聖職者の性的虐待問題で大揺れとなり、司教団31人全員が教皇に辞表を提出するなど、教会の信頼回復には程遠い状態だ。

 

 

2018年6月6日

・バチカン教理省長官が「女性司祭問題」巡り、有力枢機卿を暗に批判(Tablet)

(2018.6.1 Tablet Christa Pongratz-Lippitt , Christopher Lamb)

 バチカン教理省長官のルイス・ラダリア・フェレール大司教(28日に枢機卿に昇格)が先月末、カトリック教会における女性の司祭叙階の可能性を改めて否定する声明を出したが、これによって、欧州の有力カトリック指導者、クリストフ・シェーンボルン枢機卿が最近明らかにしたこの問題についての立場と真っ向から対立することが、明確になった。

 教理省は5月30日付けバチカンの日刊紙L’Osservatore Romanoに声明を掲載、女性を司祭に叙階できないことに疑問を表明することは「信徒の中に深刻な混乱を引き起こす」と”警告”していた。声明は「『Ordinatio Sacerdotalis』(教皇ヨハネ・パウロ2世が1994年に出した使徒的書簡。女性の司祭叙階を禁じることの理由を列挙した)が示した教義の決定的な意味合い」という表題を掲げている。

 ラダリア長官は声明について、ヨハネ・パウロ2世の教えについて”疑問に対して”この声明を書くことを決意した、とし、「確定している教義を疑問視する声がいくつかの国で出ていることに対して強い懸念を持った」と書いている。さらに「これを確定的なものでないと考え、確定した”ex cathedra”(権威あるもの)ではない、将来の教皇あるいは公会議によって決定は覆すことができる、と主張されている」とし、「そうした権威に対する疑いの種をまくことは、カトリック教会の構造の一部としての司祭叙階についてだけでなく、誤りのない方法でカトリック教会の教義を教える教導権についても、信徒の中に深刻な混乱を生む」と批判した。

 ウィーン大司教のシェーンボルン枢機卿は4月1日付けの地元紙Salzburger Nachrichtenに掲載された復活祭インタビューで、バチカンの評議会を通じて(女性の司祭叙階禁止の方針の)変更の可能性について言及し、女性叙階の問題は、「バチカンの(キリスト教一致推進の)会議でのみ、明確にできる。教皇お1人で問題解決はできない。一教皇のデスクから判断を出す問題にしては、重要過ぎる」と語っていた。 記者からの「これは、女性の司祭叙階問題に限ったことか」との問いに対しては「助祭、司祭、そして司教の叙階を念頭に置いている」と述べた。

 また「女性の助祭の検討を進める指示は、教皇フランシスコの実の判断で可能か」との問いには、「良いことだとは思わない」と答え、「教会は共同体。重要な決定は共同でなされる必要がある」との判断を示した。

 さらに、このような問題を議論する会議の開催を支持するか、との問いに対しては、「教皇フランシスコが協力に進めておられる、全世界司教会議で議論するやり方を続けることを希望する。いつ開かれても歓迎する。教皇ヨハネス23世は、誰もが予想しない時が会議を開く時だ。私は聖霊に信を置いている」と具体的な考えを語った。

 これに対して、28日に正式に枢機卿となるラダリア長官は「男性のみが司祭職に就くことができるという教会の考えは誤ることのない教え。カトリックの信仰の、変わることのない、”決定的な”部分をなすものだ。「女性の司祭叙階は認めない」とする教皇フランシスコの下で出された教義に関する声明の大半で、教理省は「男性であるということは、司祭職に『欠かせない要素』」であり、カトリック教会は男性の使徒を選んだキリストの決定に”拘束”される」と述べている。

 長官は、この誤りのない教えは、司教会議や “ex cathedra”を語る司教によってだけでなく、全世界の教皇と共に歩む司教たちによって宣言されたものであり、”疑問の余地なく維持される”教義だ、とした。そして、ヨハネ・パウロ2世は『Ordinatio Sacerdotalis』を出す前に、各国の司教協議会の指導者たちに相談したこと、そして彼ら全員がこの教えを支持し、従うことを言明していたことを明らかにし、ヨハネ・パウロ2世教皇は”一人で歩く”ことをお望みにならず、”妨げられることにない、生きた伝統”に耳を傾けることを心掛けておられた、とも述べた。

 さらに、教皇フランシスコは2015年に、ヨハネ・パウロ2世は「長い長い熱心な議論」を経て、女性の司祭叙階問題に関する方針を出された、と語っており、「フランシスコは、(これに代わる)新たな教義を出さず、聖ペトロの後継者として与えられた権威をもって、いかなる疑いも起きないように、普遍的な教導権が、教会の歴史を通じた信仰の蓄積に属するものであることを公式に確認し、明白にした」と説明した。

