3月の教皇の福音宣教と日本の教会の祈りの意向

■3月
福音宣教の意向: キリスト者の共同体の権利の承認

 キリスト者の共同体、特に迫害を受けている共同体が、キリストの近くにいることを実感できますように。そして、正当な権利が認められますように。

 (2019.3.5 バチカン放送)教皇フランシスコは5日、今月の祈りの意向について、ビデオを通し、次のように話された。「信じがたいようなことですが、キリスト教初期の時代より、現代の方が殉教者が多いのです。信者たちは真理を述べ、今日の社会にイエス・キリストを伝えるがゆえに迫害されています。こうした迫害は、特に宗教の自由が保証されていない場所で起きています。しかし、また、論理上、あるいは明文上、宗教の自由と人権を保護する国々でも迫害が見られます。キリスト者の共同体、特に迫害を受けている共同体のために祈りましょう。彼らがキリストの近くにいることを実感し、その正当な権利が認められますように」

 

日本の教会の意向: 原発事故の記憶を保つ

 原発事故によって、今もなお、多くの人々が苦しみの中に置かれていることを忘れることなく、この痛ましい出来事を教訓とし、すべての人が幸福に生きるための安全・安心な社会を作っていくことができますように。

2019年2月28日

2月の教皇と日本の教会の祈りの意向

教皇の祈りの意向: 人身売買の被害者たちのために

 人身売買や、強制売春、暴力の犠牲となった人たちが、分け隔てなく寛大に受け入れられますように。

 教皇フランシスコは7日、2月の祈りの意向について、上記のビデオメッセージをおくられた。教会全体が日々の祈りの中で、その意向に基づいて祈るように招いておられる。

 「たとえ私たちが見ないふりをしていても、奴隷制度は過ぎた昔の事とは言えません。この悲劇的な現実を前に、何らかの形で、人類に対するこの犯罪の共犯者とならないためには、誰一人それを見過ごすことはできないのです。今日、おそらく以前より多くの隷属状態が世界に存在する事実を、無視することはできません。祈りましょう。人身売買や、強制売春、暴力の被害者たちが、寛大に受け入れられますように」(2019.2.7 バチカン放送)

 「貧困・搾取・人身取引はキリスト者の緊急の課題」

 教皇フランシスコは8日、カトリック系基金「ガリレオ・ファンデーション」の関係者とお会いになり、貧困や、搾取、人身取引の被害に苦しむ人々への関心喚起への基金の貢献に言及。「今日のキリスト者が取り組むべき緊急の本質的課題」と強調された。8日は、典礼暦で聖ジュゼッピーナ・バキータを記念する日にあたり、教皇は「奴隷商人にさらわれ、暴力や侮べつの中で、苦痛に満ちた体験をしながらも、神の恵みによって真の自由と喜びを得た聖人の生涯」を回想され、その聖性は「今日の『社会の傷』ともいえる新しい形の奴隷制に立ち向かうよう呼びかけるだけでなく、貧しい人たちに優しさと憐みをもって接することを模範をもって教えてくれます」と話された。(2019.2.8 バチカン放送)

 

日本の教会の祈りの意向: 召命

 私たちがキリストの弟子として招かれていることを思い起こし、神のことばを聴き、そのみ旨を識別し、それぞれの場、それぞれの仕方で神の呼びかけに応えていくことができますように。

2019年1月30日

2019年1月の祈りの意向

教皇の福音宣教の意向: 若者とマリアの模範

若者たち、特にラテンアメリカの若者たちが、マリアの模範に倣い、主の呼びかけに応えて、福音の喜びを世界に伝えることができますように。

*教皇フランシスコは8日、1月の祈りの意向について、ビデオを通して以下のメッセージをおくられた。

「若い皆さんは、おとめマリアの中に、喜びとインスピレーションの泉を持っています。ワールドユースデー・パナマ大会を、マリアと共にキリストを観想する機会としてください。それぞれの言語で、平和のためにロザリオの祈りを唱えましょう。そして、マリアに、夢を見る力、平和のために働く力を願いましょう。特にラテンアメリカをはじめとする、若者たちのために祈りましょう。若者たちが、マリアの模範に倣い、主の呼びかけに応えて、福音の喜びを世界に伝えることができますように」

 

日本の教会の意向: 神の国のしるし

私たちの教会が、しもべの姿を取って人々に仕えたキリストに倣い、能率や業績が優先される厳しい競争社会にあって、小さくされた人々を大切にし、彼らに奉仕することを通して、神の国のしるしとなることができますように。

