・使徒的勧告「Christus vivit(キリストは生きておられる)」若者参加のビデオ版④-

④Christus vivit: Young people and the Gospel, proclamation and sleeves rolled up

To grow in faith. Yeah, but how? This is what the Pope asks in the 7th chapter of “Christus vivit” in which he says: young people mature if “the language of closeness” is used with them and if they are offered “appropriate places” in which they can develop. 25-year- old Tamandani Kamuyanja from Malawi confirms this. Her work in a Church movement has taught her to love the Gospel, she says.

Main courses of action

209. I wish simply to emphasize that youth ministry involves two main courses of action. One is outreach, the way we attract new young people to an experience of the Lord. The other is growth, the way we help those who have already had that experience to mature in it.

210. As for outreach, I trust that young people themselves know how best to find appealing ways to come together. They know how to organize events, sports competitions and ways to evangelize using social media, through text messages, songs, videos and other ways. They only have to be encouraged and given the freedom to be enthused about evangelizing other young people wherever they are to be found. When the message is first brought up, whether at a youth retreat, in a conversation at a bar, on school holidays, or in any of God’s mysterious ways, it can awaken a deep experience of faith. What is most important, though, is that each young person can be daring enough to sow the seed of the message on that fertile terrain that is the heart of another young person.

211. In this outreach, we need to use above all the language of closeness, the language of generous, relational and existential love that touches the heart, impacts life, and awakens hope and desires. Young people need to be approached with the grammar of love, not by being preached at. The language that young people understand is spoken by those who radiate life, by those who are there for them and with them. And those who, for all their limitations and weaknesses, try to live their faith with integrity. We also have to give greater thought to ways of incarnating the kerygma in the language of today’s youth.

212. As for growth, I would make one important point. In some places, it happens that young people are helped to have a powerful experience of God, an encounter with Jesus that touched their hearts. But the only follow-up to this is a series of “formation” meetings featuring talks about doctrinal and moral issues, the evils of today’s world, the Church, her social doctrine, chastity, marriage, birth control and so on. As a result, many young people get bored, they lose the fire of their encounter with Christ and the joy of following him; many give up and others become downcast or negative. Rather than being too concerned with communicating a great deal of doctrine, let us first try to awaken and consolidate the great experiences that sustain the Christian life. In the words of Romano Guardini, “when we experience a great love… everything else becomes part of it”.

213. Any educational project or path of growth for young people must certainly include formation in Christian doctrine and morality. It is likewise important that it have two main goals. One is the development of the kerygma, the foundational experience of encounter with God through Christ’s death and resurrection. The other is growth in fraternal love, community life and service.

214. This was something I emphasized in Evangelii Gaudium, and I consider it worth repeating here. It would be a serious mistake to think that in youth ministry “the kerygma should give way to a supposedly more ‘solid’ formation. Nothing is more solid, profound, secure, meaningful and wisdom-filled than that initial proclamation. All Christian formation consists of entering more deeply into the kerygma” and incarnating it ever more fully in our lives. Consequently, youth ministry should always include occasions for renewing and deepening our personal experience of the love of God and the living Christ. It can do this in a variety of ways: testimonies, songs, moments of adoration, times of spiritual reflection on the sacred Scriptures, and even an intelligent use of social networks. Yet this joyful experience of encounter with the Lord should never be replaced by a kind of “indoctrination”.

215. On the other hand, any programme of youth ministry should clearly incorporate various means and resources that can help young people grow in fraternity, to live as brothers and sisters, to help one another, to build community, to be of service to others, to be close to the poor. If fraternal love is the “new commandment” (Jn 13:34), “the fullness of the Law” (Rom 13:10) and our best way of showing our love for God, then it has to have a primary place in every project of youth formation and growth to maturity.

Suitable environments

216. We need to make all our institutions better equipped to be more welcoming to young people, since so many have a real sense of being orphaned. Here I am not referring to family problems but to something experienced by boys and girls, young people and adults, parents and children alike. To all these orphans – including perhaps ourselves – communities like a parish or school should offer possibilities for experiencing openness and love, affirmation and growth. Many young people today feel that they have inherited the failed dreams of their parents and grandparents, dreams betrayed by injustice, social violence, selfishness and lack of concern for others. In a word, they feel uprooted. If the young grow up in a world in ashes, it will be hard for them to keep alive the flame of great dreams and projects. If they grow up in a desert devoid of meaning, where will they develop a desire to devote their lives to sowing seeds? The experience of discontinuity, uprootedness and the collapse of fundamental certainties, fostered by today’s media culture, creates a deep sense of orphanhood to which we must respond by creating an attractive and fraternal environment where others can live with a sense of purpose.

217. In a word, to create a “home” is to create “a family”. “It is to learn to feel connected to others by more than merely utilitarian and practical bonds, to be united in such a way as to feel that our life is a bit more human. To create a home is to let prophecy take flesh and make our hours and days less cold, less indifferent and anonymous. It is to create bonds by simple, everyday acts that all of us can perform. A home, as we all know, demands that everyone work together. No one can be indifferent or stand apart, since each is a stone needed to build the home. This also involves asking the Lord to grant us the grace to learn how to be patient, to forgive one another, to start over each day. How many times should I forgive and start over? Seventy times seven times, as many times as necessary. To create strong bonds requires confidence and trust nurtured daily by patience and forgiveness. And that is how the miracle takes place: we feel that here we are reborn, here we are all reborn, because we feel God’s caress that enables us to dream of a more human world, and therefore of a world more divine”.

218. Along these lines, our institutions should provide young people with places they can make their own, where they can come and go freely, feel welcome and readily meet other young people, whether at times of difficulty and frustration, or of joy and celebration. Some of this is already happening in oratories and other youth centres, which in many cases offer a friendly and relaxed setting where friendships can grow, where young men and women can meet one another, where they can share music, games, sports, but also reflection and prayer. In such places, much can be offered, without great expenditure of funds. Then too, the person-to-person contact indispensable for passing on the message can happen, something whose place cannot be taken by any pastoral resource or strategy.

219. “Friendship and discussion, often within more or less structured groups, offer the opportunity to strengthen social and relational skills in a context in which one is neither analysed nor judged. Group experience is also a great resource for sharing the faith and for mutual help in bearing witness. The young are able to guide other young people and to exercise a genuine apostolate among their friends”.

220. This is not to say that they should become isolated and lose all contact with parish communities, movements and other ecclesial institutions. But they will be better integrated into communities that are open, living their faith, eager to radiate Christ, joyful, free, fraternal and committed. These communities can be settings where they feel that it is possible to cultivate precious relationships.

2019年10月11日

・「良心の囚人」が適切な治療を受ける権利を取り上げられて死んでゆく…中国(BW)

 中国の刑務所での懲役を言い渡された反体制者と宗教の信者が治療を受けられないまま死んでいる。重病人であっても肉体労働を強要されている。重病を患った良心の囚人が医療を受けられず、療養のための仮釈放を拒否されて拘束中に死亡する事件が後を絶たない。

 中国共産党 の腐敗を暴いた 人権 活動家、曹順利(ツァオ・シュンリ)氏はいくつもの病を患っていたが、親族が療養のための仮出所を繰り返し申請したにもかかわらず、昏睡状態に陥るまで治療を受けられなかった。最終的には病院に運ばれたものの、その数日後に死亡した。

 ノーベル平和賞を2010年に受賞した劉暁波(リウ・シャオポー)氏は刑務所内で末期の肝臓がんと診断された。彼は療養のために仮出所を認められてからわずか1か月後に死去した。

 チベットの環境活動家、テンジン・チュウダク氏は極度に衰弱した状態で釈放され、2日後に亡くなった。

 反体制派の著作家で楊天水(ヤン・チャンシュイ)のペンネームで活動していた楊同彦(ヤン・トンギャン)弁護士は療養のための仮出所を何度も申請したが、拒否された。彼が病気で亡くなったのは仮出所を認められてからわずか3か月後だった。

 人権活動家の黄琦(フアン・チー)氏姚文田(ヤオ・ウェンチャン)氏は現在も懲役中だが、2人とも重い病を患っている。家族が療養のための仮出所を何度も申請しているが実現していない。

 中国人弁護士、江天勇(ジャン・チャンヨン)氏は釈放されたものの、今も治療を制限されている。人権擁護派の中国人弁護士、覃永沛(タン・ヨンペイ)氏は、ラジオ・フリー・アジアのインタビューに答えて、政権が江天勇氏を厳しく管理し、治療を受けさせないのは、江氏を排除して彼が被った拷問や迫害を隠蔽するためではないかと推測した。

 カナダに拠点を置く政治団体、民主中国陣線の(チン・ジン)主席は「そのような政治家や活動家は、死刑判決を受けなかったとしても、中国共産党がなお彼らを消し去る方法を画策するはずだ」と語っている。

 2016年9月に中国国務院新聞弁公室が発行した白書『中国司法分野における人権保障の新たな進展』によると、刑務所と 拘留所 は「拘束者の医療記録を作成している。常駐の医師が毎日監房を巡回し、刑務所や拘留所を出て医療を受ける必要がある被収容者を速やかに地域の病院に搬送している」という。しかし、共産主義の中国においては、いわゆる良心の囚人、宗教を信じたために刑を言い渡された人などがその権利を持っていないのは明らかだ。

*重病の信者が治療を拒否される

 趙明青(ジャオ・ミンチン、仮名)氏は中国最大のキリスト教系 新興宗教団体 で、1991年の設立以来、中国共産党による残虐な弾圧にさらされている 全能神教会 の信者である。2017年、彼は信仰を理由に逮捕され、拘束された。1年がたったが、体に不調を覚えるようになった。足が腫れ、手足に力が入らなくなったのだ。繰り返し治療を求めたが、拒否され続けた。

 ついに趙明青氏は受診にこぎつけたが、検査結果は残酷だった。彼は肝硬変を患っていた。かなりの重度であり、入院しなければ合併症を引き起こすだろうと医師は告げた。しかし、拘置所の担当者は肝臓の薬の処方だけを許可し、彼を監房に連れ戻した。重い病状にもかかわらず、趙明青氏は「邪教 団体を組織し、利用して法執行を妨害した」として懲役2年の刑を言い渡された。

 肝硬変の患者が過度に働けば当然病状は悪化するが、趙明青氏は1日12時間の労働を強いられた。さらに毎日3時間の軍事訓練にも耐えなければならなかった。刑務所の規則を暗唱できなかったときは、罰として2時間起立させられた。極寒の冬季に冷たいシャワーを浴び、残飯を食べるよう強いられた。常に足元がふらつき、めまいが消えず、呼吸困難に悩まされ、継続は難しかった。

 しかし彼に許された唯一の治療は1日4錠の肝臓の薬の服用だけだった。効果の高い治療を受けられない上、厳しい肉体労働が重なって病状は急激に悪化し、ついにほとんど歩けなくなった。体温が40度に跳ね上がったときでさえ、医師に漢方薬の注射を打たれてから再び12時間労働のシフトに戻らされた。

 3か月後には腹水がたまってしまった。腹部に体液が蓄積した異常な状態である。法律上、この状態に陥った囚人は療養のため仮出所ができることになっている。しかし趙明青氏は再び漢方治療を施され、作業場に送り返された。彼の労働量は減らされなかった。

 刑期の残りが2か月を切ったとき、医師は彼に、病状が進んで治癒の見込めない状態になっていることを告げた。拘束中の死亡を避けるため、刑務所当局は釈放のときまで刑務所病院に滞在することを許可した。治療のできる時期はとうに過ぎ、趙氏の病状は悪化し続け、腹水も排出できなかった。すっかり衰弱した彼は息も絶え絶えだった。それでもなお、療養のための仮出所申請は、彼の状態が「死ぬほどではない」との理由で却下され続けた。趙氏は刑期を終えるまで釈放を認められなかった。

 今このときも、全能神教会の信者は信仰を捨てる宣誓書への署名を繰り返し強いられている。

*治療を拒否されて死亡

 2014年、中国中央部、河南 信陽 に住む全能神教会信者、劉士金(リウ・シジン)氏は信仰を理由に懲役3年を言い渡された。刑務所は劉士金氏が重病人であることを知っていたが治療を受けさせず、彼の病状は悪化した。そして2016年6月、深刻な病状のため、刑期満了を前に釈放された。そのときには何を口に入れても吐いてしまう状態だった。彼は胃がんと診断されたが、刑務所にいる間に病気の初期段階は過ぎており、いかなる治療ももはや効果はなかった。釈放から4か月後、劉氏は71歳で亡くなった。

 中国南部、広東省の鄭坤長(ジェン・クンチャン)氏も全能神教会の信者であったために懲役3年の刑を受けた。彼は刑務所内で深刻な腸閉塞を患ったが、治療を受けられないまま病状を悪化させた。病気の知らせを受けた家族が療養のための仮出所を申請したが、刑務所は全能神教会の信者は「特別な囚人」だと主張し、出所を認めなかった。2017年5月になってようやく療養のための仮出所を認められたが、あまりに重症だったため、多くの病院が彼の受け入れを拒んだ。鄭氏は、2018年4月に35歳の誕生日を目前にして死去した。

 2004年、中国南西部、四川省巴中市の全能神教会の信者、唐勇軍(タン・ヨンギュン)氏は懲役5年を言い渡された。2006年3月、何度も療養のための仮出所申請を出していたにもかかわらず、彼は刑務所の中で一度も治療を受けられないまま病気で亡くなった。若干30歳だった。

