*アフリカの子供たちの45%が飢餓で死亡、早急な対策実施を-国際NGOが訴え

(2019.6.22 Crux Staff )

ヤウンデ(カメルーン)発ー 国際NGOのAfrican Child Policy Forum(ACPF・アフリカ子供政策フォーラム)は、このほど発表したアフリカの子供たちの食糧事情に関する報告で、アフリカの子供たちの45%が飢餓によって死亡しており、さらなる状況の悪化が危惧されている、と警告。「飢餓は子供たちの健康を害し、学ぶ意欲を奪い、社会に出ても、健康な同年代の子供たちと同等の収入を得ることが困難になる」として、各国政府など関係者に具体的対応を訴えた。

 報告によると、最近のアフリカ大陸の経済成長にもかかわらず、約6000万人の子供たちに十分な食料が与えられずにいる。 アッセファ・ベケレACPF常任理事は「これには、『政治的な無関心』『無責任なガバナンス』『経済的管理の不備』が密接に関係している。現状は全く改善されていない。調査結果は、子供たちの飢餓は、『極度の貧困』『経済成長の不均衡』『性差別』『破壊された食糧システム』によるもの、と明確に結論付けています。アフリカは従来以上に食糧生産をしていますが、事態は改善されていません」と述べた。

 報告では国名を明記していないが、マラウイの子供たちの栄養状態は非常に悪く、子供たちの死因の半分が飢餓。ザンビアでは子供の40%が発育不全で苦しんでいる、という。両国で活動しているカトリックの国際支援組織、カリタスの関係者たちは、こうした現状を「『貧しい人の問題』ということで、無視され黙認され、悲劇が続いているのです… 21世紀の今日、アフリカで今なおこどもたちが飢餓に直面している。その状況は悪化しています」とCruxに訴えている。

 カリタス・マラウイのマーシー・チランボ 氏は「報告は、飢餓と政策課題と政治との関連を示している…飢餓は劣悪な公衆衛生にも関係があります」と語り、「妊娠中あるいは育児中の母親が十分な支援を得られないことは、特に彼女たちの多くが住む地方で重要な問題です。食物の栄養に関する正しい知識の不足、穀物生産の多様化が進まないことが、問題を悪化させています」と指摘。「栄養不良は、最後発途上国、後発途上国の地方の子供たちに偏在しています」と話した。

 カリタス・ザンビアのムサンバ・ムバンガ氏は「子供の栄養不良は、主に特に地方の家庭への食糧供給が不安定なことに原因があります」「大部分の家庭が一日一食で、しかも食事の内容は貧弱」と指摘し、「ザンビアでは、栄養的に偏りのない食事をどうやって実現するかが、大きな課題です。子供たちは栄養的にバランスの取れた食事をしていません。乳幼児と児童の食料ガイドラインによると、生後6か月から23か月の幼児でバランスの取れた食事をしているのは全体の二割、に過ぎず、「女性と幼児、特に授乳期の乳児に対する対応が不十分」だという。また、慢性栄養不良が続く主な原因は「きれいな水が手に入らないこと」にもある、と説明した。

 今回の報告は「紛争地帯と気候変動に関連した問題が、アフリカの飢餓の危機の核心になっている」ことも指摘している。アフリカの5歳以下の栄養不良の子供たちの75%が「紛争で荒廃した地帯」に住み、子供の栄養不良の割合は「紛争が長期化している地域が、そうでない地域の2、3倍」に上っているとし、2年前にエチオピアで800万人、マラウイで500万人、ジンバブエで400万人、ケニアで300万人が深刻な食糧危機に見舞われたが、その原因は「危機的な気候変動に関係する問題」にある、としている。

 チランボ氏は「アフリカに、さらなる貧困削減と女性支援の政策を導入する必要」があり、単に政策を立てるだけではなく、実行しなければならない。大部分の国で、政策は良くても、なかなか実行されないところに問題があります」と言った。そして、こうした問題を克服するため、カリタス・マラウイは「農業に焦点をあて、地方の家庭が十分な食料を確保できるように、現地の共同体で継続可能な農業多角化を進める支援プロジェクトを実施しています」と説明。

 「家族が自分たちの収穫では足りない食料を市場を通して補うことが確実にできるように、『農村貯蓄・融資』制度も含めた支援を実施。栄養不良を無くすために、栄養のバランスの取れた食事をどのようにしたら作ることができるか、多くの人に知ってもらおうと、男女を対象とした料理の講習にも取り組んできました」と、多様な対応を、関係者たちが見習うよう求めている。

(翻訳「カトリック・あい」田中典子)

・・Cruxは、カトリック専門のニュース、分析、評論を網羅する米国のインターネット・メディアです。 2014年9月に米国の主要日刊紙の一つである「ボストン・グローブ」(欧米を中心にした聖職者による幼児性的虐待事件摘発のきっかけとなった世界的なスクープで有名。映画化され、日本でも昨年、全国上映された)の報道活動の一環として創刊されました。現在は、米国に本拠を置くカトリック団体とパートナーシップを組み、多くのカトリック関係団体、機関、個人の支援を受けて、バチカンを含め,どこからも干渉を受けない、独立系カトリック・メディアとして世界的に高い評価を受けています。「カトリック・あい」は、カトリック専門の非営利メディアとして、Cruxが発信するニュース、分析、評論の日本語への翻訳、転載について了解を得て、掲載します。

・・ Cruxは優れた報道を続けるために、読者に対して、以下のように「少額でも構いません」と資金援助を求めています。「カトリック・あい」も、どこからも圧力を受けずに報道を続けるために、困難な財政状態の中で頑張っている立場から、彼らの声を共有しています。Cruxへの資金援助にご協力ください。

Crux is dedicated to smart, wired and independent reporting on the Vatican and worldwide Catholic Church. That kind of reporting doesn’t come cheap, and we need your support. You can help Crux by giving a small amount monthly, or with a one time gift. Please remember, Crux is a for-profit organization, so contributions are not tax-deductible.