2018年12月31日

12月の教皇と日本の教会の祈りの意向

教皇の福音宣教の意向: 信仰を伝える人たち

信仰を伝える仕事に従事している人たちが、それぞれの文化と対話しながら、その時の状況にふさわしいことばを見いだすことができますように。

 ☩教皇フランシスコは6日、12月の祈りの意向についてビデオメッセージを発表され、以下のように語られた。

 「もしもあなたが、言葉を通して信仰を分かち合いたいなら、あなたは多くを、慎重に聴かなければなりません。イエスのなさり方に倣いましょう。イエスはご自身を、目の前にいる人々に合わせ、神の愛が彼らにもたらされるようになさいました。ご一緒に祈りましょう。信仰の奉仕と伝達に関わる人々が、文化と対話する中で、人々の心と対話する中で、そして何よりも多く聴くことによって、現在の状況に適した言葉を見つけますように」

 

日本の教会の意向: クリスマスに教会を訪れる人のため

降誕祭の真のよろこびが、人々により深く理解され、福音が広く宣べ伝えられますように。

2018年11月30日

11月の教皇(ビデオ・メッセージ)と日本の祈りの意向

教皇の世界共通の意向: 平和への奉仕

「争い」の言葉よりも、「愛と対話」の言葉が広く行き渡りますように。

教皇フランシスコは6日、11月の祈りの意向として、次のようなビデオ・メッセージを発表された。

 「私たちは皆、平和を望んでいます。平和は、その不在で苦しんでいる人が何よりも強く求めているものです。私たちは素晴らしい言葉で話すことができますが、自分の心の中に平和がないなら、世界に平和は訪れないでしょう。ゼロの暴力と100パーセントの優しさをもって、誰ものけ者にしない、福音的な平和を建設しましょう。愛と対話の言葉が、争いの言葉にいつも打ち勝つように、ともに祈りましょう」(翻訳「カトリック・あい」)

日本の教会の意向: 世を去った人々とその遺族

すべての死者、特に犯罪の犠牲者や自死者に、神のあわれみによって永遠の安息が与えられ、遺族には慰めがもたらされますように。

2018年10月30日

10月の教皇と日本の教会の祈りの意向

福音宣教の意向: 奉献生活者の使命

 奉献生活に召された兄弟姉妹が、貧しい人たち、軽んじられている人たち、声なき人たちのただ中で、それぞれの使命に打ち込むことができますように。

(2018.10.15 バチカン放送)教皇フランシスコは、10月の祈りの意向をめぐり、以下のビデオメッセージをおくられた。

「祈り、清貧、忍耐をもって、奉献生活者は、教会の宣教に不可欠な役割を果たしています。今日の世界の様々な挑戦と共に、わたしたちはこれまでになく、福音を告げるための彼らの完全な献身を必要としています。わたしたちは、宣教の情熱を失ってはなりません。奉献生活に召された兄弟姉妹が、自ら宣教の情熱をかきたて、貧しい人、疎外された人、声なき人たちに寄り添うことができるよう祈りましょう。」

 

日本の教会の意向: 海外宣教に派遣されている人々

 神からの呼びかけに応えて日本から海外に派遣されている司祭・修道者・信徒が、現地の苦しむ人々と共に歩み、生きる希望をもたらすことができますように。

 

9月の教皇の祈りの意向

教皇の祈りの意向: アフリカの若者たち

 アフリカの若者たちが、自国で教育を受け、自国で働く機会を得ることができますように。

  ⇒教皇フランシスコは、9月の祈りの意向をめぐり、次のような内容のビデオメッセージをおくられた。(2018.9.4 バチカン放送)
「アフリカは豊かな大陸です。その最も大きく、最も貴重な豊かさは、若者たちです。彼らは、困難に負けたままでいるのか、あるいは困難をチャンスに変えるのかを、選ぶことができるはずです。彼らのこの選択を助けるために、最も効果的な方法は、教育に投資することです。もしある若者が教育を受けられないとすれば、将来、彼には何ができるでしょうか。祈りましょう。アフリカ大陸の若者たちが、自国で教育を受け、自国で働く機会を得ることができますように。」

