・タイ南部では住民15人が武装集団に殺害-教皇の「平和のシンボル」発言に困惑

 

Confusion over pope's embrace of Thai 'peace'

(写真は、タイ南部・ヤラの仏教寺院で、武装集団に殺害された15人の棺の前で祈る現地の人々=(Photo: AFP)

(2019.11.20 カトリック・あい)

  教皇フランシスコは、タイ訪問を前にしたタイの人々へのビデオ・メッセージで、タイとその国民を「多民族を擁し多くの精神的・文化的伝統を背景にした東南アジア地域の平和のシンボル」と讃えたことについて、タイ現地のカトリック教徒の中に、このような評価に戸惑いを感じる人々が少なくなさそうだ。

 バンコクに拠点を置くカトリック系メディアUcanewsが伝えているもので、それは、現在、タイ南部のイスラム教徒が多く住む地域で血なまぐさい紛争が長期にわたって続いており、最近では今月5日にも、イスラム教徒住民が武装集団に襲われて15人が死亡。15年間に8000人と言われる犠牲者に加えられているからだ。一度の死者15人という人数は、ここ数年間で最多だ。

 タイのイスラム教徒が全人口に占める割合は約5パーセント。キリスト教徒の約1パーセント、カトリックはそのうちの半分、というのに比べれば、多く、大半が、元はイスラム教徒のスルタンの領土だったタイの最南部地域の三つの州に住んでおり、分離独立の動きが今も続き、紛争の原因となっている。

 プラユット現首相は、今年6月に国会で信任されたが、2014年の軍事クーデターで政権をとり暫定首相の座に就いていた元陸軍司令官であり、分離独立の動きを抑える部隊を指揮していた”対南強硬派”のリーダーともみなされていることから、先の15人殺害ともからんで紛争の激化が懸念されている。

 教皇フランシスコは以前、タイの隣国、ミャンマーを訪れた際、ロヒンギアに住み、迫害を受けているイスラム教徒の少数民族の人々と会い、早期の問題解決を表明した。タイの関係者の間には、教皇に、単に平和のシンボルと讃えるのではなく、せめて、こうした現実に理解を示して欲しい、との声も出ている。

2019年11月20日

・教皇フランシスコ、タイ・日本訪問開始、まずバンコクに到着

Pope Francis on arrival at Bangkok AirportPope Francis on arrival at Bangkok Airport  (Vatican Media)
2019年11月20日

・24日長崎、25日東京の教皇フランシスコ司式のミサを、公式Youtubeでライブ配信

(2019.11.20 カトリック・あい)

 日本カトリック司教協議会(会長・髙見三明・長崎大司教)は20日、24日(日)に長崎県営野球場、25日(月)に東京ドームで行われる教皇フランシスコ司式のミサをそれぞれ、公式Youtubeで、ライブ配信することを決めた。ミサに参加できない人も、教皇の説教や会場の様子を生中継を通して見ることができるようになる。

 公式Youtube( URL:https://www.youtube.com/channel/UCYU5ZWthxsnKUiU8Kr3nv6A )で、それぞれのミサの当日、ライブ配信される。配信開始は24日の長崎は午後1時30分ごろから、25日の東京は午後3時30分ごろからを予定している。

2019年11月20日

・24日長崎、25日東京での教皇ミサの式次第発表

(2019.11.18 カトリック中央協議会)

カトリック中央協議会が、教皇フランシスコによる24日の長崎、25日の東京のそれぞれミサの式次第、および当日の楽曲情報について、次の通り発表した。

  *東京ドームでの教皇ミサ式次第⇒https://popeinjapan2019.jp/assets/file/Mass_tokyo_book.pdf

  *長崎球場での教皇ミサ式次第⇒https://popeinjapan2019.jp/assets/file/Mass_nagasaki_book.pdf

 当日の楽曲情報 教皇フランシスコ訪日公式聖歌「すべてのいのちを守るため」

  *音源ダウンロード ⇒https://www.cbcj.catholic.jp/wp-content/uploads/2019/11/pope2019_mass.mp3