2019年6月24日

・「中国は、無実の人間の臓器摘出に加担している」-民間法廷が”有罪判決”(BitterWinter)

https://jp.bitterwinter.org  「中国の政治犯からの強制的な臓器摘出に関する独立人民法廷」が今週、「中国が以前から無実の人間の臓器摘出に加担している点は反論の余地がなく、また、どのような立場にせよ中国と取引を行っている者は『犯罪国家』と取引していることを認識するべきだ」とする最終判決を発表した。

 同法廷は、中国での臓器移植濫用停止(ETAC)国際ネットワークにより、中国の 法輪功 の学習者に対する弾圧及び臓器摘出に関する情報を検証するため、英国内外の識者を集めて開設された。識者には証拠を客観的に精査し、中国が刑事犯罪に及んできたかどうかを判断する役目が与えられ、昨年12月と今年4月に合わせて5日間にわたって審理が行われた。

民衆法廷の判決を言い渡す勅選弁護士のジェフリー・ニース(Geoffrey Nice)卿。民衆法廷の判決を言い渡す勅選弁護士のジェフリー・ニース(Geoffrey Nice)卿。

 判決の発表は、ハーグ国際犯罪法廷で検察官としてユーゴスラビアのミロシェビッチ元大統領を訴追したジェフリー・ニース卿によって、犠牲者、医療及び法律の専門家、市民、通訳、記者、そして、臓器摘出・取引の証人など200人以上を前に行われた。

 会見で、ジェフリー・ニース卿は、この法廷の独立性を強調し、「中国政府が黙秘を貫き、臓器取引における役割に関する抗弁を拒否したものの、判決を下すうえで充分な、言い逃れのできない証拠が存在する、と判断した」などと説明した。

 信頼の置ける証拠

 具体的な証拠とは、中国の医師と病院が希望者への臓器提供までに要する期間が異常に短いこと、政府及び病院が公表する自発的な臓器提供数を臓器移植手術回数が大幅に上回っていること、任意臓器提供プログラム計画が実施される前に「臓器移植手術の施設と医師の大規模なインフラ整備」が行われたこと、など。強制的な臓器摘出が中国全土で数年に渡り大々的に行われてきたこと、も確認されたとしている。

 重要な証人の一人で、存命中の受刑者からの臓器摘出を求められたことがあるエンヴェル・トフティ医師は判決後、「中国及び臓器摘出の取り組み」に明確な有罪判決が下った、とし、この判決を「人権保護活動の勝利」と歓迎した。

 法廷は、中国での臓器摘出の主なターゲットは「法輪功の学習者」だが、 新疆ウイグル自治区 の ウイグル族 の男性、女性、そして、子供のDNAが2017年から集められており、これが”ドナー候補者”のデータベースとなって、「臓器摘出の証拠が今後、現れる可能性がある」とも警告した。現在、中国当局によって、推定300万人のウイグル族が通称 「教育による改心」のための強制収容所 に拘束されている点は、ウイグル族がとりわけ弱い立場にある。

 今回の判決では、「中国の臓器移植産業に関連する大規模なインフラが廃止された証拠はなく、また、『容易に入手可能な臓器の調達先』に関する満足のいく説明がないため、強制的な臓器摘出は現在も行われている」と指摘した。

法輪功に対する取り組み

 法輪功運動を排除する意図を示す明確な証拠が判決の報告書の中で提示されていた。報告書は、法輪功の学習者が「真実、思いやり、そして、忍耐」を追求する無害な活動を行っていると説明していた。中国共産党 の元指導者の江沢民(ジャン・ゼミン)による同団体に対する卑劣な粛清の詳細は衝撃的であり、法輪功の学習者に対する残虐行為の意図を証明していた。

 1998年、李嵐清(リ・ランチン)国務院副総理は、「法輪功の評判を傷つけ、財政的に崩壊させ、肉体的に破壊」することを求めた江沢民主席の指令を公表した。2001年、江沢民主席自身も「撲殺しても問題ない。殴打の末に障碍者になったら自傷行為者として数えること。死亡したら、自殺者と数えること」と述べていた。

 法廷は、法輪功に危害を与える明らかな意図から、「中国は法輪功をいかなる運命にも容易に導くことができる」と断定し、「中国は法輪功の学習者を国内の病院が利用可能なドナーとして活用することは容易で、要望に応じて強制的に臓器を摘出する可能性がある」「強制的な臓器摘出の調達先、恐らくは主要な調達先として法輪功が利用されたことを確信」していると指摘した。

 脳死の公式な立証を行わずに臓器を摘出した証拠、法輪功の受刑者から生存中に臓器を摘出したとする証言、法輪功とウイグル族の受刑者に絞った体系的な医学検査、そして、法輪功の学習者とウイグル族の人々に対する、強姦及び性的暴行を含む所定の「残忍かつ非人道的」な拷問が報告書の中で強調されていた。

 2006年と2018年に移植を必要とする患者を装い、調査目的の電話を病院にかけた結果、多くの病院が受刑者の臓器を移植に用いて

大勢の聴衆が判決を聞くために集まった。

いたことが明らかになった。法輪功の学習者を臓器調達先としていた、またはその可能性があった病院が多数にのぼり、一部の病院は調達先を明かせないことを認めていた。電話をかけた時点で、生存中の人物から臓器が提供されること、そして、急な通知であっても臓器を用意できることは明白であった。また、臓器移植を必要とする患者が中国で新しい腎臓や心臓を2週間で入手できることを示す衝撃的な証拠が民衆法廷に提出されていた。

誤解を生む中国共産党の統計データ

 中国での臓器移植の急激な増加と自発的な臓器ドナーの人数との間には説明しがたい大きな差がある。死刑執行後の受刑者から臓器を摘出する行為は、2014年には公式に中止しているものの、臓器移植は減少するどころか、増加を続けている。

 2013年3月、中国の臓器移植の能力を拡大したフアン・ジエフ氏は『広州日報紙』に対し、「2012年に肝臓移植を500回以上実施した」と自慢。北京大学臓器移植研究所の所長を務める外科医の朱継業(ズ・ジイエ)氏も、ある年に自分が勤める病院では4,000回以上の肝臓及び腎臓移植手術が実施され、政府が認めた1万2,000回の移植の33%を1つの病院で行っていたと報告していた。