 また、74歳の長官は、女性叙階の拒否は「(女性を男性よりも)下に置くのでなく、互いを豊かにする」ことを意味する、聖母マリアの地位の高い役割は教会の女性的、男性的両方の重要さを示すものだ、と強調し、「男女の間の違いが持つ意味と良さを理解」、違いのある中で、何を補うべきか、について苦悶、努力することは、現代の文化において、これまでよりもさらに重要だ、と強調した。

 教皇フランシスコご自身は、教会における女性の役割を高めることに努力されており、2016年8月には、女性の助祭について調査・検討する委員会を設置した。だが、この委員会のリーダーはラダリア長官であり、バチカンの関係者の間では、女性の助祭を認める動きに先んじて、司祭職に関する教えを強化する方向で、長官が介入するのではないか」との観測が出ている。

 2009年に、前教皇ベネディクト16世は助祭の役割と司祭職に明確な一線を引くる法的指示を出し、助祭は教会に奉仕するが、”キリストの権威”に与ることのできるのは司祭、司教である、と「司祭は”キリストの位格”において行動する」としたカトリック教会の教えに沿った判断を示している。助祭職と司祭職の区別の明確化は、助祭職に女性を認める可能性を開く一方、司祭職からは決定的に女性を排除することになる。

 ラダリア長官はこう書いている-「キリストはこの秘跡を12人の弟子-すべてが男性-に授けると判断された。そして、彼らは別の男たちにそれを伝えた。教会は常に、主のこの決定を守ってきた-司祭職を女たちに授ける可能性は除かれている」と。

 1975年に、当時の教皇パウロ6世が、英国国教会のドナルド・コガン・カンタベリー大主教に送った手紙で、女性の司祭叙階に反対を表明した近代で最初の教皇として、こう書いていた-「きわめて基本的な理由から、女性を司祭に叙階することは認められない」。これに対して、大主教は教皇に返書を送り、英国国教会では、女性の司祭叙階を支持する意見で一致しつつある、と説明していたが、現在、英国国教会では、女性が(司祭となっているのはもちろん)指導者の中で最も高い地位に就くに至っている。

 過激な運動組織、We Are Church International (WACI) はこのほど、女性をカトリック司祭に叙階するのを禁じるのは「決定的な性質に由来するもの」であり「信仰の蓄積に属する真実」とするラダリア長官の主張に強く反対する声明を出している。

 

(翻訳・「カトリック・あい」南條俊二)

(Tabletはイギリスのイエズス会が発行する世界的権威のカトリック誌です。「カトリック・あい」は許可を得て翻訳、掲載しています。 “The Tablet: The International Catholic News Weekly. Reproduced with permission of the Publisher”   The Tablet ‘s website address http://www.thetablet.co.uk)

 

 

 

 

2018年6月5日

・中国、北朝鮮…強まる教会、信徒迫害-米国務省「信教の自由年次報告」で-米朝首脳会談で提起

 米国務省が5月29日、世界各国の信教の自由の現状に関する2017年版報告書を発表、「信教の自由をめぐる世界の状況は、その自由侵害の深さと幅広さで一段と悪化」し、 信徒に対する露骨な暴力的振る舞いが、虐殺、無実の人々の殺害、祈りの場の全面的な破壊など、残虐さを強めており、”通常”の虐待が行われても目立たなくなってしまっている」と悪化が進む現状を具体的な事例を挙げて説明した。

 そして、このような中で「多くの関係者は、思想、良心、宗教の自由に対する権利の侵害に麻痺してしまっている」とし、米国はじめ世界各国、国際機関などの真剣な取り組みを強く訴えている。

北朝鮮の苛酷な宗教迫害

 報告書は、信教の自由を著しく侵害している「特定懸念国」として10か国を挙げているが、その中には、アジアで中国、北朝鮮、ミャンマーが含まれており、北朝鮮に関する記述では「宗教活動に携わった人が処刑や拷問の対象になるなど『苛酷な状態』に置かれており、約8万~12万人に上る人々が、政治活動や宗教活動で政治犯収容所に拘束されているとみられる」と指摘している。同日の報告発表で記者会見したブラウンバック「国際信教の自由」担当大使は「トランプ大統領が信教の自由の問題で行動を取る」と述べ、米朝首脳会談が開かれれば、大統領がこの問題を「取り上げる」と言明。ポンペオ国務長官も記者会見で「世界における信教の自由の尊重はトランプ政権の優先課題」と強調した。