・・・・・・・・・・

*Bitter Winter(https://jp.bitterwinter.org )は、中国における信教の自由 と人権 について報道するオンライン・メディアとして2018年5月に創刊。イタリアのトリノを拠点とする新興宗教研究センター(CESNUR)が、毎日8言語でニュースを発信中。世界各国の研究者、ジャーナリスト、人権活動家が連携し、中国における、あらゆる宗教に対する迫害に関するニュース、公的文書、証言を公表し、弱者の声を伝えている。中国全土の数百人の記者ネットワークにより生の声を届け, 中国の現状や、宗教の状況を毎日報告しており、多くの場合、他では目にしないような写真や動画も送信している。中国で迫害を受けている宗教的マイノリティや宗教団体から直接報告を受けることもある。編集長のマッシモ・イントロヴィーニャ(Massimo Introvigne)は教皇庁立グレゴリアン大学で学んだ宗教研究で著名な学者。ー「カトリック・あい」はBitterWinterの承認を受けて記事を転載します。

2019年10月8日

・海外在住の中国人に対する中国共産党の取り組みが明らかに(BW)

 中国の省政府は「統一戦線」の取り組みを強化し、海外の中国人を追跡及び活用することで、政権の海外への影響力を拡大し、反体制派を弾圧している。

 Bitter Winterは安徽省、河南省及び遼寧省の政府が発行した内部文書を入手した。この文書により、中国共産党 が海外の中国人及び国内の家族を調査し、情報を収集していることに加え、本人及び家族を国のために「働かせている」ことが明らかになった。海外で生活をした後に帰国した者も調査の対象になる。

中国を出国した人々に関する情報中国を出国した人々に関する情報(写真:インターネットより)

*調査の対象は5グループ

 調査は主に5つのグループに対して行われる。この文書では、中国本土、香港、マカオ及び台湾以外の国々に居住している海外の中国人は華僑と呼ばれており、主な調査対象は、過去5年間に外国で在留資格を取得した者である。

 調査の2番目の対象は、帰僑(海外から帰国した華僑)である。帰僑には外国の在留資格を放棄した者、そして、中国の市民権を取得した、または、市民権を回復し、永住するために中国に帰国した中国系の外国人がこのグループに含まれる。

 また、当局は僑眷(華僑や帰僑が扶養する中国在住の家族)にも注目している。配偶者、両親、子供とその配偶者、兄弟、祖父母、孫に加え、その他の海外在住の中国人の親戚を含む、僑眷に関する詳細を集めている。また、当局は僑眷に対して、海外に住む親族の詳しい個人情報の開示を義務づけている。

 諸外国で学習する留学生、そして、台湾、香港及びマカオ特別行政区に居住する中国人も調査の対象である。

常州市の政府は会議を開き、調査を実施し、海外在住の中国人に関する基本的な情報を集める取り組みを行うと発表した。常州市の政府は会議を開き、調査を実施し、海外在住の中国人に関する基本的な情報を集める取り組みを行うと発表した。(写真:インターネットより)

 一部の地域の政府の公式ウェブサイトで公開された情報によると、調査期間中に集められた情報は、海外在住の中国人の関係者のデータベースを作るために用いられ、「動的管理と適時更新」が行われるという。今回の調査は、海外の中国人に関する情報を集めるため、以前地域レベルで行われた調査よりも大規模に、また、綿密に実施される。

*「動的管理」とは?

 この文書はこのような詳細な調査が必要とされる理由については明確な答えを提供していない。一部の公式の報告では、「中国人の国外居住者の 愛国心 を高め、経済発展を推進するため」という曖昧な理由を挙げられている。

 しかし、実際にはこの文書の文言と方法は、中国共産党の「第三の魔法の武器」と呼ばれる「統一戦線」に密接に関連していると思われる。統一戦線は、党の体制作りと武装闘争と並行し、個人と団体を団結させ、中国共産党及び党の方針を支持させる取り組みを指す。

 2018年3月、習近平 主席自身の監督の下、統戦部 は広範な組織改革を断行し、宗教団体、少数民族及び海外在住の中国人に関する政策と取り組みを担当するようになった。

 組織改革が行われて以来、統戦部関連の組織は様々な方法で活動を行い、より広範な外交政策において重要度を高めつつある。しかし、活動の一部は、米中経済・安全保障問題検討委員会(U.S.-China Economic and Security Review Commision)が2018年8月24日に公開した文書『中国統一戦線の海外工作: 背景と米国への影響』によると、「一線を越えて犯罪行為に及んでいる」という。

 この報告書によると、統戦部は「中国政府に対する批判を抑え、中国に対する前向きな意見を広めること、そして、海外の民主主義国家の主権者に対して、中国に有利な国内政策を導入するよう奨励すること」を求める指令に従い、中国人の外国の居住者を採用し、居住する国でプロパガンダ工作員や諜報員として活動させているという。この活動を通して、中国政権は弾圧を逃れるために中国を去った 人権 保護活動家や、宗教を理由とした難民、そして、中国の政策を批判する人々を苦しめている。

 「『海外の中国人による活動』の目標は、民族、文化、経済または政治のつながりを用いて、賛同する海外の中国人社会を動員し、(できれば自発的に)中国共産党の利益を支持し、敵対者を排除」することだ、と報告書は指摘している。「統戦部の指導マニュアルは工作員に対し、中国への「血縁」のつながりを強調し、外国に居住する中国人を中国共産党の味方につけるよう命じ、政治、モラル及び金銭面での中国共産党への支援を確保することを目指している」

*恐怖を介して愛国勢力を育てる

 「外国在住の中国人を味方につける」ための取り組みにおいては、時に嫌がらせや脅迫を伴い、当局は、中国に住む親族(僑眷)を弾圧すると脅して、中国のために諜報活動を実施するよう圧力をかけることもある。

 Bitter Winterが入手した文書の添付用紙に目を通すと、海外在住の中国人に関する現在の調査がいかに多角的に行われているかが分かる。僑眷は、職場、肩書き、学歴、連絡先(電話番号とメールアドレス)、そして、中国を出国した日付を含む項目に情報を入力する必要がある。この用紙に記入する必要がある者は、調査の項目は極秘であり、情報を他言しないように釘を刺されている。

江蘇省揚中市の政府が発行した、優秀な人材及び海外在住の中国人のデータベース作成に関する通知。この取り組みは2019年9月に開始された。江蘇省揚中市の政府が発行した、優秀な人材及び海外在住の中国人のデータベース作成に関する通知。この取り組みは2019年9月に開始された。(写真:インターネットより)

 中国人の海外の留学生も「統一戦線」の主なターゲットに指定されている。中国南東部、江西 の地域政府が発行した『2019年の統一戦線の要点』は「留学生に関する統一戦線の新たなアイデアを探り」、「留学生の思想及び政治に関する指導」を強化するよう促している。現在行われている調査の範囲には、中国に帰国したかどうか、または、現在も海外に居住しているかどうかに関わらず、全ての学生が含まれている。

 数名の留学中の学生からの情報によると、家族や友人から政府が自分の情報を集めていることを知らされるようだ。留学生は、国が中国で暮らす家族を利用し、政府のためにスパイやその他の「活動」を強要するのではないか、と危惧している。

 また、この文書は「愛国勢力の育成と強化に焦点を絞り、海外の中国人に関する情報を直ちに確認し、香港、マカオ及び台湾を対象としたデータベースの作成と改善」を求めている。

 香港及びマカオの地域の「郷情普査工作」、そして、台湾在住の中国人の状況も調査には含まれている。調査の範囲には、中国本土に戸籍を持つものの、香港、マカオ及び台湾に定住している者、中国本土で長期間居住し、香港、マカオ、または、台湾の住民登録証を持つ者が含まれる。このカテゴリーに当てはまる者、そして、中国本土で暮らすその両親、配偶者、子供及び兄弟を含む家族が中国本土、または、3つの地域に設立した団体や組織も調査の対象となる。

 海外の宗教団体を取り締まるため、同様の手法が既に実施されている。Bitter Winterでは、中国共産党が以前から海外在住の 法輪功 の学習者、全能神教会 の信者及びその他の宗教団体の信者に関する広範囲におよぶ情報を収集し、完全な「海外の 邪教 の信者のデータベース」を作る取り組みを行ってきた、と報じた。

 中国政府は、中国での弾圧から逃れ、外国に定住した全能神教会の信者を帰国させるため、家族のつながりを悪用し、意のままに操っている。以前、Bitter Winterでも大々的に報じたとおり、中国共産党は韓国へ「家族捜索団」を送り込み、やらせの抗議活動を行うことで、現地の全能神教会の信者の難民に嫌がらせを行っていた。

 また、海外在住の中国人に関する調査の範囲は拡大していると見られる。中国南部在住の40歳の女性はBitter Winterに対し、米国で友人と親族を訪ね、中国に帰国した際に思いがけず当局に遭遇し、不愉快な思いをしたと伝えた。女性が帰宅した当日に 国家安全部 に呼ばれ、尋問を受けた。この女性が一番衝撃を受けたのは、米国で会った人物に関する質問の情報が非常に正確であった点であり、不安を募らせた。この女性は、旅行中常に追跡され、監視されていたことに気づいた。

 また、海外で働く 回族 の男性がBitter Winterに伝えたところによると、男性に対し、政府の職員から接触があり、報酬をちらつかされ、国のために働くよう求められたという。この男性は、親族に会うために中国に帰国する度に、現地の国保局から呼び出され、海外で連絡を取り合った中国人に関する情報の提供を求められる。政府は1万人民元(約15万円)の報酬を約束したという。また、この男性の友人の一人は、海外に留学した経験があり、一緒に学んだ中国人の学生の電話番号を教えるよう当局から求められたという。

・・・・・・・・・・

*Bitter Winter(https://jp.bitterwinter.org )は、中国における信教の自由 と人権 について報道するオンライン・メディアとして2018年5月に創刊。イタリアのトリノを拠点とする新興宗教研究センター(CESNUR)が、毎日8言語でニュースを発信中。世界各国の研究者、ジャーナリスト、人権活動家が連携し、中国における、あらゆる宗教に対する迫害に関するニュース、公的文書、証言を公表し、弱者の声を伝えている。中国全土の数百人の記者ネットワークにより生の声を届け, 中国の現状や、宗教の状況を毎日報告しており、多くの場合、他では目にしないような写真や動画も送信している。中国で迫害を受けている宗教的マイノリティや宗教団体から直接報告を受けることもある。編集長のマッシモ・イントロヴィーニャ(Massimo Introvigne)は教皇庁立グレゴリアン大学で学んだ宗教研究で著名な学者。ー「カトリック・あい」はBitterWinterの承認を受けて記事を転載します。

2019年10月4日

・使徒的勧告「Christus vivit(キリストは生きておられる)」若者参加のビデオ版放映・更新

Christus vivit: Young apostles for young people

以下、原文22項以降

 ”Jesus, ever young”. This is the title of the second chapter of “Christus vivit”. Canadian Julian Paparella, a graduate of McGill University in Montreal, recounts how this aspect is lived by some of the students at the university whom Julian is accompanying on a journey of faith. “My luck? having participated in the Synod on young people”.

22. Jesus is “young among the young in order to be an example for the young and to consecrate them to the Lord”. For this reason the Synod said that “youth is an original and stimulating stage of life, which Jesus himself experienced, thereby sanctifying it”.

Jesus’ youth

23. The Lord “gave up his spirit” (cf. Mt 27:50) on a cross when he was little more than thirty years of age (cf. Lk 3:23). It is important to realize that Jesus was a young person. He gave his life when he was, in today’s terms, a young adult. He began his public mission in the prime of life, and thus “a light dawned” (Mt 4:16) that would shine most brightly when he gave his life to the very end. That ending was not something that simply happened; rather, his entire youth, at every moment, was a precious preparation for it. “Everything in Jesus’s life was a sign of his mystery”; indeed, “Christ’s whole life is a mystery of redemption”

24. The Gospel tells us nothing of Jesus’ childhood, but it does recount several events of his adolescence and youth. Matthew situates the time of the Lord’s youth between two events: his family’s return to Nazareth after their exile, and Jesus’ baptism in the Jordan, the beginning of his public ministry. The last images we have of Jesus as a child are those of a tiny refugee in Egypt (cf. Mt 2:14-15) and repatriated in Nazareth (cf. Mt 2:19-23). Our first image of Jesus as a young adult shows him standing among the crowds on the banks of the Jordan river to be baptized by his kinsman John the Baptist, just like any other member of his people (cf. Mt 3:13-17).

25. Jesus’ baptism was not like our own, which introduces us to the life of grace, but a consecration prior to his embarking on the great mission of his life. The Gospel says that at his baptism the Father rejoiced and was well pleased: “You are my beloved Son” (Lk 3:22). Jesus immediately appeared filled with the Holy Spirit, and was led by the Spirit into the desert. There he prepared to go forth to preach and to work miracles, to bring freedom and healing (cf. Lk 4:1-14). Every young person who feels called to a mission in this world is invited to hear the Father speaking those same words within his or her heart: “You are my beloved child”.

26. Between these two accounts, we find another, which shows Jesus as an adolescent, when he had returned with his parents to Nazareth, after being lost and found in the Temple (cf. Lk 2:41-51). There we read that “he was obedient to them” (cf. Lk 2:51); he did not disown his family. Luke then adds that Jesus “grew in wisdom, age and grace before God and men” (cf. Lk 2:52). In a word, this was a time of preparation, when Jesus grew in his relationship with the Father and with others. Saint John Paul II explained that he did not only grow physically, but that “there was also a spiritual growth in Jesus”, because “the fullness of grace in Jesus was in proportion to his age: there was always a fullness, but a fullness which increased as he grew in age”.

27. From what the Gospel tells us, we can say that Jesus, in the years of his youth, was “training”, being prepared to carry out the Father’s plan. His adolescence and his youth set him on the path to that sublime mission.