 法廷は、中国政府が提供する異常なデータを点検し、政府の公式データが改ざんされていることを確信した。同法廷は、信憑性の高い年間の臓器移植手術の回数として6万回から9万回、そして、2017年の公式の適格なドナーの人数として5,146人を考慮した上で、「不可解な差」があると断定し、「組織型の臓器の別の調達先が単数、または複数存在していたはず」と結論づけている。さらに「中国政府の資料では特定されていない献体者が存在する」ことを明確に推論していた。

ジェノサイドと人類に対する犯罪

 集団殺害(ジェノサイド)の罪を示唆する、臓器摘出に関するスキャンダルの要素が数多く存在するにもかかわらず、法廷はジェノサイドに関する非難は避けていた。定義が法的不適格性を伴うためだ。一部の受刑者は実際に釈放されていることから、法廷のメンバーの間で決意を固めることに疑念が生じていた。それでも、人類に対する犯罪の宣言に関しては全会一致であった。

非難された英国とオーストラリア政府

 英国とオーストラリア政府は、幾度となく自主的に疑惑を検証し、提示された事実を精査する機会があったにも関わらず躊躇したとして、名指しで批判を受けた。

 判決は所見として、「このような疑惑は、死者数ベースで、事実として証明された20世紀を代表する政治的大量虐殺に匹敵しており、国際社会が許容すると思われる緊急且つ政治的な利益のある行動を考慮する価値があると期待される」と指摘、別の立場を取る米国とは異なり「英国とオーストラリアには期待することができないようだ」と述べた。

 今回の判決の発表を受けて、英国医師会(BMA)の医療倫理委員会の議長を務めるジョン・チスホルム(John Chisholm)医師はBMAのウェブサイトにプレスリリースを掲載。「民衆法廷が本日下した判決に大きな懸念を抱いている」とし、「強制的に臓器を摘出する行為は、生存権、そして、一部において拷問や残忍な行為、非人道的または屈辱的な待遇や罰に縛られない権利を含む、奪うことができない一連の基本的人権を著しく、そして、継続的に侵害するものだ」と付け加えた。

 さらに、チスホルム議長は「強制的な臓器摘出に関わった医師は違法及び非道徳的であり、世界医師会(World Medical Association)が定めた職業倫理に違反している。全ての医師の本来の職務は、患者の健康を促進することであり、害を与えることでは絶対にない」と続けた。

 英国医師会は中国政府に対し、「強制的な臓器摘出に関して徹底的な、独立した調査を実施し、医師がこのような行為に関与することがないように医師の主要な義務を守る」ことを求めた。英国政府に対しても、「民衆法廷の判決を考慮し、立場を見直し、そして、国際社会での影響力を用いて、完全且つ適切な調査を行う」ことを要請した。

市民の擁護を求める

 法廷は、政府、個人、活動家及び熱心な政治家に対し、調査結果を前に自分自身で犯罪が行われていたかどうかを判断し、「今回明らかになった、中国で強制的な臓器摘出が行われた、または今も行われていることを示す恐ろしい調査結果に対して、自分にとって義務だと考える行動を起こす」ことを求め、「悲劇的と言えるほど放置されていた行為により、大勢の人々が痛ましくも、落とす必要のない命を落とした。この行為の目的について、未来の中国の指導者は国の幸せと名声を高める上で不要であったと理解することになるだろう」と判決を締めくくった。

・・・・・・・・・・・

*Bitter Winter(https://jp.bitterwinter.org )は、中国における信教の自由人権 について報道するオンライン・メディアとして2018年5月に創刊。イタリアのトリノを拠点とする新興宗教研究センター(CESNUR)が、毎日8言語でニュースを発信中。世界各国の研究者、ジャーナリスト、人権活動家が連携し、中国における、あらゆる宗教に対する迫害に関するニュース、公的文書、証言を公表し、弱者の声を伝えています。いかなる宗教団体や政治団体とも関係をもたず、政治問題について特定の立場を取らない。中国全土の数百人の記者ネットワークにより生の声を届けている。記者たちは逮捕されるなどの危険を顧みず、中国の現状や、宗教の状況を毎日報告しており、多くの場合、他では目にしないような写真や動画も送信している。本誌は、中国で迫害を受けている宗教的マイノリティや宗教団体から直接報告を受けることもある。編集長のマッシモ・イントロヴィーニャ(Massimo Introvigne)は教皇庁立グレゴリアン大学で学んだ宗教研究の領域で著名な学者。「カトリック・あい」はBitterWinterから承認を受けて記事を転載します。

 

2019年6月23日

・性的虐待問題、女性軽視など失言のチリ首都補佐司教が正式叙階前に辞任(Crux)

(2019.6.14 Crux  Rome Bureau Chief Inés San Martín)

 ローマ発ー教皇フランシスコは14日、性的虐待問題や教会における女性の役割、ユダヤ人社会について失言を繰り返していたチリの首都サンチャゴのCarlos Eugenio Irarrázaval Errazuriz被選司教の辞表を受理した。予定されたいた司教叙階もなくなった。

 チリの司教団が声明で明らかにしたもので、「辞表の受理は、教皇が同司祭の信仰と謙遜の心を尊重し、チリにおける旅する教会の一致と善のために判断された」と説明している。

 チリの首都サンチャゴは、二人の前大司教が聖職者による性的虐待を隠蔽したとして訴えられ、現地の検察当局から召喚されるなど、性的虐待スキャンダルで深刻な打撃の最中にある。Irarrázavalは指導者が空白となったサンチャゴ教区の空白を埋めるべく、5月下旬に被選司教に選ばれたが、その直後に、性的虐待問題で騒ぎ続けるのは何の益にもならない、という意味の無責任な発言をして内外から批判を浴びた。

 失言はそれにとどまらず、翌日にはCNNチリで「キリストの最後の晩餐の席に女性はいなかった」-カトリック教会には女性が果たすべき役割はない、という意味で語って、女性たちの顰蹙を買い、さらに、「ユダヤの文化は、今日でも狂信的な(男性)優越主義ではありません。ユダヤ人が町を歩く場合、女性は男性の十歩後を付いていきますが、キリストはこのような慣習を破ります」などと、ユダヤ人社会を傷つけるような言葉を発していた。