習近平主席の下で急速に強まる宗教規制

 報告書は中国についても、習近平国家主席への権力集中が進んだ昨年10月の党大会前から宗教活動への締め付けが強まり、現在も一層の規制が進んでいる、と指摘した。国別報告の中では、中国の最近の動きとして「中国は2016年に、同国の宗教者と信徒にとって暗黒の日々だった文化大革命から50周年を迎えたが、50年経った今、習近平主席の下で、中国政府は宗教あるいは信仰の自由を含む人権を脅かすような圧迫を強め続けている」と述べ、具体例として、宗教活動に対する権利の制限を定めた宗教関係規制を改定、強化し、政府による宗教教育や聖職者に対する規制・管理の強化、”不法”と判断されるいかなる宗教活動に対する罰金の多額化のほか、”国家の安全”を害する宗教を公式に禁止する語句も加えられたことを挙げている。

 また中国には2億5000万人の仏教徒、7000万人のカトリック教徒とプロテスタント、2500万人のイスラム教徒のほか、道教、ヒンズー教、ユダヤ教などの信者もいるが、このうち仏教、道教、カトリック、プロテスタント、イスラム教の五つについては限定的な宗教活動を国家管理の「愛国協会」のもとで行うこととされている。報告は、これら主要宗教のおかれた現状についても個別に記述している。

【中国におけるプロテスタントとカトリックの現状】(全文)

 2016年現在、中国政府は教会の十字架撤去、聖堂破壊の行為を継続した。2014年から2年間に浙江省だけで、当局による十字架撤去、聖堂破壊は1500か所以上にのぼっている。政府はまた、こうした行為に反対する個人にも狙いをつけている。2016年2月に、浙江省出身のプロテスタントの夫婦が、十字架撤去に抵抗したのを理由に、14年から16年の刑を言い渡された。十字架撤去や聖堂破壊は中国国内で広範になされている。

 特にひどい例は、2016年4月に、河南省で教会兼自宅が政府命令によりブルドーザーで潰されるのを防ごうととした、その教会指導者の妻が(破壊された瓦礫に埋められ)窒息死させられた、というのがある。同年3月には、政府の教会破壊行為に被害者や教会を支援する人権弁護士が秘密裏に逮捕、テレビで”罪を自白” させられた後、釈放されたが、12月にふたたび警察当局に逮捕され、2日間拘束された。

 2016年12月にはまた、警察当局が、自宅に十字架を置き、宗教関係の文書を印刷した複数のキリスト教徒を逮捕し、親たちが子供を教会に連れて行かないように脅し、ある種の宗教活動を行うのを妨げた。これより前、8月には、中国のある裁判所が、地下教会のリーダーと信教の自由の運動家に、破壊活動罪で7年半の懲役、12年半の政治的な権利はく奪の判決を下した。さらに、2017年1月に、別の裁判所が遼寧省錦州の牧師に未登録の教会で活動したとして懲役2年半の有罪判決を出した。彼は2015年12月に逮捕されていた。浙江省 崇義にある大規模の教会の前牧師が横領の疑いで逮捕され、二か月以上拘置された後、2016年3月に釈放されたものの、 崇義の教会と地方政府公認のキリスト教協議会の地位をはく奪された。省に登録されている南乐のキリスト教会の牧師は、公共の秩序を乱すために群衆を集めた、として懲役12年の刑を受け、現在も刑務所に囚われている。

 2016年に、バチカンと中国政府は、国内のカトリック司教の任命について合意しようとした。政府が任命し、バチカンが同意した司教はすでに何人かいるが、中国政府は教皇の権威に敬意を払うのを拒否しており、教皇に忠誠を誓う司教たちも投獄あるいは他の迫害を受ける危険にさらされている。合意を図ろうとする者たちは、それを70年近くにわたるバチカンと中国政府の対立関係を修復し、中国全土にわたるカトリック教会(の政府公認教会と地下教会の分立)を一本化する手段、と見ている。しかし、こうした動きに批判的な関係者たちは「バチカンは、中国政府と連携することで、(教皇に忠誠を誓ってきた)地下教会の聖職者たちと、司教を任命する教皇の権威に忠誠を誓う人々を、裏切る危険を冒している」と懸念している。

 中国政府が管理・運営するカトリック愛国協会の2017年12月の会合で、政府当局代表が、”sinicization(中国化)”、社会主義、そして外国の影響からの独立、の必要を強調した。これは、バチカンとの合意を目指す政府の試みと矛盾することのようである。合意の見通しが、2016年11月に教皇から破門されていた司教をバチカンと中国政府が認めた司祭叙階式に参加したことで、切迫しているようだからだ。