28. In his adolescence and youth, Jesus’ relationship with the Father was that of the beloved Son. Drawn to the Father, he grew up concerned for his affairs: “Did you not know that I must be about my Father’s business?” (Lk 2:49). Still, it must not be thought that Jesus was a withdrawn adolescent or a self-absorbed youth. His relationships were those of a young person who shared fully in the life of his family and his people. He learned his father’s trade and then replaced him as a carpenter. At one point in the Gospel he is called “the carpenter’s son” (Mt 13:55) and another time simply “the carpenter” (Mk 6:3). This detail shows that he was just another young person of his town, who related normally to others. No one regarded him as unusual or set apart from others. For this very reason, once Jesus began to preach, people could not imagine where he got this wisdom: “Is this not Joseph’s son?” (Lk 4:22).

29. In fact, “Jesus did not grow up in a narrow and stifling relationship with Mary and Joseph, but readily interacted with the wider family, the relatives of his parents and their friends”.Hence we can understand why, when he returned from his pilgrimage to Jerusalem, his parents readily thought that, as a twelve-year-old boy (cf. Lk 2:42), he was wandering freely among the crowd, even though they did not see him for an entire day: “supposing him to be in the group of travellers, they went a day’s journey” (Lk 2:44). Surely, they assumed, Jesus was there, mingling with the others, joking with other young people, listening to the adults tell stories and sharing the joys and sorrows of the group. Indeed, the Greek word that Luke uses to describe the group – synodía – clearly evokes a larger “community on a journey” of which the Holy Family is a part. Thanks to the trust of his parents, Jesus can move freely and learn to journey with others.

His youth teaches us

30. These aspects of Jesus’ life can prove inspiring for all those young people who are developing and preparing to take up their mission in life. This involves growing in a relationship with the Father, in awareness of being part of a family and a people, and in openness to being filled with the Holy Spirit and led to carry out the mission God gives them, their personal vocation. None of this should be overlooked in pastoral work with young people, lest we create projects that isolate young people from their family and the larger community, or turn them into a select few, protected from all contamination. Rather, we need projects that can strengthen them, accompany them and impel them to encounter others, to engage in generous service, in mission.

31. Jesus does not teach you, young people, from afar or from without, but from within your very youth, a youth he shares with you. It is very important for you to contemplate the young Jesus as presented in the Gospels, for he was truly one of you, and shares many of the features of your young hearts. We see this for example in the following: “Jesus had unconditional trust in the Father; he maintained friendship with his disciples, and even in moments of crisis he remained faithful to them. He showed profound compassion for the weakest, especially the poor, the sick, sinners and the excluded. He had the courage to confront the religious and political authorities of his time; he knew what it was to feel misunderstood and rejected; he experienced the fear of suffering and he knew the frailty of the Passion. He turned his gaze to the future, entrusting himself into the Father’s safe hands in the strength of the Spirit. In Jesus, all the young can see themselves”

32. On the other hand, Jesus is risen, and he wants to make us sharers in the new life of the resurrection. He is the true youthfulness of a world grown old, the youthfulness of a universe waiting “in travail” (Rom 8:22) to be clothed with his light and to live his life. With him at our side, we can drink from the true wellspring that keeps alive all our dreams, our projects, our great ideals, while impelling us to proclaim what makes life truly worthwhile. Two curious details in the Gospel of Mark show how those risen with Christ are called to authentic youth. In the Lord’s passion we see a young man who wanted to follow Jesus, but in fear ran away naked (cf. 14:51-52); he lacked the strength to stake everything on following the Lord. Yet at the empty tomb, we see another young person, “dressed in a white tunic” (16:5), who tells the women not to be afraid and proclaims the joy of the resurrection (cf. 16:6-7).

33. The Lord is calling us to enkindle stars in the night of other young people. He asks you to look to the true stars, all those varied signs he gives us to guide our way, and to imitate the farmer who watches the stars before going out to plough his field. God lights up stars to help us keep walking: “The stars shine in their watches, and are glad; he calls them and they say: ‘Here we are!’” (Bar 3:34-35). Christ himself is our great light of hope and our guide in the night, for he is the “bright morning star” (Rev 22:16).

 

(2019.10.3 VaticanNews )

 They’re called cybernauts, or “geeks”: people who are addicted to the web. Agatha is a young Christian woman from Indonesia who has experienced the dark side of a life attached to a smartphone. She has made her own the Pope’s suggestion in “Christus vivit”: “to move from virtual contact to good and healthy communication”.

The digital environment

86. “The digital environment is characteristic of the contemporary world. Broad swathes of humanity are immersed in it in an ordinary and continuous manner. It is no longer merely a question of ‘using’ instruments of communication, but of living in a highly digitalized culture that has had a profound impact on ideas of time and space, on our self-understanding, our understanding of others and the world, and our ability to communicate, learn, be informed and enter into relationship with others. An approach to reality that privileges images over listening and reading has influenced the way people learn and the development of their critical sense”.

87. The web and social networks have created a new way to communicate and bond. They are “a public square where the young spend much of their time and meet one another easily, even though not all have equal access to it, particularly in some regions of the world. They provide an extraordinary opportunity for dialogue, encounter and exchange between persons, as well as access to information and knowledge. Moreover, the digital world is one of social and political engagement and active citizenship, and it can facilitate the circulation of independent information providing effective protection for the most vulnerable and publicizing violations of their rights. In many countries, the internet and social networks already represent a firmly established forum for reaching and involving young people, not least in pastoral initiatives and activities”.

88. Yet to understand this phenomenon as a whole, we need to realize that, like every human reality, it has its share of limitations and deficiencies. It is not healthy to confuse communication with mere virtual contact. Indeed, “the digital environment is also one of loneliness, manipulation, exploitation and violence, even to the extreme case of the ‘dark web’. Digital media can expose people to the risk of addiction, isolation and gradual loss of contact with concrete reality, blocking the development of authentic interpersonal relationships. New forms of violence are spreading through social media, for example cyberbullying. The internet is also a channel for spreading pornography and the exploitation of persons for sexual purposes or through gambling”.89. It should not be forgotten that “there are huge economic interests operating in the digital world, capable of exercising forms of control as subtle as they are invasive, creating mechanisms for the manipulation of consciences and of the democratic process. The way many platforms work often ends up favouring encounter between persons who think alike, shielding them from debate. These closed circuits facilitate the spread of fake news and false information, fomenting prejudice and hate. The proliferation of fake news is the expression of a culture that has lost its sense of truth and bends the facts to suit particular interests. The reputation of individuals is put in jeopardy through summary trials conducted online. The Church and her pastors are not exempt from this phenomenon”.

90. A document prepared on the eve of the Synod by three hundred young people worldwide pointed out that “online relationships can become inhuman. Digital spaces blind us to the vulnerability of another human being and prevent us from our own self-reflection. Problems like pornography distort a young person’s perception of human sexuality. Technology used in this way creates a delusional parallel reality that ignores human dignity”. For many people, immersion in the virtual world has brought about a kind of “digital migration”, involving withdrawal from their families and their cultural and religious values, and entrance into a world of loneliness and of self-invention, with the result that they feel rootless even while remaining physically in one place. The fresh and exuberant lives of young people who want to affirm their personality today confront a new challenge: that of interacting with a real and virtual world that they enter alone, as if setting foot on an undiscovered global continent. Young people today are the first to have to effect this synthesis between what is personal, what is distinctive to their respective cultures, and what is global. This means that they must find ways to pass from virtual contact to good and healthy communication.

 

 

(2019.10.8  VaticanNews )

 

Christus vivit: I find heaven in a picture and in sports

God’s house is everywhere, even in a museum, in a playground. Tomás, a young Irishman, is convinced of this. He particularly loves the part in “Christus vivit” where the Pope speaks of art and sports, that being in nature is like a prism that reveals the many faces of divine beauty to young people.

Areas needing to be developed

224. Many young people have come to appreciate silence and closeness to God. Groups that gather to adore the Blessed Sacrament or to pray with the word of God have also increased. We should never underestimate the ability of young people to be open to contemplative prayer. We need only find the right ways and means to help them embark on this precious experience. When it comes to worship and prayer, “in many settings, young Catholics are asking for prayer opportunities and sacramental celebrations capable of speaking to their daily lives through a fresh, authentic and joyful liturgy”. It is important to make the most of the great moments of the liturgical year, particularly Holy Week, Pentecost and Christmas. But other festive occasions can provide a welcome break in their routine and help them experience the joy of faith.

225. Christian service represents a unique opportunity for growth and openness to God’s gifts of faith and charity. Many young people are attracted by the possibility of helping others, especially children and the poor. Often this service is the first step to a discovery or rediscovery of life in Christ and the Church. Many young people grow weary of our programmes of doctrinal and spiritual formation, and at times demand a chance to be active participants in activities that benefit others.

226. Nor can we overlook the importance of the arts, like theatre, painting, and others. “Music is particularly important, representing as it does a real environment in which the young are constantly immersed, as well as a culture and a language capable of arousing emotion and shaping identity. The language of music also represents a pastoral resource with a particular bearing on the liturgy and its renewal”. Singing can be a great incentive to young people as they make their way through life. As Saint Augustine says: “Sing, but continue on your journey. Do not grow lazy, but sing to make the way more enjoyable. Sing, but keep going… If you make progress, you will continue your journey, but be sure that your progress is in virtue, true faith and right living. Sing then, and keep walking”.

227. “Equally significant is the emphasis that young people place on sports; the Church should not underestimate the potential of sports for education and formation, but instead maintain a strong presence there. The world of sport needs to be helped to overcome some of its problematic aspects, such as the idolization of champions, subservience to commercial interests and the ideology of success at any cost”. At the heart of the experience of sport is “joy: the joy of exercising, of being together, of being alive and rejoicing in the gifts the Creator gives us each day”. Some Fathers of the Church used the example of the training of athletes to encourage the young to develop their strength and to overcome idleness and boredom. Saint Basil the Great, writing to young people, used the effort demanded by athletics to illustrate the value of self-sacrifice as a means of growth in virtue: “These men endure sufferings beyond number, they use many means to build their strength, they sweat constantly as they train… in a word, they so discipline themselves that their whole life prior to the contest is but a preparation for it… How then can we, who have been promised rewards so wondrous in number and in splendour that no tongue can recount them, even think of winning them if we do nothing other than spend our lives in leisure and make but half-hearted efforts?”

228. Nature holds a special attraction for many adolescents and young people who recognize our need to care for the environment. Such is the case with the scouting movement and other groups that encourage closeness to nature, camping trips, hiking, expeditions and campaigns to improve the environment. In the spirit of Saint Francis of Assisi, these experiences can be a real initiation into the school of universal fraternity and contemplative prayer.

(次回に続く)

 

 

 

 

2019年10月4日

・中国当局、教員に「党の教育理念への忠誠」求め、宗教を信じる教員、学生に懲罰(BW)

 宗教の教えに従うか、または、中国共産党に忠誠を誓うかの二者択一を迫られ、宗教を選んだ者には停職、除籍、生涯にわたる弾圧等の重い代償が与えられている。

中国のある大学中国のある大学(写真:インターネットより)

 中国では大学を含む教育機関の教員に「社会主義の後継者」を育てる使命が与えられており、軍、共産党党員、公務員のように「党の教育理念に忠誠を誓う」ことが求められている。当然、宗教の信仰も禁じられている。一方、学生も退学をちらつかされ、棄教を迫られている

*大学の教員に停職処分が下る

 北部の山西  のある大学で教鞭を執り、博士号を持つ人物が、信仰を理由として降格処分を受け、その後、停職処分を受けた。

 2019年4月、この教員が宗教の集会に参加している、という報告を受けた大学は「法律に違反している疑いがある」として教員を停職処分に処した。

 停職処分を言い渡す前、大学は教員に繰り返し棄教を求め、公務員として宗教の集会に参加することはできない点、「違法な場所」から距離を取る必要がある点を伝えた。調査中、大学は教員が逮捕された場合は、給与の支払いを止め、停職処分を下すと脅していた。

 大学の管理部門が教員を問題視したのは今回が初めてではなかった。2年前、中央政府の検査班の圧力を受け、大学は「違法な布教活動を実施」したとして勤務評価を下げていた。その直後、降格処分を受け、教職を解かれて基本給のみが支払われることになった。

 教員は2ヶ月の停職期間を経て職場に復帰したものの、単調な仕事ばかりを与えられている。さらに「政治的にデリケートな人物」と見なされ、毎月大学に思想に関する報告書の提出を義務づけられている。

 この教員はBitter Winterに対し「宗教の信仰に危機が訪れています」と述べ、いつ解雇されてもいいように準備をしていると加えた。

 2017年11月、山西省のある大学の准教授が、信仰が理由で停職処分及び1年間に渡る減点処分を受けた。懲罰期間は終了したものの、教職への復帰は認められていない。

*士官学校の生徒が退学処分を受ける

 中国では良心に従い、宗教の教えを守ることを選択した者は、報いを受けることが多い。

 国防技術を専門に学ぶ士官学校の22歳の学生は、キリスト教の棄教を拒んだために退学処分を言い渡された。7月に実行された学生の信教に関する徹底した調査の後、学生に退学処分が下った。この調査は、2019年の始めに中央軍事委員会から与えられた命令を受けて行われたものであった。

士官学校が宗教の信仰を理由として学生に退学処分を与えた。士官学校が宗教の信仰を理由として学生に退学処分を与えた。

 情報筋によると、学校側は、この学生が入学する前に宗教をもっていることを把握していたが、成績が優秀であったために入学を許可した。学校は、キリスト教徒を受け入れていないこと、そして、兵士は宗教をもつことができないと明確に伝えるため、「思想教育」を用いて、キリスト教を信仰するこの学生に棄教を求めた。そして、学校を辞めるか、もしくは、棄教するかの選択を迫った。