  *譜面ダウンロード ⇒https://www.cbcj.catholic.jp/wp-content/uploads/2019/11/pope2019_mass_3part.pdf

2019年11月20日

・教皇、タイと日本訪問に出発、まずバンコクへ

(2019.11.19 バチカン放送)

 教皇フランシスコは19日夜、タイと日本へのアジア2カ国訪問に出発された。

 教皇は同日午後7時15分(イタリア時間)、ローマのフィウミチーノ国際空港から特別機で出発され、タイの首都バンコクに向かわれた。バンコク到着は、現地時間20日午後0時30分頃を予定している。

 今回の訪問で、教皇フランシスコの登位後、第32回目の海外司牧訪問(イタリアを除く)となる。

2019年11月20日

・バチカン国務長官、教皇のタイ、日本訪問の意義を語る(Vatican News)

 

Cardinal Secretary of State Pietro ParolinCardinal Secretary of State Pietro Parolin 

人間を中心に

 長官はまず、「教皇聖ヨハネ・パウロ2世が1984年5月にタイを、1981年2月に日本を訪れて以来、世界は大きな変化を遂げました… グローバリゼーションは世界を当時よりもはるかに小さくし、驚くほどの物理的距離があるにもかかわらず、人々が顔を合わせて話すことを可能にしました」としたうえで、「しかし、教皇フランシスコは、『人が教会の関心の中心にある』ことから、実際にそれぞれの場所で生きている人々と出会うために、そうした遠く離れた場所を訪問したい、と考えておられるのです… 教会は一人ひとりに福音を宣言しなければなりません。彼らが人生の困難な問いに答え、彼らが意味を見つけるのを助けるためにです」と説明した。

 

タイ:宣教の主役となるように

 タイ訪問について聞かれた長官は、「教皇は、350年前にタイに初めて福音を伝えたイエズス会の宣教師の足跡をたどっています… 教皇のメッセージの主要な部分は、キリスト教徒たちに対する、宣教する弟子たちとなれ、との呼びかけになるでしょう」と述べ、また、「教皇は、タイの40万人余りの信徒たちに、聖霊に心を開くように、宣教の『真の主役』となるように、激励することになるでしょう」と語った。「宣教は、それ自体を魅力あるもの、証しするものに変容させる充実感に満たされているのです」と強調した。

日本:非核化と平和

 日本訪問について、長官は「教皇にとって特別に重要です… 教皇は、非核化に向けた努力を強く働きかけることになるでしょう」とし、日本は「いろいろな意味で注目すべき国」であると述べて、広島、長崎と二度にわたる原爆被爆で「大変な苦しみを味わった」が、それにもかかわらず、素晴らしい復興を成し遂げたことを指摘した。

 また長官は、日本は地球的な諸問題への対応を模索するなかで、「伝統と革新の間」にいることを自覚している、と述べ、教皇は訪日中に「私たちの”共通の家”への心遣い、平和と、その必要条件である軍縮の追求」に触れられる、と見通しを語った。

教皇の願い-人々と喜怒哀楽を共にすること

 最後に長官は、教皇フランシスコの今回の訪問が「ご自身に委ねられた人々の喜び、期待、希望、そして悲しみ、苦しみ、矛盾を分かち合うことを熱望されている教皇が、彼らの側に行くことにある」と改めて強調。教皇は訪問先で「全世界と教会全体にとって有効」ないくつかのメッセージを宣言することを予定し、メッセージの中には、キリスト教徒の経験の基本的な要素である宣教の使命として、被造物の保護、断片化され争いの絶えないこの世界のおける平和の促進と訴えることも含まれる、と付け加えた。

(翻訳「カトリック・あい」南條俊二)

 

 