【法輪功の現状】(抜粋)・・性的暴力、拷問…臓器摘出はキリスト教徒など他宗教の人々にも狙い

 法輪功の中国における活動は、中国政府が同団体を「悪のカルト集団」と決めつけ、1999年にすでに禁止されており、活動を続けようとする人々は厳しく弾圧されている。強制収容所や刑務所に入れられ、あるいは行方不明になっている。逮捕された人々は精神科を含む医療の実験などに使われたり、性的暴力、拷問、そして臓器摘出などの対象にされている。2016年6月にNGO「中国における臓器略奪を止めさせる国際連携」が発表したところによると、中国では毎年、6万件から10万件の臓器移植がされている。臓器摘出は、しばしば本人の同意無しで行われており、特に法輪功関係者で処刑された者、収監されている者がその対象となっているが、ウイグル人イスラム教徒、チベット仏教徒、キリスト教徒の個人も狙われている。

(翻訳「カトリック・あい」南條俊二)

2018年6月2日

・命を守るのはキリストの弟子としての使命-妊娠中絶合法化・国民投票可決でアイルランド教会

(2018.5.27 Crux 

  アイルランドの国民投票で26日、妊娠中絶の合法化が多数を占る結果が出たが、これを受けて、同国のカトリック教会の指導的立場にある大司教二人が27日会見し、教皇フランシスコから授かった”キリストの弟子として使命”(マタイ福音書28章19節三章)に沿った「命をつなぐ目」をしっかりと持ち続けるように、信徒たちに求めた。

 北アイルランド・アーマー教区長のエイモン・マーチン大司教は三位一体の祝日の27日、アイルランド南東部、クノックの聖母出現の聖堂で記念ミサを捧げ、その中の説教で、教皇フランシスコの使徒的勧告「福音の喜び」を取り上げ、「宣教とカギとなる司牧は、『自分たちはいつもこうやっている』というような自己満足の態度を捨てることにあります-福音を伝えることに勇敢で、創造的であるように一人ひとりを招いているのです」と教皇の言葉を引用した。

そして、「金曜日の国民投票の結果は、私たちがアイルランドの新たらしい時代、変化した文化の中に生きていることを、改めて示しています」と述べ、「カトリック教会にとって、それはまさに、宣教の時、新たな福音宣教の時なのです」と強調した。

 国民投票では、投票総数の66パーセントを上回る有権者が人工妊娠中絶の合法化を支持した。このことは、この国におけるカトリック教会の影響力が消滅しつつあるサインだ、とする見方が広まっている。

 マーチン大司教は「国民投票で反対票を投じた方々と同じように、私は、アイルランド憲法から胎児の生きる権利を消し去る選択がされたことを、深く悲んでいます。この国は、妊娠中絶の自由化が立法化される背戸際に置かれることになったのです」「私が強く懸念するのは、この投票結果が『すべての人間の命が平等である』『生まれてからも、生まれる前も、すべての人間には生来の価値と尊厳がある』という社会の基本原則を阻害しかねない意味を持つことです」と指摘した。

 だが、この結果を見て、私たちカトリック教徒は意気消沈することがあってはならず、「今こそ私たちが活動する時、信じる時。福音を伝え、福音の真実を教える、私たちの時なのです」と訴え、教皇フランシスコの最新の使徒的勧告「 Gaudete et Exsultate」から引用して、人の命の聖性を説き続けるように、会衆に強く求めた。「罪のない胎児を守るために、明確な、強い、そして熱烈な意思を持たねばなりません。危機に瀕しているのは人の命の尊厳、それは常に聖なるものであり、成長にいかなる段階においても、互いに対する愛を求めています」。

 教皇フランシスコは、今年8月に、家庭のための世界大会出席のため、アイルランドを訪問するが、今回の国民投票の結果は、訪問を通じて大きな関心事項となるとみられる。

 27日にアイルランド中東部、メイヌースの聖パトリック神学校で助祭叙階式を主催したタブリン教区長のディルムッド・マーチン大司教も、説教の中で教皇フランシスコの著作から引用して、堕胎への反対も含む「pro-life(生命尊重)派」であることの意味に注意を促すとともに、さらにその先に話しを進めた。

 大司教は「私たちがイエスの真の弟子たちとして生きることのできる唯一の道は、愛において彼に応え、どこにいても愛の風土を創ることにあります」「国民投票を結果が出た後、アイルランドの教会は、命を支持する決意を新たにしなければならない。教会は『pro-life』であること-言葉、声明、宣言だけではなく、行いにおいて『pro-life』であるこ-が求められています。成長のあらゆる段階での人間の命に対するイエスの愛を込めたいたわりを映した教会であることが必要です」と述べ、さらに「愛を込めたいたわりには、大きな課題に直面し、出産という困難な選択に迫られる女性たちを助けるための支援も含まれます」と説明。