 この学生は率直に「キリスト教の教えは人生よりも大切なものです。教えがない人生は人生とは呼べません」と語った。

 中国東部、山東省煙台  在住の25歳のキリスト教徒も同様の経験をしていた。軍隊に入ったものの、信仰が理由で2017年に除隊処分を科されていた。

*Bitter Winter(https://jp.bitterwinter.org )は、中国における信教の自由人権 について報道するオンライン・メディアとして2018年5月に創刊。イタリアのトリノを拠点とする新興宗教研究センター(CESNUR)が、毎日8言語でニュースを発信中。世界各国の研究者、ジャーナリスト、人権活動家が連携し、中国における、あらゆる宗教に対する迫害に関するニュース、公的文書、証言を公表し、弱者の声を伝えている。中国全土の数百人の記者ネットワークにより生の声を届け, 中国の現状や、宗教の状況を毎日報告しており、多くの場合、他では目にしないような写真や動画も送信している。中国で迫害を受けている宗教的マイノリティや宗教団体から直接報告を受けることもある。編集長のマッシモ・イントロヴィーニャ(Massimo Introvigne)は教皇庁立グレゴリアン大学で学んだ宗教研究で著名な学者。ー「カトリック・あい」はBitterWinterの承認を受けて記事を転載します。

2019年9月28日

・バチカン・中国の司教任命に関する暫定合意から一年-合意内容は堅持(La Croix)

Two Chinese bishops, including Bishop Giuseppe Guo Jincai of Hebei, attend their first synod meeting at the Vatican, Oct. 6, 2018. (Photo by Alessia Giuliani/CPP/Ciric)

 

(2019.9.20 La Croix Nicolas Senèze)

 彼らは小さなカテドラルの前で誇らしげにカメラに向かってポーズをとる、赤いカズラが白衣に映える、百人の赤いストラを掛けた司祭と修道服のシスターたち、白のカソックの下に赤色を着た侍者たち、そして5人の司教たち… 全員が微笑みを浮かべている…。

 記念写真の中央に立つのは、8月26日に教皇の同意を得て叙階されたヤオ・シュン司教、山東省の済寧教区長だ。就任式で読まれた書簡によると、彼の新しいポストは「特別の緊張のない」ポストだ。

 そして二日後に、シュウ・ホンウェイ司教が陝西省の漢中市で叙階された。ここでもまた、「当該司教候補は教皇の同意を得た」ことを、叙階式で読まれた書簡が確認し、9月22日で一周年を迎えるバチカンと中国の司教任命に関する暫 定合意が完全に実行されたことが強調された。

 二人の新司教のそれぞれの教区は、不法移民と当局の間の争いがそれほど明確でなく、長い間、教皇の同意があり、今回の歴史的な司教叙階には大きな問題がなかったのだ。

*「これは革命的なことだが」

  「今後の中国での叙階すべてが同じ程度のものになる、ということにはならないでしょう。とくに、もっと複雑な事情を抱え、教会内部でさえも争いが激しいことろでは」と語るのは、中国事情に詳しいジャーナリストのジョアンニ・バレンテ氏だ。だが、それにもかかわらず、二人の司教が暫定合意後に新に叙階されたことは、この一年の間に環境が劇的に変わったことを示している、と言える。「司教の選択について、教皇が最終判断を得たということが、中国における司教任命の枠組みが変えた。この70年間、実際上の問題が続いていた中国で、です」と強調した。

*中国当局は、教会の問題には少しの関心もない

 これまでの暗黒の年月の間、不法移民に対する懸念は、全ての犠牲を払って教皇とつながりを持ち続けた。それはストレスを感じさせる状況であり、時にはそれは高くつき、何人かの司教たちが当局への登録(現在はそうすることが要求される)に難色を示していることを説明していた。「私たちは、彼らの精神状態を理解せねばなりません… 50年にわたって、政府への登録はカトリック教会に対する国家による管理、と受け取られてきました」とバレンテ氏は語る。

 「例えば最も秘密な活動をしているカトリック信徒さえも、暫定合意を拒むことがないとしても、そのうちの何人かが持つ疑いを、理解することはできます」-それは、中央政府・共産党の厳しい政策が続けられている最中に存在する疑問だ。バレンテ氏は「実際のところ、中国当局の関心は、公共の秩序を保ち、カトリック共同体がそれを妨げないのを確実にすることだけにあるのです。純粋に教会に関わる問題には少しの興味持っていません」と言う。

 その一方で、バチカンは中国における司教の当局への登録について注意を払い続けている。中央政府・党の宗教規制の強化はこのように福音宣教に狙いを定めたものだーたとえ地方政府が、借りを返したい人々と共に、カトリック教会共同体に対して、それを使うことができるとしても… 。

 現在の変革期の状況を考慮に入れて、バチカンの福音宣教省が6月に出した指針は、当局への登録は教会の教えに反するものではないが、良心の自由に反することはできない、と確認している。これは、対話を定期的に行っている当局への対応について、間接的に言及したものだ。中国人のメンタリティーの基本的な点は互いに話すことが公式合意よりも重要であり、そうした取り決めは、環境に応じて容易に”進化”する、ということを知っておく必要がある。

*「中国の教会が置かれた現実は…」

 しかしながら、中国国外では、明確な合意内容の不在は、あらゆる種類の憶測を招く。数多くの情報-イデオロギー的な動機から合意に反対する人々によって、しばしば操作された情報ーが飛びかう。彼らの信念の中には、古い中国像とカトリック教会の置かれた状況に基づいたものもある。だが、真実は、この国の中で社会的、経済的な激動が、全速力で進んでいる、ということだ。

 バレンテ氏は「私たちは、中国の教会の現実を見なければなりません。見下さないように注意すべきです」と警告。そして、中国の多くの司教たちは信仰心をもった強い人であり、自分たちの教会共同体を守るために時として、困難な決断を求められている、と指摘する。そうした司教たちの関心は、完全に中国人のものとなった教会に声明をもたらすことなのだ。

(翻訳「カトリック・あい」南條俊二)

(注:LA CROIX internationalは、1883年に創刊された世界的に権威のある独立系のカトリック日刊紙LA CROIXのオンライン版。急激に変化する世界と教会の動きを適切な報道と解説で追い続けていることに定評があります。「カトリック・あい」は翻訳・転載の許可を得て、逐次、掲載していきます。原文はhttps://international.la-croix.comでご覧になれます。)

 LA CROIX internationa is the premier online Catholic daily providing unique quality content about topics that matter in the world such as politics, society, religion, culture, education and ethics. for post-Vatican II Catholics and those who are passionate about how the living Christian tradition engages, shapes and makes sense of the burning issues of the day in our rapidly changing world. Inspired by the reforming vision of the Second Vatican Council, LCI offers news, commentary and analysis on the Church in the World and the world of the Church. LA CROIX is Europe’s pre-eminent Catholic daily providing quality journalism on world events, politics, science, culture, technology, economy and much more. La CROIX which first appeared as a daily newspaper in 1883 is a highly respected and world leading, independent Catholic daily.

 

2019年9月22日

・バチカン・中国「暫定合意」から一年-反対派の司祭、信徒へ迫害続き「信教の自由」未解決(BW)

 2018年のバチカンと中国間の合意を冷静に評価するときがやって来た。全ての中国のカトリック教徒が反対していたと言ってしまうと語弊があるが、合意内容の適用は不適切であり、反対する神父は迫害に晒されている。また、信教の自由に関する根本的な神学理論の問題は解決されていない。

浙江省蒼南県赤渓鎮の大門山半島近くにあるカトリックの教会。著作権情報:浙江省蒼南県赤渓鎮の大門山半島近くにあるカトリックの教会。(著作権情報: Vmenkov – CC BY-SA 3.0

*暫定合意の内容はいまだに公表されず、バチカンのガイドラインは出たが…

 1年前の2018年9月22日バチカンと中国は合意書に署名した。内容は現在も公表されていない。Bitter Winterは同意に関する控え目な態度を批判されたことがある。

 本誌は一部の熱狂的なバチカンのメディアとは距離を置き、また、「教皇フランシスコが中国のカトリック教徒を 中国共産党 に売った」と激しく批判する勢力にも加わらなかった。

 これは個人的な経験に基づく方針である。2011年、私はOSCE(欧州安全保障協力機構)で人種差別、外国人嫌悪、そして、キリスト教徒及びその他の宗教の信者に対する不寛容と差別の問題において代表を務めた。

 私が学んだ教訓の一つは、「100年の歳月を経て発展したバチカンの外交術を決して見くびるべきではない」ということだ。

 バチカンの外交は独特であり、その視線は数年や数十年ではなく数世紀先を見据えている。バチカンと中国間の合意の交渉は、一部において外交とは独立した経路を介して行われた点は理解しているが、解釈を行う上で「外交官が積極的な役割を果たした」と私は確信している。

 一方、Bitter Winterでは、合意後も 中国天主教愛国会(以前は天主教会と呼ばれていた)への参加を拒んだ中国の神父と司教への弾圧に関する詳細な報告を引き続き配信してきた。政府に登録し、中国天主教愛国会に参加するために署名を求める文書は、控え目に言っても、神学上曖昧であり、大勢の聖職者が良心に照らし合わせて、拒絶していた。

 その後、2019年6月28日、バチカンが2019年度版のガイドラインを公開した

 バチカンは、Bitter Winterが日常的に説明している状況、そして、中国国内のカトリックの「問題」に対する弊誌の2つの主な評価のポイントを認めた。まず、一部の合意の反対派が引き続き行っている主張に反し、現在、バチカンは「中国天主教愛国会への参加を認めない」という立場を取っていない。

 実際にガイドラインは加入を認め、また、司教と神父に対して神学的に曖昧な同意書への署名を、書面、または、少なくとも口頭で、不適切な見解には従わないことを伝えておくことを条件に認めている。当然ながら、「口約束で充分だ」という指摘を、「誰もがいつでもいかなる合意書にも署名できる」と解釈することは可能だ。行間を読み、バチカンが、「中国国内の神父と司教による中国天主教愛国会への参加を、通常の選択肢と見ている」と考えることすらできる。

*バチカンは「中国に地下教会は存在せず」、だが良心的拒否者の扱いで中国共産党と異なる解釈

 バチカンは「中国には地下教会が存在する」とは考えておらず、存在したとしても、バチカン側は神学理論や正統性を認めない。

 しかし、カトリックの良心に従う拒否者(良心を理由に中国天主教愛国会への参加を拒んだ神父と司教)は実在する。バチカンと中国国内の双方で、「このような良心に従う拒否者に対する思いやりが欠如しているのではないか」という声が上がっている。

 バチカンの大勢の関係者が「バチカンの立ち位置が不十分」と受け止めており、「徐々に存在感を失う」と考えている。

 しかし、思いやりの有無にかかわらず、ガイドラインは、中国共産党に対し、良心に従う拒否者に「敬意を払う」よう求めている。参加の拒否は推奨されていないものの、禁止されているわけではなく、つまり、「中国天主教愛国会への参加」は義務ではない。

 中国共産党の解釈は異なる。同党は、良心に従う拒否者に引き続き脅しをかけ、嫌がらせを行い、脅迫し、投獄している。中国共産党は、2018年の合意により、「中国国内の全てのカトリック教徒に中国天主教愛国会への参加が義務づけられた」と考えている。

 これは司教の任命よりも重要なポイントだ。司教の任命に関しては、暫定合意がなされ、「誰を司教に選ぶべきか」に関して、中国共産党の意見がバチカンよりも重視されるが、最終的に「ローマ教皇に任命される」と見られている。中国政府と良好な関係を築くため、バチカンは良心に照らした反対の推奨、あるいは、公の場での支援を控えている可能性がある。だが、バチカンは、良心的拒否者を「投獄する」のではなく「敬意を払う」ことを求め、「暫定合意によって、中国天主教愛国会への全員参加が義務づけられた」するのは誤った解釈だ、と指摘している。

*中国のカトリックの現状に二分される見方-真実は中間にある

 合意内容は非公開であり、いずれの解釈が正しいのかを判断することは不可能だ。しかし、中国共産党よりもバチカンを信頼するのは致し方ない、と言えるだろう。

 Bitter Winterは、宗教に関する中国共産党の極秘の文書を暴露し、公開することには長けているが、2018年の合意の内容に関しては情報を持ち合わせていない。ただし、この合意の効果は確認している。中国の状況の公平な評価ではなく、思想的な立場から生じる2つの行き過ぎた見方を避ける努力をしている。

 一つは、「中国人のカトリック教徒全員、もしくは、その大半が、自分たちを『裏切り』、中国共産党に『売った』教皇フランシスコに反対している」という主張だ。この主張は、中国に関してほとんど知識を持たず、また、全く別の問題で教皇に異議を唱えるカトリック教徒によって行われているようだ。

 もう一つは、「中国のカトリック教徒には何も問題がなく、暫定合意によって、中国のカトリック教会に春が到来しており、弾圧が今でも行われていると主張するのは、反教皇、反中国の立場を取る米国のプロパガンダに過ぎない」との指摘だ。これは「反対派の神父への弾圧が事実として行われていること」を明らかに無視している。

 真実はその中間にある。

 良心に従う拒否者は「弾圧に晒され、バチカンから支えられていない」と感じている。反対派は、ガイドラインをはじめとする声明は、不十分、と見なしている。また「ローマ教皇に近いとされるバチカンの高官、記者、知識人の、『中国天主教会を完全に正当な組織として認め、それ故に同団体への参加は全ての中国人のカトリック教徒にとって逃れられない運命だ』とする考え方」よりも、自分たちの考えを重視している。

 長期間にわたって弾圧を受けてきた彼らが、中国天主教愛国会と中国共産党を信頼していないことは何ら不思議ではない。中国天主教愛国会への登録及び参加を拒む者に対する嫌がらせは、引き続き行われており、反対派の疑念をさらに高める結果となっている。

 Bitter Winterは宗教における選択により迫害を受ける人々に関する情報を配信しているが、良心に従う拒否者の正確な統計データは存在しない。良心に従う拒否者の「人権 と信仰の自由」は、弾圧を受けているその他の宗派の人々に対してと同様に、守られるべきだが、「合意前に中国天主教愛国会に参加していなかった中国人の神父と司教の大半が、良心に従う拒否者だ」とは断言できないし、否定することもできない。それは、単純に、確実なデータが存在しないためだ。