日本の教会の意向: すべての被造物の尊重

 被造物を治める尊い使命を受けた人類が、「共に暮らす家」である地球を大切にし、汚染や破壊ではなく、調和と秩序のうちに進歩・発展させることができますように。

2018年8月31日

8月の教皇の祈りの意向

教皇の世界共通の意向: 家庭は宝物

 経済界の人たちも、そして政治家たちも、人間にとって宝物である家庭を保護するためのあらゆる政策を駆使することができますように。

 教皇フランシスコは2日、8月の教皇の祈りの意向について、ビデオ録画を放送された。教皇のお話しの全文は次の通り。「家庭についてお話しする時、私の頭には『宝』のイメージが浮かびます。今日の生活のリズム、ストレス、仕事上の圧力、そして関係機関、組織からわずかの配慮しか払われない中で、家庭は危険な状態に置かれているのではないでしょうか。家庭の重要性について語るだけでは十分ではありません-具体的な手立てを講じ、優れた家庭についての政策をもって家庭の役割を高めていく必要があります。ご一緒に、イエスに願いましょう。経済人や政治家たちの幅広い政策決定のどれもが、人類の宝の一つとしての過程を守りますように」(「カトリック・あい」翻訳)⇒▷を押せば、教皇の録画ビデオを英語訳字幕付きでご覧になれます。

日本の教会の意向: 世界平和への責任

 日本の国が、戦争放棄を誓った憲法の精神にのっとり、対話と非暴力の精神を通して世界平和に貢献できますように。

2018年7月31日

7月の教皇の祈りの意向

*福音宣教の意向: 教会で奉仕する司祭

  教会での奉仕に疲れを感じ、孤独に陥っている司祭が、主イエス、そして友情で結ばれた他の司祭たちとの親しい交わりの中で、安らぎを得ることができますように。

     教皇フランシスコは3日、7月の祈りについて、次のビデオメッセージをおくられた。カトリック教会は、毎月「教皇の祈りの意向」を示し、全教会が日々の祈りの中でそれに沿って祈るようにと招いている。(バチカン放送)⇒https://youtu.be/LsVEdR9TfnYでご覧になれます。

「司祭たちの疲労感。私はこれについて何度も考えずにはいられません。司祭たちは、それぞれの愛徳と欠点をもって、様々な場でその司祭職を果たしています。司祭らは、これほど多くの対処すべきことを前に、一つの失望を味わったからといって、留まっているわけにはいきません。このような時、人々が自分たちの司牧者を愛し、必要とし、信頼しているということを思い出すのはよいことです。一緒に祈りましょう。司牧活動の中で疲れや孤独を感じている司祭たちが、主と、他の司祭たちとの友情に助けられ、慰めを得ることができますように」 

*日本の教会の意向: 難民・外国人労働者

  移住を余儀なくされた人々や祖国を離れて働く人々が、生きる権利を保障され、日本社会に受け入れられて幸せにくらすことができますように。

2018年7月1日

6月の教皇の意向

世界共通の意向: ソーシャルネットワーク

 違いを認めて互いに尊敬し合うことを大切にするインクルーシブ(包含性)に向けて、ソーシャルネットワークがその機能を果たせますように

⇒教皇のビデオ・メッセージが英語字幕付きでご覧になれます!

 教皇フランシスコは5日発表した「6月の祈りの意向」のビデオで、インターネットは「神からの贈り物。でも、大きな責任もあります」と強調され、デジタル通信とソーシャルメディアは、「孤立や”疎外”の場」ではなく、「包容と出会いの場」であるように、と希望された。さらに「コミュニケーションの技術、その場、その手段は、世界の隅々の、きわめて多くの人々に影響を及ぼしています。それは、人々の出会いと連帯にとても大きな可能性を提供することが可能です」とされたうえで、「デジタル・ネットワークが”(人々の)疎外の場”とならないように」「堅固な、人間性豊かな場となるように」と願われた。ビデオの最後に教皇は、全世界のカトリック信者たちに、ご自身とともに、次のように祈るように求められた-「ソーシャル・ネットワークが他の人々をその違いゆえに尊重する受容に向けて、働きますように」。

*毎月の祈りの意向を、ビデオ配信で伝えることを始めた教皇フランシスコは、宣教の意向を幅広く、速やかに伝え、信徒の連帯を図るために、ソーシャル・ネットワークの活用を積極的に進めており、現在、教皇の発信する情報の閲覧者はツイッターで4700万人、インスタグラムで500万人に達している。

 

 

日本の教会の意向: 家庭の平和

 親子・夫婦・兄弟が互いを尊重し信頼と愛にもとづく家庭を築くことができますように。

2018年5月31日