 さらに「『Pro-life 』は暴力で命が脅かされている人に寄り添うこと、経済的な困窮、ホームレス、社会から無視された状態に置かれ、まともな暮らしができなくなっている人に寄り添うことを意味します。私たちのすべての暮らしの中で貧しい人々への特別な愛-イエスに従う人のしるし-を、徹底的に見つめなおすことも意味するのです」と述べ、「明日の教会を作り直すことは、その起源の根本的な再発見にあります」と強調した。

(翻訳「カトリック・あい」南條俊二)

・・Cruxは、カトリック専門のニュース、分析、評論を網羅する米国のインターネット・メディアです。 2014年9月に米国の主要日刊紙の一つである「ボストン・グローブ」 (欧米を中心にした聖職者による幼児性的虐待事件摘発のきっかけとなった世界的なスクープで有名。映画化され、日本でも昨年、全国上映された)の報道活動の一環として創刊されました。現在は、米国に本拠を置くカトリック団体とパートナーシップを組み、多くのカトリック関係団体、機関、個人の支援を受けて、バチカンを含め,どこからも干渉を受けない、独立系カトリック・メディアとして世界的に高い評価を受けています。「カトリック・あい」は、カトリック専門の非営利メディアとして、Cruxが発信するニュース、分析、評論の日本語への翻訳、転載について了解を得て、掲載します。

アイルランド中絶容認 賛成派が66・4%で勝利

 有権者数は約336万人。投票率は64・1%で、国内40選挙区のうち北部の1選挙区を除いて全域で賛成が上回った。

 バラッカー氏は「静かな革命が起きた。アイルランドの歴史的な日となった」と声明を発表、「(中絶のために)女性が1人で海外に行くことも、恥と思うことも、孤独を感じることもない」と述べた。選挙戦では国内で女性が医師の指導や処置を受けられる環境づくりが重要だと訴えた。

 公共放送RTEによると、中絶を容認する法案は最終的には議会の承認が必要となるが、主要政党の党首は賛成を支持しており反発は少ないとみられる。

 カトリック教徒が多数を占め西欧で最も保守的とされるアイルランドでは、1995年の国民投票で離婚を、2015年の国民投票では同性婚を合法化。昨年6月に同性愛者を公言するバラッカー氏が首相に就任するなど、近年は社会の変化が急速に進んでいる。

2018年5月28日

・オーストラリアの大司教、幼児性的虐待隠蔽で有罪(Tablet)

Archbishop found guilty of concealing child abuse

Archbishop Philip Wilson leaves Newcastle Local Court on May 22, 2018. He has been found guilty of concealing historical child sexual abuse
AAP Image/Peter Lorimer

(2018.5.22 Tablet  Mark Brolly)

 オーストリアのニューキャッスル地方裁判所のロバート・ストーン治安判事が22日、アデレードのフィリップ・ウイルソン大司教(67)に対して、同僚司祭による幼児性的虐待を隠ぺいしたとして、有罪判決を下した。

 判決主文は59ページにわたり、その中で、ウイルソン大司教は、同国ニューサウスウエールズ州のメイトランド-ニューキャッスル教区で司祭を務めていた1970年代に、同僚のジェームス・フレッチャー神父による幼児性的虐待を知っていたにもかかわらず、隠蔽した。

 大司教は、幼児性的虐待の隠蔽で有罪判決を受けたカトリック司祭としてはこれまでで最高位で、6月19日に二年を上限とする刑期が確定する。判事には刑の執行を猶予する判断が可能だが、検察側は禁固刑とすることを求めている。刑の宣告に出席することを条件に、現在は保釈中だが、2001年から南オーストラリア州の州都アデレードの教会の指導者だった大司教が現在の地位にとどまるかどうかは、まだ明らかでない。

 今回の裁判は昨年11月28日に始められる予定だったが、大司教がアルツハイマーであるとの診断が示され、現地の病院で改めて診察した結果、裁判に耐えられるとの医師の判断が出て、12月のクリスマス前から公判が続けられていた。

 有罪判決について、ウイルソン大司教は「はっきり言って失望している。判決理由をよく検討し、今後の対応について詳細に相談しなければならない。現段階では、それ以上のコメントは控えたい」と語った。