*信教の自由、人権の捉え方が中国は全く異なる

 中国で毎日起きている出来事に加え、重要な原則の問題も存在する。

 第二バチカン公会議で(あるいはこの会議以前から)、カトリック教会は現代の人権宣言を信教に限らず普遍的なものとして受け入れた。この「信教の自由 に関する宣言」により、カトリック教会は「信教の自由は、選択した宗教の内容に関わらず、尊厳に基づき全ての人類にとって欠かせない権利」と厳粛に宣言している。信教の自由に関する宣言は「性別に関係なく全ての人々が、国から嫌がらせを受けることなく宗教を選択する権利を持つ」ことを意味する。カトリック教会は一部の選択は神学理論において、重要度に違いはあると考えているものの、このような選択を導くプロセスにおいて「国家が干渉すべきでない」と主張している。

 今、世界で、人権と信教の自由が攻撃に晒されている。一部のムスリム、ロシア、そして、中国の政治理論学者は「信教の自由を含む人権は、普遍的なものではなく、西洋または米国の考えだ」とし、「文化的に自国にとって無縁であるため、アラブ、ロシア、または、中国にはそぐわない」「世界人権宣言の原理に矛盾し、個人的には信教の自由とも矛盾している」と主張する。

 だが、「欧米諸国は、異なる伝統を持つロシアに『自由民主主義と人権』を押しつけることはできない」と主張したプーチン大統領を正しい、と考えている親プーチンのカトリック教徒も存在する(その多くは右翼)。

*バチカン国務長官は「地下教会としての活動を望むカトリック教会は中国に存在せず」と

 「近平 は正しく『中国の特徴を考慮した人権』は欧米諸国の人権、世界人権宣言の中で重視されている人権とは異なる」と主張する親中国共産党のカトリック教徒もおり(その多くは左翼)、信教の自由の概念は欧米と中国では異なる、との考えもある。(このこの考えを示唆する記事を含む書籍がバチカン大学から出版されており、バチカン国務長官のピエトロ・パロリン枢機卿が賛同し、序文を提供している)

 パロリン長官は「地下教会として活動することを望むカトリックの教会はどの地域にも存在しない」、そして「政治の状況に関わらず、カトリック教徒は弾圧されることを望まず、堂々と活動することを好む」と指摘している。この指摘は適切といえるが、現実として政治的な問題の裏側には「神学的な問題」が見え隠れする。

 現代の「普遍的な人権」の概念をけ入れたカトリック教会の判断は正しかったのだろうか、それとも誤っていたのだろうか?正しかったとすれば、中国共産党との合意を実施するために、一定の問題を黙認することができる。合意の実施はバチカンが強く望んでいるように思える。

 しかし、カトリックの良心に従う拒否者、そして、その他の多くの宗教を信仰する者が中国で弾圧を受けている点に関しては道徳的に受け入れられないことを明言しておく必要がある。植民地主義者と東洋通の仮定に基づき、普遍性の支持が誤っていたとするなら、第二バチカン公会議以降のカトリックの社会的な教え全体を撤回する必要がある。

*「カトリックがよければ…」は通用しない-弾圧される他宗教、宗派の現状は

 神学及び政治の双方で問題が存在する。信教の自由に関する宣言の概念は、かつての教会の自由の原理がもたらしたものだが、「カトリック教会が自由であることが重要であり、その他の宗教は重要ではない」という考えが、カトリックの教えとして受け入られなくなったことを示唆している。

 信教の自由に関する宣言を行ったカトリック教会は、カトリック教徒の自由だけでは満足せず、いかなる宗教であれ宗教を信仰する者が迫害を受けた際は声を上げる。この姿勢は各々の宗教の教えを守ることではなく、カトリックが強く異論を唱えるものであっても変わらない。信仰が原因で投獄された者、拷問を受けた者、あるいは、殺害された者を守るためである。

 この原則は、中国国内のカトリック教徒は、たとえ中国共産党に黙認されていたとしても(良心に従う拒否者の状況とは異なる)、プロテスタント派の 家庭教会ウイグル族 のムスリム、チベット仏教徒、さらには 法輪功 の学習者や 全能神教会 の信者が引き続き弾圧を受けている場合、現状に満足するべきではないことを意味する。

 親中国共産党のカトリックのメディアように、このようなグループは「過激主義者」、「テロリスト」、「米国の工作員」、「カルト」、または、「犯罪者」であると指摘するだけでは問題の解決にならない。そもそもこの指摘は誤っている。また、犯罪に無縁であることが証明されたグループが弾圧を受けているなら、「弾圧は犯罪容疑ではなく、国の管理下に置かれていない全ての形式の宗教を抑制する中国共産党の願望に基づいて行われている」ということを示す証拠だ。

*マテオ・リッチの布教開始後、中国で改宗が広がらなかった-今は「無神論の党・政府支持」で信徒を失う

 一部のバチカンの官僚が「中国との合意は歴史的に極めて重要であり、この目標を達成するために多くの犠牲を払うこともやむを得ない」と考えている、と私は理解している。しかし、問題は、この件に関して「カトリック教会が、第二バチカン公会議以降維持し、”伝統主義者”の批判から積極的に守ってきた、信教の自由の普遍性に関する主要な教え、そして、神学理論と信仰からの離反に反論し、否定する準備が整っているかどうか」なのだ。

 この問題には別の側面がある。偉大なイエズス会士である宣教師、マテオ・リッチ(1552年-1610年)が活動を開始して以来、中国で自由な福音宣教が続けられていたら、大勢の中国人がカトリックに改宗していたはずだ。

 私が先に取り上げた書籍は 2018年のバチカンと中国間の暫定合意 を”謝罪”し、中国のカトリック教会に問題があることを認めている。プロテスタントの家庭教会(そして私なら全能神教会などの 新興宗教団体 も加える)が信者を大きく増やしている一方で、カトリック教会は停滞、または、信者を減らしている。

 社会学の理論では、政権が信教の自由を否定すると、政権を支持する教会は、現状に不満を持つ者、つまり、最も宗教に強い興味を持つ可能性がある支持者から、「自由に反対する団体」と見なされるようになり、信者を失う、とされている。

 中国では、「カトリックが親中国共産党だ」と見られることによって、「カトリック教徒の(限定的な)信教の自由という目標が口先だけ」であり、党と政府が与えられない宗教の教えを求める中国人の大半にとって、「無神論主義の政権を支持する教会は”面白味のない存在”だ」と見なされてしまうだろう。

(編集「カトリック・あい」)

*Bitter Winter(https://jp.bitterwinter.org )は、中国における信教の自由人権 について報道するオンライン・メディアとして2018年5月に創刊。イタリアのトリノを拠点とする新興宗教研究センター(CESNUR)が、毎日8言語でニュースを発信中。世界各国の研究者、ジャーナリスト、人権活動家が連携し、中国における、あらゆる宗教に対する迫害に関するニュース、公的文書、証言を公表し、弱者の声を伝えている。中国全土の数百人の記者ネットワークにより生の声を届け, 中国の現状や、宗教の状況を毎日報告しており、多くの場合、他では目にしないような写真や動画も送信している。中国で迫害を受けている宗教的マイノリティや宗教団体から直接報告を受けることもある。編集長のマッシモ・イントロヴィーニャ(Massimo Introvigne)は教皇庁立グレゴリアン大学で学んだ宗教研究で著名な学者。ー「カトリック・あい」はBitterWinterの承認を受けて記事を転載します。

2019年9月21日

・教皇訪日を”スーパースター”の一大イベントに終わらせないように(菊地大司教の日記より)

2019年9月18日 (水)

Pope19furukori2

  9月13日金曜日ローマ時間の朝9時に、教皇フランシスコの日本訪問と、その前に予定されているタイ訪問が、バチカンと、東京と、バンコクで、同時に発表されました。バチカンは、報道官の短いステートメント、日本は官房長官のちょっと長いステートメント、バンコクではタイ司教協議会主催で、なかなか大がかりな記者発表が行われました(これはビデオを見ることができます

 タイは11月20日から23日、日本は11月23日から26日で、日本での訪問先は、東京、長崎、広島となっています。なお日本訪問のテーマは「すべてのいのちを守るため」とされています。これは教皇の回勅「ラウダート・シ」に記されている言葉からとられました。詳しくは、カトリック中央協議会の特設ホームページをご覧ください。東京ドームでのミサの申し込みは、9月20日から特設サイトで、またはすでにツアーを組んでいる旅行会社経由でお願いいたします。

 38年ぶりのローマ教皇の日本訪問を、心から歓迎し、喜びのうちに迎えたいと思います。教皇フランシスコは、現代社会を支配する様々な価値観の直中に生きながら、神の望まれる世界を実現する道とは異なっている道へと誘う価値観に対して、厳しく対峙する姿勢を示してこられました。

 同時に、使徒の頭(かしら)の後継者として、イエスの福音宣教命令をより積極的に果たしていく姿勢を自ら示されることで、世界の教会共同体にキリスト者として生きる道を明確に示しておられます。とりわけキリストのいつくしみ深い心に導かれ、社会の中にあって助けを必要としている人、困難に直面している人、排除・排斥されている人、希望を失っている人に、積極的に関わり、歩みをともにしながら、いのちを生きる希望を生み出そうとされてきました。

 教会の中で待っているのではなく、助けを必要としている人のもとへ積極的に「出向いていく教会」を理想として掲げる教皇は、失敗や喪失を恐れて守りに入るのではなく、失敗を恐れずに積極的に行動するように呼びかけます。実際、教皇自身が、これまでの慣習にとらわれることなく、自らの言葉を行いで示してこられました。

 近年は、「ラウダート・シ」を発表することで、皆に共通の家である地球を護ることは、神からの賜物であるいのちを護ることだとして、環境問題に関わり、全人的な人間発展(総合的人間開発)の視点から、発言を続けられています。

 同時に、2013年の教皇選挙を前にして開催された枢機卿会での多数意見を受け、バチカン(聖座)の機構改革にも取り組んでこられ、その集大成とも言うべき文書の発表が、待たれているところです。教皇は、バチカンが、中央政府のように教会全体に命令を下すのではなく、教皇を補佐し、また世界の教会に奉仕する場となることを目指しておられます。

 教皇フランシスコの日本訪問は、日本の教会に、福音に従って生きることの大切さを繰り返し教える教皇フランシスコの姿勢に学び、それに倣う機会を与えてくれるでしょう。社会の直中にある教会共同体が、より福音にふさわしい生きる姿勢を見いだす機会を与えてくれるでしょう。「働き手を送ってくれるように祈れ」と言われた主の言葉を思い起こし、福音宣教のために奉仕せよとの呼びかけに、多くの人が応える機会ともなるでしょう。いつくしみ深い主イエスに倣って生きる道を、わたしたちに示してくれるでしょう。

 もちろん、何も準備をしなければ、ただスーパースターがやってきた、という”一大イベント”で終わってしまうでしょう。だから準備が大切です。幸い10月は福音宣教のための特別月間ですし、あらためて教皇フランシスコの書かれた文書を学び、その姿勢の模範に倣い、わたしたちの心を準備いたしましょう。もちろん、教皇様のために祈ることを忘れないようにいたしましょう。Popef130517g

 なお、東京に滞在する11月25日と帰国の途につかれる11月26日に関して、様々なご提案やリクエストが東京教区にも寄せられています。教皇様の外国訪問は、バチカン(聖座)の主催行事であり、ミサの典礼の内容も含めて、バチカンの関係部署からの指示で執り行われます。日本の司教協議会や教区は、その指示を具体的に実行する役割ですので、日本側からバチカンに要求することはできません。したがって、残念ながら、寄せられている様々なリクエストにお応えすることは適わないであろうこと、ご理解ください。

 また、主にミサの入場券のことで、教区本部やわたし宛にも様々なご注文をいただいていますが、これも東京教区の管轄ではなくて、司教協議会の管轄ですので、その点ご理解ください。

 

 

 写真は、2013年5月17日、国際カリタスの理事会の時に、2ヶ月前に就任されたばかりの教皇様に、日本訪問をお願いしているわたしです。教皇様が住んでおられるカサ・サンタ・マルタにて。

(菊地功=きくち・いさお=東京大司教)

2019年9月18日

・カトリック、プロテスタントの聖堂、”中国社会主義思想教育”の場へ”改修”進む(BW)

   中国共産党は礼拝の場を乗っ取り、新たなプロパガンダの拠点にしている。「習近平主席による中国の特色ある社会主義思想」を人々の脳に植え付けることが目的だ。

淘沙鎮のカトリック教会で、その場が「新時代の文明の実践本部」に変わったことを告げる巨大なプロパガンダポスターが、キリストの十字架に取って代わった。
淘沙鎮のカトリック教会で、聖堂が「新時代の文明の実践本部」に変わったことを告げる巨大な宣伝ポスターが、キリストの十字架に取って代わった。

*江西省のカトリック”地下教会”聖堂が「新時代の文明実践本部」に変えられる

 8月、中国南東部、江西 豊城  轄の淘沙  で、中国天主教愛国会 加入を拒否したある カトリック地下教会 の会衆は、自分たちの礼拝所が政府に乗っ取られたことを知った。建物の円形の窓は正方形に改造され、備品はすべて教会堂から撤去された。キリストの十字架は教会から持ち去られ、「新時代の文明実践本部」と書かれたプロパガンダのポスターが貼られ、共産主義思想と伝統的中国文化を喧伝する資料が並ぶ書棚が運び込まれた。

聖像は本堂から小さな部屋へ移された。
聖像は聖堂から小部屋に移された
かつてのカトリック教会堂内にプロパガンダの資料を並べた書棚が置かれた。
カトリック教会堂内に宣伝資料を並べた書棚が置かれた