 度重なる失言に非難が高まる中で、当人は、「(性的虐待問題で)私が言おうとしたのは、過去から学び、傷をいやすのを助けねばならないか可哀そうな犠牲者たちのケアをするために、前を向こう、ということだった」と釈明し、女性軽視と受け取られたことには謝罪し、「私は教会の交わりのために働き、協同する中で私たちは皆、女性も男性も、多様な豊かさをもつ建設者であることを知っている。そうすることで、教会はさらに人々を喜びをもって受け入れ、全てを包含するものとなる」と書いていた。

 司教叙階はされなくなったが、Irarrázavalは司祭職には留まる。また教皇が二人目のサンチャゴの補佐司教として任命していたイタリア生まれのアルベルト・ロレンゼリは今月下旬に司教に叙階される予定だ。

(翻訳「カトリック・あい」南條俊二)

・・Cruxは、カトリック専門のニュース、分析、評論を網羅する米国のインターネット・メディアです。 2014年9月に米国の主要日刊紙の一つである「ボストン・グローブ」(欧米を中心にした聖職者による幼児性的虐待事件摘発のきっかけとなった世界的なスクープで有名。映画化され、日本でも昨年、全国上映された)の報道活動の一環として創刊されました。現在は、米国に本拠を置くカトリック団体とパートナーシップを組み、多くのカトリック関係団体、機関、個人の支援を受けて、バチカンを含め,どこからも干渉を受けない、独立系カトリック・メディアとして世界的に高い評価を受けています。「カトリック・あい」は、カトリック専門の非営利メディアとして、Cruxが発信するニュース、分析、評論の日本語への翻訳、転載について了解を得て、掲載します。

・・ Cruxは優れた報道を続けるために、読者に対して、以下のように「少額でも構いません」と資金援助を求めています。「カトリック・あい」もどこからも圧力を受けずに報道を続けるために、困難な財政状態の中で頑張っている立場から、彼らの声を共有しています。Cruxへの資金援助にご協力ください。

Crux is dedicated to smart, wired and independent reporting on the Vatican and worldwide Catholic Church. That kind of reporting doesn’t come cheap, and we need your support. You can help Crux by giving a small amount monthly, or with a one time gift. Please remember, Crux is a for-profit organization, so contributions are not tax-deductible.

2019年6月15日

・米国の司教団が教皇自発教令受け、性的虐待・隠ぺい防止の新規範を決定(カトリック・あい/Crux)

(2019.6.14 カトリック・あい)

 全米司教協議会(USCCB)が13日まで3日にわたる総会を開き、教皇が5月に出された自発教令「Vos estis lux mund(あなた方は世の光)」で示された「(注:聖職者による)虐待と暴力に関する報告に関する新規範」を全米の教区で整備、運用することを賛成多数で決定した。

 欧米を中心に世界に広がっているカトリック聖職者による性的虐待問題。教会の信頼回復のために速やかな具体的対応が求められる中で、教皇が出された自発教令では、 「全世界の司教と修道会総長が、この問題についての自らの対応に説明責任を負うこと」を確認。

 説明責任の対象には、虐待について報告する聖職者、修道者の義務を含み、全世界の全ての教区に「信徒が容易に申告できるような制度を備えねばならない」と義務付け、世界中の教区がこの新しい規範を「積極的に整備、運用し、カトリック教会が虐待を防止し、この問題と闘う、確固とした新たな歩みを始める」ことを内外に宣明することを強く希望されている。

 全米司教協議会の決定は、自発教令で示された教皇の強い希望に応えようとするものだ。他国の司教団、我が国の司教団はどのように対応しようとするのか、注目される。

(2019.6.13 Crux National Correspondent Christopher White)

 米ボルチモア発-全米司教協議会(USCCB)は13日まで開いた春季定例総会で、性的虐待あるいはその隠ぺいの罪を犯したとして訴えられた司教たちを監視する一般信徒の役割について、3日間にわたる激しい議論の末に、司教たちの説明責任に一般信徒を関与させる新たな規範の導入を賛成多数で決定した。ただし、それの義務化を決議するには至らなかった。

 総会最終日の13日には、三つの議案について賛否の投票が行われたが、そのうちの最重要議案は、教皇フランシスコが自発教令で全世界の全ての教区に義務付けた「信徒が容易に申告できるような制度の導入」を全米で実施に移すことの是非を問うものだった。結果は賛成218票、反対1票で、ほぼ満場一致。制度への一般信徒を関与させることが、特に強調された。

 教皇は5月に、2月の”性的虐待問題対処の全世界司教協議会会長会議の結果を踏まえた自発教令「Vos estis lux mund(You are the light of the world=あなた方は世の光)」を出され、聖職者による性的虐待スキャンダルに対する”全面戦争”を宣言されていた。

 自発教令で示された新規範は、全ての聖職者、修道者に対して、聖職者による性的虐待について、司教や枢機卿が関与したものも含めて、教会当局への報告を義務付けるものだ。司教が性的虐待、あるいはその隠ぺいで訴えられた場合は、各国の首都大司教(注:日本の場合なら、東京大司教)が捜査の責任を取り、適切な監督と説明責任を果たすために一般信徒の専門家の関与も認める、としている。

 USCCBの今回の総会は、開会当初、性的虐待の訴えを受けた聖職者の取り調べにどの程度まで一般信徒の専門家の関与を認めるのか、明確ではなかったが、3日間にわたる議論で、教会法に合致する形で、最大限の関与を認める方向に議論が収れんした。

 当初の議論では、採決の対象とする議案には、捜査への一般信徒の関与を「推奨」ではなく「義務」とすることを明確にする指針を盛り込むべき、との意見が出席者の多数を占めていたが、採択された規範は「首都大司教は、司教たちの行動について報告を受けるための有資格の一般信徒を、補佐司教たちとの協議をもとに、安定した基盤の上に、教会事務局も使って選任しなければならない」との表現になった。

 また、選任される一般信徒の責任も、司教たちに対する訴えの報告の窓口となる第三者との連携、自身による報告の受理、司教か関与する案件の報告の仕方についての広報、捜査への参加、などを具体的に規定している。