 オーストラリア司教協議会会長のマーク・コラリッジ大司教(ブリスベーン教区)も判決後、声明を出し、「ウイルソン大司教は本日、幼児性的虐待の訴えについて警察当局に告知しなかったとして有罪判決を受けた。大司教は、公判中、無罪を主張し続けてきた。彼が上訴するかどうかは、まだ明らかでない」としたうえで、「他の組織と同様、カトリック教会は幼児性的虐待の悲劇について多くを学び、子供たちや弱い大人たちを守るためのプログラム、政策、手続きを強化してきた。教会と司牧にとって、彼らの安全を確保することは極めて重要だ」と教会の幼児性的虐待問題に対する姿勢を改めて確認した。

 今回の判決にあたり、ストーン判事は、被害者の元侍者の少年(当時)がフレッチャー神父から性的虐待を受けたとする証言は真実であると判断できるとした。公判で、被害者の元少年は、同司祭が当時10歳だった彼に、罰を与えるとして性的虐待に及んだことを5年後の1976年に、当時イースト・メイトランドの聖ヨゼフ教会の先任司祭だったウイルソン現大司教に知らせた、と証言している。

 この証言に対して、大司教は1976年当時15歳になっていた被害者とのやり取りを思い出せない、と消極的にこれを否定したが、判事は「被害者には、そうしたやり取りについて嘘を宣べる動機も理由もない」とこの主張を退けたうえ、「大司教は被害者の家族を知っており、彼の訴えが信頼できることが分かっていた」とし、提訴は「教会とその評判を守ることを願っての事」と述べた。ただし、判事は、大司教がこの性的虐待に直接関わっていないこと、2006年に獄死したフレッチャー神父が彼の了解をえていなかったこと、については大司教の主張を認めている。

 所轄のニューサウスウェールズ警察のピーター・フォックス元警部は、これまで教会が神父の犯罪を隠していた、と主張し続けてきたが、教会内部の人間も応分の責任を取らねばならないことが明確になった、として今回の有罪判決を歓迎、「この判決は大きな転機になる。これまでは、証言をすることさえ難しかった。どれほど難しいが言い表すことができないくらいだ」とオーストラリアAPに語った。「この判決がバチカンに波を起こすと確信している」。

 聖職者による性的被害者の一人、ピーター・ゴガティー氏は、判決が出された22日は「オーストラリアの歴史で刑法に関わる最も重要な日となる」とし、こう語った。「子供たちを狼の群れに放り込むような組織を意図的に擁護するような人々を告発する司法の扉が開かれた。この国と他の国々のすべての被害者のために言いたい。このような被害をもたらした人々が償いをする日が来て、ほんとうにほっとしました。今回の判決で禁固刑が決まる方向にあることを歓迎しています。私たちは性的虐待を受けた子供たちについて話している、そして大司教はそのことを知っていた-だから、彼を禁固刑にすることを求めているのです」。

 ウイルソン大司教は1975年に司祭に叙階され、米国で博士課程の勉強をした後、メイトランド-ニューキャッスル教区で司牧活動をし、教皇ヨハネ・パウロ二世からシドニー南部、ウオロンゴン教区の司教に任命され、5年後にアデレード大司教に昇進。2006年から2012年までオーストラリア司教協議会の会長を務めた。

 (翻訳・「カトリック・あい」山田恵子・南條俊二)

(Tabletはイギリスのイエズス会が発行する世界的権威のカトリック誌です。「カトリック・あい」は許可を得て翻訳、掲載しています。 “The Tablet: The International Catholic News Weekly. Reproduced with permission of the Publisher”   The Tablet ‘s website address http://www.thetablet.co.uk)

 

 

 

 

 

 

2018年5月23日

・「教会の現状に合った教区の合併・再編成の検討を」-教皇、イタリア司教協議会総会で

イタリア司教協議会総会で話す教皇フランシスコ、バチカン・シノドスホール – REUTERS

(2018.5.22 バチカン放送)

 イタリア司教協議会の第71回定例総会が21日から4日間の予定でバチカンのシノドスホールで開 かれ、教皇フランシスコは初日に出席され、開会の言葉を述べられた。

 教皇は冒頭で、聖霊降臨の翌日にあたるこの月曜日は、今年から典礼暦に加えられた「教会の母マリア」の日であることに言及。「教会の歩みをマリアが母として見守ってくださるように」と祈られた。

 そして、討議を助けるものとして、今日の教会のいくつかの問題を示され、「召命の危機」「福音的な清貧」「教区間の再編成」などのテーマを司教らと分かち合われた。

 このうち「召命の危機」については、その原因を、人生の決定を回避する「暫定性」の文化、相対主義、お金を第一とする傾向、出生率の低下、また教会のスキャンダルや「信仰の証しの生ぬるさ」などの中に見つめられ、「何世紀にもわたって、多くの司祭や修道者、宣教師を生み出してきたこの地とヨーロッパ大陸が、効果的な対策を得られないままに、召命不足に苦しむのを見ることは悲しいことです」と述べられた。