 会衆は強制的な奪取に抵抗しようとしたが、地元当局は耳を貸さず、代わりに祝いを述べ合っていた。宗教の信仰を弾圧する 習近平 主席の政策を実行する上で重要な途中地点に到達しただけでなく、共産主義思想と中国伝統文化を推進するプロパガンダの拠点として「新時代の文明実践本部」をまたひとつ開くことができたからである。

 文明の実践センター( では「事務所」、 では「本部」と呼ばれる)は、中央政府が2018年から着手している全国規模の計画である。中国本土の国営メディアは、昨年7月に習近平主席自らが指揮を執った会議で「『新時代の文明実践センター』の試験的構築計画に関する意見書」の検討、承認が行われたと報じている。

*中国共産党中央宣伝部長の宣言で”習主席の社会主義思想実践拠点”全土に

 昨年10月の会議で 中国共産党 中央宣伝部長は「『新時代の文明実践センター』は、『習近平主席による中国の特色ある社会主義思想』を人々の精神に根付かせることを目指す大規模な取り組みである」と宣言した。また、「草の根レベルの政府が党思想のプロパガンダ活動を効果的に進め」なければならないと付け加えた。

 指令が採択されると、「文明実践」の拠点が中国各地に大量に出現し始めた。たとえば、中国東部、山東省の副省級市である人口900万人超の青島市では、市轄の地区、鎮、村、共同体内に300のプロパガンダ施設が新たに開設された。中国南東部、広東省の人口700万人の地級市、佛山市の行政部門では322件だ。

 中国共産党運営のメディアは、この方策について「市民の精神的、文化的生活の充実化」が目的だと報じている。しかし、現実には、当局が習近平主席の考えと相反するあらゆる思想、特に宗教信仰を取り締まるための新たな手段として利用しているようにしか見えない。

 「警察は教会堂を乗っ取る前に、電気警棒で脅しながらまず私たちの立ち入りを禁じました」。別目的のために転用された淘沙鎮のカトリック教会会員はBitter Winterに説明した。「警察は、私たちが 邪教 を信じ、迷信的な儀式を行って、社会を破壊していると言いました。愛国心を持てと説かれました」。

 乗っ取りの前の6月下旬、政府は「土地を不法占拠している」として教会堂の解体を命じた。建物を守るため、教会の責任者は政府の教会堂譲渡の求めに合意した。

羅湖鎮の地下カトリック教会は「文明実践」の本部として転用されている。羅湖鎮のカトリック地下教会は「文明実践」本部に転用

 江西省撫州市轄の羅湖鎮のあるカトリック地下教会もまた、政府が強制的に文明実践の本部に変えてしまった。2017年に170万人民元(約2,600万円)以上を投じて建てられたこの教会堂は2018年から使用されていた。宗教の祝日をわずか4回祝っただけで会衆は宗教局と郷政府当局に追い出された。4月21日の復活祭の日、同当局は中国天主教愛国会加入を命じ、従わない場合は教会堂を取り壊すと言って脅した。1週間後、当局は事務所の備品を教会堂に運び入れ、外壁に「新時代の文明の実践本部」の看板を掲げた。

*”政府・党公認”のプロテスタント教会も”乗っ取り”免れず

 政府はさらに、中国中央部、河南省輝県市轄の占城鎮にある 三自教会(政府・党に忠誠を誓ったに忠誠を誓ったプロテスタント教会) を「文明実践」計画のために転用した。目撃者によると、6月3日、20人ほどの地元政府職員が教会堂に押し入り、宗教的なシンボルをすべて撤去した。そして「新時代の文明の実践本部・党員のための教育実習拠点」と書かれた横断幕が教会堂内に掲げられた。

占城鎮の三自教会が「新時代の文明の実践本部」に変えられる前と後の様子。
占城鎮の三自教会(左)が「新時代の文明の実践本部」(右)に変えられた

 

占城鎮の三自教会閉鎖の告知。
占城鎮・三自教会閉鎖の人民政府による告知

 会衆は当局が教会堂を一掃する様子を写真に撮ったが、職員に強打された。そして地元警察署に連行され、以後、二度と問題を起こさず、教会にも行かないことを約束させられた後に釈放された。

 「共産党の縄張りでは、当局はいつでも自由に罰を与える権限を持っています。中国に信教の自由はありません」と仲間の教会員は述べた。

 地元政府の内部関係者によると、6月28日、27の村々から共産党員が教会堂に集まり、施設の奪取を祝ったという。以来、教会堂では毎週末に京劇の上演が企画されている。村の職員はイベントの写真を撮り、地元の宗教局に送っている。

 ある教会員は「厳粛な教会堂が政府に無理やり占拠され、娯楽の場に改造されてしまいました。それを政府は『新時代の文明』と呼んでいるのです。実に恥知らずです」と力なく語った。

動画:「文明本部」になった聖堂で披露された京劇。

 中国各地でさらに多くの教会堂が「文明実践」の拠点に転用されている。そのごく一例として、撫州市東郷区轄の圩上橋鎮にある 家庭教会 集会所、江西省新余市轄の分宜県鳳陽鎮の三自教会集会所が挙げられる。

撫州市東郷区の三自教会集会所はプロパガンダセンターに転用された。
撫州市東郷区の三自教会集会所はプロパガンダセンターに転用された
国は圩上橋鎮の家庭教会集会所を「新時代の文明実践本部」として転用した。
圩上橋鎮の家庭教会集会所は「新時代の文明実践本部」に転用
鳳陽鎮の三自教会集会所は今では「新時代の文明実践本部」になっている。
鳳陽鎮の三自教会集会所は今では「新時代の文明実践本部」に

*Bitter Winter(https://jp.bitterwinter.org )は、中国における信教の自由人権 について報道するオンライン・メディアとして2018年5月に創刊。イタリアのトリノを拠点とする新興宗教研究センター(CESNUR)が、毎日8言語でニュースを発信中。世界各国の研究者、ジャーナリスト、人権活動家が連携し、中国における、あらゆる宗教に対する迫害に関するニュース、公的文書、証言を公表し、弱者の声を伝えている。中国全土の数百人の記者ネットワークにより生の声を届け, 中国の現状や、宗教の状況を毎日報告しており、多くの場合、他では目にしないような写真や動画も送信している。中国で迫害を受けている宗教的マイノリティや宗教団体から直接報告を受けることもある。編集長のマッシモ・イントロヴィーニャ(Massimo Introvigne)は教皇庁立グレゴリアン大学で学んだ宗教研究で著名な学者。ー「カトリック・あい」はBitterWinterの承認を受けて記事を転載します。

2019年9月17日

♰教皇、帰国途上の機内会見-アフリカの未来、若者教育、外国人排斥などについて語る

 

Pope Francis, flanked by the director of the Holy See Press Office, answers questions by journalists on the flight from Antananarivo to RomePope Francis, flanked by the director of the Holy See Press Office, answers questions by journalists on the flight from Antananarivo to Rome  (Vatican Media)

 アフリカ東部3か国歴訪を終えた教皇フランシスコは10日、ローマへの帰途に機上会見を行われ、訪問中に出会った子供たちの快活なふるまいを思い起こし、国に家族の世話をする義務があることを確認された。

 そして、外国人嫌悪症は”病弊”であり、人々のアイデンティティーが”イデオロギー的な植民地化”から守られることを願われた。また、ご自身が受けた批判について話され、分裂の誘惑についての質問にこう答えられたー「私は分裂が起こらないように祈っていますが、分裂を恐れてはいません」。

 マダガスカル航空機でのローマへの二時間半の飛行で、教皇は一時間半にわたって随行の記者団と会見され、質問に答えらえた。質疑の全容は以下の通り。

*モザンビークでは和平プロセスの推進が最重要

問:Julio Mateus Manjate (Noticias, Mozambique): モザンビーク訪問中に、教皇は大統領と議会の二つの政党の党首をお会いになりました。和平プロセスについてどのような期待をお持ちになり、どのようなメッセージをモザンビークに残されようとなさったのですか。また、アフリカにある外国人嫌悪、それと若者たちの教育におけるソーシャルネットワークの影響について、どうお考えになりますか。

教皇:まず、和平プロセスについてお話ししましょう。このプロセスは長期にわたるもので、山も谷もありましたが、最終的には、歴史的な和解が実現し、今日のモザンビークの一致が実現しました。この状態がこれからも続いて欲しいし、そうなるように祈っています。そして、全ての関係者にこの和平プロセスの全身を確かなものとする努力をするように求めます。なぜなら、私の前の教皇(ピオ12世)が言われたように、「すべては戦いで失われ、すべては和平によって得られる」からです。これは明白な事実であり、忘れてはならないことです。和平プロセスは長く、第一の段階は妨げを受け、そして次の段階に… そして、反対党-敵ではありません-のリーダーたちの努力は互いに前に進もうとするものだった。それは、危険を伴う努力でもあり、中には自分の命を危うくする人もいましたが、結局は、合意に達したのでした。この和平プロセスに関わったすべての方々に感謝したい。まず、一杯のコーヒーから始まって…。

 多くの人々が参加していました。聖エジディオ共同体の司祭(ボロニアのマッテオ・ズッピ大司教)-10月5日の枢機卿会議で枢機卿になりますーがいました。そうして、多くの人々の助け-聖エジディオ共同体も含めて-結果がもたらされました。私たちはこのことで勝利者ではありません。勝利したのは和平です。私たちには勝利者となる権利はありません。なぜなら、あなた方の国で和平は、世界の平和がもろいように、まだ、もろいものだからです。同じようなやり方で、新しく生まれたものを扱う必要があります-子供を育み、強くするように、やさしく、やさしく、丁寧に、赦しと忍耐の心をもって。

 それはこの国の勝利です。和平は、この国の勝利です。私たちは、それが全ての国々に及ぶものであり、戦争によって破壊されるものであることを理解せねばなりません。

 戦争は破壊し、私たちから全てを失わせます。平和についての話が少し長くなりますが、これを私は心にかけているからです。何か月か前、連合軍のノルマンディー上陸記念が祝われました。式典には関係国の代表たちが参加し、残虐な戦争、ナチとファシズムのような非人間的で残虐な独裁主義権力の終結の始まりを… しかし、その代償として、この上陸作戦で4万6000人の兵士がなくなったことを、思い起こしました。

 私は、2014年に第一次世界大戦の開始100周年にレディプーリアのオーストリアハンガリー無名戦士墓地を訪問しましたが、その場で「お願いです。二度と戦争が起こらないように!」と叫び声をあげました。死者の日に第二次大戦の激戦地だったアンツィオを訪問しましたが、良心が作られねば、と心から思いました。戦争は何も解決せず、人間を富ませるために平和を望まない人と作るのです。

 余談が長くなりましたが、和平のプロセスの前に、このことを言わねばならなかったのです。私は、そのために祈り、さらに前進するようにできることを全ていたします-そして、力強く育っていくことを希望しています。

*”人口動態の冬”を迎える欧州、だが生気に溢れるアフリカにも課題は多い

 二つ目の質問、若者の問題にお答えします。アフリカは若い大陸です。欧州と比べて、若い命を持っています。ストラスブールで申し上げたことを繰り返します-母なるヨーロッパは、ほとんど、”祖母なるヨーロッパ”になっています。年を取り、極めて深刻な”人口動態の冬”を経験しています。ある国、どの国だか忘れましたが、政府統計で2050年に勤労者の数よりも年金生活者の数が多くなる、との予測が出ました。悲劇的なことです。欧州が老いている原因は何でしょうか?

 私の個人的な考えでは、その根本に、満足できる生活状態があると思います。満足できる暮らしに安住し、「私たちは快適だ、別荘を買う必要があるし、休暇にどこかに出かけたいから、子供は持たない、それで満足。子供はリスク、あなたは分からないだろうが…」と考えているのです。しかし、このような満足な暮らしと落ち着きは、人を老いさせます。

 アフリカは生気に溢れています。私はアフリカの中に、フィリピンとコロンビアのカルタヘナで出会ったのと同じ振る舞いがあるのを見つけました。人々は子供たちを空気のなかで育てますー「子供たちは私の宝、私の勝利、誇り」と言うように。子供たちは貧しい人々の宝。だが、故郷の、国の宝でもあります。同じ振る舞いを東欧でも見ました。ルーマニアのヤシという町では、おばあさんが子供を見せて、「これは私の勝利…」と私に言いました。(質問者の)あなたには、若い人々を教育し、彼らのために法律を作る仕事があります。教育は、現時点であなたの国の最優先事項です。育成のための法律を整備することを最優先する必要があります。

 モーリシャスの首相はこのことについて私に、こう話されましたーすべての若者が無料で教育を受けられる制度を整備することを課題として考えている、と。質の高い教育センターはあっても、そこで教育を受けさせるには費用が掛かる。無償教育制度は重要です。それに、全ての国には教育センターがありますが、数を増やし、誰もが教育を受けられるようにする必要があります。そして、そのために、教育と健康に関する法律の整備が優先事項となります。

*外国人嫌悪症はアフリカだけの問題ではない、欧州でも

 質問の三つ目、外国人嫌悪症についてです。私は新聞で外国人嫌悪症についての記事を読んでいますが、それはアフリカだけの問題ではありません。麻疹のように、人がかかる病気です。国に、大陸に、入り込み、私たちは壁を作ります。ですが、壁は、それを作った人たちだけを閉じ込めます。そう、彼らは、たくさんの人々から離れ、壁の中で孤独に過ごすのです。”大侵攻”に敗れたのです。

 外国人嫌悪症は病弊です。種族の純潔を維持する、ということで正当化される、前世紀と変わらない言い方です。外国人嫌悪症はしばしば、政治的なポピュリズムの波に乗ります。先週、あるいはそれより前に、私はこう言いました-あるところで、ある時に、私は1934年にヒットラーが言ったのと同じような演説を聞いた、欧州の昔に戻りたい、と思っているような話でした、と。