 12日の討議は一般に公開される形で行われ、発言者のショーン・マクナイト司教は、訴えを処理する過程に一般信徒の関与を義務付けることが、「私たちが教会に被害を与えてきたような仕方で、司教たちが教会を害しないことを明確にするために必要」と主張。「これが私たちの世代で最重要の問題だということを、誰が否定できるだろうか」と訴えた。

 また司教たちの中には、捜査のテンポがバチカンによって遅くされる可能性を懸念する声もあったが、USCCB副会長のホセ・ゴメス大司教は、そうした懸念は必要ない、とし、「聖座は対処すべき課題の緊急性をご存じであり、米国内で起きている具体的な事態に可及的速やかに対処することが求められている」と強調した。

 規範が採択された後で、USCCB教会法問題委員長のロバート・デーリィー司教は、忍耐強く議論を続けた参加者たちに謝意を述べ、「この一年は私たちにとって、長く、困難な一年だった」と語り、テキサス州フォートワース教区のマイケル・オルソン司教はCruxに「規範の採択は、ベネディクト16世とフランシスコの2人の教皇が訴えておられる『一般信徒、司教、司祭の相互責任』を果たそうとするものです」「相互責任は、真実を得、真実によって生きるための道。福音の使命とその役割を果たす整合性をもった教会のゴールは見せませんが、見えないゴールに向けて進む手立てができた。いま求められているのは、聖霊を信じ、ゴールを目指して力を合わせることです」と述べた。

 12日の記者会見で、ニューワークのジョセフ・トービン枢機卿は、新たな規範の実施には、教会外の専門家たちの力も必要となる、と指摘、「教会内だけでやろうとすれば、長い時間がかかる、と断言できる」と語った。また、マイクナイト司教はCruxに、今回の結果について「とりあえず満足している」と評価し、「この規範には3年間の試行期間がある。点検し、さらに先に進むことになるでしょう。一般信徒の関与を義務とする試行期間を今回決めたのです」「司教たち全員が約束したのは、可能な限り一般信徒を活用すること。その中で例外は、米国の首都大司教たちが、聖座が求めていない規範さえも作って一般信徒を使うと誓約したことです」と指摘した。

 教皇の自発教令は、司祭の性的虐待に関する説明責任を定めた新規範を全世界の司教区で三年以内に実施するとし、三年後に実施状況などについて評価、見直すことになっている。

(以下、英語原文)

In addition, the bishops voted to approve a new document, “Affirming our Episcopal Commitments,” seeking to recall the vows and obligations of bishops. The three-page document was approved by a vote of 217-1.

“Some bishops have failed in keeping to these promises by committing acts of sexual abuse or sexual misconduct themselves,” the document states. “Others have failed by not responding morally, pastorally, and effectively to allegations of abuse or misconduct perpetuated by other bishops, priests, and deacons. Because of these failures, the faithful are outraged, horrified, and discouraged.”

The document pledges “full support” to adherence to Vos estis and specifically addresses the way the Church has previously failed to understand the extent of the scandal of the abuse crisis.

“We understand ‘scandal’ not only in terms of how such allegations damage the image of the Church, but more so in how such sinful behavior injures the victim and causes others to lose faith in the Church,” the document states. “Our first response will be to provide for the pastoral care of the person who is making the allegation, as well as follow the established church and civil procedures to investigate.”

Finally, the bishops voted by a vote of 212 to 4 to approve a new a 9-page “protocol regarding available non-penal restrictions on bishops.”

The document outlines new accountability measures for emeriti bishops who have resigned or been removed from office due to “grave acts of commission or omission.”

In addition, the new protocol invests the diocesan bishop with the ability to restrict the bishop emeritus’s ministry within the local church and to make requests of the Holy See for a broader prohibition of his ministry. The document also notes that the USCCB president, in consultation with the Administrative Committee, can request for such bishops to no longer attend USCCB meetings.

Such a move could have broad implications for individuals such as Bishop Robert Finn, the retired bishop of Kansas City-Saint Joseph, who is the only U.S. bishop to be convicted of the crime of failure to report a priest suspected of abuse to civil authorities, yet nevertheless was in attendance at this week’s meetings and in the room during the vote.

On Wednesday, the bishops voted overwhelmingly to design a third party reporting system, which will function as a national hotline for reporting allegations against bishops.

The vote on Wednesday provided approval for the USCCB’s executive committee to develop a more detailed reporting system before a full vote by the bishops later this year in November and will serve to meet the requirement in Vos estis that every bishops’ conference around the world must establish a “public, stable and easily accessible” system for submitting abuse claims by June 2020.

Following Thursday morning’s voting, the bishops entered into executive session for the afternoon. Their next meeting will take place in November of this year.

Follow Christopher White on Twitter: @cwwhite212 

(翻訳「カトリック・あい」南條俊二)

・・Cruxは、カトリック専門のニュース、分析、評論を網羅する米国のインターネット・メディアです。 2014年9月に米国の主要日刊紙の一つである「ボストン・グローブ」 (欧米を中心にした聖職者による幼児性的虐待事件摘発のきっかけとなった世界的なスクープで有名。映画化され、日本でも昨年、全国上映された)の報道活動の一環として創刊されました。現在は、米国に本拠を置くカトリック団体とパートナーシップを組み、多くのカトリック関係団体、機関、個人の支援を受けて、バチカンを含め,どこからも干渉を受けない、独立系カトリック・メディアとして世界的に高い評価を受けています。「カトリック・あい」は、カトリック専門の非営利メディアとして、Cruxが発信するニュース、分析、評論の日本語への翻訳、転載について了解を得て、掲載します。

 


Crux is dedicated to smart, wired and independent reporting on the Vatican and worldwide Catholic Church. That kind of reporting doesn’t come cheap, and we need your support. You can help Crux by giving a small amount monthly, or with a onetime gift. Please remember, Crux is a for-profit organization, so contributions are not tax-deductible.