 こうした中で、「できることから始める」ように勧められ、その具体策として、「召命の豊かな教区と不足している教区間での司祭の交換」などを提案された。

 また、福音的貧しさについて「清貧は、使徒的生活の母であり、壁です。清貧は使徒的生活を生み、そして守るからです」と語り、教会の財政のあり方と透明性を訴えられた。

 最後に、司牧の要請と教区の機能向上に対応するために、人口や司祭数、施設の分布、運営の効率などを考慮した上で、「教区の合併など、管轄地区の再編成の可能性を探る」ように促された。

(バチカン放送日本語版をもとに「カトリック・あい」が編集)

2018年5月23日

・干ばつが招く食料不足、栄養不良、貧困、テロ-西アフリカ・サヘル地域

 (2018.5.17 国連WFP日本レポート)

【日本人職員に聞く】モーリタニア、津村康博さん

モーリタニアやセネガル、マリなど西アフリカ・サヘル地域の国々は毎年、収穫期直前の6~9月に、最も食料が足りなくなる季節「リーン・シーズン」を迎えます。人々の栄養状態もこの時期に極端に悪化し、毎年のように緊急の食糧支援が実施されてきました。特に今年は干ばつや紛争、食料価格の高騰によって、過去数年で最も厳しい飢餓状態に見舞われる恐れが強まっています。

 

 国連WFPモーリタニア事務所の津村康博副代表は、「イスラム過激派の活動地域に近いこの地域では、食べられなくなった人々が土地を離れることで、貧困に陥って過激思想に染まり、テロや内戦に加担する悪循環を引き起こしかねない」と警告しています

 モーリタニアの生産物で、日本人にとって一番身近なのは「たこ」。スーパーでも同国産のたこを良く見かけるはずです。大西洋に面したこの国から、日本人の食べるたこの3割近くが輸入されています。

 国としての主産業は牧畜です。国土のほとんどが砂漠で、わずかに緑の育つ南部に住民が集中しています。昨秋以降は雨の量が非常に少なく、津村さんは「昨年10月の衛星写真でも、植物が育つはずの場所に緑がなかった。近年で最も干ばつがひどかった2012年と、同じくらい深刻化する恐れがあります」と話します。

「特に困るのは、牧畜業や農家の人です。草が育たず、家畜の飲み水もない。家畜はやせ細って、現金収入にならない。生活必需品を売ってさらに蓄えを減らす人もいるし、牧畜や農業を放棄してフランスやスペインに出稼ぎに出たり、別の土地へ移ったりする人もいます」

 このため多くの集落は住民が減り、消えようとしています。集落がなくなれば土地は荒れ、さらなる砂漠化の進行を招く恐れもあります。農作物の生産も減るため、十分な食料を得られなくなった若者の一部が、隣国のマリや、中東シリアの武装勢力に引き寄せられるリスクも高まります。「サヘル地域では、食料不足が国家の安定に密接にかかわっているのです」

 またモーリタニアは、内戦などで政情不安に陥ったマリから5万人以上の難民を受け入れています。流入する難民の数は今年も増加しており、1月以来、新たに4000人が入国しました。

マリ難民の子どもたち Photo/WFP: Agron Dragaj

津村さんが出会った難民の中には、精神的な傷を負った元戦闘員や麻薬の運び屋、麻薬中毒の子どもなどがいたそうです。

「彼らは戦闘から逃げる中で親と離れ離れになり、誘拐されたり、飢えたりして仕方なく違法な仕事をしたと話していました。何もせずに支援を受けるより、マリに戻って麻薬の運び屋をした方が儲かる、と話す若者もいました。難民たちも、犯罪と紙一重の危うい状況にいます」

マリやセネガルも厳しい「リーン・シーズン」に見舞われています。津村さんは「モーリタニアは国境線が砂漠地帯にあり、簡単に越えられるため、周辺国の影響を受けやすい。干ばつ対策と食料の確保は、国内に内戦やテロを波及させないために必要な投資でもあるのです」と訴えました。

 

        国連WFPは砂漠化を食い止めるため、緑化も支援。 Photo/WFP: Agron Dragaj

  国連WFPは6~9月にかけて、モーリタニアで食糧支援を必要とする人が53万人に達すると予測し、支援規模を拡大しています。4月末に6万4000人だった食糧支援を、6~9月には約31万人に増やそうとしていますが、資金難で5月現在、22万人に留まっています。さらに、増え続ける難民への対応も迫られています。