 しかし、アフリカにも、あなたもそうですが、解決せねばならない文化的な問題があります。ケニアでそのことについてお話したことがありますー部族制の問題です。異なった部族が一緒になり、一つの国民となるように教育が必要です。最近の事ですが、私たちはルワンダでの大量虐殺-部族主義の結果-の25周年を記念する式を持ちました。

 記念式が行われたケニアのスタジアムで、私が参加者の皆さんに起立して、互いに握手をし、「部族制にならないように…部族制にならないように」と繰り返すようにお願いした時のことを思い出します。ノー、と言わねばなりません。お終いにする、ということです。国内的な部族制もありますが、部族制に変わりありません。私たちはこれに反対して戦わねばなりません。他国との間の部族制、国内での部族制の両方に。アフリカのいくつかの所で、ルワンダで起きたような悲劇が部族制がもとになって起きているです。

*貧困、失業、労働搾取に苦しむマダガスカルの若者たちに国の支援が必要

問:Marie Fredeline Ratovoarivelo (Radio Don Bosco, Madagascar):今回のご訪問の間、教皇は若者たちの未来にについてお話になりました。私は家族の基礎が未来にとってとても重要だと思います。マダガスカルの若者たちは、貧困が原因で、そても複雑な家庭環境の中で暮らしています。教会の現在の教えが時代遅れとなり、現在の性の革命の中で、教会はどのようにして、若者たちの寄り添っていくことができるでしょうか。

教皇:家族は子供たちの教育に確かに責任があります。マダガスカルの若者たちの自己表現の仕方に、とても心を動かされました。そして、モーリシャスでも同じでしたし、モザンビークの若者たちの平和のための宗教間の集会での印象もそうでした。

 若者たちに価値を与え、育つようにすること。マダガスカルでは、家族の問題は貧困問題、雇用の不足、そしてしばしば労働搾取とつながっています。例えば、花崗岩の採掘場では、労働者の一日の稼ぎは1.5ドルです。労働と家族を守る法律は基本的なものです。家族の価値もそうなのですが、それはしばしば貧困によって破壊されます-価値ではなく、子供たちにそれを伝え、若者教育を改善する能力が、です。

 マダガスカルで、アカマソア協会の活動の説明を受けました-若者たちが、唯一の選択肢として彼が生まれた家庭ではない家庭で、育つことができるように助けています。昨日は、モーリシャスで、ミサ後に警察官と、ルエダ神父に会いました。背が高く、大柄で、2歳になろうという女の子を抱いていました。迷子になり、良心が見つからないと泣いていました。発表があり、警察官が彼女をなだめていました。そして、私は、家庭で暮らしていた子供たちと若者たちが突然、家族のきずなを失ってしまう-この女の子の場合は、単なる事故だったのですが-ことで起こる悲劇があることを知ったのです。

 彼らを守り、成長を確保する国家の役割も重要です。国家は、家族と若者たちの世話する必要があります。彼らを支えるのは、国家の義務です。繰り返しになりますが、家族にとって子供は宝です。あなたはそれをご存じです。宝についてご存じですが、あなただけでなく、社会のすべての人たちが、この宝を成長させ、国を成長させ、故郷を成長させ、国に主権を与える価値を高めることの重要性を認識する必要があります。すべての国で子供たちと出会って. 私の心を動かしたことの一つは、彼らが私に挨拶してくれたことです。小さな子供さえも、挨拶をしてくれました。そしてとてもニコニコしていました。喜びについては、後でお話ししようと思います。

*イデオロギー的植民地化はグローバリゼーションに反する、植民地統治終結の国連勧告に従う義務

問:Jean Luc Mootoosamy (Radio One, Mauritius):モーリシャスの首相は、私たちの仲間の市民が被った苦しみ-独立前に、私たちの国土の一部の不正な分離の後で、英国の手によって、故郷アーチペラゴから強制的に追い出されたこと-に関心を持ってくださったことを感謝していました。現在、ディエゴ・ガルシア島は米軍基地になっています。チャゴス諸島の元住民たちは50年前に強制的に移住させられましたが、帰還を望んでいます。米国と英国はそれを認めようとしていません。5月に国連が植民地統治を終えるよう勧告したにもかかわらず、です。あなたは、チャゴス諸島の人々の帰還をどのようにしてお助けになれるでしょうか。

   「カトリック・あい」注:インド洋のチャゴス諸島は、1814年に英国領にされ、モーリシャスの管轄として統治されていたが、1965年にモーリシャスから分離され、1968年にモーリシャス独立後も、英国領として残された。2,000人ほどいた住民はモーリシャスへ強制移住させられ、1971年に米国との条約が締結で、諸島の一つディゴガルシア島に米軍基地が作られた。モーリシャスは領有権を主張しており、元島民が帰還を求め法廷闘争などを続けるなど、英国と領有権争いが続いていたが、2019年5月22日、国連総会で英国に対し「6カ月以内に諸島の植民地統治を終え、撤退する」よう求める決議が賛成116、反対6、棄権56で採択されている。

教皇:教会の教義はこのように述べています-ハーグの国際司法裁判所や国連のような国際的な機構を認め、世界的な尺度で判断を下す能力を正当なものと認めた場合、私たち自身を人間と考えるなら、声明が出された時に従うのは私たちの義務である、と。全人類にとって正しいとされることすべてが、自分にとって正しいとは限りませんが、私たちは国際的な機構に従わねばなりません。それが、国際連合を創設した理由であり、国際司法裁判所を創設した理由です。

 しかし、別の側面もあることを指摘しなければなりません。人々の解放が実現し、占拠していた国が去った時ーアフリカでは、多くの国が独立し、フランス、英国、ベルギー、イタリアが去っていきましたが、その地を去る時に、自分のポケットに何かを入れていこう、という誘惑が働くのが常ですー人々に自由を与えるが、何がしかの”かけら”を持って帰る… 国に自由を与えるが、根っこに自分のものを残しておく…。これは例えであって、本当にそうかどうか分かりませんが、この様には言えます-常にそのような誘惑がある…と。国際的な機構は、この問題に随伴する取り組みを提起し、物事を支配する潜在的な力を認識し、当該国で何を成し遂げられるか、占領地を離れる意思を確認し、それが自由意思で、兄弟的な精神をもって、完全に行わるように支援する必要があります。

 それは、人間にとって、時間のかかる文化的な取り組みであり、国連などの国際機構は私たちの多くの助けをしてくれるし、そうした機構を強化するよう私たちも努める必要があります。国連が本来の役割を果たせるように、欧州連合がもっと強くなるように、支配力ではなく、正義、友愛、一致を果たす力が、です。

 これが重要なことの一つです。もう一つ、この機会に申し上げたいのは、今日、地政学的な意味での「植民地化」は、少なくとも多くの場合、存在せず、存在するのは「イデオロギー的な植民地化」であり、それが、大衆文化に入り込み、そのような文化を変え、人を均質化してしまう、ということです。それが、球体のようなグローバリゼーションのイメージ、全ての点は、中心部から等距離に存在する…

 真のグローバリゼーションは球体ではなく、人それぞれが自己のアイデンティティーを持ちながら、全ての人が一つになるような多面体です。だが、「イデオロギー的な植民地化」は他の人が持つアイデンティティーを捨てるようにし、均質的な存在にし、人々の持つ本質、歴史、価値観に反するようなイデオロギーをもった提案をするのです。

 私たちは人々の持つアイデンティティーを尊重せねばなりません。それが前提となります。人々の持つアイデンティティーは尊ばれる必要があり、そうすれば、あらゆる種類の植民地化は追い払われるでしょう。

 EFE(創立80年を迎えたスペインの通信社)に話をする前に、今回の訪問で私が心を打たれたことについてお話ししましょう。質問された方の国について感動したのは、宗教間対話、宗教的な一致のための懐の大きさです。宗教の間の違いは消すべきものではなく、私たちが皆、兄弟だということが強調されるべきなのです。皆が話す必要があります。これはあなた方の国の成熟のしるしです。昨日、首相とお話をして、あなた方がいかにこの現実の中で働き、ともに暮らすために必要なものとしてそれを生かしているか、驚き続けました。

 異文化間委員会があります… 昨日、司教館に入って、まず目に入ったのは-内緒の話ですが-美しい花束でした。誰が贈ったのでしょうか?イスラムの大導師だったのです。私たちは兄弟、人間の同胞は土台であり、全ての信仰に敬意を払います。他宗教に敬意を払うことは重要です。そして、これが、宣教師の皆さんに「改宗を勧めないように」と求める理由です。改宗を勧めるのは政治やスポーツの世界では妥当なことですが、信仰については、そうではありません。

*改宗を強制してはならない-大事なのは聖霊の導きに従って、証しすること

 でも、教皇さま、あなたにとって「福音宣教」とは何ですか?ー私が強く啓発されたアッシジの聖フランシスコの言葉があります。彼は、兄弟たちにいつも言っていました-「福音を持っていきなさい。必要なら、言葉も」と。これは、福音宣教をするということは、使徒言行録で私たちが読んでいること-証しすること、です。私たちはこう問いたくなるでしょうー「でも、なぜ、そのようにして生きるのですか?なぜそうするのですか?」。それで私は説明しますー「福音だからです」。信仰の宣言は、証しの前に来ます。まず、キリスト教徒のように生きること。彼らがあなたに尋ねたら、話をしなさい。証しは第一歩であり、福音宣教の主役は、宣教師ではなく、キリスト教徒と宣教師が証しをするように導かれる聖霊なのです。次に来るか、来ないかの質問はこうですー「人生の証しで何が重要なのですか?」。証しは第一歩です。改宗を勧めるのを避けることが重要です。改宗を勧める色々な働きかけをするのは、キリスト教徒ではありません。

 そういう人は、改宗者を求め、真に神を信仰する人を求めてはいません。この機会に、あなた方の他宗教との交わりの体験はとても素晴らしいことだ、と強調したいと思います。あなた方の首相はまた、私に「誰かが助けを求めたら、私たちは皆に同じ希望を与えます。私たちは兄弟だ、と思っていますから、感情を損なう人は誰もいません」と話されました。これが、この国を一つにまとめているのです。このことは、とても、とても重要です。各種の行事には、カトリック教徒だけでなく、他の宗派のキリスト教徒も、イスラム教徒も、ヒンズー教徒、それ以外の兄弟たちも参加していました。

 マダガスカルでもこうしたことを目の当たりにし、若者たちの平和を願う宗教間の集いでもそうでした。平和への熱意をもってどのように生きていくか、を語り合うことを希望する様々な宗教の若者たちが集まりました。平和、兄弟愛、多宗教の共存、改宗を勧めない-これらは、平和を育てるために、私たちが学ばねばならないことです。

 私が申し上げねばならないことがあります。私が感動したことが他にもあったのです-今回訪問した三つの国でそれを体験したのですが、ここではマダガスカルで体験したことを申し上げます。それは、町の通りにいた人々、彼らは誰にも指図されることなく、自分の意志でそこにいたのです。雨が降る中で行われたスタジアムでのミサで、雨に打たれながら踊る人たちがいました、とても喜びにあふれて… そして、夜を徹して… ミサには100万人を超す参加者ー私ではなく、公式統計によるとそうなっていますが、私はもう少し少ない、80万人だとおもいます。

 でも、人数が重要なのではありません。重要なのは人々。徹夜祭に出るために、暗くなる前から歩いて集まって、その場に寝ていましたーそれを見て、私は2013年にリオデジャネイロで行われた「世界青年の日」のことを連想しました。リオでは参加者たちが会場のそばの海岸で寝ていました-彼らは教皇と一緒にいたかったのです。このような人々の偉大さの前に、私は自分がとても小さく感じました。人々に共通したサインは何でしょう?それは「喜び」でした。

 貧しい人々がいました、会場にいるためにその日の午後、何も食べずにいる人々も。でも、皆喜びにあふれていました。その輪から外れる時、喜びを失います。それが最初のしるしの一つです。孤独な人の悲しみ、文化的なルーツを忘れた人の悲しみ。自分たちが”親兄弟”であることに気づくことは、アイデンティティーを持ち、善悪の判断力を持ち、現実を理愛する方法を手にすることであるのを知ること、そして、これが人々を一つにするのです。一部のエリート集団ではなく、”親兄弟”に属している、というしるしは、喜び、共通の喜びです。このことを強調したいと思います。この喜びゆえに、子供たちもそうします。なぜなら、親たちが喜びを彼らに伝えるからです。

*情報伝達の手段が変わっても、変わるべきでないのは「事実」への忠実さ

問:Cristina Cabrejas (from the Spanish Agency EFE which celebrates its 80th anniversary of foundation):まず初めに、教皇の今後のご予定ですが、スペインを訪問なさると言われています。実現を期待しています。それで、一つ目の質問です。 EFE通信社が創立80周年を迎えて、私たちはいろいろな方々、世界の指導者たちにこう質問していますー将来の情報伝達手段はどうなるとお考えですか?