2019年6月15日

・チリの首都補佐司教、任命直後に性的虐待被害者、女性を傷つける失言して、謝罪

(2019.5.30 Crux Rome Bureau Chief  Inés San Martín)

  チリの首都サンチャゴの補佐司教に事実上任命された直後に、この国の教会で世界中でも最もひどい司祭による性的虐待がなされていたにもかかわらず、犠牲者を怒らせる発言をし、さらに教会で重視されている女性の役割を貶めるような発言をして問題になっていた司教予定者が29日、会見し、「私の言葉で傷ついた方々に赦しを乞いたい」と関係者に陳謝した。

 バチカンは一週間ほど前、教皇フランシスがCarlos Eugenio Irarrázaval Errazuriz神父をチリの首都の補佐司教に任命した、と発表した。そしてその翌日、Irarrázavalはこう言った-「未来を向く時だ」、そして「再加熱したご飯をかき混ぜるのは無益だ」と。それは「教会は聖職者による未成年性的虐待を忘れる必要がある」ということ意味する比喩だった。

 チリは世界中で大問題になり続けている聖職者による性的虐待スキャンダルの”爆心地”。首都サンチャゴの2人の前大司教は、未成年性的虐待の事実を隠蔽したとして訴えられている件で証言するよう、現地の検察当局から召喚されている。その最中での、この発言だ。

 しかも、この被選司教は先週、さらにこう発言したのだ。CNNチリのインタビューで「キリストの最後の晩餐の席に女性はいませんでした」-つまり、カトリック教会には女性が果たすべき役割はない、と。本人によれば、それがイエスのなさった選択であり、「思想的な理由によるものではない」。

 この発言の前には「ユダヤの文化は、今日でも狂信的なものではありません。ユダヤ人が町を歩く場合、女性は男性の十歩後を付いていきますが、キリストはこのような慣習を破ります。女性と、姦淫した女性と、サマリア人の女性と話します。イエス・キリストは、女性が自分の世話をするのを許します。ご自分の復活を伝える者として、誰を選びますか。マグダラのマリア。女性です」と語っていた。

 こうした発言に対する釈明文で、Irarrazavalは、女性と”現在の私たちが経験している危機”に関する自分の発言は、特にひどいものだった、と言うことを理解している、とし、「私は教会での親しい交わりのために働くことを約束します。協働性において私たちは様々な相違の豊かさを持った、女性も男性も、皆、建設者です。そうすることで、教会は今よりももっと訪れる人を歓迎し、包み込むようになります」と書いている。

 Irarrazavalの公の謝罪は、サンチャゴのカトリック教会の上層部が地元のユダヤ人共同体社会の指導者と彼の発言を巡って私的会合に先立って出された。会合は終了後に出された共同声明で、彼の謝罪を”兄弟愛の精神”をもって受け入れる、と述べ、さらに、双方が友情の中で成長を続けるために協力し、信仰の伝統について互いに学び合う機会を探るための対話の場を設けることを申し合わせた。

そして合意書には、「私たちは教皇フランシスコのこの言葉を自分のものとしたい-他者と対話し、全ての人のために祈る、それが、嫌悪と、悪意のある所に赦しをもたらす手段となる」と書かれている。

(翻訳「カトリック・あい」南條俊二)

・・Cruxは、カトリック専門のニュース、分析、評論を網羅する米国のインターネット・メディアです。 2014年9月に米国の主要日刊紙の一つである「ボストン・グローブ」(欧米を中心にした聖職者による幼児性的虐待事件摘発のきっかけとなった世界的なスクープで有名。映画化され、日本でも昨年、全国上映された)の報道活動の一環として創刊されました。現在は、米国に本拠を置くカトリック団体とパートナーシップを組み、多くのカトリック関係団体、機関、個人の支援を受けて、バチカンを含め,どこからも干渉を受けない、独立系カトリック・メディアとして世界的に高い評価を受けています。「カトリック・あい」は、カトリック専門の非営利メディアとして、Cruxが発信するニュース、分析、評論の日本語への翻訳、転載について了解を得て、掲載します。

・・ Cruxは優れた報道を続けるために、読者に対して、以下のように「少額でも構いません」と資金援助を求めています。「カトリック・あい」もどこからも圧力を受けずに報道を続けるために、困難な財政状態の中で頑張っている立場から、彼らの声を共有しています。Cruxへの資金援助にご協力ください。

Crux is dedicated to smart, wired and independent reporting on the Vatican and worldwide Catholic Church. That kind of reporting doesn’t come cheap, and we need your support. You can help Crux by giving a small amount monthly, or with a one time gift. Please remember, Crux is a for-profit organization, so contributions are not tax-deductible.

2019年5月31日

・パリ控訴院、延命措置停止された男性に、直後に措置再開を命令

(2019.5.21 バチカン放送)

 フランスで事故による脳の重度損傷と四肢麻痺で長期治療中の男性に20日、延命措置が停止されたが、同日夜、パリ控訴院が治療の再開を命じた。

 担当医師は20日、男性への水分と栄養補給を停止したが、同じ日の夜、パリ控訴院が、両親の訴えを受け入れ、治療の再開を命じ、国連の障害者権利委員会がこの問題を精査し、その結果が発表されるまで、治療を中断しないよう、指示した。

 教皇フランシスコは、控訴院の命令に先立っって、「重い病気の状態にある人々のために祈りましょう。神の贈り物である命を、その初めから自然な死に至るまで、いつも守りましょう。切り捨ての文化に負けてはなりません」とツィートされていた。

 教皇は、2018年4月15日のレジーナ・チェリの祈りと、同年4月18日の一般謁見の席においても、英国の幼児アルフィー・エヴァンズちゃんの名と共に、この男性の名を挙げ、重篤な病状のために、長期間にわたり生命維持治療を受けている世界中の患者たちのために祈り、すべての病者が尊厳と命を尊重され、病状にふさわしい治療を受けられるよう、アピールされている。

2019年5月22日

♰「世界に福音をもたらす情熱的な宣教者の必要性を改めて実感」-二か国訪問を振り返って

(2019.5.8 バチカン放送)

 教皇フランシスコがバチカンで8日、水曜恒例の一般謁見を行われ、謁見中の講話で、7日に終えたブルガリア、北マケドニア二カ国訪問について語られた。

 まず、ブルガリア訪問では、同国で教皇使節として長年過ごされた聖ヨハネ23世の足跡を振り返り、その「地上の平和」を願うメッセージを伝え、皆が兄弟愛の道を歩めるように勧め、同じ精神のもとに、ブルガリア正教会ネオフィト総主教と聖シノドのメンバーとの出会いの喜びを体験することができた、とされた。