 津村さんは、日本の支援者に対し「ヤマハ製、あるいはヤマハ製を模した漁船がとても多いこともあってか、モーリタニアは親日的な人が沢山います。紛争地のシリアやイエメンの陰で、忘れられがちなサヘル地域の干ばつの問題にも、ぜひ目を向けてください 」と呼び掛けています。

 サヘル地域6カ国では、計160万人の子どもたちが重度の急性栄養不良に陥る恐れがあり、500万人が食糧支援を必要としています。干ばつに苦しむ子どもたちに、ご支援をお願い致します。

 ・お電話でのご寄付:国連WFP フリーダイヤル 0120-496-819(9:00~18:00/通話料無料・年中無休)※携帯電話・PHSからもつながります=ご寄付の方法:クレジットカード(カードをお手元にご用意ください。)

・国連WFPへのご寄付は、認定NPO法人国連WFP協会が窓口となります。皆様からのご寄付は、税制上の優遇措置の対象となります。

 

2018年5月17日

・英国国教会第三位の高位聖職者・ロンドン主教に初の女性就任

(2018.5.13 「カトリック・あい」)英国国教会で第三位の高位聖職者であるロンドン主教に女性が初めて選ばれ、就任式が5月12日、ロンドンのセントポール大聖堂で行われた。

 英国国営放送BBCによると、ロンドン主教区の第133代主教に就任したのはサラ・マラリー師(56)。これまでデボン州のクレディトン主教、ソールスベリー・カテドラルの財務責任者などを歴任していた。ロンドン主教就任は、前任のリチャード・チャーターズ師が2017年2月に退任したのを受けたもの。ロンドン主教は、カンタベリー大主教、ヨーBishop Sarah Mullallyク大主教に次ぐ英国国教会の第三の高位聖職者の地位。また、女性主教が英国国教会で公式に認められたのは2014年だった。

 マラリー新主教は2005年に、看護師、助産師としての指導的な活動が評価されて大英帝国勲章で二番目のDame Commander(司令官騎士)を叙勲されており、就任式は、同国の看護師フローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなんで制定された「国際看護師の日」の12日が選ばれた。

 就任式で、新主教は、150年前の今週、参政権拡張論者たちが、ちょうど自分が座っているロンドン主教の席の下に爆弾を仕掛けたことを取り上げ、現在ロンドンが直面している問題、特にナイフによる犯罪の激化、さらに教会で長く後を絶たない性的虐待問題に言及した。そして、「盲従と力の乱用に立ち向かう文化」、性的虐待の犠牲者の声を聴く必要を訴え、「母親たちが自分の子供たちの血を歩道から拭わねばならないような、暴力と犯罪に立ち向かうと、全ロンドンのために宣言する必要があります」と強調した。

 

 

2018年5月15日

・エルサレム旧市街のキリスト教会へ脅威高まる

 (2018.5.9 「カトリック・あい」) 英紙ガーディアンの現地特派員が伝えるところによると、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教の三大宗教の聖地であるエルサレムで、とくにキリスト教徒に対するユダヤ教徒強硬派の圧力が強まっている。現地の教会指導者たちによると、司祭たちが暴言を吐かれたり、唾を枯れられたり、教会の施設が破壊されたりする被害が目立ってきた。

 教会関係者によると、現在三つの脅威に直面している―ユダヤ人入植者が起こす激しい摩擦、エルサレム市による予告なしの課税、そして教会の土地を民間土地開発業者に引き渡すようにとの圧力―だ。

 この問題について、エルサレムのギリシャ正教会主教でキリスト教各派のリーダーでもあるテオフィロス三世はガーディアン紙に「現在、教会は、入植者のある集団の手の中で、もっとも厳しい脅威に直面しています。彼らは、エルサレムのキリスト教共同体社会の存在を削り取ろうと策動を続けている。彼ら過激派は高度に組織化されており、昨年以降、多くの教会と聖なる場所が冒涜され、破壊の被害に遭っており、司祭たちや信徒たちから襲撃を受けたとの報告が増えています。だが、当局はほとんど何もしてくれません」と嘆いた。旧市街の城壁の外、シオンの丘の教会所有の”緑の園”も荒らされており、樹木が抜き去られ、ごみが撒かれ、石には落書きがされ、聖霊降臨教会の内部にはペンキがかけられた、と言う。

 (カトリック教会の聖地でもある聖墳墓教会に危険が‥‥=「カトリック・あい」南條俊二 撮影)

 

 

2018年5月9日