2019年11月19日

♰「全ての人の価値と尊厳を守ることは、特に今、特別に重要」-教皇が日本の人々にメッセージ

 教皇フランシスコが18日、訪日に先立ち、日本のすべての人々にビデオを通して挨拶をおくられた。

 教皇は23日(土)から26日(月)にかけて日本を訪れ、東京、長崎、広島に赴かれる。日本の人々に向けたメッセージ(原語:スペイン語)で、教皇は次のとおり。

**********

親愛なる友人の皆さま

 間もなく行われる訪日を前に、友情を込めてご挨拶申し上げます。

 私の訪日のために選んだテーマは「すべてのいのちを守るため」です。「すべての人の価値と尊厳を守る」という、私たちの心に響くこの強い本能は、特に武力紛争において、今日の世界が取り組むべき平和的共存が脅かされる状況を前に、特別な重要性を帯びてきています。

 日本は戦争によって引き起こされた苦しみへの自覚を持つ国です。核兵器の破壊力が人類の歴史に二度と解き放たれることがないように、皆さまと共に祈ります。核兵器の使用は、倫理に反します。

 対話の文化、兄弟愛が、特に多様な宗教文化間において、いかに大切であるか、皆さまはご存知です。それは分裂の克服、人間の尊厳の尊重の推進、すべての民族の統合的発展を助けるものです。

 私の訪問が、相互尊重と、安定した、恒久の、後戻りすることのない平和に導く出会いの歩みにおいて、皆さまを励ますことができますように。平和の素晴らしさは、それが本物である時、後退しないということです。平和は全力で守るものです。

 この訪問は私にとって、日本特有の自然の偉大な美しさを賛美し、桜の花に象徴される日本の文化の素晴らしさと共に、私たちの「共通の家」である地球を含めた、すべての命を守ることを進め、強めたい、との共通の思いを表す機会にもなるでしょう。

 この訪問の準備に多くの方々が携わっておられることでしょう。皆さまのご尽力に心より感謝申し上げます。私たちが共に過ごすこれらの日々が恵みと喜びにあふれるものとなることを希望しつつ、すべての皆さま一人ひとりに寄り添う、私のお祈りをお約束します。そして、どうか私のためにもお祈りください。ご清聴、ありがとうございました。

(編集「カトリック・あい」)

2019年11月18日

♰「地域の調和と共存への皆さんの努力は、世界の善意の人々を力づける」-教皇、タイ訪問前に

 20日から23日のタイ訪問を前に、教皇フランシスコは15日、タイの国民に次のようなメッセージを送られた。

 

・・・・・・・・・・

親愛なる友人の皆さま

 タイへの司牧訪問を前に、皆さまに愛情を込めて挨拶をお送りします。

 多民族を擁し、多くの精神的・文化的伝統を持つ国として、タイは自国民の間だけでなく、東南アジアのすべての地域において、調和と平和的共存を推進するための多大な努力をなさっています。

 あまりにもしばしば不和や分裂、排除が見られるこの世界において、すべての男女、子どもたちの尊厳が重んじられ、一致を形作る協調は、人類家族が連帯と正義のうちに平和を生きることができるように、偉大な真の発展の促進に努力を続けている世界中の善意の人々を、力づけることでしょう。

 私はタイで、カトリック共同体と集い、信仰と全社会への貢献を励ます機会を持ちます。信徒の皆さんがタイ人として、祖国のために働いてくださるように。そして、多くの仏教徒の兄弟姉妹たちとも、友情の絆を強めたいと思います。仏教徒の方々は、タイ国民の大きな特徴である寛容と調和の価値を雄弁に証ししておいでです。

 私の訪問が、相互理解と兄弟的協力の諸宗教対話の重要さを際立たせることに貢献すると、信じます。貧しい人々、助けを必要とする人々への奉仕と平和への奉仕のために、協力が必要です。そして今、私たちには、平和のために働くことが強く求められています。

 すでに多くの方々が私の訪問の準備のために働いておられると思います。皆さまに心からお礼申し上げます。親愛なる友人の皆さまを、この日々、祈りの中で思い起こします。皆さまのため、皆さまのご家族のため、祖国のために祈ります。そして、私のためにもどうか祈り続けてください。ありがとうございます。

(編集「カトリック・あい」)

 

2019年11月16日