教皇:占いの水晶の玉が必要ですね… スペインに訪問することになるでしょう。もし私がそれまで生きて入れば、です。でも、私が欧州域内と訪問する際に優先しようと考えているのは、まず小さな国々で、大きな国はそのあとです。将来、情報伝達手段がどのようなものになるか、私には分かりません。

 例えば、私が少年の時は、テレビはまだなく、ラジオ、新聞で情報を得ていました。法律で禁じられているものもあり、その当時の権力の座にある者によって迫害され、夜中にそうした新聞を売ったり、口頭で伝える、ということもありました。現代のものと比べれば、貴重な情報でした。そして現在の情報は、将来の情報に比べれば貴重になるかも知れません。情報伝達で変わらないのは、事実を伝え、物語と区別し、報告書と区別する能力です。

 過去から現在、そして未来に向けて、情報伝達を害するものの一つは、報告を受けることです。ドイツのアーヘン工科大学の言語学者、シモン・パガニーニが3年前に発表した優れた研究報告があります。その中に、筆者と執筆された原稿、そして読者の間の情報伝達の動きについて言及した箇所があるー情報伝達は常に「事実」から「報じられるもの」に移していく危険を冒し、情報伝達を壊してしまう、と。「事実」は重要であり、いつも事実に近づこうとします。

 教皇庁の中でさえも、私はそれを目にしていますが-ある「事実」があり、皆がそれを自分たちの持っているもので粉飾してします。悪意があるわけではないのですが、精力的に行われます。ですから、情報伝達の規律は常に「事実」に回帰します。私の解釈は、人々が私に言うことですが、「事実と、報じられたものを区別する」ことです。少し前に、私は 「Little Red Riding Hood(赤ずきんちゃん)」の物語を聞かされましたが、それは、一般に言われていることを基にしていました-赤ずきんちゃんと彼女のおばあさんが、オオカミを鍋に入れて、食べてしまいました、で話が終わる、というものです。この話は内容を変えられています。

 情報伝達の手段が何であれ、その保証となるのは、「事実」への忠実さです。こう言います-使われますか?ええ、情報伝達で使われても構いませんが、常に、…と言われた事が客観的な事実であるかを確かめるように心がけることです。それが、情報伝達で守るべきことの一つ。

 二つ目は、情報伝達は人間的である必要がある、ということ。「人間的」というのは、建設的で、他の人々の役に立つ、という意味です。メッセージは戦争の手段として使うことができません。それは非人間的行為、破壊、だからです。少し前に、私はエンリケ・ルエダ神父に、「Drops of arsenic on the tongue」(舌の上にのったヒ素の粒)」というタイトルの雑誌で見つけたある記事を渡しました。情報伝達は破壊的ではなく、建設的な立場でされる必要があります。

 情報伝達はいつ、破壊的になるのでしょう?いつ、非人間的な計画を擁護するのでしょう?前世紀の独裁者たちのプロバガンダを考えてみてください。彼らは、どうやったら情報伝達がうまくやれるかを知っている独裁者でしたが、(注:それを悪用して)戦争、分裂、破壊を煽り立てたのです。私はこの問題に精通していないので、技術的にどう申し上げたらいいのか分かりませんが、私がしたいのは、どのような情報伝達の手段も常に、一貫した者であり続けねがならない、という価値観を力説することです。

*海洋破壊、森林破壊、生物多様性の破壊-「環境の搾取」を食い止める一層の努力

問:Cristina Cabrejas (二つ目の質問):今回の歴訪についてですが、主眼の一つは環境、大規模な伐採と火災で喪失の恐れがある森林の保護を訴えることでした。今、その問題がアマゾン地域で起きています。この地域の国々の政府が「地球の肺」を守るために十分な対応をしている、とお思いになりますか?

教皇:アフリカに関しては、別の訪問の機会に環境保護について申し上げています。「アフリカは搾取できる」という”集団的無意識”の意識が存在します。「ヨーロッパは搾取できる」とは誰も、決して思わないでしょうに。私たちは、そのような集団的無意識から人間性を解放せねばなりません。搾取が一番ひどい分野は、環境です。大規模な森林伐採、生物多様性の破壊によってひどい”搾取”がされているのです。

 2か月前、私は港湾駐在司祭たちと会い、謁見で、今私たちが乗っているこの飛行機よりも小さい船で魚を獲っている7人の若い漁師と会いました。彼らは、近代的な機械装置を使った漁をしていましたが、私にこう話しましたー「何か月かの間に、6トンのプラスチック廃材を引き揚げました」と。バチカンではプラスチックの使用は禁止し、努力しています。海洋だけに大きな影響が出ているのが現実です。今月の私の祈りの意向は「海洋の保全」です。海洋は私たちが呼吸する酸素を供給しています。

 そして、「偉大な肺」、中央アフリカ、全アマゾン地域、そしてそれよりも小さないくつかの地域があります。私たちは、環境、生物多様性を守る必要があります。それは私たちの命です。私たちの命の、酸素を守ることです。そうした取り組みを前進させているのが若者たちであることが、私の慰めです。彼らは素晴らしい善悪の判断力を持ち、「未来は私たちのものだ」と言います。私たちの手ではなく、あなた方の手で、あなた方の望むことをしてください!気候変動抑制のパリ協定は、前進のための好ましい一歩、そしてさらなる歩みが求められています… 認識を高める会合がいくつも開かれています。

  しかし、昨年の夏、氷が何も無いかのような北極を航行する船の写真を見て、私は苦痛を感じました。少し前に、私たち皆がもう存在しないグリーンランドの氷河の葬送を象徴するような写真を目にしています。これらすべてが、短期間に起きているのです。小さい現象から「始まり」を認識するようにしなければなりません。国の指導者たちは全ての対策をとっていますが?ある人は多くの、ある人はわずかの対策… 環境の搾取の根本にあるのはどれなのか、言わねばならないことがある、というのは事実です。

 イタリアの日刊紙 Messaggeroにジャーナリストのフランカ・ジャンソルダーティが載せた記事に、私は心を動かされました。婉曲的な表現を使わずに、「破壊的で、飽くことを知らない行為が、アフリカだけでなく私たちの都市で、私たちの文明社会でなされている」と訴えていました。そして、恐ろしい言葉は、腐敗です-「私はこれをする必要がある、それをするために森林の木々を切り倒す必要がある、そして私には政府や州の許可が必要だ…」。「開発許可を得るために、許認可権を持っている人の所に行きます」-スペインの経営者が私に言った事を文字通りに繰り返しているのですが-「そして、私たちが事業計画を認可してもらおうとすると、相手が恥じらいもなく聞くのは『その事業から、私にはいくら入るのですか?』です」。

  このようなことは、アフリカで、ラテン・アメリカで、そしてヨーロッパでも起きています。そして何よりも、自分個人の利得、価値、気質ゆえに、社会的あるいは政治的に責任ある地位に就く時、人々は搾取されるのです。アフリカは搾取できる… しかし、私たちは、私たちの社会で搾取されている多くの労働者たちのことを考えます。

 ヨーロッパで、労働者を集め、低賃金で働かせて、もうけを得ている人々がいます。それはアフリカ人が”発明”した手法ではありません。本来受け取るべき額の3分の1の賃金しか受け取れないメイドさんは、アフリカ人によって”発明”されたのではありません。私たちの町の繁華街で、騙されて売春をさせられ、搾取されている女性たちは、アフリカ人によって”発明”されたのではありません。ここにもまた、搾取の一つの形があります。環境だけではなく、人間そのものの搾取もです。そして、腐敗。心の中に腐敗が起きたら、準備ができたということ、何でも可能になってしまうのです。

 

*建設的な教皇批判は謙虚に聴くが、分裂はキリスト教徒のとるべき道ではない

問:Jason Drew Horowitz (The New York Times, United States):マプトに向かう飛行中に、米国の教会の一部による攻撃にさらされていることをお認めになりました。実際に、何人かの司教、枢機卿たちから強い批判が出ています。極めて批判的なカトリックのテレビ、ウエブサイトがあります。そして、あなたに近い人々の中にも、あなたに対する企みについて話す人がいます。そうした批判が、あなたの教皇職について理解していないものがあるのでしょうか?あなたへの批判から学ぶものがありますか?米国の教会の中の分裂を恐れておられますか?そうだとしたら、そのようなことが現実のものとならないように、何かできること-対話-はありませんか?

教皇:まず第一に、批判は常に助けになります。批判を受けたら、ただちに、こう言って、自己批判をする必要があります-「この批判は本当か、そうでないのか?」「どの点で?」。そして私はいつも、批判から利益を受けています。時には私を怒らせますが… いくつも利点があります。マプトに向かう途中で、あなた方の1人がフランス語の本をくださいましたー「米国人はどのように教皇を変えたいと思っているのか」について書かれていました。私はこの本のことを知っていましたが、読んでいませんでした。批判は米国人からだけ来るのではなく、どこからも、教皇庁内部からさえも来るのです。

 少なくとも、そういうことを言う人には、語ることの正直さという美点があります。私は、机の下に置かれたれた批判が好きではありません-彼らは私に笑顔を見せながら、歯をむき出しにし、背中を刺すのです。これはフェアではない。批判は建設のための部材の一つであり、批判が不正なら、反応を受けるために準備をし、話し合いに入り、正しい結論に達します。このような批判は、フェアでも人間的でもない。真の批判には力がある。ヒ素の錠剤のような批判、代わりに、私がルエダ神父に渡した記事について話している事柄についての批判、それは石を投げておいて、投げた手を隠すようなものです… 利益をもたらさないし、助けにもならない。助けるのは、批判に対する反論を聞こうとしない小さな集団です。これに対して、公正な批判-私はこう考えるのですが-反論に対してオープンです。これは建設的です。

 教皇のケースに関して、私は、教皇のこの側面を好みません-私は彼を批判し、彼について語ります。記事を書いて、反論するように求めます。これはフェアな行為です。反論を聞こうとせず、話し合いをしようとせずに批判するのは、実際に、教会の好ましい特質を持っていない、ということです。教皇を変え、あるいは分裂を起こすために、固定的な観念を追求しているのです。はっきりしているのは、フェアな批判は常に、よく受け止められる、少なくとも私によって受け止められる、ということです。

 第二に、分裂の問題です。教会内部には多くの異なった意見があります。第一バチカン公会議(1869年12月から1870年10月まで行われたカトリック教会の20回目の公会議)で起こったこと。例えば最後の投票-教皇の不可謬権の是非に関する投票-で、大勢のグループが反対して離反し、教会の伝統に”真に”従う「復古カトリック教会」を作りました。異なった道を歩み、現在では女性を司祭に叙階しています。彼らが硬直化した時点で、東方教会の後を追い、この公会議は過ちを犯した、と考えました。また、別のグループは、とても、ひっそりと離反しましたが、是非についての投票をしようとしませんでした。

 第二バチカン公会議に、この問題は引き継がれました。そして、おそらく最もよく知られた公会議後の分裂は、ルフェーブル大司教によるものでしょう。カトリック教会の中には、常に分裂の選択肢が存在します。常にです。だが、それは主が人間の自由として与えられたものなのです。私は、分裂を恐れません。分裂が起きないように祈ります。それは、危機にさらされているのが、人々の霊的な健康だからです。対話がされるように、過ちがあったら、修正されるようにしましょう。分裂の道はキリスト教徒のものではありません。

 キリスト教会の始まりについて考えてみましょう。多くの意見対立が存在する中で、どのようにして教会が始まったのか。一つ、また一つ…。アリウス派、グノーシス派、単性論派…と。ある逸話が思い浮かびます-詳しくお話ししましょう。教会を分裂から救ったのは、神の民でした。分離主義者たちは、人々から、神の民の信仰から、自分たちを離れさせる、ということで、いつも共通しています。

 (注:西暦431年に開かれた)エフェゾス公会議で、マリアが神の母であるか否かについて議論があった時、人々は、司教たちが公会議に参加している間、大聖堂の入り口で待っていました。彼らは棍棒を持って、そこにいたのです。彼らは、「神の母!神の母!」と叫び声を上げる時に、司教たちが自分たちを見るようにしました-もし、そうしなかったら、どうなるか分かっているだろう…と。神の民たちは常に正しく、助けになります。

 分裂はいつも、教義からかけ離れたイデオロギーから起きる「エリートたちの分離」なのです。それはイデオロギーであり、おそらく正しいのでしょうが、教義と戦い、分離させる… ですから、私は、分裂が起きないように祈ります。でも、分裂を恐れません。これは、第二バチカン公会議の結果の一つであり、公会議や時の教皇がその理由ではありません。例えば、私が申し上げる社会的な事柄は、ヨハネ・パウロ二世が言われたことと同じです。同じことなのです!私は彼をまねているのです。

 しかし、彼らは言います。「教皇は共産主義者だ」と… イデオロギーが教義に入り込み、教義がイデオロギーに潜り込んだ場合、分裂が起きる可能性があります。神の民の道徳に関する不毛な議論を優先させるイデオロギーが存在します。司牧に当たる人々は恩寵と罪の間にある羊の群れを導かねばなりません。これが福音宣教の道徳観だからです。

 これに対して、(注:原罪否定人間公正になる能力主張する)ペラギウス主義のイデオロギーのようなものを基礎に置く道徳観は、皆の考えを硬直化させます。そして現在、教会の中に数多くの硬直化した学校がありますー分裂ではなく、悪い結果に終わるであろう偽の分裂をもたらすキリスト教徒の動きです。硬直的なキリスト教徒、司教、司祭を見かける時、その背後に問題が存在します。それは、福音的な神聖さではありません。ですから、そのような攻撃に誘われる人々にやさしく対応する必要があります。彼らは辛い時を過ごしています。私たちは彼らにやさしく寄り添わねばなりません。

 

問:Aura Vistas Miguel (Radio Renascença, Portugal):私たちは、教皇が選挙戦が行われている国を訪問するのを好まれないことを知っていますが、モザンビークを訪問されました。投票日を一か月後に控えています。あなたを招待した大統領は、その選挙の候補者です。どうしてでしょうか?

教皇:それは誤りではありませんでした。自由な判断によるものです。なぜなら、始まった選挙戦は、和平プロセスを激励する観点からは二次的なものでしたから。重要なことは、和平プロセスを強固にするのを助けることでした。それは、まだ始まっていない選挙よりも重要なこです。二つの事柄を秤にかけて、和平プロセスが強固にされる必要がある、という結論に達したのです。さらに、私はまた、大統領と政治的に対立している二人とも会いました。今、何が重要なのかを強調するためで、大統領のために支持者を結集するのではなく、この国の一致を強調するのが狙いでした。あなたが言われていることは事実ですが、私たちは、選挙戦から少し離れて判断しなければならないのです。

(翻訳・編集「カトリック・あい」南條俊二)…転載される場合は、ご連絡ください。

2019年9月11日