 そして、「キリスト者としての宣教の召命は、聖霊の助けのもとに、一致の道具となり得る」ことを実感し、また、ブルガリア正教会の総主教座聖堂である聖アレクサンドル・ネフスキー大聖堂では、聖チリロ・聖メトジオ兄弟の聖画の前で祈り、「今日の世界に福音をもたらす情熱的な宣教者が必要だ」との思いを深くした、と語られた。

 次に、北マケドニア訪問については「1910年スコピエに生まれたマザー・テレサと共に歩む旅」だった、とされ、「小さな体でありながら、聖霊の働きによって力に満ちた、この方に、世界の辺境で活動する教会の姿を見ることができます」としたうえで、マザー・テレサ記念の家で、諸宗教の指導者とともに祈り、貧しい人々と出会い、マザー・テレサに捧げた巡礼聖堂のための礎石を祝別ができた、と成果を示された。

 また、北マケドニアは「1991年に独立した若い国だが、教皇庁はその歩みの最初から支援してきた」としたうえで、この訪問を通して、この国が持つ多民族・多宗教の共存の力と、今、多くの移民を受け入れていることを高く評価した、とし、「北マケドニアがその伝統とルーツを失うことなく、開かれた未来に向かって進んでいくように」と改めて希望を表明された。

そして、最後に、ブルガリアとマケドニアを聖母に託して祈られた。

(編集「カトリック・あい」)

2019年5月9日

♰「神の愛に動かされ、隣人に愛をもって奉仕したマザー・テレサを模範にして」-北マケドニア訪問

(2019.5.7 バチカン放送)

 教皇フランシスコは7日、北マケドニアを司牧訪問され、大統領、首相はじめ様々な分野の代表らとお会いになった。ローマ教皇の同国への訪問は、今回が初めて。

 首都スコピエに到着された教皇は、大統領府での歓迎式のあと、ギョルギェ・イヴァノフ大統領を表敬訪問、ゾラン・ザーエフ首相と会談された。大統領府のホールでは、北マケドニアの諸分野の代表者や同国駐在の外交団との出会いが行われた。

 教皇は挨拶で、東方と西方を結ぶ橋、様々な文化の潮流が交差する同国の、古代からの豊かな歴史・文化、力強い自然、素晴らしい宗教芸術などに言及。「中でも最も貴重な財産は、多民族、多宗教で構成されている国の形です」と話され、「文化と民族、宗教のるつぼから、他者を尊重しつつ、自分のアイデンティティーを育て、表現できる『平和で安定した共存と関係』が生まれたことは、相互尊重に基づく兄弟的共存の模範です」と讃え、このような多様性の統合、多様性と基本的人権の尊重が、バルカン半島全域に広がることを期待された。

 また、正教会、イスラム教、カトリック、ユダヤ教、プロテスタントなど様々な宗教や、マケドニア人、アルバニア人、セルビア人、クロアチア人など異なる民族が、この国において、美しいモザイクを形作り、その一片一片は、全体のためになくてはならないもの、と強調され、「この美しさは、新しい世代に伝えられる時、一層、輝きを増すでしょう」と期待を述べられた。

 そして、北マケドニアが進めている中東からの数多くの難民・移民への寛大な支援に触れ、「この連帯の鎖をこれからも大切にしていただきたい」と希望された。

 さらに教皇は、1910年にスコピエで生まれたマザー・テレサを思い起こし、「神の愛に動かされ、隣人に愛をもって奉仕し、見捨てられた人、貧しい人のためにひたすら自らを捧げる生き方を世界に示した生涯」を振り返り、北マケドニアの人々が「この偉大な聖人に倣い、神が自分たちに何を望まれているかを発見するために、熱意と希望をもって努力することができるように」と励され、最後に、北マケドニアの調和の維持と、発展と喜びを願いながら、神の祝福を祈られた。

(編集「カトリック・あい」)

2019年5月8日

♰「神は、私たちを、呼び、驚かせ、愛される」-ブルガリア・ソフィアでミサ

(2019.5.5 VaticanNews Robin Gomes)

 ブルガリアを訪問された教皇フランシスコは5日夕、首都ソフィアのアレクサンドル一世広場で主日のミサを捧げられた。

 ミサ中の説教で教皇は、この日のミサで朗読された「復活されたイエスがガリラヤ湖で弟子たちの前に再びお現われになった」福音書の箇所を取り上げられ、それをもとに、弟子としての私たちの人生で出会う、神の三つの素晴らしい業、つまり、「呼び」「驚かせ」「愛される」ことを指摘された。

 イエスが最初にペトロにご自分についてくるように、と呼びかけられたのは、まさにそのガリラヤ湖の岸辺だった、だが今は、痛みと罪の意識という重荷を背負い、自分たちの師の死に際して苦しみ、失望し、そして裏切ったことで意気消沈して、何人かの弟子とともに、漁師の生活に戻っていった。

 「主は、落胆し、あきらめるという狡猾で危険な誘惑ー後に残すと決めたことに立ち戻ろうとする誘惑があることをご存知です。これは、私たちを苔のように、私たちの全ての希望を食い尽くす、自己憐憫に浸らせる”tomb sicology(墓心理学)”。そのようにして、信仰は、あらゆるものを普通のことと思わせる狭量な心に退化してしまうのです」と警告された。

 イエスがお現われになり、もう一度、辛抱強く彼の所に来て、「シモン」と呼びかけられたのは、ペトロが意気消沈しているまさにその時だった。「主は問題を抱えていない、失望していない、罪や欠点のない人たちとお会いになるとは思っておられない。主ご自身が、耐えるようにと男女全てを励ますために、罪と失望に立ち向かわれました。イエスにおいて、神は常に私たちにもう一つチャンスをくださいます。イエスが私たちの人生に直接、呼びかけられた時、私たちの心は若返ります」。

 教皇はまた、「驚きの主が、私たちを驚かせるためだけでなく、私たちが驚くように招かれるのです」と語られ、「弟子たちの網に一匹も魚がかからなかったのをご覧になった主は、彼らに普通でないやり方をするように言われる-(注:夜明けでなく)昼間に漁をするように、と主は、彼らに、もう一度リスクを冒すよう促すことで、彼らの信頼を回復されました」。弟子たちに対するのと同じように、主は「疑い、不信、恐れに打ち勝つのに必要な勇気で私たちを満たすことで、麻痺状態になっている心の壁を打ち壊されたのです」と強調された。

 神がなさる素晴らしい業の三つ目は、御言葉が愛であるゆえに、愛される、ということ。ペトロに求められたように、主は、私たちに愛という言葉を学ぶように求められる。ペトロは自分の弱さを認め、愛するということが、自分自身を中心に置くことをやめ、自分自身でなく、イエスを出発点とすることだ、と理解する。

 教皇は「『キリスト教徒である』ということは、神の愛が私たちの欠点と罪の全てよりも大きいということを悟るための”召喚状”です」と言われ、「今日の私たち大きな失望と困難は、神が愛であることを知ることからくるのではありません。神は、愛し、自らを捧げ、呼びかけ、驚かせる愛なのです」と訴えられた。

 そして、「イエスの言葉のままに舟の右側に網を打つ、という弟子たちの行為の中に、私たちは神の奇跡を見ます-神は私たちの人生を芸術品に変え、私たちを神の愛によって導かれるままになさるのです」とされ、「今日、私たちは未来に向かって神と共に歩むように呼ばれています。私たちが成功しようと失敗しようと、神は、私たちに網を投げるように呼びかけ続けるために、いつもそこにおられるのです」と励まされた。

 最後に教皇は、「若い精神を持った教会は、共通善を求める努力を絶えず行うことで、キリストの愛を証しするように、私たちを促しています。この愛は、私たちが貧しい人たちに仕え、慈善と奉仕の革命の主役となり、消費至上主義と皮相的な個人主義の病理に抵抗できるようにするのです」と強調され、ブルガリアの人々に対して、聖人になることを恐れないように強く求められ、「あなた方の気力、活力あるいは喜びのどれも、奪い去られることはない」という聖句で締めくくられた。

(翻訳「カトリック・あい」南條俊二)

2019年5月6日

・教皇、ブルガリア正教会の総主教と会見「貧しい人々と共にあるエキュメニズムを」

(2019.5.5 バチカン放送)

 教皇フランシスコは5日、ブルガリアと北マケドニアへの司牧訪問に出発され、ブルガリアの首都ソフィアから訪問行事を始められた。この訪問は、現教皇の第29回目の海外司牧訪問(イタリアを除く)となる。

 3日間の訪問で、教皇は5日から7日早朝までブリガリア、7日の午前から夕方まで北マケドニアに滞在される。ローマ教皇がブルガリアを訪れるのは、2002年5月の聖ヨハネ・パウロ2世の初訪問以来、教皇フランシスコで2度目。北マケドニアへの教皇の訪問は、今回が初めてとなる。

 5日午前、ローマを出発、現地時間同日午前、ブルガリアの首都ソフィアの空港で、ボイコ・ボリソフ首相の出迎えを受けられた教皇は、民族衣装の子どもたちから花束で歓迎された。ボリソフ首相と空港内のホールで会見の後、ソフィア市内の大統領官邸に向かわれた。

  ブルガリア大統領官邸にルメン・ラデフ大統領を表敬訪問のあと、大統領官邸前広場で同国の各界要人に挨拶をおくられ 、続いてエキュメニカルな出会いとして、ブルガリア正教会の聖シノド館で、ネオフィト総主教と聖シノドのメンバーと会見。さらに、総主教座大聖堂の聖アレクサンドル・ネフスキー大聖堂を訪問し、私的に祈りを捧げられた。

 ネオフィト総主教と聖シノドのメンバーと会見では、「キリストは復活されました」とスラブ語で挨拶をおくられた教皇は、前世紀のブルガリアで、キリストの名において迫害と苦しみを受けながらも信仰を守り、「復活の証し人」となったすべてのキリスト者たちの「血によるエキュメニズム」に言及された。

 教皇は、聖ヨハネ・パウロ2世、そして、教皇使節としてブルガリアで長く過ごし、同国の人々を深く愛した聖ヨハネ23世を思い起こしつつ、「私もまた同じ御父のもとに一致する『兄弟への郷愁』をもって、今皆さんと出会っています」と前置きし、「特に貧しい人々、見捨てられた人々への奉仕、すなわち『貧しい人々と共にあるエキュメニズム』を通し、主を共に証しするよう、私たちは招かれています」と語られた。

 聖チリロ・聖メトジオを模範に、共に福音を告げる必要を強調され、「過去の痛ましい分裂を超えて、未来の交わりを見据え、『宣教のエキュメニズム』の道を歩み、兄弟として成長していきたい」と呼びかけられた。

**********

 教皇の5日午前、初日のカトリック共同体との行事としては、聖アレクサンドル・ネフスキー大聖堂前広場での正午のレジーナ・チェリの祈り、午後から市内の広場でのミサが予定されている。2日目の6日は、午前中にソフィア郊外の難民施設を訪問のあと、空路で同国南部ラコヴスキに移動。イエスの聖心教会でのミサと初聖体式、聖ミカエル教会でのカトリック共同体と会見され、夕方、再びソフィアに戻られ、ブルガリアの諸宗教代表者らと平和のための集いを主宰される。

 7日早朝、ソフィアの空港での送別式を経て、第2の訪問国、北マケドニアへと向かわれ、首都スコピエの空港到着後、市内の大統領官邸での歓迎式典に臨み、ギョルギェ・イヴァノフ大統領への表敬、ゾラン・ザーエフ首相との会談、北マケドニアの各界代表と会見される。午前中、スコピエ市内のマザー・テレサ記念館を訪問。諸宗教指導者や貧しい人々との出会いを持たれる。さらに、市内の広場でミサをとり行われる。午後、司牧センターで若者たちと、続いて夕方にはカテドラルで北マケドニアのカトリック共同体と交流され、同夜、バチカンに戻られる。

(編集「カトリック・あい」)

2019年5月6日